COLUMN

法人破産・代表破産

2023.12.162023.12.11 更新

法人破産は、経営難に陥った会社にとって最終手段とも言えるプロセスです。経営者の方々は、法人破産手続きの過程で会社の財産がどのように扱われ、どのように影響を受けるかという点について心配されることでしょう。

この記事では、法人破産における財産の確認プロセス、破産手続きにおける財産の扱いに関する重要な情報を詳しく解説します。疑問や不安を少しずつ解消しながら次のステップに進むために、一緒に確認していきましょう。

法人破産における財産の確認

財産調査の必要性

法人破産において財産調査は重要なプロセスです。この調査は、破産手続きにおける財産の正確な評価と公正な分配を確保するために必要な手続きとなります。以下に、財産調査の必要性について詳しく説明します。

  • 財産の正確な把握: 法人の全財産を把握し、財産目録を作成することが重要です。これには現金、預金、不動産、在庫、未回収の売掛金などが含まれます。
  • 債権者への公平な分配: 財産の正確な評価により、債権者への分配が公平に行われます。これは債権者間の紛争を避け、手続きを円滑に進めるために重要です。
  • 破産申立ての根拠: 法人が破産申立てをする際、財産が債務を上回らないことを証明する必要があります。このために財産調査が必要です。
  • 隠された財産の発見: 財産調査を通じて、隠された財産や不正な資金の流れがある場合、それを発見し正当な処理を行うことができます。
  • 倒産処理の透明性: 透明かつ詳細な財産調査は、会社の倒産処理の信頼性を高め、関係者間の信頼を構築するのに役立ちます。

財産調査の方法  

法人破産における財産調査は、法人の財務状況を正確に理解するために不可欠です。以下に、財産調査の方法を説明します。

  • 会計記録の確認: 法人の会計記録、財務諸表、銀行取引記録などを確認します。これにより、財産の現状と流れを理解できます。
  • 物理的な在庫確認: 倉庫や店舗などでの物理的な在庫確認を行い、資産リストを作成します。
  • 不動産の評価: 不動産の現在価値を把握するために、専門の不動産鑑定士に評価を依頼することがあります。
  • 未回収の債権の確認: 未回収の売掛金やその他の債権がある場合、それらの回収可能性を評価します。
  • 法的な調査: 法的文書、契約書、訴訟関連の記録を調査し、財産に関連する法的な権利や責任を把握します。
  • 破産管財人の活用: 破産管財人は、財産の調査と評価、隠された資産の発見などに関わります。

これらの方法を通じて、法人の財産を綿密に調査し、破産手続きを効果的に進めることが可能になります。

破産財団の範囲とは?

破産財団とは、法人破産において債権者に配当するための資産のことを指します。以下に、破談財団の範囲を説明します。

財産全体の含まれること: 法人が破産手続き開始時点で所有するすべての財産が破産財団に含まれます。

  • 不動産: 事務所、工場、その他の不動産。
  • 動産: 機械、在庫品、オフィス用品など。
  • 知的財産権: 特許権、商標権、著作権など。
  • 債権: 未回収の売掛金や貸付金。
  • 金融資産: 銀行口座の残高、株式、債券など。
  • 保険契約: 解約返戻金がある保険契約。
  • 秘匿された財産: 隠されている可能性のある財産も調査対象です。

破産財団に含まれる財産は、破産手続きによって管理され、債権者への配当に使用されます。この過程で、財産の適正な評価と公平な配分が重要となります。

破産管財人による調査 

破産管財人は、法人破産手続きにおいて重要な役割を担います。以下に、破産管財人が行う調査内容を解説します。

  • 破産財団の特定: 管財人は、破産手続きに含まれる財産(破産財団)を特定します。
  • 資産の確認: 会社の資産、負債、事業の状況などを調査し、資産の全体像を把握します。
  • 文書の調査: 会計帳簿、契約書、取引記録などの文書を精査します。
  • 関係者への聞き取り: 従業員や取引先、債権者など関係者からの情報を収集します。
  • 財産の保全と管理: 管財人は、発見した財産を保全し、破産手続きが終了するまで管理します。
  • 不正行為の調査: 財産隠しや不正取引などの不正行為がなかったか調査します。
  • 債権者集会の開催: 調査結果を債権者に報告し、必要に応じて債権者集会を開催します。

破産管財人によるこれらの調査は、財産の正確な評価と公平な債権者への配分を目的として行われます。

破産管財人の役割と権限

破産管財人の立場と目的

破産管財人は、破産手続きにおいて重要な役割を果たします。以下に、破産手続きにおける破産管財人の立場と目的を簡潔に説明します。

  • 中立的な立場: 破産管財人は、債権者、債務者双方に対して公平な立場を保ちます。
  • 破産財団の管理: 破産財団に含まれる財産の確認、保全、管理を行います。
  • 債権者の利益保護: 債権者全体の利益を考慮し、適切な財産の分配を目指します。
  • 法的手続きの遂行: 法律に基づいた破産手続きの適正な実施を担います。
  • 不正行為の調査: 破産手続きに関わる不正行為がないか調査します。
  • 報告義務: 手続きの進行状況や財産状況について債権者集会で報告します。
  • 清算の実行: 財産の売却などを通じて、債権者への配当に向けた清算を行います。

破産管財人の目的は、法定の手続きに従って破産財団を適正に管理し、債権者に公平な配当を行うことです。

破産管財人による財産管理・処分

破産手続きにおける破産管財人による財産管理と処分について説明します。

  • 財産の特定と保全: 破産管財人は、破産者の財産を特定し、これを保全する役割を持ちます。
  • 財産の評価: 破産財団に含まれる財産の価値を評価し、その価値に基づいて管理を行います。
  • 財産の売却: 売却可能な財産は市場価値に基づき売却され、債権者への配当のための資金を生み出します。
  • 不動産の取り扱い: 不動産は特に慎重に評価し、時には公売などを通じて売却されます。
  • 事業の継続または清算: 管財人は、破産者の事業が継続可能かどうかを判断し、必要に応じて清算します。
  • 債権の回収: 破産者が持つ債権の回収も管財人の任務です。
  • 財産の隠蔽・故意の破壊行為の調査: 破産者が財産を隠したり、故意に価値を下げたりする行為を調査します。
  • 債権者への報告: 財産の管理・処分に関する進行状況は、定期的に債権者へ報告されます。

破産管財人は、破産財団の公正な管理と債権者への適切な配当を目的として、これらの責務を果たします。

破産管財人への対応の仕方

破産手続きにおける破産管財人への適切な対応方法を解説します。

  • 正確な情報提供: 破産管財人からの質問には、正確かつ誠実に回答することが重要です。
  • 書類の整備: 財産に関する書類、取引記録、銀行の明細などは整理しておき、必要に応じて提出します。
  • 協力的な姿勢: 管財人の調査には積極的に協力し、必要な情報や文書の提供を迅速に行います。
  • 財産の隠蔽や偽装を避ける: 財産の隠蔽や偽装は法的な問題を引き起こすため、絶対に行わないようにします。
  • 破産手続きの進行に関する質問: 不明瞭な点や手続きの進行状況については、適宜管財人に質問して確認します。
  • 定期的な連絡: 手続き中は管財人との連絡を定期的に取り、最新の情報を共有します。
  • 財産の処分を自己判断しない: 破産手続き中の財産の処分は、管財人の指示に従うことが必要です。
  • 法的アドバイザーと連携: 法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士などの専門家と連携を取りながら進めます。

破産管財人への適切な対応は、破産手続きをスムーズに進めるために不可欠です。率直かつ協力的な態度で接することが重要となります。

法人破産の手続きの流れ

法人破産申立てまでの流れ

法人破産の申立てまでの手順を分かりやすく解説します。

  1. 財務状況の確認:会社の資産、負債、収支状況を確認します。
  2. 専門家との相談・弁護士などの専門家と相談し、破産の可否や影響を評価します。
  3. 破産申立ての準備:必要書類(財務諸表、債権者一覧など)を準備します。
  4. 申立書の作成:破産申立書を作成し、必要な証拠資料とともに整えます。
  5. 裁判所への提出:作成した書類を裁判所に提出します。
  6. 受理後の手続き:裁判所が申立てを受理した後、破産手続きが開始されます。
  7. 破産管財人の選任:裁判所によって破産管財人が選任され、資産の管理・処分が行われます。
  8. 債権者集会:債権者との集会が開かれ、債権者の意見を聞きます。
  9. 資産の清算:会社の資産は清算され、債権者への配当が行われます。
  10. 破産手続きの終:手続きが完了すると、裁判所から破産手続き終結の決定が出されます。

法人破産申立ては複雑で専門的な手続きが必要です。適切な専門家と連携し、正確に手続きを進めることが望まれます。

破産手続き後の流れ

破産手続きが完了した後のステップを説明します。

  1. 破産手続きの終了:裁判所からの破産手続き終了の決定を受けます。
  2. 債権者への通知:手続き終了の通知を債権者に送ります。
  3. 破産管財人の業務終了:破産管財人は資産の清算と債権者への配当を終え、業務を終了します。
  4. 財産の処分:残った財産は、債権者に分配されます。
  5. 免責の決定:個人の場合、免責の申立てが認められれば、残債が免除されます。
  6. 法人の解散:法人破産の場合、会社は法的に解散されます。
  7. 信用情報の記録:破産情報は信用情報機関に記録され、一定期間残ります。
  8. 再出発の準備:個人の場合、破産後の生活設計と財政管理を見直します。
  9. 再建計画の実施(再建型の場合):再建型破産の場合、承認された再建計画に基づき事業を再開します。
  10. 法人の場合の事業の閉:法人の場合、事業活動はすべて終了し、関連書類は適切に処理されます。

破産手続き後は、経済的再出発に向けた計画を立てることが大切です。専門家の助言を受けながら、将来の財政計画を慎重に進めることが求められます。

破産手続の種類

破産手続には、主に以下の種類があります。それぞれの特徴を解説します。

  1. 自己破産:個人や法人が負債を返済できない場合に行われます。全ての財産が処分され、免責を受けることで残債務から解放されます。
  2. 民事再生法人や個人が事業を継続しながら負債を整理することです。債務の一部を減額し、残りを分割で返済する計画を作成します。
  3. 会社更生法:主に大規模企業が利用する法的整理手続きを指します。会社の存続と再生を目的とし、事業の継続が可能です。
  4. 特別清算:事業の継続が不可能な法人が利用します。会社の財産を清算し、債権者に配当します。
  5. 個人再生:個人の破産手続きの一種です。住宅ローンなど一部の債務を除いて債務を大幅に減額し、返済する計画を立てます。

それぞれの手続きは、債務者の状況や目的によって選ばれます。適切な手続きの選択には、弁護士など専門家の助言が必要です。各手続きの詳細は個別の事情によって異なるため、専門家に相談し、自身の状況に最適な方法を選択することをおすすめします。

法人破産の期間と費用

法人破産に要する期間

法人破産の手続きにかかる期間は、ケースによって異なります。以下のポイントで説明します。

  1. 申立ての準備:破産申立てに必要な資料の収集や整理には数週間から数か月かかることが一般的です。
  2. 申立てから受理まで:破産申立てを行ってから裁判所に受理されるまで数週間程度を要します。
  3. 破産管財人の選任と調査:破産管財人の選任後、会社の財産状況に関する調査が行われます。調査期間は数か月から1年以上かかる場合もあります。
  4. 財産の処分:財産の種類や量、市場状況によって処分にかかる時間は変動します。
  5. 債権者集会と債権調査:債権者集会の開催や債権の確定には数か月から1年程度かかることが多いです。
  6. 免責決定:免責決定までの期間は、手続きの複雑さにより異なりますが、通常は1年から2年程度となります。
  7. 終結:手続きが全て完了し、破産手続きが終結するまでには通常、1年半から3年程度が目安です。

これらの期間は、法人の財産の状況、債権者の数、手続きの複雑さによって異なります。個別の事例に応じて、弁護士などの専門家のアドバイスを受けることが重要です。

法人破産に必要な費用 

法人破産手続きに必要な費用には以下のようなものがあります。

  1. 申立て費用:裁判所に支払う申立て費用。金額は事案によって異なりますが、一般的には数万円程度となります。
  2. 弁護士費用:破産手続きをサポートする弁護士に支払う費用です。事案の複雑さにより異なるが、一般的には数十万円から数百万円かかります。
  3. 破産管財人費用:財産の調査や管理、処分を行う破産管財人に支払う費用を指します。財産の規模や手続きの複雑さによって異なります。
  4. その他の手数料:印紙代、通知費用、郵送料などの各種手数料です。これらは比較的少額だが、全体の費用には影響を与えます。
  5. 公告費用:法人破産の申立て後に必要な公告を行うための費用が含まれます。

費用は破産する法人の資産状況や債権者の数、事案の複雑さによって大きく変動します。また、破産手続きを円滑に進めるためには、初期段階で専門家との相談をおすすめします。専門家への相談によって、実際の費用の見積もりや最適な手続き方法のアドバイスを受けることが可能です。

少額破産の利用

少額破産は、負債総額が少ない場合に利用される破産手続きです。以下に、少額破産の特徴と利用の際のポイントについて解説します。

  1. 対象となる負債の範囲:少額破産は、負債総額が一定額以下の場合に適用されます。この額は法律や地域によって異なるため、具体的な基準は確認が必要です。
  2. 手続きの簡素化:通常の破産手続きに比べて、書類の提出や手続きが簡略化されます。審査や処理の期間も短縮されることが多いです。
  3. 費用の低減:少額破産では、通常の破産手続きに比べて必要な費用が低く抑えられます。裁判所の申立て費用や弁護士費用が軽減される場合があります。
  4. 資産の処分:資産が一定の基準以下であれば、破産者の手元に残すことが可能です。ただし、保有資産については詳細な調査が行われます。
  5. 免責の可能性:少額破産でも、一定の条件を満たせば免責を受けることができます。免責により、残った負債から解放されます。
  6. 専門家の相談:少額破産手続きを行う前には、弁護士や司法書士と相談することが重要です。専門家は手続きの適切な進め方や必要な書類をアドバイスしてくれます。

少額破産は、負債が限定的で資産も少ない場合の破産手続きとして有効です。しかし、手続きを進める前には、自身の負債状況や資産状況を正確に把握し、適切な助言を受けることが肝心です。

法人破産手続きの注意点

事業の停止と解散 

事業を停止し、その後解散する場合には、以下のポイントが重要です。

事業停止の意味と手続き

  • 事業停止は、一時的もしくは恒久的に事業活動を止めることを指します。
  • 停止理由に応じて、従業員への通知、取引先への通告などの手続きが必要です。

解散のプロセス

  • 解散は、会社が法人としての活動を終了することを意味します。
  • 株主総会での解散決議、解散登記などの法的手続きが伴います。

債務整理の観点からの対応

  • 事業の停止・解散時には、残存する債務の整理が必須となります。
  • 債務がある場合は、債権者との交渉や法的手続きが必要です。

清算の過程

  • 解散後は、清算人が選任され、会社の財産が清算されます。
  • 清算の過程で、財産の売却、債権回収、債務の弁済が行われます。

従業員への対応

  • 従業員への退職金の支払い、再就職支援などの配慮が必要です。
  • 法的義務や社会的責任を考慮して対応を進めます。

取引先との関係整理

  • 取引先に対する債務の弁済、未完成の業務の処理が必要です。
  • 良好な関係を維持するため、透明性のあるコミュニケーションが求められます。

事業の停止と解散は、単に事業活動を終了するだけでなく、多くの法的、財務的な責任が伴います。特に、解散に向けた財務的な健全性の確保と、関係者との円滑なコミュニケーションが重要となります。

従業員や契約の処理

会社が経営困難な状況に直面した場合、従業員や契約の処理は特に注意が必要です。以下に、従業員や契約の処理におけるポイントを解説します。

従業員への対応

  • 法律に基づいた適切な退職金の支払いを確保します。
  • 解雇通知は、労働基準法に定められた期間を守って行います。
  • 再就職支援のためのアドバイスや情報提供を行います。

契約関係の整理

  • 取引先、賃貸契約、サービス契約などの見直しを行います。
  • 契約解除の際は、契約条件に従った手続きが必要です。
  • 解約に伴う違約金や残債務の精算を検討します。

従業員とのコミュニケーション

  • 事情説明会を開き、状況を透明に伝えます。
  • 不安や疑問に対して、適切な回答や説明を提供します。

法的なアドバイスの受け入れ

  • 法的な問題が生じる可能性を考慮し、専門家の意見を求めます。
  • 労働問題、契約問題など、さまざまな側面からのアドバイスが重要です。

将来のリスク管理

  • 解雇や契約解除に関連する訴訟リスクに備えます。
  • 従業員や契約関係者とのトラブルを未然に防ぐための対策を講じます。

債務整理のプロとしては、法的な側面のみならず、従業員や取引先との良好な関係維持を重視することが重要です。また、事業の継続性や再生の可能性を見据えた長期的な視点での対応が求められます。

早期の弁護士相談が重要 

債務整理の過程では、早期に弁護士に相談することが非常に重要です。ここでは、早めに弁護士に相談することの重要性について説明します。

適切なアドバイスの取得

  • 法的知識を持つ弁護士から、状況に応じたアドバイスが得られます。
  • 複雑な法律問題や手続きに関する正確な情報を提供します。

問題の早期解決

  • 早期対応により、問題の悪化を防ぎます。
  • 法的リスクを最小限に抑え、迅速な解決を目指します。

さまざまな選択肢の提示

  • 倒産、再建、私的整理など、複数の選択肢の中から最適な方策を提案します。
  • 法的な制約や実行可能性を考慮したアドバイスします。

交渉のサポート

  • 債権者との交渉を弁護士がサポートします。
  • 法的知識を背景にした交渉で、より良い条件を目指します。

法的手続きのサポート

  • 法律手続きの複雑さを理解し、円滑に進めるサポートを提供します。
  • 必要書類の準備や提出、手続き上の注意点を説明します。

早期に専門家のアドバイスを受けることで、法的リスクの管理と問題解決の効率化が図れます。適切な時期に専門家に相談することで、事態の悪化を未然に防ぐことを念頭におきましょう。

まとめ

法人破産の財産の確認とは?内容と必要性を解説!

法人破産において、財産の確認は非常に重要なプロセスです。このプロセスには、企業の財務状況を正確に把握し、債権者への公平な配当を確保する目的があります。

財産調査の必要性

  • 正確な財務状態の把握:法人の資産と負債の正確な評価が重要です。
  • 債権者への公平な配当:所有財産の価値に基づいて、債権者への配当が行われます。

財産調査の方法

  • 破産管財人による調査:専門家が企業の財産を調査し、資産状況を明らかにします。
  • 財産の管理と処分:破産管財人が財産を管理し、必要に応じて処分します。

破産管財人の役割

  • 財産の適切な評価と管理:企業の資産を公正に評価し、適切に管理します。
  • 法的手続きの遵守:破産手続きの法的要件に従って行動します。

重要なポイント

  • 財産調査は法人破産の核心:財務状況の透明性を保ち、債権者の利益を守るために不可欠です。
  • 破産管財人との協力が必要:企業は破産管財人と積極的に協力し、必要な情報を提供することが非常に重要です。
  • 早期の弁護士相談:法的複雑さを考慮し、初期段階での専門家(弁護士)への相談が望まれます。

このプロセスを通じて、法人は法的義務を果たし、債権者との公正な解決を目指すことが可能になります。プロセスの重要性を理解するとともに、専門家へ早めに相談して課題の解決につなげていきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION