COLUMN

法人破産・代表破産

2023.12.192023.12.19 更新

休眠会社とは、実質的な事業活動が停止しているのに、法的には存在している会社のことを指します。休眠会社はしばしば、会計帳簿において最低限の活動しか示さず、ビジネスの世界では「隠れた存在」となっています。

特に新たなビジネスチャンスを探る際や、リスク評価を行う場合、休眠会社の確認は不可欠です。

この記事では、休眠会社の特徴や確認方法などについて、具体的かつ実践的な休眠会社の確認は、ビジネスの安全性を高め、より良い投資決定を下すための鍵となります。今後の経済状況をより良くしていくために、記事の内容を一緒に確認していきましょう。

休眠会社とは

休眠会社の定義と目的

休眠会社とは、実質的な事業活動を行っておらず、法的には存在し続けている会社です。このような会社は、事業を一時的に停止している場合や、特定の目的のために設立された場合に見られます。

休眠会社の目的には以下のようなものがあります

  • 保留中のプロジェクト:将来の事業計画やプロジェクトを見据え、そのための法人体を確保しています。
  • 資産保護:不動産や知的財産などの資産を保有し、管理しています。
  • 税金の最適化:税務上の利点を享受するために設立することもあります。
  • リスク管理:特定の資産や活動に関連するリスクを分離しています。

休眠会社は、これらの目的のために存続し、必要に応じて活動を再開することがあります。

休眠会社を活用する際には、その法的・税務的な要件を遵守しなければなりません。また、休眠状態の会社を再活性化する場合、適切な計画と準備が必要になるでしょう。

休眠と廃業の違い 

事業を続けるかどうかを決める際、休眠と廃業は重要な選択肢です。どちらも異なる影響があり、理解しておく必要があります。以下に、休眠と廃業の主な違いをまとめます。

定義:

  • 休眠: 事業活動を一時停止するが、会社としての存在は維持します。将来的に事業を再開する可能性があります。
  • 廃業: 事業を完全に終了し、会社を解散します。法的に会社としての存在を終了させます。

手続き:

  • 休眠: 法的な解散手続きは必要ありません。しかし、税務上の手続きや定期的な報告は続ける必要があります。
  • 廃業: 解散登記、清算手続きなど、複数の法的手続きが必要です。すべての負債の清算と資産の分配を行います。

財務的影響:

  • 休眠: 継続的な経費(例:登記維持費用、税金)がかかる可能性があります。
  • 廃業: 全ての負債を清算し、残余資産を分配。事業に関連するすべての財務的な義務を終了させます。

将来的な選択肢:

  • 休眠: 市場環境の変化や新たな機会が生じた場合、事業を再開しやすいです。
  • 廃業: 一度会社を解散すると、再び事業を始める場合には新たに会社を設立する必要があります。

継続的な義務:

  • 休眠: 法人税の申告や定期的な登記更新など、継続的な管理が必要です。
  • 廃業: 手続きが完了すると、すべての法的義務や責任が終了します。

休眠と廃業は、それぞれ異なる戦略と目的を持っています。休眠は将来的な再開を視野に入れ、一時的な活動休止を意味します。一方で、廃業は事業を完全に終了し、会社としての活動を停止します。どちらの選択も、会社の状況や将来計画に応じて慎重に検討することが重要です。

みなし解散との関係

みなし解散と休眠会社との関係について説明します。みなし解散は、特定の条件下で、会社が法的に解散されることを意味します。これは休眠会社にとって重要な概念です。

みなし解散が発生するケースには以下のようなものがあります。

  • 定款に定められた存続期間の終了:会社が定めた存続期間が終了した場合、自動的に解散になる場合があります。
  • 目的達成または達成不可能の場合:会社の設立目的が達成されたり、達成不可能となった場合にも解散が発生することがあります。
  • 会社の事業活動がない場合:長期間にわたって事業活動が行われていない休眠会社は、みなし解散の対象になる可能性があります。

休眠会社の場合、以下の点に注意する必要があります。

  1. 定期的な確認:休眠状態でも、会社は定期的に状況を確認し、必要な法的要件を満たしているか確認する必要があります。
  2. みなし解散の回避:みなし解散を避けるためには、事業活動がなくても、定期的に会社の状況を確認し、必要な手続きを行うことが重要です。
  3. 法的な対応:もし休眠会社がみなし解散の状況になった場合、速やかに法的な対応をとらなければなりません。

休眠会社の管理者や株主は、みなし解散のリスクを理解し、適切な管理を行うことが求められます。クライアントは休眠会社を適切に管理し、不意のみなし解散を避けるための助言を提供することが重要です。

休眠会社のメリットとデメリット

休眠会社のメリット  

以下は、休眠会社のメリットとなります。

  • 再活動の容易さ:将来的に事業を再開する場合、新たな会社設立の手間やコストが不要です。
  • 設立時の信用の維持:長い歴史を持つ会社は、新規事業開始時に信頼性が高まります。
  • 保有資産の維持:休眠中も不動産などの資産を保持し続けることが可能です。
  • 継続的なコスト削減:事業活動を休止することで、日々の運営コストを削減できます。
  • 法的・税務上の利点:特定の条件下で税務上の利点がある場合があります。

休眠会社を運営する際は、以下の点に注意する必要があります。

  • 定期的な法的要件のチェック
  • 財務状態の適切な管理
  • 休眠状態の明確な理解と対応

休眠会社を適切に管理し、将来の事業再開に向けて賢明な対策を講じることをクライアントに助言することが重要です。

休眠会社のデメリット

休眠会社には以下のデメリットがあります。

  • 維持費用の発生:登記や年次報告など、法的要件を満たすための維持費用がかかります。
  • 法的義務の継続:休眠中も法的義務(税金の申告など)が続きます。
  • 事業再開時の障害:長期間の休眠は、事業再開時に市場への再適応を困難にすることがあります。
  • 市場の変化への対応遅延:休眠期間中に市場環境が変化すると、その変化に対応するのが難しくなります。
  • 信用度の低下:休眠状態が長期間続くと、取引先や金融機関からの信用度が低下する可能性があります。

休眠会社のデメリットを理解し、クライアントにこれらのリスクを説明し、適切な対応策を助言することを念頭におきます。また、休眠会社の状態を定期的に見直し、現実的な運営計画を立てることが重要です。

休眠・休業会社の手続き

会社を休眠化する手続き 

会社を休眠化する手続きには以下のステップが含まれます。

  1. 経営者会議の開催:会社を休眠化することについて経営陣や株主と話し合います。
  2. 休眠化の決定:経営者や株主からの同意を得て、正式に休眠化を決定します。
  3. 事業活動の停止:実際の事業活動を停止し、必要なら資産の売却やリース契約の解約を行います。
  4. 従業員の対応:従業員に対して休眠の通知を行い、退職や配置転換などの手続きを進めます。
  5. 財務状況の整理:資産と負債の現状を整理し、必要に応じて債権者との交渉を行います。
  6. 税務処理:休眠に伴う税務上の処理を行い、必要な税務申告を完了させます。
  7. 法的手続き:休眠化に関連する法的手続き、例えば商業登記の変更などを行います。
  8. 休眠中の継続的な管理:休眠中も法的義務の遵守、年次報告、税務申告などが必要です。

クライアントにこれらの手続きの重要性を理解してもらい、適切に休眠化を進めるためのアドバイスを提供することが大切です。また、休眠化の決定が会社に及ぼす影響を慎重に評価し、最適な戦略を立てる必要があります。

休眠中の必要な手続き

休眠中の会社には、以下のような手続きが必要です

  1. 年次報告の提出:休眠状態であっても、年次報告書を提出する義務があります。
  2. 税務申告の継続:所定の税務申告は休眠中も継続して行う必要があります。
  3. 登記簿の維持:商業登記簿は最新の状態に保つ必要があります。
  4. 銀行口座の管理:会社の銀行口座は維持し、必要に応じて管理します。
  5. 契約の維持と管理:休眠中も継続する契約(例えば土地のリース契約)は適切に管理します。
  6. 通信手段の維持:会社の連絡先(電話、メール等)は維持し、必要な通信を行えるようにします。
  7. 法的義務の遵守:法律で定められた義務(例えば年次総会の開催)は遵守します。

休眠中の会社は活動を停止しているため、日常的な業務は行われませんが、上記の手続きは必ず行いましょう。

休眠会社を再開する手続き

休眠会社を再開する際に必要な手続きは以下の通りです

  1. 事業再開の決定:社員会議や取締役会を開催し、事業の再開を決定します。
  2. 計画の策定:再開に向けた事業計画や財務計画を策定します。
  3. 資金調達:必要な資金を調達し、運転資金を確保します。
  4. 税務申告の更新:税務局への届出を行い、必要な税務申告を更新します。
  5. 商業登記の更新:活動再開に伴い、変更があれば商業登記を更新します。
  6. 従業員の雇用:必要に応じて新たに従業員を雇用するか、元の従業員との契約を更新します。
  7. 契約の再確認と更新:取引先との契約を再確認し、必要に応じて更新します。
  8. 市場調査とマーケティング戦略:現在の市場状況を把握し、適切なマーケティング戦略を立てます。

休眠会社の再開は、単に事業活動を再開するだけではなく、適切な計画と準備が必要です。市場や業界の変化を考慮し、現実的かつ実行可能な戦略を策定することが成功の鍵となります。

また、法律的な手続きを正確に行うことで、将来的な問題の回避につながります。専門家に相談し、休眠会社の再開にあたっての法的なアスペクトや財務的な準備についてアドバイスを求めることをおすすめします。

みなし解散とは

みなし解散の定義

みなし解散とは、特定の事由が発生した場合に、会社が法的に解散したと見なされる状態を指します。以下はその詳細です。

自動的な解散の事態
みなし解散は、会社が特定の条件を満たした時に自動的に発生します。

主な事由

  • 社員(株主)全員の死亡または退社:全ての社員が退社し、新たな社員が存在しない場合。
  • 期限の到来:会社設立時に定めた存続期間が終了した場合。
  • 事業目的の完了または不可能となった場合:会社の事業目的が完了したり、事業の継続が不可能になった場合。
  • 登記の要否:みなし解散が発生した場合、法的手続きとして解散登記が必要です。
  • 清算手続き:みなし解散後も清算手続きが必要となる場合があります。

みなし解散は、通常の解散手続きと異なり、特定の状況下で自動的に発生することが特徴です。会社運営においては、みなし解散に至らないように注意を払わなければなりません。

また、みなし解散が発生した場合、適切な法的手続きを行うことが重要です。債務整理の観点からは、みなし解散が発生した場合の負債や債権の管理についても注意することも念頭におきましょう。

みなし解散のタイミング 

みなし解散のタイミングは、特定の条件が満たされた時点で自動的に設定されます。以下に、みなし解散のタイミングを簡潔に紹介します。

  • 社員(株主)全員の死亡または退社時:会社の全ての社員が退社または死亡した瞬間。
  • 会社設立時に定めた存続期間の到来:設立時の定款に記載された期間が終了した時点。
  • 事業目的の達成または不可能となった場合:事業目的が達成された、もしくは達成不可能となった時点。
  • 登記上の手続き:これらの条件が発生した場合、解散の事実を登記することが法的義務。

上記のタイミングでは、会社は法的に解散したと見なされます。そのため、これらの状況に陥った場合、適切な法的手続きを速やかに行うことが重要です。

これらのタイミングで発生する負債や債権の管理に注意を払う必要があります。会社の運営者としては、これらの状況を避けるための対策を講じることも重要です。

みなし解散と廃業の違い

みなし解散と廃業は、会社の存続に関わる重要な概念です。以下に、みなし解散と廃業の主な違いを挙げます。

定義

  • みなし解散:法的要件に基づき、会社が自動的に解散する状況です。
  • 廃業:会社が積極的に事業活動を停止し、市場から撤退することを指します。

発生のタイミング

  • みなし解散:全社員の死亡や退社、事業目的の達成・不可能性など特定の条件により自動発生します。
  • 廃業:経営者の決定により、任意に行われます。

法的手続き

  • みなし解散:解散事実の登記など特定の法的手続きが必要です。
  • 廃業:法的な解散登記、債権者への対応などの手続きが伴います。

結果としての影響

  • みなし解散:法的に会社が存在しなくなり、清算手続きが必要です。
  • 廃業:事業を停止しても、会社自体は法的に存続し得ます。

債務整理の観点

  • みなし解散:自動的な解散に伴い、未処理の債務問題が生じる可能性があります。
  • 廃業:事業停止に伴い、債権者への責任や債務の清算を計画的に行う必要があります。

再開の可能性

  • みなし解散:解散後の再開は通常不可能となります。
  • 廃業:事業を一時停止し、将来的な再開の可能性を残します。

みなし解散と廃業は、会社の未来に大きな影響を与えるため、これらの状況を正しく理解し、適切な対応を取ることが重要です。

みなし解散の流れと対処法  

みなし解散までの流れ

みなし解散は、特定の状況下で自動的に発生する解散プロセスです。以下は、みなし解散までの一般的な流れを説明します。

  1. 特定条件の成立
    例:全社員の退社、死亡、事業目的の達成または不可能性などが挙げられます。
  2. みなし解散の発生
    法的要件に基づき、自動的に会社が解散状態に入ります。
  3. 解散事実の認識
    経営者や関係者が、みなし解散の条件が成立したことを認識します。
  4. 法的手続きの開始
    解散の登記、債権者への通知、清算手続きの準備を行います。
  5. 清算人の選任
    会社の資産の清算を行う清算人を選任します。
  6. 資産の清算
    会社の資産を現金化し、債権者への債務を弁済します。
  7. 残余財産の分配
    債権者への支払い後の残余財産を社員に分配します。
  8. 清算結了の登記
    清算手続きが完了したら、清算結了の登記を行います。
  9. 会社の終了
    清算結了登記をもって、法人としての会社は終了します。

このプロセスは、会社の状況や債務の状態によって異なる場合があり、債権者との適切な対応が重要です。専門家の助言を受けることで、よりスムーズな手続きが可能になります

通知到着後の対処法

休眠会社がみなし解散に至った際に、債権者や関連する当事者から通知が到着した場合の対処法について説明します。

  1. 通知内容の確認
    到着した通知の内容を詳細に確認します。
    通知の種類(債権請求、法的通知など)と内容を理解します。
  2. 期限の把握
    通知に記載されている対応期限を確認し、記録します。
  3. 専門家への相談
    法的な内容や複雑な事案については、弁護士や会計士などの専門家に相談します。
  4. 必要書類の準備
    対応に必要な書類(会社の財務状況、契約書、会議録など)を準備します。
  5. 適切な返信の準備
    通知の内容に基づき、適切な返信を準備します。
    返信内容は、法的な観点から適切であることを確認します。
  6. 債権者との交渉
    必要に応じて債権者との交渉を行います。
    解決策や支払い計画などを提案する場合があります。
  7. 記録の保持
    すべての通信や交渉の記録を保持します。
    法的な証拠として後に重要になることがあります。
  8. 返信の送付
    確定した返信を期限内に送付します。
    送付方法は、証拠として残る形式(書留郵便など)を選ぶと良いでしょう。
  9. 継続的な対応
    必要に応じて継続的な対応を行います。
    法的な手続きや債権者との交渉が継続する可能性があります。

休眠会社のみなし解散に伴う通知への対応は、迅速かつ慎重に行いましょう。適切な対応は、会社の負担を軽減し、法的な問題を回避するのに役立ちます。

みなし解散の回避策  

みなし解散は、休眠会社が特定の条件を満たさない場合に自動的に生じる現象です。みなし解散を回避するための策について説明します。

活動の再開

  • 会社の事業活動を再開し、休眠状態から脱出します。
  • 新しい事業計画を立て、実行に移すことが重要です。

会計帳簿の更新

  • 定期的に会計帳簿を更新し、経営状態を明確に示します。
  • 法的な要件に基づき、財務報告を行います。

年次報告の提出

  • 法定の年次報告を定期的に提出します。
  • これには財務諸表や事業報告が含まれます。

株主総会の開催

  • 定期的な株主総会を開催し、会社の活動について報告します。
  • 株主とのコミュニケーションを保つことが必要です。

税金の納付

  • 必要な税金を適切に計算し、期限内に納付します。
  • 税務上の問題がないことを確認します。

必要な登記の更新

  • 会社登記簿上の情報を最新の状態に保ちます。
  • 住所変更や役員変更などがあれば、速やかに登記します。

法的な義務の遵守

  • 会社法やその他の関連法令に基づく義務を遵守します。
  • 法的な義務違反を避けるための措置を講じます。

監査役や会計士との協力

  • 監査役や会計士と協力し、会社の透明性を確保します。
  • 財務監査や会計監査を定期的に行うことが望ましいです。

定期的な経営戦略の見直し

  • 定期的に経営戦略を見直し、会社の活動を最適化します。
  • 経営環境の変化に対応するための計画を立てます。

休眠会社がみなし解散を回避するためには、これらの措置を講じることが重要です。特に、経営活動の再開と法的な義務の遵守が鍵となります。

休眠会社に関する注意点

みなし解散への対策が必要

みなし解散を回避するためには、以下の対策が必要です。

事業活動の再開または継続

  • 休眠状態から脱却するために、事業活動を再開または継続します。
  • 新たな事業計画や市場戦略を立案し、実行に移すことが大切です。

会計帳簿と税務申告の適正化

  • 定期的に会計帳簿を整備し、適切な税務申告を行います。
  • 財務状態を正確に反映させることが重要です。

法的義務の履行

  • 会社法や税法など、関連する法律の義務を確実に履行します。
  • 年次報告書の提出や株主総会の開催などが含まれます。

株主とのコミュニケーション強化

  • 定期的な株主総会を通じて、株主とのコミュニケーションを保ちます。
  • 株主からの支持を確保し、会社の運営に反映させることが必要です。

財務状況の透明性の確保

  • 定期的な財務監査を実施し、財務状況の透明性を高めます。
  • 監査役や会計士と協力し、財務報告の信頼性を向上させます。

会社登記の適時更新

  • 会社の住所や役員の変更があれば、速やかに登記を更新します。
  • 登記情報の正確性を保ち、信用力を維持します。

経営戦略の見直し

  • 定期的に経営戦略を見直し、市場や業界の変化に適応します。
  • 経営効率の向上や新たなビジネスチャンスの探求が重要です。

専門家との協力

  • 法律、税務、会計などの分野で専門家と協力し、適切なアドバイスを受けます。
  • 問題が生じた場合は、専門家に相談することが効果的です。

これらの対策を講じることで、みなし解散を回避し、会社の健全な運営を維持することが可能になります。

清算義務が発生する期限 

清算義務が発生する期限については、以下のポイントを把握することが重要です。

解散決定後の期限

  • 会社が解散を決定した後、法律で定められた期限内に清算手続きを開始する必要があります。
  • この期限は通常、解散決定後すぐです。

法的規定

  • 清算義務の期限は、会社法などの法的規定に基づいて定められています。
  • 法律による期限を遵守することが義務付けられています。

清算人の選任

  • 清算義務の期限内に清算人を選任し、登記する必要があります。
  • 清算人は、清算手続きの責任者として活動します。

清算手続きの開始

  • 清算人が選任された後、速やかに清算手続きを開始します。
  • 財産の調査、債権債務の整理などが含まれます。

公告の発行

  • 清算人は、解散の公告を行い、債権者に対して債権申告を求めます。
  • 公告期間は、法律で定められています。

債権者への通知

  • 解散後一定期間内に、債権者への通知を行う必要があります。
  • 債権申告の期限を明確に示すことが求められます。

最終決算の作成

  • 清算手続きの終了前に、最終決算を作成し、株主総会で承認を得る必要があります。
  • 株主への資産分配もこの時点で行われます。

清算結了登記

  • 清算手続きが完了した後、法定期限内に清算結了登記を行います。
  • これにより、法人の地位が消滅します。

清算義務の期限は法的要件に厳格に基づくため、正確な情報を確認し、適切に対応することが求められます。必要に応じて、専門家に相談することも重要です。

課税関係での影響

休眠会社やみなし解散が課税関係に与える影響には、以下のポイントがあります。

法人税の申告義務

  • 休眠状態にあっても、会社は法人税の申告義務があります。
  • 事業活動がない場合でも、申告は必要です。

消費税の申告

  • 消費税の申告も、事業年度ごとに必要になります。
  • 取引がなくても、消費税の申告を怠ると罰則の対象になることがあります。

固定資産税

  • 固定資産を保有している場合、固定資産税の支払いが必要です。
  • 休眠状態でも、固定資産に関する税金は発生します。

源泉所得税の取り扱い

  • 従業員がいる場合は、源泉所得税の取り扱いに注意が必要です。
  • 給与支払いが伴う場合、税務申告が求められます。

清算時の税金

  • 清算時には、清算所得に対する法人税が課せられます。
  • 清算所得の計算は複雑で、専門家の助言が有効です。

資本金の返還

  • 株主への資本金の返還には税金がかかる場合があります。
  • 株主への配当として扱われる場合、所得税の対象になります。

債権者への支払い

  • 清算時の債権者への支払いには、税務上の影響が生じる可能性があります。
  • 支払いの性質によって税務上の扱いが異なります。

税務調査のリスク

  • 休眠会社や解散時には、税務調査のリスクが高まることがあります。
  • 正確な税務申告と記録の保持が重要です。

税務申告や税金の支払いを怠ると、将来的に追徴税や罰則が科せられるリスクがあります。休眠会社やみなし解散は税務面でさまざまな影響を及ぼすため、税務の専門家と連携し、適切な対応を行っていきましょう。

専門家への相談が重要

ここでは、休眠会社やみなし解散に際して専門家への相談が重要な理由について説明します。

法的知識の提供

  • 専門家は法的な知識を提供し、適切な手続きをアドバイスします。
  • 法律の変更や複雑なケースにも対応できます。

税務上のアドバイス

  • 税務の専門家は、税金に関する複雑な問題を解決する手助けをします。
  • 正確な税務申告や節税対策についてアドバイスを提供します。

リスクの最小化

  • 専門家は、将来的なリスクを見越した計画を立てる手伝いをします。
  • 法律的な問題や税務上の違反を避けるための戦略を提案します。

手続きのスムーズ化

  • 手続きの複雑さを理解し、迅速かつ円滑な処理を支援します。
  • 書類作成や登記手続きなどの実務を効率的に行います。

債権者との交渉

  • 債権者との交渉において、中立的な立場で代理人として機能します。
  • 法律的な観点から最適な交渉結果を導き出すサポートを提供します。

事業再開へのサポート

  • 休眠会社を再開する際、法律的・経営的なアドバイスを提供します。
  • 再開にあたっての戦略立案や計画策定をサポートします。

専門家への相談は、休眠会社やみなし解散に伴うさまざまな問題を解決し、手続きを円滑に進める上で重要な役割を果たします。適切なアドバイスを受けることで、リスクを最小限に抑えつつ、法的な義務を適切に履行することが可能になります。

まとめ

休眠会社とみなし解散の解説

休眠会社とは、事業活動を一時的に停止しているが、法的には存在している会社のことを指します。一方、みなし解散とは、一定期間事業活動がない会社が自動的に解散する法的なプロセスを意味します。休眠会社を運営する際やみなし解散に際して、特に注意すべき点を以下に箇条書きでまとめました。

重要なポイント

  1. 休眠会社のメリット:将来的な事業再開のための基盤を保持します。また、税金や運営コストの節約になります。
  2. 休眠会社のデメリット:一定の管理コストや年次報告義務が発生します。長期間の休眠はみなし解散のリスクを高めます。
  3. みなし解散のプロセス:一定期間事業活動がないと、法的に解散します。みなし解散は自動的に進行し、特定の手続きを必要とします。
  4. みなし解散の避け方:定期的な事業活動や報告を維持しましょう。専門家への相談を通じて法的義務を適切に管理することが大切です。
  5. 休眠中の手続き:税務申告や法人税の支払いなどの継続的な義務があります。定期的な更新や記録の保持が必要です。
  6. 再開に向けた準備:事業再開の際は、新たな計画と戦略が必要です。再開前に法的義務や財務状況を再評価しましょう。

休眠会社は、将来の事業再開を見据えた戦略的な選択ですが、みなし解散のリスクが伴います。これらの状況に適切に対応するためには、定期的な事業活動の維持、法的義務の遵守、専門家への相談が重要です。

専門家への相談を積極的に求め、休眠会社を効果的に管理し、必要に応じて再開や正式な解散手続きを行っていきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION