COLUMN

債務整理

2023.11.152023.12.14 更新

コロナ禍で仕事や収入が減って借金の返済が厳しくなり、解決の道を探るべく、Web上で対処法を検索している人も少なくないでしょう。

しかし、実際には「コロナの借金」に関する情報が溢れていて、どれが正確なのか、どれが自分に適しているのかを見極めるのはなかなか大変です。信用できる情報を得られたとしても、どうすれば安心して前に進めるのかといった不安が残るものです。

このような状況を受け、本記事ではコロナ禍での借金問題に対する現実的なアドバイスを説明します。専門家に相談することも視野に入れながら、あなたにとってより良い道を一緒に探していきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

新型コロナウイルスの影響で返済が難しくなったら

“コロナの借金”が返せない!?

コロナ禍が引き金となって、借金返済が困難になった方は少なくありません。仕事量が減り収入が下がっても、借金はそのまま残ってしまいます。借金が返せない場合の対処法はどうすればよいのか、詳しく解説します。

債権者との交渉

まず考えなければならないのは、債権者との交渉です。コロナの影響で返済が厳しくなった場合、多くの金融機関は柔軟な対応をしています。

  • 返済計画の見直し
  • 繰り上げ返済の停止
  • 金利の見直し

支援制度を活用する

政府もさまざまな支援制度を用意しています。

  • 緊急小口資金
  • 生活困窮者自立支援制度
  • 雇用調整助成金

債務整理の選択

返済が難しくなった場合、債務整理を検討する価値があります。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

任意整理がおすすめ

特に、任意整理は多くの借入先と和解できる手法です。負担が軽減されるケースも多く、コロナ禍での返済困難には最適な選択肢と言えます。

専門家の協力を得る

債務整理は専門的な知識が必要です。専門家のアドバイスが不可欠です。

  • 弁護士
  • 司法書士

借金返済が困難な状況は、解決の糸口が見えないケースが多くあります。しかし、一人で悩まずに専門家の意見を求めることで、前向きな解決策が見えてきます。まずは一歩を踏み出して、プロに相談してみましょう。

収入減により借金返済ができなくなる方が増加

収入減という厳しい状況下では、多くの人が借金返済に頭を悩ませています。収入が減ってしまう場合は、通常以上に返済が困難になる可能性があります。

収入減の原因

収入減は多くの場合、以下のような理由に起因しています。

  • 仕事量の減少
  • 企業の業績悪化による給与カット
  • 非正規雇用者の契約解除

返済計画の見直し

返済困難に陥った場合、最も先に考えるべきは返済計画の見直しです。

  • 一時的な返済猶予
  • 月々の返済額の変更
  • 金利の見直し

支援制度を探る

収入減で困っている方には、いくつかの支援制度が存在します。

  • 雇用保険
  • 生活保護
  • 緊急小口資金

債務整理の選択

何をしても返済が厳しそうな場合は、債務整理を考える時期かもしれません。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

これらは大きな選択ですが、専門家のアドバイスを受けることで、適切な方法を選べます。

収入減で借金返済が困難になった場合、独力で解決しようとすると状況が悪化するかもしれません。まず一歩を踏み出して、専門のアドバイスを求めましょう。

借金の返済は待ってくれない?

借金の返済は、多くの場合、待ってくれるわけではありません。返済日を逃すと、すぐに遅延損害金が発生します。さらに時間が経つと、取立てや裁判といった手続きが始まる可能性が高くなるため、注意が必要です。

遅延損害金とは

返済が遅れると、金利以上の費用が発生することがあります。

  • 遅延金
  • 延滞金

これらは借金の総額にプラスされ、返済額がさらに増えます。

取立ての進行

返済が滞ると、次のような手続きが進行します。

  • 書面による催促
  • 電話での取立て
  • 訪問による取立て

裁判の可能性

最悪の場合、裁判に発展する可能性もあります。これによっては、資産が差し押さえられることも。

早めの相談が大切

返済が困難な場合は、早めに専門家に相談することが大切です。

  • 債務整理
  • 任意整理
  • 個人再生

選択肢は複数ありますので、状況に応じて最適な方法を選べます。

借金の返済が待ってくれない現実を理解し、適切な行動を早めに取ることが重要です。専門家と相談して、計画的な返済を進めましょう。

債務整理という選択肢を

債務整理とは、多額の借金がある場合に、その返済を容易にするための法的な手続きです。専門家に相談し、計画的に借金を減らしたり、返済額を調整することができます。

債務整理の種類

債務整理にはいくつかの方法があります。

  • 任意整理:交渉を通じて金利や返済額を調整
  • 個人再生:法的に返済計画を立て直し
  • 自己破産:最後の手段として全ての負債をなくす

費用について

債務整理には費用がかかりますが、その分負担が軽くなるケースが多いです。

  • 弁護士費用
  • 司法書士費用

メリットとデメリット

債務整理にはメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 月々の返済額が減る
  • 金利が下がる可能性がある
  • 精神的な負担が軽くなる
デメリット
  • 信用情報に記録が残る
  • 一定期間、新たな借入が難しくなる

債務整理は借金問題に対する有効な解決策の一つです。自分の状況に合った方法を選び、専門家としっかり相談しましょう。

新型コロナウイルスによる経済的影響と対策

新型コロナウイルス感染症特別貸付の概要

新型コロナウイルス感染症特別貸付は、コロナ禍で収入が減少した人々に対して、金融機関が提供する特別な貸付制度です。この制度は、生活費や経営資金に困っている人を支援する目的があります。

貸付対象者

  • 自営業者
  • 小規模事業者
  • 一定の収入が途絶えたサラリーマン

貸付条件

  • 低金利、または無利子
  • 一定期間の返済猶予
  • 審査が緩和されている場合もある

利用する際の注意点

メリット
  • 緊急時に資金を調達できます。
  • 通常の貸付よりも条件が良い貸付となります。
デメリット
  • 返済計画が不明確なまま借りると、後で困る可能性があります。
  • 特別貸付を受けると、他の貸付の審査に影響するかもしれません。

新型コロナウイルス感染症特別貸付は、一時的な支援手段として非常に有用です。しかし、将来の返済計画もしっかり考慮し、専門家のアドバイスを求めることが重要です。

緊急小口資金等の特例貸付の最新通知や問答集

緊急小口資金等の特例貸付は、特に困窮した状況にある人々に向けた貸付制度です。この制度は突然の出費や収入減により困っている人が一時的に資金を借りられるものです。

最新通知について

政府や関連機関は、状況に応じて特例貸付の条件を更新することがあります。たとえば、以下のような内容が挙げられます。

  • 貸付金額の上限改定
  • 審査基準の緩和
  • 返済猶予期間の延長

これらは公式サイトや公告で確認できます。

よくある質問

誰がこの制度を利用できるのか?
  • 高齢者
  • 単身赴任者
  • 低所得者
返済はどうなるのか?

多くの場合、数ヶ月〜数年の返済猶予が設けられます。

特例貸付と一般の貸付との違いは?

特例貸付は一般の貸付よりも審査が緩やかで、返済条件も比較的柔軟です。

緊急小口資金等の特例貸付は一時的な財政難を乗り越える手段として有用ですが、返済計画はしっかりと考慮する必要があります。その際、専門家のアドバイスを受けることをおすすめます。

新型コロナ特則を利用するために、最初に行うことは?

新型コロナ特則を利用するために最初に行うのは、その特則が自分に適用されるかどうかを確認することです。各種支援には条件があるため、該当するか否かの確認が必要です。

自分が該当するか確認する

  • 厚生労働省や自治体の公式ウェブサイトを確認
  • 専門家や相談窓口に問い合わせる

必要な書類を集める

  • 収入証明書
  • 住民票
  • 銀行口座情報

申請手続きをする

  • オンライン申請
  • 郵送
  • 直接窓口

最新情報を常に確認し、何かわからない点や不明点があれば、専門家に相談することが有用です。相談するなど適切な手段を取るようにしましょう。

新型コロナ特則を利用するメリットは?

新型コロナ特則を利用するメリットはいくつかあります。特に確認したいポイントは以下のとおりです

  1. 金利や手数料の軽減
    通常よりも低い金利で借り入れ可能です。
    手数料が免除される場合もあります。
  2. 返済期間の延長
    一定期間、返済を猶予されるケースがあります。
    返済プランを柔軟に調整できます。
  3. 手続きの簡素化
    必要書類が少ない点が特長です。
    オンラインでの申請が可能な場合もあります。
  4. 安心感の提供
    緊急時に確実に資金を調達できます。
    経済的な不安を少しでも和らげることができます。

ただし、特則には期間限定や利用資格がありますので、よく調べてから利用することが大切です。また、専門家に相談することで、自分に最適な選択ができる可能性もあります。

新型コロナ特則を利用するデメリットは?

新型コロナ特則を利用する際には、確かにメリットがありますが、デメリットも存在します。特に以下のデメリットについて確認しておきましょう。

  1. 利用資格の厳格化
    一定の条件をクリアしなければなりません。
    申請が通らない可能性もあります。
  2. 限定的な支援内容
    提供される金額が少ない場合もあります。
    特定の用途にしか使えない可能性もあります。
  3. 返済への影響
    猶予期間が過ぎた後、返済が厳しくなるかもしれません。
    返済計画に変更が必要な場合もあります。
  4. 信用情報への影響
    特則の利用が信用情報に記録される可能性もあります。
    今後の借入れに影響を与えるかもしれません。

特則を利用する前に、これらのデメリットをしっかりと考慮し、必要であれば専門家に相談していきましょう。

新型コロナウイルスの影響でローンの返済が困難になったときは?

新型コロナウイルスの影響でローンの返済が困難になった場合、何もしないで放置すると、さまざまなリスクがあります。

リスクを回避するために、以下の対策を考慮しましょう。

  • 早めの対応が大事
    できるだけ早く金融機関に連絡します。
    支払いが困難であることを説明します。
  • 専門家のアドバイスを求める
    弁護士や司法書士に相談しましょう。
    より適切な解決策を探ることが大切です。
  • 新型コロナ特則の利用
    政府が提供している支援制度を調べます。
    必要な書類を用意し、申請します。
  • 返済計画の見直し
    返済額や期間を再調整します。
    金融機関との協議が必要です。
  • 緊急小口資金や福祉資金の利用
    短期的な資金調達を利用します。
    低利で借り入れ可能です。

どれも一長一短がありますが、早めの行動と専門家のアドバイスが大切です。状況が悪化する前に、適切な方法で対応することは念頭におきましょう。

“コロナの借金” 問題と企業再生の道

“コロナの借金” 企業再生の道は

“コロナの借金”で企業が困っている場合、倒産を防ぐためにはいくつかの方法があります。具体的な対策は以下のとおりです

  • 経営改善計画を立てる
    収益を上げる方法、コスト削減の方策を明確にします。
    専門家によるアドバイスを求めます。
  • 債務の整理
    金融機関や取引先との交渉します。
    債権者との合意による借金の減額や繰り延べを目指します。
  • 企業再生手続きの活用
    会社更生法や民事再生法を利用します。
    企業の価値を維持しながら借金を整理します。
  • 政府の支援制度を利用する
    新型コロナ特例支援、融資制度など利用します。
    必要書類を整えて申請しましょう。
  • 売却や資本提携を検討
    資産の売却で資金を調達します。
    他の企業との資本提携でリスクを分散する方法もあります。

どの方法もその企業の状況や問題によって最適な策が異なります。早めに専門家と相談し、最良の解決策を見つけましょう。

3つのポイント 中小企業再生への道は

中小企業が再生するためには、特に以下の3つのポイントが重要です。

  1. 資金調達の戦略性
    適切なタイミングで資金を調達します。
    公的融資、民間の融資、補助金など、多角的な方法で資金を集めます。
  2. 債務整理とコスト削減
    高金利の借金を低金利に借り換えます。
    無駄な経費を見直し、効率的な運営に切り替えることも重要です。
  3. ビジネスモデルの見直し
    売上が減っている場合、新たなビジネスチャンスを探る方法もあります。
    過去の成功に固執せず、柔軟に変化に対応しましょう。

いずれも専門家の意見を取り入れることで、より効果的な策を練る機会を得られます。中小企業が再生するためには、これらのポイントをしっかりと考慮し、具体的な行動に移すことが求められます。

“コロナの借金” 個人事業主はどうする?

新型コロナウイルスの影響で、個人事業主も厳しい状況にあります。

以下に、「コロナの借金」が返済できなくなっている場合の対策について紹介します。

  1. 債務整理の方法
    ・任意整理:債権者と交渉し、返済額や期間を見直します。
    ・自己破産:借金を帳消しにする代わりに、財産を失ってしまいます。
    ・個人再生:裁判所を通して返済計画を立て、債権者に承認してもらいます。
  2. 緊急小口資金・緊急生活支援資金
    低金利で借りられる公的支援もあります。
  3. 補助金・助成金の活用
    経済産業省や地方自治体が提供する補助金・助成金を活用する方法もあります。
  4. 事業再構築
    事業内容を変更したり、オンラインにシフトするなどして、収益構造自体を見直す。

いずれにしてもご自身で全て対処するのは、大変が場合があります。早めに専門家のアドバイスを受けることも選択肢の一つです。

ゼロゼロ融資の反動で倒産も!問題点は?

ゼロゼロ融資とは、無利息・無担保で資金を借りられる制度ですが、その反動で倒産するケースも増えています。ここでは、ゼロゼロ融資の問題点について解説します。

  • 返済が突如始まる
    無利息・無担保でも、返済期限は確実に来ます。
  • 返済計画の不備
    無利息・無担保であるため、返済計画を怠ってしまう場合があります。
  • 借入額の過大評価
    無利息・無担保で緩くなる審査基準によって、本来ならば借りるべきでないほどの額を借りてしまう可能性があります。
  • キャッシュフローの悪化
    返済が始まると、事業のキャッシュフローに影響が出ることもあります。

ゼロゼロ融資は魅力的に見えますが、その反動で厳しい状況に陥る可能性もあります。きちんとした返済計画を立て、専門家と相談しながら進めていくことが重要です。

「貸し倒れの状態」とは?

貸し倒れとは、貸したお金が返ってこない状態を指します。特に金融機関や企業が貸したお金が返済されない場合にこの言葉が使われます。

  • 返済が途絶える
    借り手が返済計画に従えなくなり、返済がストップします。
  • 貸し手の手続き
    債権者(貸し手)は通常、法的手続きを開始します。裁判や差し押さえなどが行われる可能性もあります。
  • 債務不履行
    債務者(借り手)が約束を守れない状態になります。
  • 信用情報の悪化
    債務者の信用情報が悪化し、今後、借入が難しくなる場合もあります。

貸し倒れは、債務者にとっても債権者にとっても厳しい状況です。早めの対処と、専門家との相談が大切です。

「無借金」を目指した方がいいの?

無借金とは、何も借りていない状態を指しますが、無借金を目指す理由やそのメリット、デメリットは人それぞれであることを念頭におきましょう。

メリット

  • 精神的安堵:毎月の返済がなく、心に余裕ができます。
  • 金利の負担なし:借金がなければ金利を払う必要もありません。
  • 資産形成がしやすい:貯金や投資に集中できます。

デメリット

  • 購入力が限られる:一括で大きな買い物ができない可能性もあります。
  • 緊急時の資金確保:突然の出費に備えて、十分な貯金が必要です。

借金が全て悪いとは言えません。たとえば、住宅ローンは家を持つ手段としてあります。目的に応じて、借金を賢く活用する方法も考えられます。専門家と相談しながら、最適な選択をしていくことが大切です。

借金が返せない時の「これができなくなったらどうなる?」

借金が返せなくなった場合、多くの人が「これができなくなったらどうなる?」と不安に思います。返済が難しくなった場合の影響とその対処法を考えてみましょう。

できなくなること

  • 信用情報の低下: 金融機関からの借入れが難しくなります。
  • 資産の差し押さえ: 自宅や車などの貴重な資産が差し押さえられる可能性があります。
  • 収入源の没収: 給与や年金からの差し押さえが始まります。
  • 裁判・訴訟の可能性: 返済が滞ると、債権者から法的措置を取られることもあります。

対処法

  • 早めの相談: 専門家と話して、今すぐ何ができるのかを知ります。
  • 返済プランの再構築: 可能な返済額や方法を見直します。
  • 交渉の窓口: 債権者と直接話すか、専門家を通して交渉を行います。
  • 資産の見直し: 売却できる資産があれば、それを活用して返済に充てます。
  • 家計簿をつける: 支出を把握し、無駄な出費を削減します。

借金が返せない状態は誰にとっても厳しいですが、早めの対策が最悪の状態を防ぎます専門家と相談することで、問題を解決へと導く第一歩を踏み出しましょう。

新型コロナウイルスの影響による借金問題を解決するための情報

よくある質問

債務整理について、多くの人が疑問や不安を抱えています。以下は、よく寄せられる質問とその解答です

債務整理とは何ですか?

債務整理は、多額の借金に悩む人が、法的手続きを用いて返済計画を立て直す制度です。弁護士や司法書士が手続きをサポートします。

債務整理にかかる費用は?

  • 弁護士費用
  • 手数料
  • 裁判費用

具体的な金額は専門家に相談して決定されます。

どのくらいの期間で解決できますか?

個々のケースによりますが、多くは数ヶ月から1~2年程度です。

信用情報に影響はありますか?

はい、信用情報機関に登録され、一定期間、新しい借入れが難しくなります。

弁護士や司法書士を通さないとできないの?

専門家がいるとスムーズですが、自分で交渉も可能です。ただし、専門的な知識が必要です。

返済が困難ならば、どうすればいい?

  1. 専門家に相談する
  2. 返済プランを立て直す
  3. 債権者と交渉する

以上がよくある質問とその回答です。何か不明点、不安点があれば、早めに専門家に相談することをお勧めします。

お客様の声

債務整理の手続きは、多くの人にとって一度きりの経験です。そのため、先行き不安と疑問が多いものです。ここでは、債務整理を経験したお客様からの声を紹介します。

体験談1:安堵感を得られた

「債務整理をする前は、返済のプレッシャーで眠れない夜が続いていました。弁護士に相談してからは、計画が立ち、安堵感があります。」

体験談2:生活が安定

「債務整理後、無理なく返済できるようになりました。家計も安定して、ようやく前向きになれました。」

体験談3:知識が増えた

「専門家と話をする中で、借金についての知識が増えました。それが自信につながり、新たなスタートを切れました。」

このように、債務整理は多くの人にとって、新しい生活のスタート地点となる場合があります。不安や疑問がある方は、専門家に早めに相談することをおすすめします。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で、多くの人が経済的に困窮しています。特に、「コロナの借金」が問題となり、返済が難しくなるケースが増えています。このような場合に考慮する選択肢の一つが「任意整理」です。

任意整理とは?

任意整理とは、債権者と直接交渉を行い、返済条件を見直す手続きです。弁護士や司法書士が債権者と交渉をして、返済プランを作成します。

  • 返済額の減額
  • 利息のカット
  • 返済期間の延長

任意整理のメリット

  • 法的手続きより短期間で解決可能
  • 信用情報に大きなダメージを与えずに済む
  • 返済計画に合わせて、生活設計が立てやすくなる

コロナ特例との組み合わせ

新型コロナウイルスの影響で制定された特例措置もあります。これと任意整理を組み合わせることで、より柔軟な返済が可能です。

  • 特例措置の適用で、一時的な返済猶予
  • 任意整理での長期的な返済プラン作成

注意点

任意整理は有効な手段ですが、全ての債権者が条件を受け入れるわけではありません。また、手続きには費用がかかることもありますので、事前に専門家と相談しましょう。

新型コロナウイルスの影響で借金返済が厳しくなった場合、任意整理は一つの有効な解決策です。この記事で紹介した内容を確認し、専門家に早めに相談して適切な対策を行うなど、負担を軽減する道を選んでいきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION