COLUMN

債務整理

2023.10.042023.12.11 更新

債務整理をするか迷っていますか?
「債務整理したら、ブラックリストに載ってしまうのでは?」と心配ですか?

そんなあなたがこの記事を読むことで、「債務整理」と「ブラックリスト」に関する疑問が晴れ、あなたが抱える悩みに寄り添う知識や情報を得ることができます。

具体的には、債務整理をした場合にどのような影響があるのか、ブラックリストに載ってしまう理由や期間、そしてそれに対する具体的な対策やリスク管理について深く掘り下げます。さらに、債務整理後の生活での注意点や、賢い生活の進め方についても、具体的な方法を交えて紹介します。

経済的な困難に直面し、心が重くなるのは当然のこと。しかし、適切な知識と情報によって、その困難を乗り越えることができます。この記事が、あなたの悩みや不安に寄り添い、新しい未来への第一歩となることを心より願っています。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

債務整理(任意整理)とブラックリストの基礎知識

債務整理したら借金できなくなるって本当?

債務整理を行うと、確かに一定期間、新たな借金が難しくなることがあります。これは、債務整理が信用情報機関に登録され、一定期間、その情報が残るためです。では、どのような影響があるのでしょうか。

債務整理を行った場合、信用情報機関に登録されることがあります。この登録は俗に「ブラックリスト」とも呼ばれ、信用情報にネガティブな情報として残ります。しかし、このブラックリスト状態になる期間は、債務整理の方法によって異なります。

債務整理の種類とブラックリストになる期間

これらの期間は、債務整理手続きが完了した日から開始します。

債務整理の方法ブラックリスト状態の期間
任意整理約5年
個人再生約7年
自己破産約5〜7年
特定調停約5年
  1. 任意整理
    任意整理は、債権者と直接交渉して、返済計画を再設定する方法です。
    一度任意整理を行うと、約5年間は新たなローンやクレジットの利用が難しくなります。
  2. 個人再生
    個人再生は、裁判所を通じて返済計画を立てる方法です。
    この方法を選択すると、ブラックリストには約7年間登録されることになります。
  3. 自己破産
    自己破産は、裁判所を通じて借金を全て無効にする方法です。
    ブラックリスト状態の期間は5〜7年となります。
  4. 特定調停
    特定調停は、裁判所を介して債権者との返済計画を立てる方法です。
    この方法を利用した場合、約5年間のブラックリスト状態となります。
  • 新たな借入れが難しい理由
    信用情報に登録されている期間中は、新たにクレジットカードの作成やローンの契約が難しくなります。しかし、登録期間が過ぎると、信用情報がクリアされるため、再び借金が可能になるケースがほとんどです。
  • 対処法
    借入れが必要な場合、信用情報の登録期間が経過するまで待つ。 信用情報機関に登録される前に、必要な借入れを済ませる。

債務整理は、借金の返済が困難になった際の救済措置です。一時的に新しい借入れが難しくなることはありますが、それによって経済的な自由が得られ、将来的にはより良い金融生活が送れるようになります。借入れを検討される際には、専門家に相談し、適切な計画を立てて進めてください。

任意整理ではブラックリストに載らない?

任意整理について、よく耳にする疑問の一つが、「任意整理を行うとブラックリストに載らないのではないか?」ということです。この疑問に対して、債務整理のプロの視点からお答えいたしましょう。

任意整理とブラックリストの関係

まず、任意整理がどのような手続きであるかを理解することが大切です。任意整理は、債務者と債権者が話し合い、返済計画を再編成する手続きです。この手続きでは、返済の利息を減額したり、返済期間を延ばすことで、返済が楽になる可能性があります。

そして、ブラックリストとは、クレジットの利用やローンの契約などを行う際に、信用情報機関が保有する、過去の返済履歴や債務整理の記録です。

  • ブラックリストに載る期間: 任意整理の記録は、原則として5年間保持されます。
  • 影響の程度: ブラックリストに載った場合、新たなクレジットカードの発行やローンの契約が難しくなる可能性があります。

しかし、任意整理は法的な手続きではあるものの、裁判所を通さないため、他の債務整理手続きに比べて、信用情報への影響は比較的軽微です。ですので、「ブラックリストに載る」といっても、それが一生続くわけではなく、あくまで一定期間のことです。任意整理後も計画的な返済と信用回復活動を行えば、信用情報の回復は十分可能です。

任意整理によるブラックリストへの掲載は、一時的なものです。重要なのは、その後の計画的な返済と、信用情報の回復に向けた努力ですね。

債務整理するとブラックリスト状態になる理由

「債務整理を行うと、なぜブラックリストに載せられるのか」という疑問は、多くの方が抱くことでしょう。その理由と対策を、債務整理のプロの視点から詳しくご説明します。

クレジットヒストリーの記録

債務整理を行うと、まずクレジットヒストリーにその記録が残ります。これは、過去の借入れや返済の履歴を示すものです。債務整理の記録があると、金融機関はリスクが高いと判断し、新たな借入れが困難になるため、いわゆる「ブラックリスト」状態になります。

  • 記録保持期間:債務整理の種類によって異なりますが、通常5年〜10年間です。
  • 対象者:自己破産、任意整理、個人再生など、全ての債務整理が記録されます。

信用情報機関の役割

信用情報機関は、個人の信用情報を収集・管理し、金融機関間で情報を共有する団体です。債務整理の情報もここに記載され、これが「ブラックリスト」に載る原因となります。

今後の対応策

ブラックリストに載ってしまった場合でも、落ち込む必要はありません。以下の対応策を試すことで、信用回復の第一歩を踏み出しましょう。

  1. 時間をおいて再申請:記録が残る期間が経過すれば、再び借入れが可能になることもあります。
  2. クレジットカードの利用:小額利用から始めて、きちんと返済を続けることで信用を回復させます。
  3. 信用情報の確認:定期的に自身の信用情報をチェックし、誤った情報がないか確認しましょう。

債務整理は、一時的に信用に影響を与えますが、適切な対応で信用回復は十分可能です。どんなに困難な状況でも、一歩ずつ前進していくことが大切です。

個人信用情報とは

「個人信用情報」とは、私たちが金融機関からお金を借りた際やクレジットカードを利用した際の履歴が記録されている情報のことです。これにより、金融機関は借り手の信用力を判断します。
この情報には、以下のような項目が含まれています。

  • 名前や住所:個人を特定する基本的な情報。
  • ローンやクレジットカードの利用状況:借入れ金額や利用額、返済の遅延があるかどうか。
  • 過去の債務整理の履歴:自己破産、任意整理、個人再生などの記録。

この情報は、CIC(クレジット情報センター)やJICC(日本信用情報機構)、CCR(クレジット・コレクション・リファレンス)などの信用情報機関が管理しています。

信用情報機関ごとのまとめ

それでは、主要な信用情報機関とその特徴についてみていきましょう。

1. CIC(シーアイシー)

  • 対象者カードローンやクレジットカードの利用者
  • 情報保持期間:最長5年
  • 特徴
  • 過去の借入れ情報や返済履歴が記録される
  • 支払い遅延があった場合、情報が5年間保存される

2. JICC(ジェイアイシーシー)

  • 対象者主に信販会社の利用者
  • 情報保持期間:最長5年
  • 特徴
  • CICと同様に、返済履歴や借入れ情報が記録される
  • 過払い請求の情報も保持

3. JBA(ジャパン・クレジット・ビューロー)

  • 対象者銀行や信用金庫、信用組合の利用者
  • 情報保持期間:最長10年
  • 特徴
  • 銀行系の金融商品の利用情報が中心
  • 支払い遅延の情報が10年間保持される

これらの情報機関には、それぞれ異なる特徴がありますので、自分がどの機関に情報があるか確認し、ブラックリストから早く抜け出すための対策を立てることが重要です。情報が記録されている期間は、機関によって異なりますので、各機関の特徴を理解し、適切な対応を心がけましょう。

どうして重要なの?

  1. 信用判断の基準
    金融機関は、この情報を基にして、ローンの審査を行います。情報が良好であれば、スムーズにお金を借りることができます。金融機関はこの情報を基に、融資の可否や利息を決定します。
  2. 利用制限の可能性
    過去に返済が遅れたり、債務整理を行った場合、新しいローンやクレジットカードの発行が難しくなることがあります。
  3. 改善のチャンス
    信用情報は一定期間後には消去されるため、期間を過ぎれば信用力の回復が見込めます。

信用情報の管理期間

  • 正常な取引情報:1〜5年
  • 延滞情報:5年
  • 債務整理情報:5〜10年(種類による)

個人信用情報は、私たちの金融取引の歴史を示すものです。この情報が金融機関による信用判断の基準となりますので、常に良好な状態に保つことが重要です。また、信用情報は一定の期間で消去されるため、過去のミスによっても将来の金融取引ができなくなるわけではありません。

社内ブラックって何?

「社内ブラック」という言葉を聞くと、一体何のことか、ピンとこない方も多いかもしれませんね。これは、一言で言えば、企業内での「ブラックリスト」のことを指します。では、具体的にどのような状態や事象を指すのでしょうか。債務整理のプロの視点から、分かりやすく説明いたします。

社内ブラックの意味

「社内ブラック」は、企業内で借金や債務のトラブルがある社員が、情報共有され、マークされてしまう状態を言います。この状態になると、昇進や賞与の影響を受ける可能性があります。

社内ブラックの影響

  • 昇進の停止
    社内ブラックになると、昇進が難しくなる可能性があります。信用問題となり、リーダーシップを取ることが難しくなるからです。
  • 賞与カット
    信用情報が企業内に知られることで、賞与のカットを受ける可能性があります。
  • 就業環境の悪化
    同僚や上司からの信頼を失い、職場での人間関係がこじれる可能性があります。

対処法

  1. 早期の債務整理
    債務が膨らむ前に、早めに債務整理を行うことで、社内ブラックのリスクを減らせます。
  2. 法律の専門家への相談
    弁護士や司法書士に相談し、適切なアドバイスを受けましょう。適切な手続きを進めることができます。
  3. 信用情報の確認と修正
    定期的に自身の信用情報を確認し、誤った情報があれば訂正手続きをしましょう。

「社内ブラック」は、職場での信用を失うリスクがあるため、早期の対処が必要です。債務整理を検討し、法律の専門家に相談することで、適切な対応ができます。信用情報の管理もお忘れなく。

債務整理(任意整理)後の生活

債務整理をするとできなくなるのは借り入れだけじゃない!

債務整理を行うと、多くの人が金銭的なストレスから解放されますが、それと同時にいくつかの制約も受けることになります。借り入れの制限はもちろんのこと、その他にも日常生活に影響が出るポイントがいくつか存在します。

住宅ローンの借り入れ制限

債務整理後、数年間は住宅ローンの審査に通りにくくなります。新たな住まいを購入する際には、計画的な行動が求められます。

携帯電話・スマートフォンの契約

携帯電話やスマートフォンの新規契約やプラン変更も難しくなる場合があります。事前にキャリア企業と相談し、適切なプランを選ぶことが大切です。

車のリースやローン

車の購入に際して、リースやローンの審査が厳しくなります。現金での購入を検討するか、リースやローンが通りやすい会社を選ぶ必要があります。

公共のサービス利用制限

一部の公共サービスやサポートを受けるのが難しくなることもあります。これには、生活保護や公営住宅の利用が含まれます。

債務整理後の生活への対応

債務整理後の生活は、計画的に進めることが重要です。制約はありますが、これを乗り越え、安定した生活を築くことができます。信用情報の回復に努め、将来的な計画をしっかり立てましょう。また、専門家への相談を積極的に行うことで、よりスムーズな生活再建が期待できます。

ローンやカードが使えない、分割払いができない

債務整理を行うと、金融機関との信頼関係が影響を受け、ローンの利用やクレジットカードの使用が困難になることがあります。ここでは、債務整理後の生活において、特に注意すべきポイントと対処法をお伝えします。

クレジットカードの利用制限

債務整理後、一定期間は新しいクレジットカードの作成や、既存のカードの利用ができなくなります。これは、信用情報機関に登録されるためです。

  • 対処法
    プリペイドカードの利用:クレジット機能がないため、事前にチャージして利用します。
    デビットカードの利用:預金口座から直接引き落とされるため、クレジットカードと同様の利便性があります。

ローンの利用制約

ローンの新規契約や追加融資が難しくなることが一般的です。特に、住宅ローンの契約は厳しい審査があります。

  • 対処法
    公的融資の利用:公的機関からの融資は、民間金融機関よりも審査が緩やかな場合があります。
    親族や友人からの借入:信頼のおける人からの借入れも一つの方法です。しかし、返済計画をしっかりと立てることが重要です。

分割払いの制約

債務整理後、分割払いの利用が制限されることがあります。特に、大きな買い物での分割払いが難しくなることが考えられます。

  • 対処法
    貯金:必要なものを購入する前に、計画的に貯金をする。
    一括才い:購入時に全額を支払うことで、分割払いの必要がなくなります。

債務整理後の生活は計画的な資金管理が必要となりますが、上記の対処法を利用することで、生活の質を保ちつつ、新たな借金を抑えることができます。お金の計画を立て、安定した生活を目指しましょう。

保証人になれない、不動産賃貸借の制約

債務整理を経験した後の生活では、保証人になることの制限や、不動産賃貸借における制約があり、それらは日常生活に影響を及ぼす可能性があります。

保証人になれない

債務整理を行うと、信用情報に記録が残ります。これが原因で、他人の保証人になることが困難になります。保証人になれない理由とその影響を以下に詳述します。

  • 信用情報の記録:債務整理の記録は、一定期間信用情報機関に登録されます。この記録があると、金融機関は保証人としての信用力を疑います。
  • 信用力の低下:保証人は、本人が返済できない場合に債務の返済義務があるため、信用力が求められます。債務整理を行ったことで、信用力が低下し、保証人に適さなくなります。

不動産賃貸借の制約

債務整理後も、賃貸物件を借りる際には制約が発生する可能性があります。主な制約ポイントは以下の通りです。

  • 入居審査の厳格化多くの賃貸物件では、入居前に信用審査が行われます。債務整理の記録があると、審査が厳しくなり、入居が難しくなる可能性があります。
  • 高額な保証金や敷金:信用情報に不安がある場合、保証金や敷金が通常よりも高額に設定されることがあります。
  • 保証会社の利用信用情報に問題がある場合、保証会社を利用することが条件となることがあります。これには追加の保証料が発生するため、初期費用が増加します。

これらの制約により、日常生活には計画性と柔軟性が求められます。しかし、時間が経てば信用情報の記録も消え、徐々に通常の生活に戻ることができますので、前向きに生活の再建を考えましょう。

スポーツジムでも問題になる?

債務整理後の生活は多くの方が気になるポイントですが、特にスポーツジムの利用においても疑問が生じることがあります。

債務整理後、スポーツジム利用での問題点

債務整理後のスポーツジム利用で問題が生じる理由は、主に信用情報の影響によるものです。信用情報機関には、債務整理の記録が一定期間保存されています。

  • 会員登録の際の審査
    スポーツジムに入会する際、クレジットカード情報の提出や、口座振替の設定が求められることが一般的です。債務整理後、信用情報に影響が出ている場合、この審査で不利になる可能性があります。
  • 月会費の支払い方法
    月会費のクレジットカード払いが主流ですが、債務整理の影響でクレジットカードが使えない場合、他の支払い方法を選択する必要があります。

対処法

  • 現金払いやデビットカード利用
    会費は現金やデビットカードでの支払いを選ぶことで、クレジットカードが使えない問題を回避できます。
  • 事前の問い合わせ
    入会前にジム側に事情を説明し、入会審査がある場合は、どのような対応が可能か確認してみましょう。
  • ローカルジムの利用
    地元の小規模なジムでは、審査が緩やかであることが多いので、利用を検討してみても良いでしょう。

債務整理後も、計画的にアクションを起こし、適切なジムを選ぶことで、健康的なライフスタイルを維持することが可能です。選択肢を検討し、自身のライフスタイルに適したスポーツジムを見つけましょう。

任意整理でクレジットカードを残したら?

債務整理を行うと、多くの人が金融サービスの利用に制限がかかります。しかし、「任意整理」という方法を選べば、一部のクレジットカードを利用し続けることも可能です。ここでは、任意整理を行いながらクレジットカードを残す方法と、その際の注意点についてご説明します。

クレジットカードを残せるのはなぜ?

任意整理は、債務者と債権者が話し合い、返済計画を再編する方法です。この際、全ての債権者と合意ができれば、特定のクレジットカードを除外し、利用を続けることができます。

任意整理でクレジットカードを残すメリット

  • 生活費の支払いに困らない
  • 緊急時の支払手段として利用可能
  • クレジットヒストリーの維持

クレジットカードを残す際の注意点

  1. 利用制限
    残したカードの利用限度額は大幅に制限されることが一般的です。
     
    現金引き出し機能の利用が制限されることもあります。
  2. 利用履歴のチェック
    カード会社は利用履歴をチェックして、返済能力があるかどうかを判断します。返済遅延があると、カード利用が難しくなる可能性があります。
  3. 返済計画の見直し
    カード残高が増加すると、返済計画に影響が出るため、利用は計画的に。 不測の事態が発生した際には、速やかに債務整理の専門家に相談しましょう。

任意整理を行う際には、専門家のアドバイスを受けることが大切です。クレジットカードを残して利用する場合も、リスクを理解し、計画的な利用を心掛けてください。

ブラックリストへの対処法とリスク管理

ブラック状態が不安で債務整理したくない人へ

ブラック状態になると、多くの金融機関からの借入が難しくなります。それは不安な状態ですね。でも、債務整理を避けてしまうと、もっと大変な事態になる可能性があります。プロと一緒に解決の手段を見つけましょう。

  • ブラックリスト入りの原因
    支払いの遅延 借金の返済が滞る 連帯保証人の不履行
  • ブラック状態のデメリット
    融資の拒否
    信用情報の低下
    新しいクレジットカードの取得困難
  • 債務整理のメリット
    返済計画の立て直し
    利息のストップ 過払い金の返還請求が可能
  • 債務整理後の生活
    債務整理を行うことで、初めは厳しいかもしれませんが、将来的には金銭面での安定が見込めます。
  • プロフェッショナルのアドバイス
    債務整理のプロに相談することで、最適な解決策を見つける手助けができます。安心して、一歩を踏み出しましょう。
  • 債務整理の種類
    任意整理
    個人再生
    自己破産

それぞれの方法には特徴がありますので、一人ひとりの状況に適した方法を選ぶことが大切です。不安を抱えながらも、債務整理を行うことで、新しい生活が待っています。プロと一緒に、未来への道を探しましょう。

債務整理後のブラックのリスクを減らしたい方へ

債務整理を行った後、多くの方が「再びブラックリストに載ってしまうのでは?」と心配されます。しかし、適切な対策を講じることで、このリスクは大幅に軽減することができます。

  1. 信用情報の確認と修正 
    債務整理後、まず初めに行うべきことは、信用情報機関に登録されている自身の情報の確認です。情報が正確でない場合、訂正の申し出が可能です。
  2. 支払い履歴の良好化 
    新たなクレジットカードの取得やローンの組み直しを検討する際、支払い履歴が良好であることが大切です。定期的な支払いを心がけ、遅延させないことが重要です。
  3. 定期的な収入の証明 
    定期的な収入があることを証明することで、信用力のアップにつながります。給与明細や収入証明書を用意しましょう。
  4. 小額のクレジットカード利用 
    小額のクレジットカードを利用し、きちんと返済することで、信用回復の第一歩となります。
  5. キャッシングの利用は控えめに 
    キャッシングの利用は、信用情報に影響を与えますので、できる限り控えめにしましょう。
  6. 節約と資産形成 
    生活費の節約を心がけ、少額でも良いので積み立てを始めることで、将来的な信用力向上に繋がります。
  7. クレジットヒストリーの再構築 
    定期的に信用情報をチェックし、クレジットヒストリーの再構築に努めましょう。

債務整理後のブラックリスクは、自身の行動次第で大きく変わります。計画的な生活と賢明な金融行動を心がけ、少しずつ信用を回復させていきましょう。

闇金のリスクと対処法

債務整理を行うことで、借金の返済が楽になる一方で、「ブラックリスト」に載る可能性があります。さらに、闇金との取引があると、さまざまなリスクが生じます。では、これらの問題にどのように対処すればよいのでしょうか。

闇金のリスク

闇金は、合法的な金融機関ではないため、法外な利息を請求されるリスクがあります。また、取り立てが過剰であったり、個人情報が漏洩する可能性もあります。

闇金への対処法

  1. 警察や専門機関に相談
    闇金に関するトラブルは、警察や専門機関に相談しましょう。自己解決を試みないことが重要です。
  2. 記録を残す
    闇金からの通話やメッセージは、証拠として記録しておきましょう。
  3. 連絡を無視
    闇金からの連絡は、無視するのが最良です。応答することで、かえって事態が悪化することがあります。

債務整理を行う際は、ブラックリストへの掲載や、闇金のリスクを理解し、適切な対処法を心がけましょう。また、不安な点や疑問点があれば、専門家に相談することをお勧めします。

ブラックでもOKの金融業者の実態

債務整理は、借金の返済が困難になったとき、支払いを再計画したり、借金を減額したりする手続きです。しかし、この手続きを経ると、一定期間、多くの金融機関からの借入れが難しくなることがあります。これを「ブラックリスト入り」と言います。それでも、ブラックでも借入れ可能な金融業者が存在しますが、その実態について詳しく見ていきましょう。

ブラックでも借入れ可能な金融業者の特徴

  1. 高利息通常よりも高い利息が設定されていることが多いです。
  2. 少額融資:借りられる金額が少ないことが一般的です。
  3. 審査基準:審査基準が緩やかで、収入証明などが不要な場合もあります。

利用する際の注意点

  • 利息の確認:契約前に利息をしっかり確認し、返済計画を立てましょう。
  • 契約内容の確認:不利な条件がないか、契約内容をよく読みましょう。
  • 安易な利用の避け緊急の場合以外は、利用を避けるようにしましょう。

ブラックリストに入ってしまうと、金融機関からの信頼が失われ、新たな借入れが難しくなります。しかし、いざという時のために、ブラックでも借り入れ可能な業者が存在するのです。利用する際には、注意深く利息や契約内容を確認し、後で後悔しないよう慎重に選びましょう。

債務整理後の賢い生活の進め方

親や友人からの借金と個人間のトラブル

親や友人との間でのお金の貸し借りでは、トラブルが起きやすいのが現実です。

では、親や友人からの借金がブラックリストに登録されると、どのような問題が起きるのでしょうか。また、このような個人間のトラブルを未然に防ぐためには、どのような対策があるのでしょうか。

個人間の貸し借りでのトラブル防止策

親や友人との間でお金の貸し借りをする際には、以下のポイントに注意してください。

  • 明確な契約書の作成
    借りた金額、返済期限、利息などをしっかりと記載し、双方で確認し合う。
  • 返済計画の確認
    返済能力を適切に見極め、無理のない返済計画を立てる。
  • 定期的なコミュニケーション
    トラブルを避けるためには、定期的にコミュニケーションをとり、進捗を確認する。
  • 適切な記録の保管
    契約書や返済の証明書等は、トラブルが起きたときの証拠となるため、適切に保管する。

これらの対策を行うことで、親や友人との関係を保ちながら、安心してお金の貸し借りができます。ブラックリストに載る前に、適切な対応を心がけましょう。

まとめ

「債務整理」と「ブラックリスト」、これらの言葉は、借金やお金のトラブルに詳しい方でないと馴染みが薄いかもしれませんね。しかし、この二つのテーマは、お金の問題に巻き込まれた時、大変重要なポイントとなります。

まず、「債務整理」とは、借金が膨らんでしまい、返済が困難になった際に、法的な手続きを通じて借金を整理する方法のことです。債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生など、いくつかの種類があります。これらの方法を選ぶことで、返済計画を立て直したり、借金を免除したりすることができます。

次に、「ブラックリスト」とは、お金の貸し借りでトラブルがあった際に、その情報が記録されるリストです。ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用停止やローンの審査不通過など、金融機関からの信用を失うことになります。

では、債務整理を行うと、ブラックリストに載るのでしょうか。実は、債務整理を行うと、一定期間、新たに借り入れができなくなるなどの制約が生じます。しかし、債務整理は法律に基づく正式な手続きであり、適切に行えば、借金問題をクリアにして、新しい人生をスタートできます。

重要なポイント:

  • 債務整理は、任意整理、自己破産、個人再生などの方法で、借金の返済計画を再構築または借金を免除できます。
  • ブラックリストに載ると、信用情報が毀損し、金融機関からの借り入れが困難になります。
  • 債務整理を行った場合、一定期間新しい借り入れが制約されますが、法的に認められた手続きです。

このように、債務整理を適切に行うことで、借金問題を解決できます。借金の悩みを抱えている方は、早めの債務整理を検討し、信用情報を守りましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION