COLUMN

債務整理

2023.11.282023.12.14 更新

もしも大切な人が金銭的な困難を抱えていると知ったとき、どう対処すべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

借金は個人のプライバシーに関わる問題ですが、時にはその兆候を見逃してはいけないケースが少なくありません。

この記事では、他者の借金問題に気づいて、適切に対処する方法について解説します。大切な人が金銭問題で悩みを抱えている状況を理解し、支援するために、あなたができることについて考えてみましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

家族や恋人の借金は調査できるのか?

借金の調査方法

借金の調査は、個人のプライバシーに関わるため慎重に行う必要があります。しかし、家族や親しい人が金銭的に困っている可能性がある場合、注意深く状況を把握することが大切です。以下に、家族や恋人の借金を調査する方法を紹介します。

  • 銀行やクレジットカードの明細の確認:家族など、共有の財務管理をしている場合、銀行明細やクレジットカードの明細を確認して、普段と異なる支出パターンがないかチェックします。
  • 融資関連の文書の確認:借金がある場合、融資会社や金融機関からの通知、催促状、契約書などが自宅に届いている可能性があります。
  • 普段の行動の変化に注意:普段と異なる買い物や、急に高価な物を購入するなどの変化が見られた場合、金銭的な問題が隠されている可能性があります。
  • 直接の会話:心配していることを正直に伝え、金銭的な問題がないか直接尋ねることも大切です。ただし、プライバシーに配慮し、相手を尊重する姿勢を忘れないようにしましょう。

借金の有無を確認する際は、相手のプライバシーを尊重し、信頼関係を崩さないように配慮しましょう。

本人の協力なしでは調査不可能?

他人の借金を調査する際、本人の協力がないと非常に困難です。ここでは、調査する場合に本人の協力が必要である理由と注意点を説明します。

  • 個人の金融情報の保護:銀行や金融機関は、顧客のプライバシーを保護するため、第三者に情報を提供しません。
  • 法的制約:個人情報保護法などの法律により、他人の金銭情報を無断で調査することは法的に制約されています。
  • 信頼関係の問題:本人の協力なしに借金を調査しようとする行為は、信頼関係を損なう可能性があります。

本人の協力なしで借金状況を調査するのは、法的にも倫理的にも問題があるため、できる限り本人との対話を通じて解決を図りましょう。信頼関係を築き、本人が自ら情報を共有する環境を整えることが大切です。

恋人や友人・知人の借金調査はできる?

恋人や友人、知人の借金を調べたいと思っても、難しいケースが多いです。その理由は以下のとおりです。

  • プライバシーの保護:個人の金融情報は厳重に守られており、第三者に提供されることはありません。
  • 法律による制約:個人情報保護法などにより、他人の借金情報を無断で取得することは禁じられています。
  • 信頼関係の問題:他人の借金を調査しようとする行動は、関係性に悪影響を及ぼす恐れがあります。

恋人や友人、知人の借金情報は、本人から直接話してもらうしかありません。借金に関する悩みを共有しやすい関係性を築くことが重要です。信頼関係を損なわず、サポートする姿勢を見せ、相手が自ら情報を開示しやすい状況をつくっていきましょう。

家族の借金の調査と影響は?

家族の借金を調査する場合のは限界があり、以下の点に注意が必要です。

  • 個人情報保護法:家族であっても他人の借金情報を無断で得ることは、法律によって制限されています。
  • 信頼関係の問題:家族間でも、借金に関する情報はプライバシーに属します。無断で調査すると信頼関係を損ねる可能性があります。

しかし、家族の借金には以下のような影響があるため、注意が必要です。

  • 経済的影響:家族が多額の借金を抱えている場合、家計に重大な影響を及ぼすことがあります。
  • 法的影響:連帯保証人になっている場合、返済の責任が及ぶ可能性があります。

家族の借金に関する情報を知るためには、以下の方法が考えられます。

  • 直接対話:家族間の信頼を基に、オープンな対話を通じて情報を得ます。
  • 金融機関からの情報:借金者本人や連帯保証人が金融機関に情報提供を依頼します。

家族の借金に直面した場合、以下の対処法を検討していきましょう。

  • 専門家に相談:弁護士や司法書士に相談し、債務整理の手続きや対処法について助言を求めます。
  • 家計の管理:家族全員で支出を見直し、経済状況を改善する計画を立てます。

以上の内容を参考にして、家族の借金問題を適切に対処することが望まれます。

探偵に依頼する手も

探偵に借金の調査を依頼する場合、いくつかの点を理解しておくことが重要です。債務整理のプロとして、以下の情報を紹介します

  • 探偵による調査の範囲:探偵は個人の日常行動や交友関係を調査できますが、銀行口座の詳細や個人の信用情報など、法律により保護されている情報にはアクセスできません。
  • 法的制約:探偵が行う調査は、プライバシー権や個人情報保護法に抵触しない範囲内でなければなりません。無断での個人情報収集は法律違反になる可能性があります。
  • 調査費用:探偵に調査を依頼する場合、費用が発生します。調査の範囲や難易度によって費用は異なります。
  • 調査結果の活用:探偵が収集した情報は、あくまで借金の存在を推測するためのものであり、法的な証拠として使うのは限られています。

探偵に調査を依頼する場合、以下の点を考慮することが大切です。

  • 調査の目的:借金の有無を確認する目的であれば、探偵に依頼するよりも、まずは本人や家族との対話を試みる方が建設的です。
  • 調査の合法性:探偵に依頼する前に、その調査方法が法的に許されているかを確認してください。
  • コストと効果:探偵に調査を依頼するコストと、得られる情報の価値を比較検討し、妥当性を見極める必要があります。

探偵に調査を依頼する際は、上記の内容をしっかり理解して、慎重に行うようにしましょう。

返しきれないほどの借金があったら…専門家に相談しよう!

返済できないほどの借金を抱えている場合、専門家への相談が重要です。債務整理を念頭におきながら、専門家に相談する場合は、以下の内容に留意しましょう。

  • 専門家の選び方:弁護士や司法書士は債務整理に関する専門知識を持っています。信頼できる専門家を選ぶために、事前にその経験や実績を確認しましょう。
  • 相談内容:自分の経済状況、借金の総額、借入先、返済状況などを正確に伝えることで、専門家は最適な解決策を提案できます。
  • 債務整理の方法:任意整理、個人再生、自己破産など、状況に応じた債務整理の方法があります。各方法のメリットとデメリットを理解しましょう。
  • 費用と手続きの流れ:債務整理には費用がかかります。手続きの流れと費用について、明確に説明を受けてください。
  • 情報の保護:個人情報は厳格に保護されます。専門家は秘密保持義務があり、相談内容が外部に漏れることはありません。

専門家に相談するメリットは以下のとおりです。

  • 適切なアドバイス:自分の状況に合った債務整理方法を提案してくれます。
  • 法的支援:法律に基づいた正確な手続きで、債権者との交渉をサポートします。
  • 精神的な負担の軽減:専門家が間に入ることで、借金のストレスや不安が軽減されます。

専門家は個々の状況に応じた最善の解決策を提供し、新たな一歩を踏み出すサポートをしてくれます。債務整理を検討している場合は、早めに専門家へ相談することをおすすめします。

家族や他人の借金情報の取得

本人に聞く

借金の有無や状況を把握する最も直接的な方法は、本人に直接尋ねることです。本人に聞く場合は、次のポイントを押さえたコミュニケーションが重要です。

  • 信頼関係の構築:借金の話はデリケートな問題です。まずは信頼関係を築くことが大切です。
  • オープンなコミュニケーション:非難や詰問ではなく、支援する姿勢で話を聞くことが重要です。
  • 理解と共感の表現:借金に関する悩みやストレスを理解し、共感を示すことで、話しやすい雰囲気を作ります。
  • 相談への導入:債務整理の専門家への相談を提案する際は、そのメリットを具体的に説明しましょう。

本人に直接尋ねるメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  1. 正確な情報の入手:第三者経由ではなく、本人から直接情報を得ることができます。
  2. 信頼関係の強化:話を聴くことは、相手との信頼関係を深める機会となります。
  3. 早期の解決への導入:問題を早期に把握し、適切な対応や解決策を検討できます。

ただし、借金について話すことは本人にとって非常に難しい場合があります。無理強いせず、相手の気持ちを尊重する態度が大切です。また、プライバシーに配慮し、個人情報を守ることも重視しましょう。

信用情報機関で情報開示する

個人の信用情報は、信用情報機関によって管理されています。債務整理の際には、この情報の確認が重要です。以下に、情報開示の方法とポイントを説明します。

  • 情報開示の申請:本人が信用情報機関に情報開示を申請する必要があります。
  • 本人確認書類の提出:情報開示の申請時には、身分を証明する書類の提出が求められます。
  • 手数料の支払い:情報開示には手数料が必要な場合があります。
  • 郵送またはオンラインでの受取:開示された情報は郵送またはオンラインで受け取ることができます。

情報開示のメリットは以下の3点です。

  1. 借入状況の確認:過去の借入や返済状況、延滞の有無などを確認できます。
  2. 債務整理の計画立案:借入状況を把握することで、債務整理の計画を立てやすくなります。
  3. 信用情報の正確性の確認:誤った情報が記載されていないか確認できます。

ただし、情報開示には注意点もあります。

  • 情報開示は本人のみ:他人の情報を開示することは原則としてできません。
  • 情報は定期的に更新:開示された情報は定期的に更新されるため、最新情報の確認が必要です。
  • 情報開示後の対応:開示された情報をもとに、債務整理の専門家と相談し、適切な対応を検討しましょう。

情報開示のメリットや注意点を確認し、専門家や関係機関の協力を得ながら、より良い解決法を見つけていくことが大切です。

郵便物や電話番号を調査する

借金問題の調査において、郵便物や電話番号のチェックは重要な手段の一つです。債務者がどの金融機関から借り入れているか、どの程度の頻度で連絡があるかなどの情報が得られる可能性があります。

以下に、郵便物や電話番号を調べる際のポイントを示します。

  • 郵便物の観察:金融機関からの手紙や通知を確認します。複数の金融機関からの郵便物があれば、多重債務の可能性が高まります。また、催促状や最終通告書の有無にも注意しましょう。
  • 電話記録の確認:頻繁にかかってくる特定の電話番号をチェックします。借金返済に関する催促の電話が多い場合、返済問題が深刻化している可能性があります。督促関連の電話であれば、通話内容に注意を払いましょう。

調査する場合の注意点を確認しましょう。

  • 個人のプライバシーに配慮する:郵便物や電話記録の調査は、プライバシーに関わるため、倫理的な問題や法律に抵触しないよう注意が必要です。
  • 本人の同意が重要:本人の了解なしに郵便物や電話記録を確認する行為は、プライバシーの侵害にあたります。
  • 情報収集後の対応:問題が判明したら、速やかに専門家に相談し、適切な対処を行うことが重要です。

郵便物や電話番号の調査は、債務状況の把握につながります。ただし、正確な情報収集と適切な対応を行うためには、専門家への相談を検討することをおすすめします。

借金を滞納していない状態では見破るのは難しい

借金があっても滞納していない場合、その存在を把握するのは一般的に難しいです。滞納がないと明確な警告や催促のサインが見られません。そのため、深刻化している借金を見つけるためには、以下の点に留意することが大切です。

  • 借金の兆候は目立たない:定期的な返済が行われているため、催促状や電話がありません。金融機関からの通常の郵便物も借金の存在を直接示すものではないため、見破るのは難しいと考えられます。
  • 生活スタイルから推測する:収入に見合わない生活水準を維持している場合、借金を抱えている可能性があります。急な出費や不測の事態に対して過剰な心配を見せる場合、財政的な圧迫が原因かもしれないと判断できます。
  • 家計の透明性:家族であれば、家計についてオープンなコミュニケーションを保持することが重要です。定期的な収支の確認や計画的な貯蓄の習慣を持つことで、隠れた借金の可能性を低減できます。

借金を滞納していない状態で見破ろうと行動を起こす場合、以下の注意点を必ず確認し、信頼関係を悪化させないようにしましょう。

  • 尊重と理解:借金の有無を確認する際は、相手のプライバシーと尊厳を尊重することが必要です。
  • 借金があっても正当な理由があることを理解する:すべての借金が問題であるわけではなく、正当な理由での借入もあり得ます。

借金を滞納していない状態では、その存在を特定するのは容易ではありません。しかし、生活スタイルの変化や家計の透明性に注目することで、潜在的な問題に気づくきっかけになる場合があります。

借金調査の合法性と可能性

探偵の借金調査は違法調査の可能性がある

探偵による借金調査には、法律上の問題が生じるリスクがあります。以下に、借金調査の法律的なリスクと注意点を解説します。

  • 個人情報保護法の遵守:探偵が行う調査は、個人情報保護法の範囲内で行われるべきです。個人のプライバシーを侵害するような方法での情報収集は避けなければなりません。
  • 違法行為の回避:郵便物の開封や不正なアクセスによる情報収集は法律に違反する可能性があります。電話の盗聴や不正なアクセスは明確に違法行為に該当します。
  • 調査の委託先の選定:探偵事務所を選ぶ際は、その信頼性や過去の実績を確認することが大切です。不透明な方法で情報を収集する探偵事務所は避けましょう。
  • 契約内容の明確化:調査委託時には契約内容を明確にし、違法行為に関わらないことを確認しましょう。違法な方法で情報を収集した場合の責任分担についても事前に確認しておく必要があります。

注意点

  • 借金調査を行う目的や必要性を慎重に考慮しましょう。
  • 違法行為による情報収集は、委託者にも法的責任が及ぶ場合があります。

探偵による借金調査は、個人のプライバシーに関わる重要な問題です。合法的な範囲内で調査を行うことが重要であり、依頼者自身も法律遵守の意識を持つ必要があります。

興信所や探偵事務所による資産調査は可能

興信所や探偵事務所による資産調査は、特定の条件下で可能です。資産調査を依頼する場合は、以下の点を押さえておくことが重要です。

  • 合法的な手段の使用:調査は法律に基づいた方法で行われる必要があります。不正アクセスやプライバシーの侵害を伴う調査方法は避けなければなりません。
  • 契約内容の確認:調査の範囲や方法、費用など、契約時には詳細を明確にすることが重要です。違法な調査を行わないことを契約書で確認します。
  • 調査の目的:借金回収や訴訟準備など、合法的な目的で資産調査を行う場合が一般的です。個人的な興味や嫌がらせ目的での調査は不適切であるため、注意しましょう。
  • 個人情報保護法の遵守:個人情報保護法を遵守し、必要以上の情報収集を避ける必要があります。
  • 調査結果の扱い:得られた情報は個人のプライバシーに関わるため、慎重に扱うことが求められます。
  • 調査結果は関係者以外に漏らさないようにする。

注意点として以下の2点を確認してください。

  1. 調査対象者の権利を尊重し、合法的な範囲内での調査を心掛けましょう。
  2. 調査を依頼する際は、信頼できる興信所や探偵事務所を選ぶことが重要です。

興信所や探偵事務所を利用する際には、法律を遵守し、倫理的な観点からも慎重に行動することが求められます。適切な手段で行われる資産調査は、法的な問題の解決に役立つ場合がありますが、不適切な方法での調査は法的な問題を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

興信所や探偵事務所による借金調査の限界と注意点

借金額までは調査できない場合が多い

借金額の具体的な調査は、個人のプライバシーに関わるため、一般的には困難です。調査を依頼する場合は、以下のポイントを理解しておきましょう。

  • 法的な制約:個人の金融情報はプライバシーに該当し、特定の法的手続きなしにはアクセスできません。法的手続きを経ない個人間の借金額の調査は、プライバシーの侵害にあたる可能性があります。
  • 信用情報機関の限界:借金の有無は信用情報機関で確認できる場合もありますが、具体的な金額までの詳細は分かりにくいです。借金の詳細情報は、本人または法的な権限を持つ者でなければアクセスできません。
  • 対象者の同意が必要:借金額の詳細な情報を得るためには、対象者の同意が必要です。対象者が情報提供に同意しない限り、借金額を確認することは難しいです。

調査依頼については、以下の注意点を考慮してください。

  • 法的に許可された範囲での調査を心掛けます。
  • 個人のプライバシーを尊重し、不必要な個人情報の収集や利用を避けます。
  • 情報収集には対象者の同意を得ることが基本となります。

借金額の調査は、個人のプライバシーに関わる敏感な情報であり、本人の同意や適切な法的手続きなしには困難な場合が多いと理解しましょう。借金に関する問題がある場合は、専門家への相談を検討することをおすすめします。

婚前調査や身辺調査を依頼する

結婚を考える際、相手の信用情報や借金の有無を知りたいと思うのは自然なことです。婚前調査や身辺調査は、専門の探偵や興信所に依頼することが一般的です。

前調査や身辺調査を依頼する場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。

調査の目的を明確にする

  • 相手の職歴、学歴、家族構成など基本的な背景情報
  • 借金や金銭トラブルの有無。

合法的な調査手法を選択

  • 法律に基づいた調査手法の選択が重要です。
  • 不法な手段での情報収集は避けましょう。

探偵や興信所の選び方

  • 実績や信頼性が確認できる探偵事務所や興信所を選択しましょう。
  • 費用や調査範囲、期間などの詳細を事前に確認します。

個人情報の取り扱いに注意

  • 収集した情報の扱いには慎重さが求められます。
  • 情報の取り扱いに関する規約や契約を事前に確認します。

注意点

  • 法的な範囲内での調査を実施します。
  • 調査結果の取り扱いには個人情報保護の観点から細心の注意を払いましょう。
  • 相手の人権やプライバシーを尊重する姿勢を忘れないようにします。

婚前調査や身辺調査は、結婚に向けた大切な決断をするための一つの手段です。しかし、法律や倫理的な枠組みを逸脱しないように行わなければなりません。安心して依頼できる専門家を選び、適切な方法で調査を進めましょう。

違法調査にならないためには本人に直接聞く

借金の調査を行う際、違法行為に陥らないためには本人から直接情報を得る方法が最も確実です。本人に直接聞く場合は、以下の点を考慮しましょう。

  • 対話の機会を設ける:借金の話題はデリケートなため、信頼関係がある状況で話を切り出します。本人が話しやすい環境とタイミングを選びましょう。
  • 直接的ではないアプローチを試みる:質問を直接的なものから間接的なものへと変えてみます。相手のプライバシーを尊重しながら、話を聞くことが大切です。
  • 心の準備をする:本人が話すことによる精神的ストレスに備えておきましょう。本人の話を非難せず、理解を示す姿勢を持つことは非常に大切です。

以下に、直接本人に聞く場合の注意点を紹介します。

  • 本人の同意なく個人情報を収集する行為は違法となる可能性がある。
  • 相手にプレッシャーを与えず、自発的に話す機会を与える。
  • 本人のプライバシーを尊重し、信頼関係を損なわないようにする。

借金に関する情報はデリケートな問題であるため、個人のプライバシーを尊重し、法的な枠組みを守りながら対話を進めることが大切です。専門家への相談も視野に入れ、適切な方法で対応を考えましょう。

借金の総額がわかったらどうするか

まじめに支払っていく

借金を地道に返済していくためのポイントをご紹介します。

  • 予算管理を徹底する:収入と支出を正確に把握し、予算を計画的に管理します。不必要な出費を削減し、返済に充てます。
  • 返済計画の立て方:収入に見合った返済計画を立てます。返済額を収入の20〜30%程度に抑えるのが望ましいとされています。
  • 無理のない返済方法を選択:一括返済ではなく、分割返済を選び、金利の低いローンやリボ払いを検討します。
  • 緊急時の対応策:突発的な出費や収入減少時の緊急対策を考えます。貯金を少しずつでも行い、緊急時の資金を作ります。
  • 余裕がある時の返済:可能であれば返済額を増やし、借金を早期に返済するようにします。ボーナスや臨時収入があれば、返済に充てます。
  • 専門家への相談:返済に行き詰ったら、弁護士や司法書士に相談します。任意整理などの債務整理手続きを検討することも考えられます。

借金の返済は計画的かつ実行可能な方法で進めることが重要です。生活費を圧迫しない範囲で無理なく返済を続けられるよう、日々の管理と計画をしっかり行いましょう。状況が変わった時は柔軟に計画を見直し、必要に応じて専門家に相談することをおすすめします。

貸付自粛制度を活用しよう

借金問題に直面している人々に向けて、貸付自粛制度の活用方法について詳しく説明します。

貸付自粛制度とは

  • 借金返済に困っている人が、新たな借入を防ぐために金融機関に自ら申し出る制度です。
  • この制度を利用することで、借入先からの新たな貸し出しを自粛してもらえます。

利用方法

  • まずは借入先の金融機関に連絡を取ります。
  • 自己の経済状況を説明し、新たな貸付を自粛してもらうよう依頼します。

制度のメリット

  • これ以上借金が増えるのを防ぐことができます。
  • 現在の借金返済に集中できる環境が整ります。

注意点

  • 申出後、一定期間は新たな借入ができなくなります。
  • 生活費等の必要経費に困る場合は、計画的に申し出る必要があります。

他の債務整理手段との併用

  • 任意整理や自己破産など、他の債務整理手段と併用することも可能です。
  • 専門家に相談し、最適な債務整理方法を選ぶことも念頭におきましょう。

貸付自粛制度は、さらなる借入を防ぐための一つの有効な手段となります。しかし、この制度だけで借金問題が解決するわけではないので、総合的な債務整理計画を立てることが重要です。

弁護士などの専門家に相談する

債務問題に直面している方に向けて、弁護士や専門家に相談する利点と方法について説明します。

弁護士や専門家に相談するメリット

  • 法律的な知識と経験に基づく適切なアドバイスが得られます。
  • 個人の状況に合った債務整理の方法を提案してもらえます。
  • 債務整理の手続きを代行してくれ、精神的な負担が軽減されます。

相談する際のポイント

  • 借金の総額、借入先、返済状況など、現在の財務状況を正確に伝えましょう。
  • どのような解決を望んでいるのか、具体的な目標を持って相談することが大切です。
  • 複数の専門家に相談し、最適なアドバイスを比較検討しましょう。

弁護士の選び方

  • 債務整理の実績が豊富な弁護士を選ぶようにします。
  • 初回相談が無料、もしくは低料金で提供されているかを確認します。
  • 相談しやすい立地やアクセスの良い事務所を選びましょう。

相談後の流れ

  • 相談後、弁護士は債務整理の方針を提案してくれます。
  • 契約を結び、弁護士が債権者との交渉や手続きを代わりに行います。
  • 定期的に進捗状況の報告を受け、必要に応じて相談を続けられます。

借金問題は一人で抱え込まず、早期に専門家に相談することが解決への第一歩です。プロのサポートにより、適切に手続きを進め、経済的・精神的な負担を軽減することが可能になります。

まとめ

恋人や家族の借金について心配し、その実情を知りたいと思うのは自然なことです。しかし、他人の借金情報を得るのはプライバシーの観点から容易ではありません。以下に、借金調査の可否や方法について簡潔に解説します。

借金調査の可否

  • 本人の同意なしに借金情報を得ることは、プライバシー権の侵害になるため、通常は調査できません。
  • 家族や恋人の借金を知る唯一の確実な方法は、本人に直接尋ねることが大切です。

借金調査の方法

  • 本人に対して直接、借金の有無や状況について尋ねます。
  • 家族であれば、郵便物や電話記録などから借金の兆候を探ることが可能な場合があります。

弁護士や専門家への相談

  • 借金問題に関わる場合、弁護士や専門家に相談しましょう。
  • 専門家は法的な観点からアドバイスを提供し、適切な対応策を示してくれます。

探偵や興信所の利用

  • 探偵や興信所に依頼することも可能だが、違法な調査にならないよう注意が必要です。
  • 借金額の詳細までは調査できない場合があります。

身近な人の借金を調査する場合は、以下の点に注意が必要です。

  • 借金の調査はプライバシーに関わるデリケートな問題であり、関係が悪化するリスクがあります。
  • 借金が判明した場合、解決に向けてのサポートを考えることが重要です。

本人の同意なしに借金情報を得ることは一般に困難で、プライバシー権の侵害にもなりかねません。直接的な対話や、必要に応じて専門家に相談することを重視し、不安や問題を少しずつ減らしていきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION