COLUMN

債務整理

2023.11.242023.12.14 更新

「騙されて作った借金、どうすればいいの?」そんな疑問を抱えている人は少なくないでしょう。気づいた時には大きな借金を背負ってしまう状況は、誰にでも起こり得ます。

大切なのは、この状況を一人で解決しようとせず、専門家に相談するなど適切な対応をとることです。

この記事では、騙されて借金を抱えてしまった場合の具体的な対処法や、返済に向けたステップについて詳しく解説します。また、人に騙されて借金を抱えることないよう、その予防法も紹介します。正しい知識と対策で、一歩ずつ前に進みましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

詐欺被害にあってしまったら?

投資詐欺の代表的な手口

投資詐欺はさまざまな手口で行われます。特に注意すべき代表的な手口をご紹介します。

  • 高収益を保証するうたい文句
    投資詐欺の多くは、現実離れした高収益を約束します。通常の投資では考えられないほどの利益を確約するのが特徴です。
  • 限定性や緊急性を強調
    「今だけのチャンス」「先着順」など、緊急性や限定性を強調し、検討時間を与えない手法が使われます。
  • 著名人や専門家を利用した信頼性の演出
    有名人や専門家を名乗る人物が関与していると偽ることで、信頼感を演出し騙します。
  • 口コミや体験談を利用
    実際には存在しない利用者の成功体験を紹介し、説得力を持たせます。
  • 複雑でわかりにくい投資内容
    投資内容を意図的に複雑にし、理解が難しいようにして、疑問を持ちにくくする方法を取ります。
  • 初期投資の後、追加投資を要求
    最初は少額で始めさせ、その後、さらなる利益を得るために追加投資を要求します。

投資詐欺にはさまざまな手口がありますが、共通しているのは不自然な高収益の約束と圧倒的な緊急感の演出です。こうしたサインを見逃さず、冷静に対処することが重要です。

投資詐欺に騙されて作った借金でも返済義務はある

投資詐欺に騙されて作った借金にも、残念ながら返済義務があります。この事実について詳しく説明します。

  • 借金の法的責任
    金融機関や個人からお金を借りた場合、法的に返済義務が発生します。詐欺にあっても、この原則は変わりません。
  • 詐欺被害の申告
    投資詐欺に遭った場合、警察や消費者センターに被害を申告しましょう。しかし、これが借金の返済義務を免除するわけではありません。
  • 借入先との交渉
    借入先に事情を説明し、返済計画の見直しを依頼することは可能です。時には返済条件の緩和が可能な場合もあります。
  • 債務整理の検討
    借金返済が困難な場合、債務整理の手段を検討しましょう。任意整理や自己破産などの方法があります。
  • 専門家への相談
    弁護士や司法書士などの専門家への相談は、最適な対応策を見つけることにつながります。

投資詐欺による借金は返済義務がありますが、借入先との交渉や専門家の助言を得ることで、返済の負担を軽減できる可能性があります。

投資詐欺で借金を作ってしまったときの対処法

投資詐欺で借金を作ってしまったときの対処法を解説します。

  • 被害の申告と証拠の収集
    まず警察や消費者センターに詐欺被害を申告し、できる限りの証拠を集めます。
  • 借入先との交渉
    借入先に詐欺被害の事実を説明し、返済条件の見直しを求めます。
  • 債務整理の検討
    任意整理や自己破産など、債務整理の手段を専門家と相談しましょう。
  • 弁護士や司法書士への相談
    法律の専門家に相談し、適切なアドバイスを受けます。
  • 詐欺師への返金請求
    詐欺師に返金を請求できる場合は、法的手続きを検討します。
  • 予防策の学習
    同様の被害に再び遭わないために、投資詐欺の予防策を学びます。
  • 財務状況の再評価
    個人の財務状況を見直し、無理のない返済計画を立てましょう。

投資詐欺による借金は大きな負担になりますが、専門家の助けを借りて冷静に対処することが重要です。

速やかに弁護士に相談し被害額の回収を依頼する

詐欺被害に遭った場合は、速やかに専門家に相談することが重要です。以下に、被害額の回収を依頼するまでのプロセスや注意点などを解説します。

  • 早期の弁護士への相談
    詐欺被害が発覚したら、すぐに弁護士に相談しましょう。早ければ早いほど、被害回復の可能性が高まります。
  • 証拠の収集と保存
    弁護士と協力して、詐欺行為に関連するすべての証拠を集め、保存します。証拠にはメールや通話記録、取引記録などが含まれます。
  • 法的手続きの開始
    弁護士は証拠に基づいて、被害額の回収に向けた法的手続きを開始します。法的手続きには訴訟や示談交渉が含まれることがあります。
  • 被害額回収の見通し
    弁護士は被害状況を詳細に分析し、被害額の回収見通しを提供します。
  • 追加被害の防止策
    さらなる被害を防ぐための対策も弁護士がアドバイスしてくれます。
  • 財務状況の見直しと今後の計画
    弁護士と一緒に財務状況を見直し、今後の計画を立てます。

詐欺被害に遭った場合、迅速な行動と専門家の助言が鍵となります。早めに専門家に相談し、被害の最小化と回収の最大化を目指しましょう。

債務整理と詐欺被害の基礎知識

詐欺被害にあった場合の債務整理の選択肢

ここでは、詐欺被害にあった場合の債務整理の選択肢について解説します。

  • 任意整理
    詐欺による借金について、債権者と直接交渉して返済条件を見直します。利息のカットや返済計画の再設定が可能です。
  • 個人再生
    法的手続きを通じて、債務の一部を免除してもらい、残りを分割で返済する方法です。生活を維持しながら借金を減額できます。
  • 自己破産
    返済不能な状態の場合、自己破産を選択する場合もあります。借金の免責を受けることで、新たなスタートが切れます。
  • 特定調停
    裁判所を介した交渉で、利息の減額や返済計画の見直しが行えます。比較的軽い債務の場合に適しています。
  • 弁護士への相談
    債務整理の手続きは複雑です。専門家である弁護士に相談し、最適な選択を決定することが重要です。
  • 詐欺の証拠収集
    詐欺被害の証拠を集めて債務整理の手続きに活用することは可能です。詐欺の事実が明らかになれば、借金の免除も期待できます。
  • 信用情報への影響
    債務整理を行うと信用情報に記録されます。今後の借入れやクレジットカードの利用に影響が出る点を理解しておく必要があります。

詐欺被害による借金は、通常の借金とは異なる側面があります。専門家の助言を仰ぎつつ、適切な債務整理の方法を選んでいきましょう。

借金トラブルと詐欺罪は別々の事案

借金トラブルと詐欺罪は別々の事案となります。以下に、その詳細を解説します。

  • 借金トラブルの性質
    借金トラブルは、主に民事上の問題です。返済遅延や返済不能などの問題がこれに当たります。裁判所を通じた解決が主な対応方法です。
  • 詐欺罪の性質
    詐欺罪は刑事上の犯罪です。故意に虚偽の事実を告げ、相手を騙して金銭を手に入れる行為が該当します。警察の介入や刑事裁判の対象になる場合があります。
  • 借金トラブルと詐欺の区別
    借金トラブルが詐欺罪になるには、借りる際の故意の虚偽や欺瞞が必要です。単に返済できない場合は詐欺罪には該当しません。
  • 対処法の違い
    借金トラブルの場合、弁護士や裁判所を通じた民事手続きが一般的です。詐欺罪が疑われる場合は、警察への通報や刑事訴訟が関わることになります。
  • 示談交渉の可能性
    民事上の借金トラブルでは示談交渉が可能ですが、詐欺罪の場合、被害者との示談も重要ですが、最終的な処罰は司法が決定します。
  • 法的アドバイスの重要性
    いずれの場合も、法律の専門家のアドバイスが重要です。特に詐欺罪の疑いがある場合、専門家の早期介入が重要になります。

借金トラブルと詐欺罪は、法的な扱いや対応方法が異なる重要な事案です。これらの区別を理解し、適切な対処を行う必要があります。

借金滞納そのものが詐欺罪にあたることはない

借金を滞納すること自体が、詐欺罪にあたることはありません。借金滞納と詐欺罪の違いや詐欺罪の成立要件などについて説明します。

  1. 借金滞納と詐欺罪の基本的な区別
    ・詐欺罪は、最初から返済する意図がなく、虚偽の事実を伝えてお金を借りる行為を指します。
    ・借金の滞納は、返済不能に陥った場合の状況を指し、必ずしも詐欺の意図があるわけではありません。
  2. 詐欺罪成立の要件
    詐欺罪は故意による欺瞞行為が必要です。
    借金の滞納が起きた時点で、詐欺の意図がなければ詐欺罪は成立しません。
  3. 借金滞納の法的取り扱い
    借金滞納は民事上の問題で、裁判所を通じて解決されます。
    滞納が発生した場合、裁判所や債権者との交渉が必要になります。
  4. 詐欺罪との違い
    詐欺罪は刑事事件で、警察や検察が介入します。
    借金滞納は基本的に刑事事件にはなりませんが、詐欺的な要素がある場合は別です。
  5. 債務整理のアプローチ
    借金滞納が発生した場合、任意整理や自己破産などの債務整理手続きを検討することが可能です。
    専門家のアドバイスを受けながら、適切な対処法を選ぶことが重要です。

借金滞納そのものが直接詐欺罪に該当することはありませんが、詐欺的要素がある場合は別の法的対応が必要になることを理解し、適切な手段で対処することが重要です。

借金滞納が詐欺罪に発展するケースとは?

借金滞納が詐欺罪につながるケースがあるのも事実です。ここでは、借金滞納が詐欺罪に問われる事案について説明します。

  • 初めから返済する意図がない場合
    借りる際に返済するつもりが全くなく、これを隠して資金を得た場合、詐欺罪が成立する可能性があります。
  • 虚偽の情報を提供して借入れを行う場合
    虚偽の収入証明や偽の事業計画など、嘘の情報を用いて資金を調達した場合、詐欺と見なされることがあります。
  • 他人の名義を無断で使用する場合
    他人の名義や印鑑を無断で使用して借金を行った場合、詐欺や偽造私文書行使などの犯罪に該当する可能性があります。
  • 複数の金融機関から同時に借入れを重ねる場合
    複数の金融機関に同時に申し込み、返済能力を超える借入れを繰り返す行為は、詐欺の意図が問われることがあります。
  • 具体的なケース
    例えば、返済資金がないにも関わらず、返済能力があるかのように偽装して借入れを行う。
    投資事業などを装い、実際には存在しない事業のために資金を集める。

これらのケースでは、借金滞納が単なる民事問題ではなく、刑事事件として詐欺罪に該当する可能性があります。そのため、借金をする際には正直かつ誠実に行動することが重要です。

また、詐欺罪に関わる状況が発生した場合は速やかに法律の専門家に相談することをおすすめします。

投資詐欺被害にあったお金を取り返すことは非常に困難

投資詐欺の被害にあった場合、お金を取り返すことは非常に困難といわれています。以下に、困難である背景について詳しく解説します。

  • 詐欺師の資産隠し
    詐欺師はしばしば資産を隠したり、すでに使い込んでしまったりするため、被害者が回収できる資産がないことが多いです。
  • 犯人の特定が難しい
    投資詐欺は複雑で、犯人を特定するのが難しい場合があります。犯人が特定できないと、訴訟や刑事告訴ができません。
  • 長期にわたる法的手続き
    法的な手続きには時間がかかり、回収までには数年を要することもあります。その間、追加の費用が発生するかもしれません。
  • 損失の全額回収は困難
    投資詐欺の場合、被害者が損失の全額を回収することは稀です。一部のみの回収にとどまることが多いです。

具体的な対応策として、以下の3点が挙げられます。

  1. 詐欺被害にあった場合は、速やかに警察や消費者センターに相談すましょう。
  2. 法律の専門家(弁護士など)に相談し、可能な法的措置を講じます。
  3. 詐欺の手口や関与者に関する情報をできるだけ多く集め、証拠を確保します。

投資詐欺による被害の回収は困難であるため、投資を行う際には十分な注意と慎重な判断が求められます。また、被害に遭った場合は、早急に専門家に相談し、適切な対応を取ることを心がけましょう。

借金を自力で返済できない場合は債務整理を利用して問題を解決しよう

借金を自力で返済できない場合も少なくないでしょう。この場合、債務整理を活用して、問題を解決することは可能です。

債務整理にはいくつかの種類があり、その特徴をしっかり理解しておく必要があります。以下にその詳細を解説します。

  • 任意整理
    直接、債権者と交渉し、借金の額や返済方法を見直します。
    利息のカットや返済計画の見直しが期待できます。
    家や車などの資産を守りながら返済が可能です。
  • 個人再生
    法的手続きを通じて、借金の総額を減額できる可能性があります。
    一定の収入がある場合に適しています。
    最大5年間での返済計画が立てられます。
  • 自己破産
    返済不能な状況にあるときの最終手段です。
    借金が免除されることが多いですが、一定の資産は失う可能性があります。
    免責決定後は、新たな人生をスタートさせることができます。
  • 特定調停
    裁判所を介して債権者と和解を目指します。
    任意整理よりも公式な手続きです。
    返済計画の法的な裏付けが得られます。

債務整理を行う際のポイントを以下の3点にまとめました。

  1. 専門家(弁護士や司法書士)に相談することが重要です。
  2. 早期に対処することで、解決への道が開けやすくなります。
  3. 債務整理には信用情報への影響もあるため、慎重に選択する必要があります。

自力での返済が難しい場合、債務整理は有効な手段となります。しかし、どの方法を選ぶにしても、専門家の助言を受け、自身の状況に合った最善の策を選ぶことが大切です。

詐欺罪の成立要件と罰則

詐欺罪の成立要件は4つ

詐欺罪は、他人を騙して利益を得る犯罪です。詐欺罪が成立するためには、次の4つの要件が必要です。

  1. 虚偽の事実の提示
    実際とは異なる情報や事実を相手に伝えることを指します。
    虚偽の約束や偽の情報を提供することも含まれます。
  2. 他人の誤認を誘引する行為
    相手が虚偽の事実を真実だと誤解するように仕向けることです。
    相手が間違った判断を下すことが目的です。
  3. 故意
    詐欺を行う意図があることを指します。
    相手をだまし、利益を得る意図が必要です。
  4. 財産上の利益の獲得、または他人に損害を与えること
    虚偽の行為によって金銭や財産を不正に得ることです。
    相手に経済的損失を与えることも含まれます。

詐欺罪と債務整理は密接に関連することがあります。特に、不正な方法で借金を作り、返済不能に陥った場合、詐欺罪の成立要件を満たす可能性があります。

借金問題を抱えている場合、法的な側面を十分に理解し、適切な対処を行うことが重要です。

詐欺罪には懲役刑が科される

詐欺罪は刑法によって定められた犯罪で、故意に他人を欺き財産上の利益を不正に得た場合に適用されます。詐欺罪には以下のような刑罰が科されます。

  • 懲役刑
    詐欺罪によって通常は懲役刑が科されます。
    刑法第246条によると、詐欺罪の基本刑は10年以下の懲役です。
  • 罰金刑
    罪の軽重に応じて、罰金刑が科される場合もあります。
    ただし、詐欺罪に関しては通常、懲役刑が主で罰金刑が副次的に適用されることが多いです。
  • 再発防止の重要性
    詐欺罪に問われた場合、刑罰だけでなく社会的信用の失墜も考慮すべきです。
    債務整理のプロとしては、詐欺行為によって生じた借金問題に対し、法的アドバイスと適切な債務整理の方法を提供することが重要です。

詐欺罪に関連する問題は、法的知識が必要となる複雑なものであり、適切な法律家に相談するようにしましょう。また、詐欺罪による刑事責任とは別に、民事上の債務整理のプロセスも重要です。

債務整理の方法には任意整理、個人再生、自己破産などがあります。個々の状況に応じて最適な方法を選択していきましょう。

詐欺被害からの債務整理

詐欺被害にあって膨らんだ借金が自己破産で全額免除に

詐欺被害によって借金が増大した場合、自己破産を通じて債務の免除を受けることが可能です。

以下に、詐欺被害による借金が自己破産で全額免除になるプロセスを説明します。

  • 自己破産とは
    債務者が負担している借金を免除する法的手続きです。
    債務超過や支払い不能の状態にある場合に適用されます。
  • 詐欺被害と自己破産
    詐欺被害に遭い、返済不能な借金が生じた場合、自己破産を検討できます。
    借金の原因が詐欺であれば、それが自己破産の正当な理由となることがあります。
  • 免責の条件
    自己破産手続きにおいては、免責を受けるための一定の条件が存在します。
    詐欺被害であっても、免責不許可事由(例:虚偽の申告)がないことが重要です。
  • 手続きの流れ
    自己破産手続きは、裁判所を通じて行われます。
    弁護士に相談し、適切な書類の準備と申立てを行います。

自己破産手続きにおける注意点を以下に紹介します。

  1. 生活への影響:自己破産を行うと、一定の財産は処分され、クレジット取引に制限がかかります。しかし、生活再建のための必要最低限の財産は保持できます。
  2. 再スタートの支援:債務整理のプロとしては、自己破産後の金融教育や生活再建のサポートも重要です。

詐欺被害に遭って大きな借金を背負った場合、自己破産は有効な解決策の一つですが、専門家との相談を通じて個々の状況に合った最良の選択を行うことが重要です。

詐欺被害にあわないために

投資詐欺被害にあわないようにできること

投資詐欺は巧妙な手口で多くの人を騙し、大きな損失をもたらす場合があります。以下は、その被害を防ぐための具体的な方法です。

  • 情報源を確認する
    投資情報は信頼できる公式のソースから得ましょう。
    不明瞭な出所の情報には注意してください。
  • 過大なリターンに警戒する
    高い利益を保証するような案件には慎重になることが重要です。
    通常、高いリターンは高いリスクを伴います。
  • 詳細な説明を求める
    投資の内容、リスク、収益の仕組みを詳しく説明してもらってください。
    理解できない投資には手を出さないようにしましょう。
  • セカンドオピニオンを得る
    投資の判断前には、専門家や信頼できる第三者の意見を聞くようにしましょう。
    独断での投資判断を避けてください。
  • 契約前の検討期間を持つ
    急かされるような投資提案には応じないようにしましょう。
    十分な検討時間を取ってください。
  • 不審な勧誘には応じない
    無料セミナーや高圧的な勧誘には注意しましょう。
    勧誘の手法に惑わされないようにします。
  • 定期的な情報更新を行う
    市場の変動や関連ニュースを定期的にチェックする。
    投資は常に最新の情報に基づいて行う。
  • 自分の投資方針を明確にする
    自己のリスク許容度を理解し、それに合わせた投資を行いましょう。
    目先の利益に流されず、長期的な計画を立てることが重要です。

投資詐欺の被害を防ぐには、情報の正確性の確認自身のリスク許容度の理解、そして急がず慎重な判断をしなければなりません。紹介した注意事項を常に確認し、詐欺の手口にひっかからないように努めていきましょう。

投資話に対象になる会社が実在するか調べる

投資の話を聞いたときは、対象となる会社が実際に存在し、信頼できるものかどうかを確認することは非常に重要です。

以下に、その方法を示します。

  • 公式ウェブサイトをチェック
    会社の公式ウェブサイトの情報を詳しく確認します。
    ウェブサイトがプロフェッショナルで情報が最新であるかを見ましょう。
  • 商業登記簿を確認
    商業登記簿に記載されている情報を確認してください。
    会社の登記情報が現実のものと一致しているかを確認しましょう。
  • 第三者の評価を参照
    信頼できる第三者機関の評価やレビューを参照してください。
    業界内での評判や歴史を確認しましょう。
  • 会社の財務状況を調査
    会社の財務諸表や業績報告書を調べます。
    財務状況が安定しているかを確認してください。
  • 業界情報を確認
    対象会社が属する業界の現状や動向を把握しましょう。
    業界の未来展望やリスクを理解します。
  • 直接問い合わせを行う
    疑問点や不明点があれば、会社に直接問い合わせます。
    応答の速さや内容の適切さを評価しましょう。
  • 専門家の意見を求める
    投資や法律の専門家に相談し、アドバイスを受けてください。
    専門家の見解を参考に判断をしましょう。

投資詐欺を防ぐためには、対象となる会社の実在性や信頼性を徹底的に調査することが重要です。情報の確認には時間がかかるかもしれません。しかし、安全な投資のためには欠かせません。専門家の意見を取り入れることも、効果的な手段の一つです。

SNSやメルマガ経由の儲け話には十分に注意する

SNSやメルマガを通じて届く「儲かる話」や「高収益が見込める投資話」には、多くの場合、潜在的なリスクが伴います。

これらの情報源は、不特定多数に届けられることから、信頼性を確かめるのが困難な場合があります。特に、詐欺的な手口による投資詐欺の被害に遭う可能性も否定できません。

信頼できる情報源を選ぶ

  • 公的機関や信頼されている金融機関からの情報を参考にしましょう。
  • 定評のある金融アドバイザーからの助言を受けるようにします。

投資のリスクを理解する

  • どんな投資にもリスクが伴うことを理解しましょう。
  • 高いリターンを約束する投資は高いリスクを伴う可能性があると認識します。

提案内容の詳細を確認

  • 投資の仕組みやリターンの算出方法を詳しく確認してください。
  • 投資案件に関する具体的な事業計画や収益予測を理解します。

第三者の意見を聞く

  • 投資の専門家や信頼できる知人に相談してみましょう。
  • 過去の事例や評判を調査することも重要です。

被害に遭った場合の対処法

  • 速やかに弁護士に相談し、被害の回収を依頼しましょう。
  • 警察や消費者センターへの相談を検討します。

投資は慎重な判断が必要です。本当に信頼できる情報源からの確かな情報に基づいて判断を行うようにしましょう。その際、自身の財務状況やリスク許容度を考慮することも重要なポイントです。また、被害に遭った際は、早期に専門家への相談を通じて適切な対処を行いましょう。

まとめ

詐欺被害に遭って作られた借金は、多くの場合、返済義務が生じます。詐欺によってお金を失った場合でも、借りたお金に対しては法的な返済義務が存在します。しかし、借金の返済義務に対処する方法はいくつかあります。

返済義務について

  • 詐欺被害に遭っても、借金の返済義務は変わりません。
  • 融資を受けた金融機関は、詐欺被害の事実にかかわらず返済を求める権利があります。

対処法

  1. 弁護士への相談:詐欺の事実を明らかにし、被害の回収や返済計画の相談を行いましょう。
  2. 警察への届け出:詐欺の事実を警察に報告し、正式な調査を依頼します。
  3. 債務整理の検討:任意整理や自己破産など、債務整理の手続きを検討しましょう。
  4. 返済計画の再構築:金融機関と交渉し、返済条件の見直しを求めます。

債務整理の方法

  • 任意整理:借入先と直接交渉して返済条件を見直すことです。
  • 自己破産:借金の全額免除を求められますが、一定の制限が伴います。
  • 民事再生:一部の借金を減額し、残りを分割で返済します。

注意点

  • 借金が詐欺に基づく場合でも、詐欺師を訴えることと借金の返済は別の問題となります。
  • 法的措置を取る場合、証拠集めや正確な情報の提供が重要です。
  • 債務整理の手続きには個々の状況に応じた適切な方法を選択する必要があります。

詐欺被害による借金問題は複雑です。個々の状況に応じた適切な対処が求められるため、早期に法律専門家へ相談し、具体的なアドバイスを受けることが大切です。

また、詐欺被害の状況に応じて、警察への届け出や債務整理の手続きなど、さまざまな対処法が考えられます。一人で悩まず、専門家の助けを借りて、最適な解決策を見つけ出すことを重視し、少しずつ問題の解決につなげていきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION