COLUMN

5年以内にクレカ復活?自己破産後に使えるクレジットカードのつくり方を解説

2024.03.162024.07.11 更新

5年以内にクレカ復活?自己破産後に使えるクレジットカードのつくり方を解説

借金を免除してもらうために行う自己破産。借金返済が間に合わず、自己破産を考えている人もいるのではないでしょうか。

ただ、自己破産をすると5年間はブラックリストに載ってしまい、信用がないと判断されてしまいます。そんなときにクレジットカードが使えるか気になりますよね。

この記事では、自己破産後にクレジットカードを再度作成する方法や使えるカードの選び方について紹介します。

また、信用スコアの再構築や注意点なども解説しますので、安心してカードを利用できるようになるための情報をまとめています。

ぜひ最後まで読んで、新たな一歩に踏み出しましょう!

こんな人におすすめの記事です。

  • 自己破産を考えているか、すでに自己破産を経験している人
  • 将来的にクレジットカードを再び利用したいと考えている人
  • 信用情報の回復方法やクレジットカードの選び方について知りたい人

記事をナナメ読み

  • 自己破産後、クレジットカードの利用が難しくなるが、信用情報のクリア後は新たにカードを作る方法がある。
  • 信用情報機関での事故情報の確認と、審査基準が緩いデビットカードやプリペイドカードを利用する選択肢が有効。
  • 自己破産の記録が信用情報から消えた後も、安定した収入の証明や適切なカードの選択がクレジットカード取得のカギ。
借金減額診断

自己破産するとクレジットカードは使えない

結論を話すと、自己破産をすると、クレジットカードの使用ができなくなります。その理由は、信用情報機関によって信用スコアが下がるためです。いわゆる「ブラックリストに載っている」状態です。

ブラックリストに掲載される主な理由として、以下のようなケースが挙げられます。

  • 借金の返済が滞っている
  • 債務整理や自己破産をしている
  • クレジットカードの利用停止や解約が行われている

ブラックリストに載っている状態では、クレジットカードの作成やローンの契約などが難しくなります。

ただし、ブラックリストに載っている期間は決まっており、信用情報が消去されるタイミングがあります。

自己破産の場合は、破産手続き完了後5年間信用情報が残りますが、その後は信用情報が消去されるためクレジットカードが作れるようになります。

信用情報を改善するためには、借金の返済や遅延なしの支払いを心がけることが大切です。

また、信用情報機関を利用して、定期的に自分の信用情報を確認し、向上に努めましょう。

また、借金が大きくなったときの対処法として、自己破産以外に個人再生や任意整理という方法もあります。

個人再生の場合は、ある程度の資産は処分せず自分で持った状態のまま手続きを進められます。特に、住宅ローンが残っている家庭では、家を手放さないためにも個人再生をえらばれる場合が多いです。

任意整理の場合は、負債の金額を減額することはできません。しかし、毎月の返済額を少額にしてもらうことは可能になります。

自己破産だけでなく、他の方法も視野に入れることを忘れないでおきましょう。

自己破産した場合にクレジットカードが利用できなくなる理由は、事故情報だけではありません。金融機関やクレジットカード会社が、破産者に対して与信リスクが高まると判断し、契約を継続することが難しくなります。

具体例として、破産をしたことで債務が免責されたものの、新たな借金が必要になってしまった場合、カードローンや消費者金融からの借入が難しくなるでしょう。

まとめると、自己破産をすると信用スコアが低下し、金融機関からの信用が失われるため、クレジットカードの利用ができなくなります。

クレジットカードは強制解約になる

自己破産が決定すると、クレジットカードは強制解約になります。その理由は、クレジットカード会社が破産者に対して与信リスクを回避しようとするからです。

クレジットカードは強制解約になる流れとしては、まず、自己破産をしようとしている人が自己破産手続きを専門家に依頼します。そして、依頼が決まった時点で、専門家がクレジットカード会社などの債権者に通知を行います。そして、その通知を受け取ったクレジットカード会社が債務者の強制解約を行います。

公共料金などをクレジットカードで支払っている場合には、支払いもできない状態になってしまいます。クレジットカードが利用停止になる前に支払い方法を変更しましょう。

また、過去に債務整理や破産をしていると、クレジットカードの審査に通りにくくなります。過去に自己破産を経験した人は、新規でカード発行が難しくなるということです。

ただ、まったくカードを使えなくなるというわけではありません。強制解約後にクレジットカードを作成する難易度は高いですが、デビットカードやプリペイドカードを利用することでストレスなく支払いができるでしょう。

貯まったポイントは失効する

クレジットカードが強制解約になると、カードで貯まったポイントも失効することがほとんどです。これは、ポイントはカード会社との契約に基づいて付与されており、契約が解除されることで、ポイントの権利も消滅するからです。

しかし、ポイント失効前に気づくことができれば、ポイントを利用して商品や現金に換えることが可能です。失効するポイントを無駄にしないためにも、事前に確認しておくことが大切です。

自己破産後も前向きに生活を送るためには、無駄のない支出を心がけ、節約術を身につける必要があります。信用力を回復することができれば、再びクレジットカードを利用できるようになるでしょう。

自己破産後にクレジットカードを作る方法

豆電球の写真

自己破産後にクレジットカードを作る方法をお伝えしますね。

まず、信用情報機関に費用と必要書類を揃えたうえで開示請求をして、事故情報が消えているか確認しましょう。事故情報が消えていれば、カード申し込みがスムーズに進むことが多いです。反対に、事故情報が載っている間は新しいクレジットカードはつくれないと思っておいた方がいいでしょう。

次に、申し込みをするカード会社を選びましょう。カード会社は支払い能力があるかどうかをチェックするので、安定した収入があることを証明できる書類を揃えておくと審査に通りやすくなります。

一度事故情報が掲載されていることもあり、簡単に審査が通らないかもと不安に思うこともあるかもしれません。落ちてしまうのではないかと不安を感じて、手あたり次第カード会社に申し込みをしたくなりますよね。

そのような場合にも、同時に複数のカードに申し込むのは避けましょう。新しくクレジットカードの作成を申し込む場合には、1つのカード会社に絞るようにしてください。

審査に落ちてしまった場合でも、焦らず諦めず、他のカード会社で申し込みを行いましょう。

借金の苦しみから立ち直るために、一緒に頑張りましょうね。

信用情報機関で「事故情報」が消えているかを確認

信用情報機関で事故情報が消えているか確認することは大切です。

自己破産後、事故情報は一定期間以上経過すれば消去されることが一般的ですが、消去されたかどうかは確認が必要です。

信用情報機関には、株式会社CIC株式会社JICCなどがあります。

これらの機関は、個人の信用情報を保有しており、銀行や金融機関と提携して情報の共有を行っています。

確認方法は、各信用情報機関のウェブサイトにアクセスし、無料の会員登録を行った後、必要な手続きを踏むことで、自分の信用情報を確認することができます。

ちなみに、株式会社CICも株式会社JICCも、原則、免責許可決定をしてから約5年で事故情報が抹消されるといわれています。

信用情報の中には、自己破産の記録や債務整理の履歴、過去の借金やローンの状況などが含まれています。

自己破産後の信用情報は、破産手続きが終わると原則5年間保存されますが、その間に良好な信用履歴を築くことで、信用情報の向上が期待できます。

信用情報を確認し、今後の生活や金融サービス利用に役立てていきましょう。

信用機関情報に登録されている信用情報は、情報開示の手続きをすればだれでも確認することができます。手続きを済ませると、信用情報が履歴書のように掲載された「信用情報開示書」が送られてきます。

この書類で、事故情報が消去されているか確認できるので、安心してカード申し込みに進むことが可能です。

事故情報が消えたことを確認したら、次のステップに進みましょう。

同時に複数のカードを申し込まない

複数のカードに同時に申し込むと、審査の際に信用が低いと判断される可能性が高まります。

また、同時期に複数の審査が行われると、それぞれの審査結果がお互いに影響を与え、不利に働くことがあります。

申し込むカード会社は慎重に選び、自己破産後でも審査に通りやすいカードを見極めて申し込むようにしてください。

通常のクレジットカードに審査が通らない場合、デビットカードやプリペイドカードがおすすめですよ。

プリペイドカードは、支払い前にお金をチャージする必要があるため、借金が増える心配もなくなります。

どんなカードでも、しっかりと支払い計画を立てて管理することが大切ですね。

これからも安心な生活を送るために、少しずつでも前進しましょう。

キャッシング枠をゼロにする

自己破産後にクレジットカードを作る場合には、キャッシング枠をゼロにしましょう。キャッシング枠がゼロになることで、無計画な使い方による問題を防ぐことができます。

クレジットカードを頻繁に利用していた経験がある人も、キャッシング枠をゼロにすることでローンや借金への依存度が低くなり、より安全にカードを利用することが可能となります。

各会社の対応や手続きは異なりますが、審査が必要な場合もありますので、その点には注意が必要です。

また、キャッシング枠をゼロにすることで、信用情報機関への登録が変わることもありますので、その影響についても確認しておくことが大切です。

自己破産後でも作りやすいクレジットカード3選

クレジットカードの写真

自己破産後のクレジットカード作成は、破産手続きが終わり、信用情報が5年間経過することが前提となります。

しかし、クレジットカード会社の審査は厳しいため、即座にカードが作れるとは限りません。

信用情報がクリアになった後も、定期的に働いていることや収入が安定していること、過去の借金が完済されていることなどの条件を満たす必要があります。

自己破産をしてから5年経つまでの間に、生活を立て直し、収入を安定させることで、クレジットカードが作れる可能性が高まります。

まずは信用情報の確認を行い、自分の状況を把握して、クレジットカードの取得に向けた準備をしていきましょう。

自己破産後でも作りやすいクレジットカードは、以下の通りです。

  • デビットカード: クレジットカードと同様のサービスを受けられるカードです。口座から直接支払いが行われるため、借金を抱えるリスクが低くなっています。
  • セゾンカード・エルミック: 信用状況の回復が見込まれる方や、保証人がいる方に適したカードです。
  • 三井住友カード(NL): 家族カードも利用できる点が魅力です。

これらのカードは、自己破産後でも利用可能なもので、金融事故の履歴があっても審査に通りやすいとされています。ただし、カードを作る際は無理な利用や再び借金に陥らないよう注意が必要です。

三井住友カード (NL)

三井住友カード(NL)は、信用力が低い方でも作りやすいため、大変おすすめのクレジットカードです。また、ポイントがたまりやすいため、無駄な出費を抑えることができます。

また、三井住友カード(NL)は、ETCカードやデビットカードとしても利用が可能で、毎月の支払いが分割払いにも対応しています。これにより、利用者に合わせた返済方法を選ぶことができ、無理のない生活が送れるでしょう。

ただし、三井住友カード(NL)を利用する際は、契約内容を十分に確認し、自分に適したカードであるかどうかを検討することが大切です。また、無駄遣いに注意し、借金を増やさないよう努めることが、心豊かな生活のために欠かせません。

また三井住友カード(NL)の姉妹版Oliveフレキシブルペイであればクレジットカード審査に落ちてもデビットカードの発行が可能です。

参考:Olive(オリーブ)の紹介コードで1000円ゲット!お得な特典・使い方を解説|マネー大全

Tカード プラス(SMBCモビット next)

Tカード プラス(SMBCモビット next)も、自己破産後におすすめのカードです。ローンやキャッシングの利用もできるため、自己破産後の生活を立て直したい人にもおすすめです。

ただし、保証人がいなかったりブラックリスト入りしたりしている場合には、審査が厳しくなることがあります。

また、利用限度額も確認しておきましょう。月々の返済や支払いを可能な範囲で抑えることで、再び借金の問題が起こらないようにしましょう。

エポスカード

エポスカードも自己破産後の方におすすめのクレジットカードです。なぜなら、このカードはデビットカード機能があり、現金の引き出しにも利用できますし、クレジットカードとしても使えるからです。

とはいえ、エポスカードを利用する際にも注意が必要です。クレジットカードを利用する場合は、利用額を抑え、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

また、エポスカードには、独自の特典や割引も用意されています。これらの特典を利用することで、少しだけお得に生活することも可能です。

自己破産後でも作りやすいクレジットカードの選び方

CHOICEと書かれたカードを持つ手の写真

自己破産後でも作ることができるクレジットカードを選ぶポイントを紹介します。まず、審査基準が緩いカードを選びましょう。デビットカードやプリペイドカードは審査に通りやすく、金融機関との信用を取り戻す助けとなります。

次に、カード利用によるメリットがあるものを選ぶことが重要です。ポイント還元や割引サービスなど、節約効果があるカードを選ぶことで、前向きな気持ちを持つことができます。

最後に、支払いや返済が無理のない範囲であることを確認しましょう。返済計画を立てて、再び借金問題に陥らないように注意して生活していきましょう。

発行元を確認する

クレジットカードを利用しようと考えている方にとって、まず大切なのは、発行元を確認することです。発行元とは、クレジットカードを発行している銀行や金融機関のことで、それぞれ異なる特徴やサービスがあります。

発行元を選ぶ際には、まずサービスの内容をしっかりと理解しましょう。例えば、ポイント還元率が高いカードや、ETCカードが無料で発行されるカードなど、自分のニーズに合ったものを見つけることが大切です。

また、発行元によっては、審査基準や利用限度額が異なることもありますので、自分の収入や信用状況に合わせて選ぶことも重要です。信用情報機関に登録されている場合、ブラックリストに記載されてしまうこともあるため、注意が必要です。

さらに、クレジットカード使用時のサポート体制も確認しておくと安心です。万が一の事故やトラブルがあった際、迅速かつ適切な対応が期待できる発行元を選ぶことが、後々困らないためのポイントとなります。

申し込み資格を確認する

クレジットカードを作る際には、まず申し込み資格を確認することが大切です。一般的には、年齢や収入、そして信用状況などが審査の対象となります。

年齢については、18歳以上を上限にしているところが多いです。また、収入についても、安定した収入があることが望ましいとされています。自営業やフリーランスの方も、一定の収入があればクレジットカードの審査に通る可能性があります。

信用状況に関しては、過去の借金や債務整理、破産などの記録がある場合、審査に落ちる可能性が高まります。また、過去にクレジットカードの利用やローンの返済で遅延があった場合も、審査が厳しくなることがあります。

無理なく返済できる範囲でカードを利用することが大切です。申し込み資格を確認し、適切なカードを選ぶことで、クレジットカードを利用した充実した生活が送れるでしょう。

審査不要のデビットカードやプリペイドカードもおすすめ

硬貨が積み上がっている写真

クレジットカードの審査が心配な方には、審査不要のデビットカードやプリペイドカードがおすすめです。デビットカードは、自分の口座から直接引き落としがされるので、借金を抱える心配がありません。

また、自己破産後にETCカードを利用したいと思った時にもデビットカードがおすすめです。

ETCカードの発行には、原則クレジットカードやデビットカードが必要となることが多いです。しかし、自己破産後は信用情報に影響が出るため、通常のクレジットカードの審査に通りにくくなります。

そんなときにおすすめなのが、デビットカード付きのETCカード。これは銀行口座と紐づいたカードで、利用した分だけ口座から即時引き落とされるので、返済の心配がありません。各銀行や金融機関では、デビット機能付きのETCカードも発行しているから、自己破産後でも利用可能です。

また、プリペイドカードは、事前にチャージしてから利用するため、利用限度額を自分でコントロールできるのが魅力です。どちらのカードも審査が不要なので、過去の信用状況に関わらず手軽に利用できます。

これらのカードも多くのお店やオンラインショッピングで利用可能ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

GMOあおぞらネット銀行「Mastercardプラチナデビットカード」

自己破産後はGMOあおぞらネット銀行の「Mastercardプラチナデビットカード」もおすすめです。

「Mastercardプラチナデビットカード」はデビットカードなので、自分の口座から直接お金が引き落とされます。利用するたびにポイントが貯まるので、とってもお得です。

また、海外での現金引き出し手数料が無料で、ETCやリボ払いも利用できます。

もちろん審査もありますが、比較的審査が通りやすいのでチャレンジしてみる価値のあるカードでしょう。

借金に悩むこともなく、素晴らしいサービスを利用できるGMOあおぞらネット銀行のMastercardプラチナデビットカード。ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

Sony Bank WALLET

自己破産後は「Sony Bank WALLET」もおすすめです。

まず、Sony Bank WALLETはデビットカードなので、使った分だけ口座から引かれるので借金の心配がありません。

また、利用するたびにポイントが貯まっていくので、現金払いよりもお得です。

それ以外にも海外旅行がお得になる特典が用意されています。海外ATMからの現金引き出し手数料が無料でチップ代わりに現地通貨をスマホで送る機能などが搭載されています。

ただし、デビットカードゆえに、ローンや分割払いはできませんので、その点だけは注意してださいね。

まとめ

男性のシルエットが映っている写真

本記事では、自己破産後にクレジットカードを作る方法や、クレジットカード以外のおすすめの決済方法について解説しました。

どんな状況でも前向きに、自分に合った方法を見つけてくださいね。

この記事に関連するよくある質問

Q&Aと書かれた文字

自己破産した後、何年たてばクレジットカードを利用できるようになりますか?

破産してからクレジットカードを再び利用できるようになるまでの期間には、信用情報機関によって違います。

例えば、日本信用情報機構の場合、自己破産した事実は発生から5年間記録されます。一方で、全国銀行個人信用情報センターでは、自己破産の事実が自己破産発生から7年間記録されることになっています。

自己破産したあとでクレジットカードを利用することは可能ですか?

自己破産を行うと、自己破産をしたという情報は5年から10年間記載されることになります。

この期間中は、新しいクレジットカードを作ったりや追加で借入をしたりすることができません。

なお、信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの契約の詳細や、その支払い記録などを信用情報機関が保持しているデータのことです。

クレジットカードで買ったものは自己破産したらどうなりますか?

支払いが終わっていない商品は、処分されてしまうことがあります。

処分されない商品もあるので、まずは弁護士にご相談ください。

自己破産で失った信用情報は回復しますか?

自己破産を行うと、その情報は信用情報機関に「事故情報」として約7年間記録されます。これにより、クレジットカードの使用やローンの申し込みなど、信用を必要とする取引ができなくなります。

しかし、7年間を過ぎると、信用情報は回復します。

自己破産したらローンはどうなりますか?

自己破産を行うと、その記録が信用情報機関に5年から10年間保存されます。

この期間内は、ローンを組むことができなくなります。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

この記事に関係するよくある質問

自己破産した後、何年たてばクレジットカードを利用できるようになりますか?
破産してからクレジットカードを再び利用できるようになるまでの期間には、信用情報機関によって違います。 例えば、日本信用情報機構の場合、自己破産した事実は発生から5年間記録されます。一方で、全国銀行個人信用情報センターでは、自己破産の事実が自己破産発生から7年間記録されることになっています。
自己破産したあとでクレジットカードを利用することは可能ですか?
自己破産を行うと、自己破産をしたという情報は5年から10年間記載されることになります。 この期間中は、新しいクレジットカードを作ったりや追加で借入をしたりすることができません。
クレジットカードで買ったものは自己破産したらどうなりますか?
支払いが終わっていない商品は、処分されてしまうことがあります。 処分されない商品もあるので、まずは弁護士にご相談ください。
自己破産で失った信用情報は回復しますか?
自己破産を行うと、その情報は信用情報機関に「事故情報」として約7年間記録されます。これにより、クレジットカードの使用やローンの申し込みなど、信用を必要とする取引ができなくなります。 しかし、7年間を過ぎると、信用情報は回復します。
自己破産したらローンはどうなりますか?
自己破産を行うと、その記録が信用情報機関に5年から10年間保存されます。 この期間内は、ローンを組むことができなくなります。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION