COLUMN

法人破産・代表破産

2023.11.212023.11.17 更新

黒字倒産といった言葉を耳にしたことがあるでしょうか。企業が利益を上げているにもか関わらず、なぜ倒産してしまうのか気になりますよね。

黒字でも倒産してしまう理由は、現金の流れが滞り、事業の継続が難しくなるためです。ただ実際には、それだけでは説明がつかない背景があります。

この記事では黒字倒産の概要とその背景を詳しく紹介するとともに、あなたのビジネスや将来の企業に役立つヒントをお伝えします。黒字であっても安心してはいけない、その理由を一緒に探っていきましょう。

黒字倒産とは何か

倒産の定義について

倒産とは、企業や個人が負債を返済できなくなり、経済的に破綻する状態を指します。経営が困難になり、事業を継続できなくなることから倒産といった状況に至ります。

倒産をしてしまう背景やその後の手続きをよく理解していると、多くの方々のサポートが可能になります。以下に倒産の主な要因や種類を紹介します。

倒産の主な原因:

  • 経営の失敗
  • 業績の悪化
  • 金融機関からの融資停止
  • 債務の返済が困難

倒産には大きく分けて以下の種類が存在します:

  1. 自己破産:主に個人が利用する手続きです。所有資産を売却し、その収益で債務を返済。残った債務は免除されます。
  2. 会社の破産:会社が経営破綻し、事業を停止します。資産を売却して債権者に返済します。
  3. 民事再生:企業が経営の再建を目指す手続きです。債権者との合意のもと、返済計画を立てます。
  4. 特別清算:企業が清算を目的として事業を停止します。資産を売却して債権者に返済します。

倒産すると、その後の手続きや法的な制約が発生します。たとえば、破産手続きでは債務者の資産が管理され、それを元に債権者への返済が行われます。

債権者の中でも返済の優先順位が存在するのが一般的です。破産宣告後は一定期間、新たな事業を始めることができない制約も生まれます。

債務整理の際は、専門家の助言やアドバイスをもとに、少しでも状況を良くする方法を探すことが重要です。

黒字・赤字それぞれの意味

黒字と赤字は、経営や会計において非常に基本的な概念です。黒字と赤字の意味をしっかり理解することで、企業の経済状況や個人の財政状態を正確に把握できます。

黒字(くろじ):

  • 収入が支出を上回る状態を指します。
  • 企業では、売上高が経費を超えたときや、利益が出ているときに使われる言葉です。
  • 個人の場合、月の収入が生活費や返済額を超えているときに、黒字といえます。

例:企業Aが1年間で1,000万円の売上を上げ、経費が800万円だった場合、200万円の黒字となります。

赤字(あかじ):

  • 収入が支出を下回る状態を指します。
  • 企業では、経費が売上を上回り、損失が発生している状態を示す言葉です。
  • 個人の場合、月の収入が生活費や返済額に足りないときに、赤字といえます。

例:企業Bが1年間で800万円の売上を上げ、経費が1,000万円だった場合、200万円の赤字となります。

赤字を続けると経済的に困難な状況になるかもしれません。そのため、赤字を出している場合は、原因を分析し、適切な対策を講じる必要があります。また、黒字の場合も無駄な支出を減らし、資産を増やす方法を考え、さらなる経済的安定をめざしましょう。

必ずしも赤字だから倒産するわけではない

赤字は企業や個人の財務において注意が必要なサインであることは確かです。しかし、赤字があるからといってすぐに倒産するわけではありません。

赤字と倒産の関係を正確に理解し、適切な対策を取っていきましょう

  • 赤字の原因を分析:
    一時的なものである場合や、投資のための赤字である場合など、赤字の背景にはさまざまな理由があります。
    例えば、新しい事業を始めたり、大きな設備投資を行ったりすると、当初は赤字が出ることが予想されます。
  • 資金繰りの安定:
    企業の経営において、最も重要なのは「資金繰り」です。
    赤字であっても、十分な資金調達ができている場合や、資産が豊富である場合は、倒産のリスクは低いといえます。
  • 長期的な戦略の存在:
    赤字が続く場合でも、その背後にしっかりとした長期戦略がある場合、経営は安定していると考えられます。
  • 外部環境の影響:
    経済の不況や業界の変化など、外部環境の変動によって赤字が生じる場合もあります。
    これらの要因による赤字は、短期的なものである可能性が高くなります。

赤字そのものよりも、その背後にある原因や資金繰りの状況を詳しく調査し、適切な対応を行いましょう。赤字が続く場合、早期に原因を把握し、必要な対策を講じることが求められます。

黒字倒産をした企業は意外と多い

多くの人は「赤字」が経営の危機を意味すると考えることが多いですが、実は黒字を記録しているにも関わらず倒産する「黒字倒産」のケースが少なくありません。

どうして利益を出している企業が倒産するのか、その原因と事例を解説します。

  • 資金繰りの問題:
    売上は上がっているが、売掛金が増加して現金が手元に入らない場合が考えられます。長期の在庫を抱えて、資金を回収できないケースもあります。
  • 外部要因による影響:
    大口取引先の倒産や取引停止による影響を受ける場合があります。災害や不況など、予期しない外部の環境変化に対応しきれないことも考えられます。
  • 金利の上昇や金融機関との関係悪化:
    金利上昇による借入金の増加が起こりえます。銀行からの信用供与の停止や条件の厳格化された場合も倒産の可能性があります。
  • 過去の投資の失敗:
    大型の新設備投資やM&Aが思った以上の効果を上げられなかったケースも考えられます。積み重ねられた過去の失敗が経営を圧迫する場合もあります。
  • 業界の変化や競争の激化:
    新たな競合の出現や業界全体の縮小が原因として挙げられます。技術革新などによる業界の大きな変動による場合もあります。

企業の財務状態は表面的な数字だけで判断することはできません。黒字であっても、上記のようなさまざまな要因が絡み合い、企業の存続が難しくなる場合があるのです。黒字倒産を避けるためには、経営の健全性を常にチェックし、早めの対策を取ることが重要です。

黒字倒産が起こる理由とその回避

黒字倒産に陥る経営状態とは

黒字倒産とは、一見すると矛盾しているように感じるかもしれませんが、いくつかの特徴的な経営状態が倒産につながっています。

以下に黒字倒産に至る経営状態について紹介します。

  • 売掛金の増大:
    売上は伸びていても、お金が回収できずに現金不足となる場合もあります。現金の流れが悪く、日常の運転資金に困るケースが考えられます。
  • 資金繰りの悪化:
    長期間にわたる在庫の増加や、購入原価の上昇が影響します。短期的な資金調達が困難になった場合も倒産のリスクを高めます。
  • 固定費の増加:
    積極的な投資や拡大路線が、固定費を増やす原因となります。利益が出ていても、固定費の負担で資金が流出してしまう状況もあります。
  • 外部要因の影響:
    主要取引先の業績悪化や倒産が影響します。経済の不況や、外部の突発的な出来事によるケースも考えられます。
  • 金融機関との関係の悪化:
    信用情報の悪化による借入の制限を受けることもあります。金利の変動による返済額の増加も起こり得ます。

黒字倒産を回避するためには、経営者や経営陣は、利益だけでなく、キャッシュフローの健全性や資金繰りを常に監視しなければなりません。専門家に相談して適切なアドバイスを得て対応策を講じることで、企業を存続させることは可能です。

黒字倒産の典型的な形

黒字倒産は、多くの企業が予想外の経営破綻を迎える原因となる現象です。黒字倒産の典型的な形やパターンを理解することで、企業は早期の対応やリスク回避策を講じられます。

以下に黒字倒産の典型的な例について紹介します。

  • 急激な売上拡大:
    新商品のヒットや業界内でのシェア拡大による売上の急増が生じます。
    資金調達が追いつかず、生産や物流のコストが増大してしまいます。
  • 過度な投資:
    新しい事業への参入や設備投資を過度に行い、資金が逼迫してしまいます。
    その結果、一時的な収益は見込めるものの、短期的な資金不足に陥ります。
  • 取引先の影響:
    大口の取引先との取引が多く、その取引先の経営状況が悪化します。
    売掛金の回収が困難になり、資金繰りが逼迫します
  • 資金調達の過度な依存:
    短期借入れや過度な外部資金に頼る経営が続いてしまいます。
    金利の上昇や借入の制限が資金繰りをさらに悪化させます。
  • 未来への過度な楽観視:
    現状の黒字を基に、将来の収益増を前提とした経営判断を下すこともあります。
    予想外の市場の変動や競合他社の動きにより、利益が減少してしまいます。

黒字であっても、上記のような典型的な形を持つ黒字倒産は、経営のリスクとして常に意識しておく必要があります。企業の資金繰りの健全性やリスク管理をサポートし、黒字倒産を未然に防ぐアドバイスが求められます。

過剰な在庫

過剰な在庫は、企業経営にとって重要な問題点となり得ます。資金を繰り回すことが難しくなるだけでなく、廃棄やセールによる損失が発生する可能性も高まります。

ここでは、過剰な在庫の問題点と対策について解説します。

問題点:

  • 資金繰りの悪化: 在庫を抱えている間、その分の資金がフリーキャッシュとして使用できません。
  • 商品の鮮度損失: 食品や化粧品などの消費期限がある商品は、在庫が長期間保持されることで品質が低下する恐れがあります。
  • 廃棄リスクの増加: 売れ残りが発生し、廃棄しなければならない商品が増えると、損失が増加します。

対策:

  • 適切な在庫管理: 需要予測をもとに、適切な数量の在庫を保持することが重要です。
  • 即時生産・購入: 必要な分だけ生産や仕入れを行い、在庫の抱え込みを避けます。
  • 廃棄リスクを考慮: 廃棄が必要になる可能性がある商品の在庫は、特に注意深く管理します。

過剰な在庫は、不要なコストやリスクを増加させる原因となります。適切な在庫管理によって、企業は健全な経営を維持し、債務リスクを低減する必要があります。

売掛金の未回収

売掛金の未回収は、多くの企業が直面する経営上の大きな課題の一つです。正確には、商品やサービスを提供した後、約束の期日を過ぎても代金が回収できない状態を指します。

売掛金の未回収が生じる背景や未回収を防ぐ対策について詳しく解説します。

問題点:

  • 資金繰りの悪化: 未回収の売掛金が増えると、現金収入が減少し、資金繰りが困難になる可能性があります。
  • 収益の減少: 未回収が続くと、実際の収益が計画よりも下がることが考えられます。
  • 信用の低下: 繰り返し未回収が発生すると、取引先との信頼関係が失われる恐れがあります。

対策:

  • 取引先の信用調査: 新しい取引先との取引を始める前に、その取引先の信用情報を確認しましょう。
  • 明確な支払い条件の設定: 契約時に支払いの期日や方法を明確に記載します。
  • 督促の実施: 支払い期日が過ぎたら、迅速に督促の手続きを進めます。

売掛金の未回収は、企業の経営健全性を脅かす要因の一つです。未回収のリスクを低減するためには、予防策を取らなければなりません。また、一度未回収が発生しても適切な対応を怠らなければ、経営の安定を図ることは可能です。

無理な投資

無理な投資とは、企業の財務状況やリスクを考慮せず、過大な期待に基づいて行われる投資を指します。無理な投資の特徴と、投資を行った場合に生じる問題や対応策について紹介します。

無理な投資の特徴:

  • 高いリスク: 投資先のリスクを適切に評価せず、失敗の可能性が高まります。
  • 資金繰りの悪化: 投資のための資金調達が困難になり、日常の運営資金にも影響を及ぼす可能性があります。
  • 期待収益の非現実性: 過度な期待に基づく投資は、実際の収益が期待値を大きく下回ることが多いです。

無理な投資を避けるための対策:

  • リスク評価の徹底: 投資先のリスクをしっかりと評価し、適切なリスク対策を立てます。
  • 財務計画の見直し: 投資計画を立てる際に、財務計画も同時に見直し、資金繰りを確保します。
  • 第三者の意見の取り入れ: 外部の専門家や顧問からの意見を参考にし、客観的な視点から投資を検討しましょう。

無理な投資は、企業の財務健全性を大きく損なうリスクがあります。企業経営者としては、計画的かつ慎重に投資を進め、経営の安定と成長を両立させる必要があります。

減価償却も要因のひとつ

減価償却は、固定資産の価値が経時的に減少することを会計上反映させるための手法です。しかし、減価償却の取り扱いが、企業の財務状態や黒字倒産のリスクに影響を与える場合があります。

以下に、減価償却の重要性とその取り扱いについて解説します。

減価償却の影響:

  • キャッシュフローへの影響: 減価償却は会計上の仮想的な費用であり、現金の支出は伴いません。しかし、利益計算に影響するため、税金の支払い額に影響を及ぼすことがあります。
  • 資産の価値評価: 早めの償却で資産の帳簿上の価値が低下すると、貸借対照表上の純資産が減少します。

黒字倒産への影響:

  • 過度な減価償却: 減価償却の計算方法や期間を過度に短くすると、利益が圧縮される可能性があります。結果、表面上は黒字であっても、実際のキャッシュフローが悪化することが考えられます。
  • 資金調達の難しさ: 資産の帳簿上の価値が低くなると、銀行からの融資取得が難しくなるかもしれません。

減価償却の取り扱いは、企業の財務戦略の中で非常に重要な位置を占めます。適切な減価償却の方法を選択し、財務状態を健全に保ち、黒字倒産のリスクを低減させる必要があります。

黒字倒産を防ぐ具体的な方法とポイント

黒字倒産のリスクを確認し、管理する方法とは?

黒字倒産は、利益を上げているにも関わらず、資金繰りの問題で経営が困難となる現象です。しかし、黒字倒産のリスクを早期に確認し、適切な管理を行うことで予防が可能です。

リスクを確認する方法:

  • 財務分析: 貸借対照表や損益計算書を定期的にチェックし、流動比率や速度比率などの財務指標を確認します。
  • キャッシュフローの監視: 実際の現金の流れを確認し、収入と支出のバランスを把握します。

リスクを管理する方法:

  • 資金繰りの計画: 未来の収入・支出を予測し、資金繰り計画を立てることで、資金の不足を未然に防ぐことができます。
  • 在庫管理: 在庫を適切に管理し、過剰在庫を抑制することで、資金を無駄にしないよう努力します。
  • 売掛金の管理: 顧客との取引条件を見直し、早めの回収を促す仕組みを作ることで、資金回転を良くします。

黒字倒産のリスクは、適切な情報の収集と計画的な管理によって減らせます。経営者や財務担当者は、これらの方法を日常的に取り入れ、健全な経営を継続するための取り組みを行っていきましょう。

売上と経費のバランスを調整する

経営を行っている際、売上と経費のバランスは企業の健全性を示す重要な指標のひとつです。売上と経費のバランスが崩れると財務の問題が発生し、経営が困難になるリスクが高まってしまいます。

以下に、売上と経費のバランスと、バランスを取るための方法について紹介します。

売上と経費のバランスの重要性:

  • 企業の収益性を示します。
  • 資金繰りをスムーズに行うためには、このバランスが必要です。

バランスを取るための方法:

  1. 売上の増加:
    新商品・サービスの導入します。
    営業活動の強化を図ります。
    マーケティング戦略の見直しが必要です。
  2. 経費の削減:
    無駄な出費を見直し・削減を図ります。
    効率的な業務プロセスを導入します。
    外部業者との取引条件を見直します。

企業経営において、売上と経費のバランスは常に注意を払うべき項目です。バランスが崩れると、黒字であっても資金繰りが悪化するなどの問題が起きる可能性があります。企業の健全性を評価する際にも、売上と経費のバランスをしっかり確認しましょう。

キャッシュフロー計算書で2つの比率を確認する

キャッシュフロー計算書は、企業の資金繰りを示す重要な文書です。企業の健全性や財務の問題点を把握するために、特に2つの比率の確認が欠かせません。

以下にキャッシュフローの比率について詳しく説明します。

  • 営業キャッシュフロー比率:
    • この比率は、営業活動から得られる現金が、短期の負債をどれだけカバーできるかを示します。
    • 計算方法: 営業キャッシュフロー ÷ 短期借入金
    • 高い値が示されれば、短期間での資金繰りが良好であることを示唆します。
  • フリーキャッシュフロー比率:
    • 投資活動後の利用可能な現金の量を示す比率です。
    • 計算方法: 営業キャッシュフロー – 投資キャッシュフロー
    • 正の値が示されれば、企業は余剰の現金を生み出していると考えられ、長期的な健全性が期待されます。
比率計算方法評価基準
営業キャッシュフロー比率営業キャッシュフロー ÷ 短期借入金高い値: 資金繰り良好
フリーキャッシュフロー比率営業キャッシュフロー – 投資キャッシュフロー正の値: 長期的健全性

上記の比率を用いて、企業の財務の健全性やリスクを正確に評価することは可能です。正しい把握により、企業が将来的に黒字倒産のリスクに直面する可能性があるかどうかを早期に判断できます。

無理のない資金調達を考慮する

企業経営において、資金調達は避けて通れない重要な課題です。しかし、適切な資金調達を行わないと、後で大きな問題に直面するかもしれません。

以下に、無理のない資金調達の考慮ポイントを紹介します。

  • 自己資金を最大限に活用する:
    借金をする前に、自社の資産や資金を最大限に活用します。
    高い自己資本比率は企業の健全性を示す指標となります。
  • 短期借入れに頼らない:
    短期借入れは返済期限がすぐに迫ってくるため、資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。
    長期の低利息の融資を選ぶことで、返済負担を軽減します。
  • 適切な担保の選定:
    大きな融資を受ける際、適切な担保を用意することで信用力を上げ、低利息での融資を受けやすくなります。
  • 返済計画をしっかり立てる:
    いつ、どれだけの金額を返済するのかを明確に計画します。
    予期せぬ出費や収益の減少を考慮した返済計画を立てることが重要です。

以上のポイントを踏まえて、健全な経営を維持し、黒字倒産のリスクを最小限に抑えていきましょう。

税金の支払いは専門家に相談する

税金は企業経営において避けては通れない経費の一つです。しかし、正確な計算や節税策を知らないと、必要以上の税金を支払うことになり、企業の財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

税金の支払いに関しては、以下の理由で専門家に相談することをおすすめします。

  1. 正確な税金の計算:
    複雑な税制度の下で、適切な税額を計算するのは難しいです。
    専門家は最新の税制度や節税策を知っているため、適切な税額を計算できます。
  2. 節税策のアドバイス:
    税法には多くの節税策が存在します。
    専門家はこれらの節税策を活用して、企業の税負担を軽減する方法を提案できます。
  3. 税務調査への対応:
    税務調査は予期せず突然行われることが多いです。
    専門家と連携していると、税務調査への適切な対応や必要な書類の準備がスムーズに行えます。
  4. 未払い税金の相談:
    税金の未払いや滞納がある場合、重大な問題となる可能性があります。
    専門家に相談することで、適切な対応策や解決策を得ることができます。

税金の問題に直面した場合は、税理士や会計士と連携し、企業の税金の問題を適切に解決していくことが重要です。

黒字倒産の事例と学ぶべき教訓

海外との取引きで資金繰りが圧迫される

海外との取引きを行う際、多くの企業が資金繰りの問題に直面します。国内取引きとは異なるリスクや特有の問題が存在するため、注意が必要です。以下に、海外取引きでの資金繰りが圧迫される主な理由とその対処法を紹介します。

  1. 決済の遅延:
    海外取引きでは、文化や慣習の違いから決済が遅れることが多いです。
    ・対処法: 売掛金の期限を短く設定する、あるいは事前に決済条件を明確にしておきましょう。
  2. 為替リスク:
    為替の変動により、予想以上の損失や収益が生じる可能性があります。
    ・対処法: 為替ヘッジを行う、または為替リスクを考慮した価格設定をします。
  3. 輸入税や関税:
    商品の輸入時に発生する追加のコストが資金繰りを圧迫することがあります。
    ・対処法: 関税の計算や税金の情報を事前に収集し、コストを正確に予測します。
  4. 文化や言語の壁:
    海外の取引先とのコミュニケーションが不足すると、誤解やトラブルが生じる可能性があります。
    ・対処法: 通訳や現地のビジネスマナーを学ぶ、または地域専門のコンサルタントを雇うことも考慮します。
  5. 物流の遅延:
    国際輸送の際、予想外の遅延が発生することが多いです。
    ・対処法: 信頼性のある物流業者を選ぶ、または余裕をもった納期を設定します。

海外取引きを行う際は、リスクを十分に理解し、適切な対策を講じる必要があります。専門家に相談し、資金繰りの問題に対して適切なアドバイスやサポートを得るようにしましょう。

黒字倒産の事例:江守グループホールディングス

江守グループホールディングスは、日本の大手企業として多くの事業を展開していましたが、黒字の状態での倒産を経験しました。この事例から、利益を上げている企業であっても資金繰りの問題が生じるリスクがあることが理解できます。

江守グループホールディングスが黒字倒産した背景について説明します。

  1. 背景:
    江守グループホールディングスは、数年連続で利益を上げていました。
    しかし、事業の拡大とともに大きな投資を続けていました。
  2. 問題の発生:
    一部の新事業が思うように収益を上げることができず、大きな損失を出す事態となりました。
    過去の投資のための借入金の返済が重圧となり、資金繰りが逼迫していきました。
  3. 資金調達の困難:
    追加の資金調達を試みたが、銀行からの追加融資を受けられなかった背景があります。
    市場からの信頼が低下し、資金繰りの問題が深刻化しました。
  4. 結果:
    利益を上げているにも関わらず、資金繰りの問題から経営が破綻してしまいます。
    黒字倒産という形で事業を終了することとなりました。

この事例を通じて、債務整理の専門家として強調したいのは、単に利益を上げるだけでなく、資金繰りの健全性を常に確保することの重要性です。企業の経営においては、利益だけでなくキャッシュフローの管理も非常に大切であるという教訓を得ることができます。

決算が赤字でも倒産しない条件とは?

赤字という言葉を聞くと、多くの人が企業の危機を感じるかもしれませんが、いくつかの条件が整っていれば、赤字の期間を乗り越え、再び黒字へと回復することも十分に可能です。

ここでは、決算が赤字でも倒産しない条件として、以下の6点を紹介します。

  1. 資金繰りが安定している:
    十分な現金や預金を保有している。
    短期の債務返済ができるだけの資金が確保されている。
  2. 長期の借入れが少ない:
    長期の大きな借入れがなく、利息の負担が軽い。
    返済期限が長期にわたっている場合も安心感がある。
  3. 固定資産が豊富:
    不動産や設備などの価値ある資産を所有している。
    必要に応じてこれらの資産を売却し、資金を調達することができる。
  4. 信用力が高い:
    信用評価が良好で、必要に応じて新たな融資を受けられる可能性がある。
    取引先からの信頼も厚い。
  5. 赤字の原因が一時的:
    新事業への投資や市場の一時的な低迷など、回復が見込める赤字の原因である。
  6. 経営陣の対応力:
    赤字を改善するための戦略や計画がしっかりとしている。
    必要に応じてリストラなどの厳しい決断も適切に行える。

赤字は確かに企業経営においては厳しい状況を示すものです。しかし、上記のような条件が整っていれば、危機を乗り越えることも十分に考えられます。重要なのは、経営者や関係者が状況を冷静に分析し、適切な対策を講じることです。

まとめ

企業が黒字経営であっても、資金繰りが逼迫することで経営が困難となり、最悪の場合、倒産に至る場合があります。

黒字倒産の主な原因:

  1. 資金繰りの悪化: 売上が上がっていても、回収が遅れると資金繰りが悪化します。
  2. 大きな投資失敗: 失敗すると巨額の負債が発生し、資金繰りが逼迫する。
  3. 短期的な借り入れ: 短期の借り入れが多いと、急な返済が求められる場合がある。

企業が黒字倒産を防ぐためには、以下の点に注意することが重要です。

  1. 適切な資金繰りの計画: 企業の収支を見極め、適切な資金繰りを常に計画することが大切です。
  2. 資金調達の多角化: 一つの資金調達方法に頼るのではなく、多角的に資金調達を行い、リスクを分散させる。
  3. 定期的な財務分析: 企業の財務状況を定期的に分析し、問題点を早期に察知して対策を講じる。

また、黒字倒産のリスクがある場合、企業の債務の整理や交渉をサポートすることで、経営の安定化を図ることは可能です。企業は黒字でも経営が逼迫するリスクがあるため、常に注意深く経営を行い、問題や心配を抱える場合は、早めのタイミングで専門家に相談することをおすすめします。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION