COLUMN

債務整理

2023.10.282023.12.11 更新

借金の時効について不安や疑問を抱えている方はいませんか?

「いつまでに返さなければならないのか」
「時効が成立するとどうなるのか」…。

このような問題は、一人で抱え込むと解決が難しく、心の重荷となってしまいます。しかし、借金の時効にルールがあることを理解すれば、あなたの不安や悩みを解決できるかもしれません。

この記事では、借金の時効について詳しく解説するとともに、時効援用の基本的な内容やリスクを回避するための方法について紹介します。日々の不安から少しでも解放される方法を一緒に確認していきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

借金の時効についての基本的理解

消滅時効の基本的な概念

消滅時効とは、一定期間、債権者が債務の回収活動を行わないことで、法的に債務がなくなるとされる制度です。この期間が過ぎると、債務者は法律的にその借金を返済する義務を免除されます。

では、どのような点に注意すればいいのでしょうか。以下に消滅時効に関する重要なポイントを挙げます。

  1. 時効の期間: 消滅時効の期間は、債権の種類によって異なります。一般的な債権の場合、時効期間は5年または10年が多いです。契約によっては、それ以上の期間が設定されていることもあります。
  2. 時効の中断とは: 債権者が債務者に対して返済を要求したり、裁判所に訴えを起こすなどの行動を取ると、時効は中断されます。中断されると、時効期間が最初から再計算されます。
  3. 時効の援用: 消滅時効が完成しても、自動的に債務が消えるわけではありません。債務者が「時効援用の申立て」をする必要があります。つまり、債務者が自らの権利を主張しなければ、債権者は引き続き返済を求めることができます。

これらの内容をを正しく理解し、自分の状況にどのように適用されるかを知ることが大切です。

借金の時効期間は何年?

借金の時効には明確なルールがあり、ルールに基づいて行動することが重要です。時効の期間は、以下のように借金の種類によって異なります。

  • カードローンや消費者金融の借入れ:
    これらの借金は「一般債権」と見なされ、通常、最終返済日から5年間が時効期間とされます。
  • 住宅ローン:
    こちらは特別な契約に基づくため、通常、時効期間は10年間です。
  • 契約書に特別な取り決めがある場合:
    契約に「時効に関する特約」がある場合、その契約が定める期間が適用されます。

借金の時効ルールで重要な点は、以下の2つです。

  1. 時効の開始: 時効は、債務の返済期日が過ぎた翌日から計算が始まります。ただし、最終返済日後に一部返済を行った場合、その返済日が新たな時効の開始日となり得ます。
  2. 時効の中断と停止: 債権者からの催促や裁判など、一定の行為により時効は中断され、期間が初めから再計算されます。また、特定の状況下では時効が停止することもあります(例:債務者が行方不明になった場合など)。

これらの規則を把握し、自分の借金がどのカテゴリーに属するかを明確にするこが、適切な対応をとる第一歩です。

時効の更新とは

時効の更新とは、一度設定された時効期間が中断され、新たに時効期間が始まることを指します。これは、債権者が特定の行動を取ることで発生し、債務者に再び返済の義務が生じる重要なプロセスです。

時効の更新が行われる主なケース:

  1. 返済の実行: 債務者が借金の一部でも返済すると、その日から新たな時効期間が開始されます。
  2. 書面による催促: 債権者が書面で返済を求めた場合、それが債務者に到達した時点で時効が更新されます。
  3. 裁判所の手続き: 裁判所からの支払い命令や、債権者が裁判を起こした場合には、時効が中断し、新たに時効期間が設定されます。

時効の更新には、債務者と債権者の双方に影響を及ぼす重要な点があります:

  • 債務者への影響:
    時効の更新により、返済義務が再確認され、債務者は再び法的な責任を負います。このため、無計画な部分返済は避け、全体の返済計画を検討することが重要です。
  • 債権者への影響:
    時効が更新されると、債権回収のチャンスが生まれます。ただし、催促の方法やタイミングは法律で定められているため、適切な手続きを踏む必要があります。

時効のルールは複雑で、個々のケースによって異なる場合があります。時効更新のプロセスを正確に理解し、適切な行動を取るためには、専門家の助言を求めることをおすすめします。

時効の完成猶予とは

時効の完成猶予とは、特定の事情により、時効が完成してもその効果が一時的に保留される制度です。この間、債権者は引き続き債務回収の権利を有しています。

ここで大切なのは、この猶予期間が自動的に適用されるわけではなく、特定の条件が必要だということです。その条件とは主に以下のようなものです。

特定の条件:

  1. 未成年者: 債務者が未成年の場合、成人するまで時効の完成が猶予されることがあります。
  2. 精神的障害: 債務者が精神的障害を抱え、事務能力に制限がある場合、回復するまで時効が保留されることがあります。

時効の完成猶予制度のメリットと注意点は以下のとおりです。

  • 債権者のメリット:
    債務者が時効完成後も返済能力を回復する可能性がある場合、債権者はその間に回収活動を継続できます。
  • 債務者の保護:
    一時的に返済が困難な状況にある債務者に対し、さらなる圧迫を加えず、回復を待つ期間を設けることができます。

しかし、時効の完成猶予は特別な状況下でのみ適用され、一般的な状況では時効の完成がそのまま効力を発揮します。また、この猶予期間は法律で厳格に規定されており、適用を受けるためには正当な理由が必要です。

時効の完成猶予の適用は、個々のケースの具体的な事情に深く関わっていることを理解しておきましょう。

時効が成立する条件とその確認方法

時効を迎えるケースとその確認方法

借金が時効を迎えるケースは、債務者が一定期間、返済行為をせず、債権者からの請求もない状態が続いた場合です。この「時効」という状態は、法律で定められた期間が経過することで自動的に訪れます。しかし、時効が本当に訪れたのかどうかを確認する方法は、一般の人にはなかなか分かりづらいものです。

時効を確認する際は、以下のステップで行います。

  1. 文書の確認: 最後に返済を行った日や債権者から連絡があった最終日など、関連するすべての文書を確認します。これが時効計算の出発点となります。
  2. 時効期間の理解: 消費者金融の借入やクレジットカードの未払い金など、債務の種類によって時効期間は異なります。多くの場合、時効期間は5年ですが、確認が必要です。
  3. 時効中断・時効更新の有無: 債権者からの催促状や裁判所からの通知、自らの返済行為などは時効を中断させます。これらの行為があった場合、時効期間が再びスタートします。
  4. 専門家への相談: 時効の計算や法律は複雑です。不安な点があれば、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、時効の成立を確認してもらうのがベストです。

時効の確認は、借金問題を抱える多くの人にとって新たな一歩を踏み出す機会になる可能性があります。しかし、誤った判断は大きな後悔を生むことがあるため、注意が必要です。時効の確認も含めて、専門家に相談して判断を委ねる方法も解決の糸口となります。

20年放置した借金の時効成立の可能性

20年もの長い時間、借金を放置していた場合、その借金が時効になっている可能性は高いです。しかし、これにはいくつかの条件が関わってきます。重要なのは、その期間に債権者からの請求や通知が一切なかったこと、そしてあなた自身が返済をしていないことです。

以下に、この特殊なケースでの時効成立の可能性についての要点をまとめます。

  • 通常の時効期間:
    通常、消費者金融やカードローンなどの借金の時効は、最後の返済日から数えて5年間です。しかし、20年も経過している場合、このルールが適用される可能性はほとんどありません。
  • 時効の中断と更新:
    重要なのは、20年の間に時効を中断する行為(債権者からの催促状の送付、訴訟の提起など)が一切なされていないことです。これらの行為があると、時効が更新され、時効期間が再スタートします。
  • 自己破産の影響:
    20年前に自己破産をしていて、その際に含まれなかった借金であれば、その借金は時効にはなりません。自己破産手続き中は時効が停止するため、手続き後も時効前の状態が続きます。
  • 証拠の確保:
    20年も前のことですので、当時の契約書類や証拠がないことが多いです。可能であれば、当時の文書を確保し、弁護士などの専門家に相談することが重要です。

長期間放置された借金が時効になるかどうかは、非常に複雑な問題です。

時効の成立を主張するには、債権者からの請求や通知、自らの返済行為が一切なかったことを証明する必要があります。

時効の成立を妨げる行動とは

借金の時効成立は、特定の期間内に債権者からの請求がない場合に適用されますが、債務者自身の行動によって時効が中断または更新され、時効成立が遅れることがあります。

ここでは、時効成立を妨げる具体的な行動について解説します。

  • 返済の実行:
    借金を一部でも返済すると、時効が中断され、再び時効期間が始まります。これは、債務を認め、返済する意思があると解釈されるためです。
  • 書面による債務の認識:
    借金の存在を書面で認めた場合、これが債権者に到達すると時効が中断されます。例えば、「まだ返済していないことを認めます」という内容の手紙やメールがこれにあたります。
  • 債権者からの訴訟の提起:
    債権者が裁判所に訴訟を提起し、債務者に対して訴状が送達された場合、時効は中断されます。訴状の送達は、債権者が返済を求める意思を明確に示しているため、時効が進行しなくなります。

時効成立を妨げる行動の結果、時効がどのように影響を受けるかの概要は次のとおりです。

行動影響
返済の実行時効中断・再開
書面による債務の認識時効中断・再開
訴訟の提起時効中断・再開

時効成立を妨げる行動は、債務者が自ら債務の存在を認め、債権者の請求権を保護するものです。したがって、借金がある場合でも、これらの行動をとることなく時効の成立を待つことが可能です。

ただし、時効成立後も債権者からの請求が続く場合、適切な法的助言を得るために、弁護士や司法書士への相談をおすすめします。

個人間の借金に時効はあるのか?

個人間の借金にも「時効」は適用されます。個人間でお金を貸し借りした場合、法律はその借金に対して一定の期間内に返済がなされない場合、債権者(貸した人)の請求権が消滅する「時効」というルールを設けています。

時効のルールは、金融機関からの借金だけでなく、友人や家族からの借金にも適用されます。

個人間の借金に関する重要なポイントは以下の3点です。

  1. 時効の期間:
    個人間の借金の時効期間は、一般的に「5年間」です。これは、最後に返済があった日または借金が発生した日から計算されます。
  2. 時効の中断:
    債務者が返済を行ったり、債務の存在を文書で認めた場合、時効期間は最初からやり直しになります。また、債権者が裁判を起こした場合にも時効は中断されます。
  3. 時効の援用:
    時効が成立した後も、自動的に借金が消えるわけではありません。債権者からの請求があった場合、債務者は「時効援用の主張」を自ら行わなければなりません。

時効に関連する基本情報を表でまとめてみました。

項目内容
時効の期間5年
時効の開始点最後の返済日または借金発生日
時効の中断返済、債務認識の文書、訴訟の提起
時効の援用債務者の自己主張が必要

これらの情報を正しく理解し、必要に応じて専門家の助言を求めていきましょう。個人間の借金問題はデリケートなため、時効に頼る前に、まずは相手との間で誠実な対話を試みることを大切にしてください。

消滅時効の援用:手続きと注意点

時効の援用とその手続き方法

時効が成立したとしても、自動的に借金が消えるわけではありません。時効を実際に適用するには、「時効の援用」という手続きを債務者自身が行う必要があります。時効援用の流れは以下のとおりです。

時効援用のステップ:

  1. 確認作業: 債務が発生してからの経過年数、返済の有無、催促の書面など、時効成立の要件を満たしているかを確認します。
  2. 文書の準備: 時効援用の意思を示す文書を作成します。この文書には、債務に関する情報(債務の内容、金額)、時効成立の根拠、そして援用の意思表示を含めます。
  3. 通知の送付: 上記の文書を債権者に送付します。内容証明郵便や手渡しの方法が一般的です。

時効援用の際に、注意すべき点として2つ紹介します。

  1. 時効の援用は、債権者からの請求があった際にのみ行えます。事前に自己申告するものではありません。
  2. 援用の際には、時効期間が正しく経過している証拠が重要です。返済履歴や債権者からの催促の記録など、関連する書類を保管しておくことが推奨されます。

また、時効の援用は複雑な法律手続きを伴う可能性があるため、誤った手続きをすると時効が無効になるリスクもあります。不明点があれば専門家に相談するなどして、正しい知識と手続きで、適切な解決を目指しましょう。

時効援用の注意点

借金の時効援用は、適切に行われた場合、返済義務から解放される可能性があります。しかし、この手続きには非常に重要な注意点がいくつかあります。これを怠ると、時効が無効になることもあるため、下記の内容をしっかり確認して慎重に進めていきましょう。

重要な注意点:

  1. 自己判断のリスク: 時効の成立条件は複雑です。自分で判断せず、法律の専門家に相談することが安全です。誤った自己判断は、時効の無効化や法的なトラブルにつながる場合があります。
  2. 証拠の確保: 時効援用を行う際、債権者との間で争いが起こる可能性があるため、時効成立の証拠(書面での催促の有無、最後の返済日など)をしっかりと保管しておく必要があります。
  3. 書面での手続き: 時効の援用は口頭ではなく、必ず書面で行わなければなりません。内容証明郵便等の形式で、自身の意思を明確に記録し、債権者に通知することが重要です。
  4. 援用のタイミング: 債権者からの請求があって初めて時効の援用が可能です。請求がない段階での時効援用は認められません。

正しく手続きを行うことが、時効援用で成功するために重要なポイントです。とくに、プロセスに不安や疑問を感じる場合は、迷わず専門家に助言を求めましょう。

時効援用手続きにかかる費用相場

時効援用の手続きを進める際、気になるのがその費用です。法的な手続きには専門的な知識が必要で、多くの場合、専門家への相談が不可欠となります。ここでは、時効援用のプロセスで通常かかる費用の相場について説明します。

  • 法律相談:
    多くの弁護士事務所や司法書士事務所では、初回相談が無料のところもありますが、継続的な相談や手続きの代行を依頼する場合は、数万円(通常、2万円~5万円程度)が相場となっています。
  • 内容証明郵便の作成と送付:
    時効援用の通知は、内容証明郵便で行うことが一般的です。この作成には、郵便料金と作成費用が含まれ、大体1件あたり3,000円~5,000円が必要です。
  • 追加の交渉や訴訟対応:
    債権者との交渉や、訴訟への対応が必要になった場合、追加費用が発生します。この費用は状況により大きく異なるため、具体的な金額を事前に確認する必要があります。

借金を抱えていながら専門家に依頼する費用をまかなうのは大変なことです。可能な限り費用を抑えたい方もいるでしょう。費用を抑える方法として、以下の2点を参考にしてみてください。

費用を抑えるポイント:

  • 複数の専門家に相談: 費用は事務所や専門家によって異なるため、複数の場所に相談して比較検討することをおすすめします。
  • 明確な見積もりの要求: 隠れた費用が後から発生しないよう、初回相談時に全体の費用見積もりをしっかりと取得しましょう。

時効援用手続きは、費用だけでなく、精神的な負担も伴うことがあります。しかし、適切な知識と計画により、このプロセスを無駄なく、かつ経済的に進めることができます。

時効援用失敗のリスクと代替策

時効の援用のリスク

借金問題を解決するために時効の援用を考える時、多くの人がその利点だけに目を向けがちです。しかし、時効の援用にはリスクも伴います。この部分をしっかり理解し、準備することが重要です。

時効の援用におけるリスクは、主に以下の4点となります。

  1. 債権者との関係悪化:
    時効の援用は、債権者にとっては回収権利の喪失を意味します。そのため、債権者との関係が悪化し、将来的に金融取引に支障をきたす可能性があります。
  2. 訴訟リスク:
    債権者が時効援用の正当性に異議を唱え、訴訟を起こすケースがあります。訴訟になれば、それに伴う時間的・経済的コストが必要となります。
  3. 情報の誤認:
    債務の時効期間を誤って解釈し、時効が成立していないにも関わらず援用を試みると、法的なトラブルに巻き込まれるリスクがあります。
  4. 精神的ストレス:
    時効援用のプロセスは、債権者との交渉や法的手続きが伴うため、精神的な負担が大きいものです。ストレスに耐えられるか自身でよく考えなければなりません。

リスクを回避するために以下の方法を確認しましょう。

リスクを回避する方法:

  • 正確な情報収集: 時効の成立条件や期間を正確に理解することが重要です。専門家に相談するなど、情報収集を積極的に行いましょう。
  • コミュニケーションの取り方: 債権者との適切なコミュニケーションを保ち、誤解や対立を生まないよう努めましょう。
  • 専門家の意見を仰ぐ: 法的な問題が発生した場合、適切なアドバイスを得られるよう、信頼できる専門家と連携することも重要なポイントです。

時効の援用は便利な道具です。しかし、それに頼るだけでなく、全体的な債務整理プランを考え、リスク管理をしっかりと行うことが大切です。

時効援用に失敗したらどうなる?

時効援用を試みる際、成功すると借金がチャラになる可能性がありますが、失敗した場合にはどのような影響があるのでしょうか。

ここでは、時効援用に失敗した場合の影響について解説します。

  • 元の借金の支払い義務が継続します
    時効援用が認められなかった場合、当初の借金に対する支払い義務がそのまま残ります。さらに、遅延利息が加算されることがあるかもしれません。
  • 信用情報への影響:
    時効援用の試みが債権者に拒否され、支払いが滞ると信用情報に記録されます。これが原因で、新たな借入やクレジットカードの取得が困難になる可能性があります。
  • 訴訟を起こされる可能性:
    時効援用に反対する債権者は、借金の返済を求めて法的措置を取る場合があります。その結果、裁判所からの支払い命令が下されることもあります。

時効援用に失敗した場合、その後の対処法として次の点が挙げられます。

失敗した後の対処法:

  • 再交渉: 債権者との間で再度交渉のテーブルにつき、返済計画の見直しや和解を試みることができます。
  • 債務整理: 自己破産、任意整理、または個人再生など、他の債務整理の手段を検討することが重要です。それぞれの方法には利点と条件があり、自分の状況に最適なものを選択する必要があります。
  • 法的助言の求人: 法律の専門家に相談することで、現状に最適なアドバイスとサポートを受けることができます。

時効援用に失敗した場合、即座に諦めるのではなく、さまざまな選択肢を考慮に入れ、前向きな対処を心掛けましょう。専門家の助けを借りることも最良の解決策の一つです。

時効援用失敗後の代替策

時効援用を試みたが、うまくいかなかった場合、決して希望を失う必要はありません。他にも解決策はいくつかあります。

次に紹介するのは、時効援用に失敗した際の代替策です。

  • 任意整理:
    各債権者と直接交渉し、返済計画を見直します。計画には、返済総額の減額や返済期間の延長が含まれる場合があります。
  • 特定調停:
    裁判所を通じて債権者との間に合意を形成します。この理由は、返済の取り決めを公式にし、両者にとって納得のいくものを目指すためです。
  • 個人再生:
    法的に借金を大幅にカットし、残りを分割払いします。手続きが成功すれば、経済的に立て直すチャンスを得られます。
  • 自己破産:
    最後の手段として、自己破産があります。財産を手放す代わりに、借金を免除されます。しかし、信用情報にはダメージになる可能性があります。

これらのどの選択肢も、専門家と相談し、あなたの状況に最適な方法を選ぶことが大切です。負のスパイラルから抜け出し、新たな一歩を踏み出すための多様な選択肢を考慮することが、解決への道となります。

消滅時効成立の判断を専門家に依頼するメリット

消滅時効の成立は、借金問題に対する一筋の光となることがあります。しかし、消滅時効の判断は複雑で、専門的な知識が必要です。

ここでは、消滅時効成立の判断を専門家に依頼する際のメリットを解説します。

  • 正確な評価:
    専門家は法律の専門知識を持っているため、あなたの状況を正確に分析し、消滅時効が成立しているかどうかを確実に判断できます。
  • 確実な手続き:
    消滅時効の成立を債権者に認めさせるための手続きは複雑です。専門家がこれを代行することで、手続きのミスを避け、スムーズな進行が期待できます。
  • 迅速な解決:
    専門家は同様のケースを多く扱っているため、迅速に問題を解決へと導くことができます。これにより、精神的、経済的な負担を大幅に減らすことが可能です。
  • 交渉の代行:
    消滅時効の主張は、債権者との交渉を伴います。専門家にこの交渉を任せることで、感情的なやりとりやストレスから解放されます。
  • 安心感の提供:
    借金問題は精神的な負担が大きいものです。専門家がサポートしてくれることで、不安を和らげ、正しいステップを踏む自信につながります。

消滅時効の成立が疑われる場合、専門家の意見を求めることは、解決への最短距離となるため、適切な判断と行動をとるように心がけましょう。

受任通知の効果と手続きの便利さ

債務整理を進める際、弁護士や司法書士が債権者に対して「受任通知」を送ることが一般的です。この受任通知には手続きを進めるうえで大きな効果があります。

受任通知の効果や手続きの便利さに関する主な点を以下に紹介します。

  • 債権者とのコミュニケーションの一断:
    受任通知が債権者に届くと、債務者本人ではなく、代理人が交渉の窓口となります。これにより、催促の電話などが直接債務者に来ることはなくなり、精神的な負担が軽減されます。
  • 返済交渉のスムーズな進行:
    弁護士や司法書士が交渉を担当することで、専門的な知識に基づいた効果的な交渉が行われ、適切な返済計画の策定につながります。
  • 法的手続きの正確さ:
    受任通知は、法的手続きの開始を債権者に正式に伝えるものです。これにより、全てのプロセスが法律に則って進行することが明確になります。
  • 速やかな解決への道筋:
    通知後はプロが代行するため、書類作成や会議設定など、迅速かつ適切に手続きが進みます。これにより、問題の早期解決が期待できます。
  • 信頼関係の構築:
    専門家が介入することで、債権者も事情を理解しやすくなります。それは交渉が円滑に進む基盤を作り、債務者と債権者との信頼関係を築く助けになります。

以上のように、受任通知は債務整理プロセスにおいて重要な一歩です。この手続きによって、債務者は法的な保護を受けられ、適切な解決に向けて確実に進むことができます。

まとめ

借金問題を解決する際、時効援用は注目される選択肢です。しかし、時効援助の方法が大変難しい点を理解することが重要です。

以下にまとめる内容を再度、確認していきましょう。

時効:

時効とは、一定期間債務の返済がなされない場合、法的に債務の返済義務が消滅する制度です。この期間は通常、最後の返済日から数えて5年または10年が基本です。

時効のメリット:

時効援用のメリットは、返済義務がなくなることで金銭的な負担が大幅に軽減される点です。ただし、この方法には以下のようなリスクも伴います。

  • 債権者との関係悪化: 時効援用は債権者にとって不利なため、今後の関係が悪化する可能性があります。
  • 援用の失敗: 時効期間の計算ミスなどにより、援用が認められないリスクがあります。
  • 信用情報への影響: 時効援用が信用情報に記録され、新たな借入れなどに影響を及ぼす場合があります。

リスクを避けて確実な道を選ぶためには、「任意整理」が効果的です。任意整理では、債務者と債権者が直接交渉し、返済計画を再編します。これには次のメリットがあります。

任意整理のメリット:

  • 返済計画の見直し: 返済総額の減額や分割払いなど、現実的な返済計画を策定できます。
  • 法的手続きの省略: 裁判所を通さずに手続きが完了するため、費用と時間を節約できます。
  • 信用情報の保護: 適切な手続きを踏むことで、信用情報に大きなダメージを与えにくくなります。

任意整理のプロセスを円滑に進め、安心して借金問題に立ち向かうには、プロのアドバイスを求めることが重要です。法律上の専門的なサポートに加えて精神的な支えも得ることも可能です。あなたの状況に最適な解決策を見つけるために、専門家への相談を選択肢の一つに入れてみてください。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION