COLUMN

債務整理

2023.12.152023.12.11 更新

クレジットカードの利用は日常生活に欠かせない一部となっていますが、時には財政的な困難に直面することもあります。特に、楽天カードのような人気のカードを利用している場合、債務整理の必要性に迫られることもあるでしょう。

この記事では、楽天カードの債務整理におけるポイントと内容について詳しく解説します。債務整理の基本的な流れから、楽天カード特有の注意点、ポイント利用に関する考慮すべき事項まで、わかりやすく説明していきます。

健全な金融生活を取り戻す一歩を踏み出すために、正しい情報について一緒に確認していきましょう。

楽天カードの任意整理 

楽天カードの基本情報

楽天カードは、日本で広く利用されているクレジットカードの一つです。債務整理を考えている場合、まずは基本的な情報を把握することが重要です。以下に、楽天カードの基本情報と、債務整理のプロの視点から見たポイントを記します。

  • 発行元: 楽天カード株式会社
  • 利用可能範囲: 国内外の多くの加盟店で利用可能です。
  • ポイント制度: 楽天ポイントを貯めることができ、楽天市場や提携店で利用できます。
  • 年会費: 基本的に無料ですが、特定のカードには年会費がかかる場合がある
  • 利用限度額: 個々の信用状況に応じて設定されます。

債務整理の観点から見ると、以下の点が重要です。

  • 利用明細の確認: 残高や利用履歴を確認し、債務整理の対象範囲を明確にします。
  • ポイントの扱い: 債務整理を行う場合、貯まったポイントの扱いを確認する必要があります。
  • 支払い遅延の影響: 支払い遅延がある場合、信用情報に影響し、他の金融取引に影響する可能性があります。
  • 債務整理手続きとカード利用: 債務整理手続き中やその後、カード利用が制限されることが多いです。

楽天カードの利用状況を正確に把握し、債務整理のプロセスを進めることが重要です。

楽天カードの任意整理の特徴

楽天カードの任意整理は、債務者が楽天カードの債務を整理する際の一手段です。任意整理は裁判所を介さず、債務者と債権者(この場合は楽天カード会社)が直接交渉を行います。以下は、楽天カードの任意整理の特徴と注意点です。

交渉による支払い条件の変更:

  • 残債務の減額交渉
  • 返済期間の延長
  • 利息のカットや固定化

信用情報への影響:
任意整理を行うと信用情報に記録されます。今後のクレジットカード利用やローン取得に影響が出る可能性があります。

ポイント制度の扱い:
債務整理中やその後のポイントの利用や獲得に影響があるか確認が必要です。

楽天カードの利用停止:
任意整理手続き開始後、カードの利用が停止される場合が多いです。

和解後の返済義務:
和解合意に達した後は、新しい返済計画に従って支払いを続ける必要があります。

弁護士等の専門家との相談:
交渉は専門的な知識が必要なため、弁護士等の専門家に相談することが推奨されます。

楽天カードの任意整理を進める際は、これらの点を十分に理解し、適切な手続きを行うことが重要です。債務整理は個人の信用情報に長期間影響を与えるため、慎重に検討する必要があります。

楽天カード任意整理後の影響

楽天グループ各サービスへの影響

楽天グループの各サービスは、楽天カードの債務整理によって影響を受ける可能性があります。以下は、債務整理時に楽天グループの各サービスに及ぼす影響についての概要です。

  • 楽天市場の利用制限:
    楽天カードが利用停止になると、カードに紐付けられた楽天市場での買い物が制限される可能性があります。
  • 楽天ポイントの影響:
    債務整理により、楽天カードでのポイント獲得が停止されます。既存の楽天ポイントの利用に制約が出る可能性もあります。
  • 楽天銀行口座への影響:
    楽天銀行との関連サービスに影響が及ぶ可能性があります。口座凍結やサービス利用制限が発生する可能性も考慮が必要です。
  • 楽天モバイルのサービス利用:
    楽天カードを支払い方法として使用している場合、支払い方法の変更が必要になります。
  • その他の楽天関連サービス:
    楽天トラベル、楽天ブックスなど他の楽天関連サービスの利用にも影響が出る可能性があります。

楽天グループのサービスを利用する場合、債務整理によってこれらのサービスへのアクセスや利用条件が変更される場合があります。したがって、債務整理を検討している場合は、これらのサービスへの影響も考慮し、必要に応じて代替の支払い方法やサービス利用の計画を立てることが重要です。

楽天カード以外のクレジットカード 

楽天カード以外のクレジットカードに関する債務整理は、さまざまな要素に注意を払わなければなりません。以下に、楽天カード以外のクレジットカードに関する債務整理の重要なポイントを解説します。

  1. クレジットカード会社との交渉:
    債務整理の際は、各クレジットカード会社と個別に交渉を進めます。交渉では返済条件の見直しや支払い計画の提案が重要です。
  2. 利用制限の可能性:
    債務整理を行うと、そのクレジットカードの利用が停止される可能性があります。利用停止は他のクレジットカードにも影響を与える場合もあります。
  3. クレジットヒストリーへの影響:
    債務整理はクレジットスコアに影響を及ぼします。将来的なクレジットカードの新規申込みやローン取得に影響する可能性があります。
  4. 多重債務の問題:
    複数のクレジットカードに債務がある場合、総合的な債務整理計画が必要です。一つのカードだけでなく、全ての債務に対する計画を立てることが重要となります。
  5. 返済計画の策定:
    個々のカードごとの債務額や利息、支払い条件を明確にし、現実的な返済計画を策定します。
  6. 法的な手続きの選択:
    任意整理、個人再生、自己破産など、状況に応じた債務整理の手法を選びます。

楽天カード以外のクレジットカードに関する債務整理は、個々のカードの条件や個人の財務状況を考慮して進める必要があります。計画的かつ慎重に進めることで、債務整理のプロセスをスムーズに進行させることができます。

楽天カード再取得の可能性

債務整理後の楽天カード再取得については、以下の要点を理解しておくことが重要です。

  • 債務整理後の信用情報の影響:
    債務整理を行うと、信用情報機関に記録されます。この記録は一定期間(通常は5年間)残り、クレジットカードの再取得に影響を及ぼす可能性があります。
  • 再取得のタイミング:
    信用情報の記録が消えた後、楽天カードの再取得が可能になる場合が多いです。信用情報がクリアになるまで待つ必要があります。
  • 再申請時の審査:
    再申請時には通常の申請プロセスを経ます。債務整理前の信用状況よりも厳しい審査が行われることがあります。
  • 安定した収入の証明:
    再取得時には安定した収入の証明が求められることが多いです。定期的な収入があることを示す必要があります。
  • 利用限度額の見直し:
    再取得できた場合でも、初期の利用限度額は低めに設定されることが一般的です。信用を再構築するため、最初は小額から始めます。
  • その他の条件:
    再取得の際には、その他のカード利用歴や現在の財務状況も考慮されます。

楽天カードの再申請を検討する場合は、これらの要因を念頭に置いて計画的に進めていきましょう。

信用情報への登録 

ここでは、債務整理と信用情報登録に関する要点を確認していきます。

  • 信用情報機関とは:
    日本には複数の信用情報機関があり、金融機関やクレジットカード会社などが加盟しています。個人の信用情報を集約し、貸し倒れのリスクを低減するのが目的です。
  • 債務整理と信用情報:
    債務整理(任意整理、個人再生、自己破産など)を行うと、その情報は信用情報機関に記録されます。この情報は一定期間(通常は5年間)保存され、新たなクレジット取引に影響を及ぼす場合があります。
  • 情報の登録内容:
    債務整理の事実、整理した金融機関、整理額、整理日などが記録されます。他の貸金情報(ローンの返済状況、延滞情報など)も記録されます。
  • 信用情報の確認方法:
    個人は各信用情報機関に申し込み、自分の信用情報を確認できます。確認は年に1回無料で行うことができます。
  • 情報の修正:
    間違った情報が登録されている場合は、訂正を申し出ることが可能です。正確な情報への更新が重要です。

信用情報は個人の信用度を評価する重要な指標となります。債務整理を行う際は、信用情報がどのように影響するかを理解し、計画的に進めることが大切です。

楽天ポイントと債務整理

楽天ポイントの使用推奨時期  

債務整理を検討している際の楽天ポイントの使用について以下の点が重要です。

  • 債務整理前のポイント使用:
    債務整理を行う前に、既に保有している楽天ポイントを使用することをおすすめします。ポイントは現金価値があり、債務整理後にアクセスが制限される可能性があるためです。
  • ポイント使用のタイミング:
    債務整理の申請前にポイントを使い切るのが理想的です。債務整理が進行すると、クレジット機能の停止に伴い、ポイントが利用できなくなる可能性があります。
  • 利用可能なサービスの確認:
    楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルなど、多様なサービスで使用できます。債務整理前に、これらのサービスでポイントを活用することを検討しましょう。
  • ポイントの有効期限:
    楽天ポイントは通常、最終利用日から一定期間後に失効します。失効する前に有効活用することが望まれます。
  • 不要な消費を避ける:
    ポイントを使い切るためとはいえ、不要な消費は避けなければなりません。必要なものや実際に役立つサービスにポイントを使用しましょう。

債務整理を考えている場合、早めにポイントを適切に利用しておく必要があります。ただし、不要な消費を避けることは念頭に置いておきましょう。

債務整理をすると楽天ポイントは失効する?

以下に、債務整理を行った場合の楽天ポイントの扱いについて解説します。

  • 楽天カードの停止:
    債務整理に伴い、楽天カードが利用停止になることが一般的です。カード停止により、楽天ポイントの獲得や使用が制限される可能性があります。
  • 既存ポイントの利用:
    債務整理前に保有しているポイントは、カード停止前に使用することを推奨します。債務整理後、ポイントの利用が困難になる場合があるためです。
  • ポイント失効のリスク:
    債務整理後、楽天カードアカウントにアクセスできなくなることで、ポイントが失効するリスクがあります。債務整理前にポイントを使い切ることが望ましいとされます。
  • 楽天ポイントの有効期限:
    通常、楽天ポイントは最後の使用日から一定期間内に使用しなければ失効します。この期限を確認し、早めに利用することが重要です。
  • 債務整理の種類による影響:
    債務整理の種類(任意整理、個人再生、自己破産など)によって、ポイントへの影響が異なる可能性があります。具体的な影響は、手続きの種類によって異なるため、専門家への相談が推奨されます。

結論として、債務整理を検討している場合は、楽天ポイントの利用を早めに行い、失効リスクを避けることが重要です。

楽天カードの任意整理をすると楽天ポイントはどうなる?

楽天カードの任意整理を行った際の楽天ポイントの扱いについては、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • カードの利用停止:
    任意整理を行うと、通常は楽天カードの利用が停止されます。カード利用停止に伴い、新たにポイントを獲得することができなくなります。
  • 既存ポイントの利用:
    既に獲得している楽天ポイントは、カード利用停止前に使い切ることが望ましいです。利用停止後はポイントを使うことが難しくなる可能性があります。
  • ポイント失効の可能性:
    楽天カードのアカウントが閉鎖されると、その時点でのポイントも失効する恐れがあります。ポイントは、債務整理の手続きに入る前に使うことをおすすめします。
  • ポイントの有効期限:
    楽天ポイントには有効期限が設定されており、通常は最後の獲得または使用日から一定期間内に使用する必要があります。有効期限内にポイントを利用しないと失効するため、早めの利用が重要です。
  • 任意整理の影響範囲:
    任意整理は債務者と楽天カード会社間の合意に基づく手続きです。この手続きが楽天ポイントの保持にどう影響するかは、具体的な合意内容に依存します。
  • 楽天ポイントの利用方法:
    楽天市場や楽天グループのサービスでの買い物、楽天ポイントカード加盟店での利用など、ポイントの使い道を計画的に検討することが重要です。

任意整理を検討している場合は、楽天カードを含むクレジットカードの管理楽天ポイントの効果的な利用計画を早めに立てていきましょう。また、債務整理の手続きには専門家の助言を求めることが重要です。

任意整理中の楽天ポイントの利用可否  

任意整理中の楽天ポイントの利用に関しては、以下のように考えられます。

  • カードの利用停止:
    任意整理を行うと、楽天カード自体の利用が停止される可能性が高いです。カードが停止されると、新たなポイントの獲得はできなくなります。
  • 既存ポイントの扱い:
    既に獲得している楽天ポイントについては、カード利用停止後も利用できる場合があります。しかし、利用規約によってはポイントの利用が制限されることもあり得ます。
  • ポイントの有効期限:
    楽天ポイントには有効期限が設けられています。有効期限内にポイントを使用しなければ、失効する可能性があります。
  • 利用可能なサービス:
    楽天ポイントは楽天市場や楽天グループの各種サービス、楽天ポイントカード加盟店で利用可能です。カード停止後もこれらのサービスでポイントを使うことができるかは、楽天側の規約に依存します。
  • ポイントの利用制限:
    楽天カードの任意整理により、ポイントの使用に制限がかかることも考えられます。利用規約や楽天カード会社への確認が必要です。
  • ポイントの確認と利用計画:
    任意整理前にポイント残高を確認し、有効期限内に利用する計画を立てることが重要です。

任意整理中に楽天ポイントを利用する場合、楽天カード会社の規約や利用条件を確認し、失効を避けるために計画的に利用することをおすすめします。また、任意整理に関する手続きは複雑なため、専門家への相談を検討しましょう。

任意整理後の楽天ポイントへの影響 

任意整理後の楽天ポイントへの影響については、以下の点が考慮されます。

  • カード利用停止:
    任意整理を行うと、楽天カードの利用が停止される可能性が高いです。カードが停止されると、新たなポイントの獲得はできなくなります。
  • 既存ポイントの利用:
    既に獲得している楽天ポイントは、カードの利用停止後も使えることが一般的です。ただし、利用規約によってはポイントの利用が制限される可能性もあります。
  • 有効期限の確認:
    楽天ポイントには有効期限があります。有効期限内にポイントを使用しないと失効する可能性があります。
  • 利用可能なサービス:
    任意整理後も楽天市場や楽天グループのサービス、楽天ポイントカード加盟店でポイントを利用できる可能性があります。
  • 利用制限の可能性:
    クレジットカード会社の規約変更により、ポイントの利用方法に制限がかかることも考えられます。
  • ポイントの管理:
    任意整理後も楽天のアカウントを通じてポイントの管理が可能です。

楽天カードを任意整理した後の楽天ポイントの利用については、楽天カード会社の規約や利用条件を確認することが求められます。また、利用規約が変更される可能性があるため、定期的な確認が必要です。

楽天カード任意整理での楽天銀行口座の扱い

楽天カードの任意整理時、楽天銀行口座の扱いについて以下のポイントを把握することが重要です。

  • 楽天カードと楽天銀行口座の関連性:
    楽天カードと楽天銀行は同じ楽天グループに属しています。ただし、クレジットカード事業と銀行事業は別々の法的エンティティで運営されています。
  • 任意整理の影響範囲:
    任意整理は主にクレジットカードの債務に関わるもので、直接的には銀行口座に影響しないことが多いです。楽天カードの債務整理が楽天銀行口座の利用に影響を与えるかどうかは、楽天銀行の規約によります。
  • 口座の利用制限の可能性:
    楽天銀行は、債務整理を行った顧客に対して特定の制限を設ける可能性があります。これには、口座の利用制限や新たなサービスの利用拒否などが含まれる可能性があります。
  • 個別の事情の検討:
    楽天銀行口座の具体的な扱いは、個々の債務整理の状況や楽天銀行の方針によって異なる場合があります。債務整理のプロセス中に楽天銀行とのコミュニケーションを保持することが重要です。
  • 他の金融機関への影響:
    任意整理は信用情報に記録され、他の金融機関の口座開設やローンの申し込みに影響を与える可能性があります。
  • 楽天銀行とのコンタクト:
    任意整理を検討している場合、楽天銀行に直接連絡し、口座の扱いについて確認することが求められます。

楽天カードの任意整理を検討する際は、楽天銀行口座の利用に関する楽天銀行の規約と方針を確認し、必要に応じて専門家に相談し、適切なアドバイスを受けましょう。

楽天カード任意整理Q&A

楽天カードの任意整理における和解条件

ここでは、楽天カードの任意整理に際しての和解条件に関して詳しく解説します。

  1. 和解の基本条件:
    債務額の再確定:楽天カード債務の残高を確認し、和解交渉の出発点とします。返済計画の提示:返済可能な金額と期間を設定し、楽天カード側に提示します。
  2. 利息の凍結や減額:
    任意整理を行うと、通常は今後の利息の凍結や減額が求められます。これは、借金の返済を現実的なものにするためです。
  3. 分割払いの設定:
    和解案では、通常、分割での返済が提案されます。返済期間や月々の返済額は、債務者の経済状況に基づいて決定されます。
  4. 一時金による和解:
    場合によっては、一定額の一時金で債務を清算する提案がなされる場合もあります。これは、債務者が一定の資金を用意できる場合に適用されることが多いです。
  5. 和解後の利用制限:
    和解が成立した後、楽天カードの利用は一定期間制限されることが一般的です。
  6. 信用情報への影響:
    任意整理を行うと信用情報に記録され、将来のクレジットカード利用やローン申込に影響を及ぼす可能性があります。
  7. 和解合意の文書化:
    和解内容は文書で取り交わし、両当事者が署名・捺印することで法的な効力を持たせます。

楽天カードの任意整理における和解条件は、債務者の経済状況や返済能力によって異なります。専門家の支援を得ながら、債務者にとって最適な条件で和解を目指していきましょう。

楽天カードの任意整理の返済方法

楽天カードの任意整理における返済方法を理解することは、債務整理の成功にとって重要です。以下に、主な返済方法について詳しく説明します。

  1. 月々の分割払い:
    和解合意に基づき、毎月一定の金額を返済します。返済期間と月々の金額は、債務者の収入状況に応じて設定されます。
  2. 一時金での清算:
    債務者が一定の資金を用意できる場合、一時金での返済を提案できます。返済提案は、債務全体の一部を一括で支払う形をとります。
  3. 利息の凍結:
    任意整理により、今後の利息は凍結または減額されることが多いです。利息の凍結により、返済総額が減少する可能性があります。
  4. 債務の一部免除:
    場合によっては、債務の一部が免除されることもあり、一部免除は債権者との交渉によって決定されます。
  5. 返済期間の延長:
    返済期間を延長することで、月々の返済額を減額できますが、総返済額が増加する可能性もあります。
  6. 返済状況に応じた柔軟な対応:
    返済中に経済状況が変わった場合、再度交渉して条件の見直しが可能です。
  7. 弁護士や司法書士を通じた交渉:
    専門家を通じて、債務整理の条件交渉を行うことが一般的です。

楽天カードの任意整理では、返済方法の選択が非常に重要です。債務者の現在の経済状況と将来の返済能力を考慮し、適切な返済計画を立てることが必要です。また、専門家と相談しながら、最適な返済方法を選択することをおすすめします。

楽天カード任意整理後の楽天サービスへの影響

楽天カードの任意整理後、楽天サービスへの影響について説明します。

  • 楽天カードの利用停止:
    任意整理を行うと、楽天カードの使用は即時停止されます。新たなクレジットカードの発行も期間限定で不可能になることがあります。
  • 楽天銀行口座への影響:
    楽天銀行口座は基本的に継続して使用可能ですが、口座と連携したクレジット機能は使用不可になります。
  • 楽天ポイントの利用:
    既に獲得した楽天ポイントは利用可能ですが、新たなポイントの獲得は限定される可能性があります。楽天ポイントカードを通じた買い物は引き続き可能です。
  • 楽天市場の利用:
    楽天市場での買い物は可能ですが、クレジットカードによる支払いは制限されます。他の支払い方法(代金引換、銀行振込など)を利用する必要があります。
  • その他の楽天サービス:
    楽天モバイルや楽天ブロードバンドなど、他の楽天サービスの利用に影響はほとんどありません。ただし、サービスによっては支払い方法の変更が必要になる場合があります。

楽天カードの任意整理後は、楽天グループの各サービスへの影響を把握し、必要に応じて支払い方法などを見直すことが大切です。また、任意整理後のクレジットスコアの低下により、他の金融サービスへの影響も考慮する必要があります。

楽天カードの作成と利用の注意点

以下に、楽天カードの作成と利用の注意点について債務整理の視点から解説します。

  • クレジットカードの作成前の検討事項:
    自身の返済能力を正確に把握し、無理のない範囲でカードを利用することが重要です。楽天カードの作成前に他の債務や財務状況を確認しましょう。
  • 利用限度額の設定:
    利用限度額は、自分の返済能力に基づいて適切に設定する必要があります。高すぎる限度額は無計画な支出を招くリスクがあります。
  • 楽天ポイントの利用と管理:
    楽天ポイントは賢く利用することで、お得に買い物ができますが、使い過ぎに注意しましょう。ポイント利用は計画的に行い、無駄遣いを防ぐことが大切です。
  • 返済計画の立案:
    クレジットカードの利用には、毎月の返済計画を立てることが必要です。利息や手数料を含めた返済額を把握し、滞納しないように計画的に支払いましょう。
  • 楽天カードのセキュリティ対策:
    カード情報の漏洩防止のため、セキュリティ対策をしっかりと行うことが重要です。定期的に取引明細を確認し、不審な取引がないかチェックしましょう。

楽天カードの作成と利用に際しては、これらの注意点を踏まえ、無理のない範囲で賢く利用することが大切です。また、借入れが多くなり過ぎないよう自己管理を徹底することを念頭に置きましょう。

楽天カード任意整理の体験談と実例

ここでは、楽天カード任意整理の体験談と実例について解説します。

  • 任意整理の実施:
    楽天カードの任意整理は、支払い不能になった借金の返済計画を見直すプロセスです。体験談では、返済額の再交渉や支払い期間の延長などが語られます。
  • 債務整理の流れ:
    弁護士や司法書士と相談し、債権者である楽天カードと交渉します。返済額や利息の減額、支払い期間の調整などが行われます。
  • 体験談のポイント:
    借金の額、毎月の返済額、任意整理後の生活への影響などが語られることが多いです。体験者は、任意整理によって財務状況が改善したと感じるケースが多いです。
  • 楽天サービスへの影響:
    任意整理を行うと、楽天ポイントの使用や楽天銀行口座の利用に影響が出る場合があります。実例では、サービス利用停止やポイント失効の経験談が語られることがあります。
  • 再建のステップ:
    債務整理後は、信用情報に記録されるため、新たなクレジットカードの作成やローンの利用が難しくなることがあります。体験談では、財務再建のための具体的なステップや工夫が共有されます。

楽天カードの任意整理は、財務的な負担を軽減する一方で、信用情報への影響やサービス利用に制限が生じる可能性があります。このため、慎重な判断が必要です。専門家のアドバイスを受け、全体的な財務状況を考慮した上で決定するように努めましょう。

まとめ

楽天カードの債務整理をすると楽天ポイントはどうなるのかについて解説してきました。以下に、その要点をまとめます。

  • 債務整理と楽天ポイントの関係:楽天カードの債務整理を行うと、楽天カードの利用が停止されます。この停止に伴い、楽天ポイントの獲得や利用に影響が出る可能性があります。
  • 楽天ポイントの失効の可能性:債務整理後、楽天カードが利用停止となると、それに紐づくポイントも失効する場合があります。ポイントの失効は、カード利用停止時点で発生することが多いです。
  • 債務整理前のポイント利用:債務整理を行う前に、既に獲得しているポイントは利用することを推奨します。ただし、利用可能なポイントの範囲や条件は、楽天の規約によって異なります。
  • 債務整理後の楽天サービスへの影響:債務整理により楽天カードが利用停止になると、楽天銀行口座や他の楽天サービスへの影響も検討が必要です。
  • 再取得の可能性と時期:債務整理後、一定期間が経過すれば、楽天カードを再取得することは理論的に可能です。再取得は、信用情報のクリアや財務状態の安定が必要です。

重要なポイント:

  • 楽天カードの債務整理によりカードが利用停止になる可能性が高いとされます。
  • 利用停止に伴い、楽天ポイントが失効する可能性があります。
  • 債務整理前に獲得したポイントは、できるだけ早く利用することが望ましいです。
  • 他の楽天サービスへの影響を考慮し、債務整理の決定を慎重に行います。

適切な手続きを踏むことで、将来的に経済生活を安定させることが可能です。債務整理を行う際は、楽天ポイントを含む全体的な財務状況を総合的に考慮し、専門家のアドバイスを受けることを検討しましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION