COLUMN

自己破産をすると持ち家や車はどうなる?手元に残すための条件と方法を解説!

自己破産

2023.06.272023.11.14 更新

AI要約を表示する

自己破産とは?

「持ち家や車」

私たちの生活に欠かせないこれらの財産を、自己破産する際に手放さなければならないのでしょうか?多くの方がこの疑問を抱えています。自己破産という大きな決断を前に、家族や自分自身の将来を心配するのは当然です。この記事では、自己破産を申し立てた場合に持ち家や車がどうなるのか、詳しく解説します。

財産を守りながら、借金問題を解決する方法を知ることで、一歩前に進む勇気を持っていただければ幸いです。心の中の不安や疑問を少しでも軽減できるような情報を提供できることを願っています。

自己破産の基本的な流れ

自己破産は、多額の借金を持ち返済が困難になった時に、法的な手続きを通じて借金を免除される制度です。しかし、手続きは複雑で、専門家のサポートが求められる場面も少なくありません。そこで、債務整理のプロとして、自己破産の基本的な流れを分かりやすくご紹介します。

  1. 法律の専門家に相談:
    自己破産を考える前に、弁護士や司法書士と相談し、自身の状況に最適な方法を選択します。
  2. 必要書類の準備:
    収入や支出、借金の詳細などの情報をまとめ、関連する書類を整理します。
  3. 請求書類の提出:
    準備した書類をもとに、破産請求の申立てを裁判所に提出します。
  4. 調査・審査:
    裁判所が提出された書類をもとに、破産を認めるかどうかの調査・審査を行います。
  5. 破産宣告:
    調査・審査の結果、破産を認める場合、破産宣告が出されます。
  6. 債権者への通知:
    破産宣告後、債権者全員に通知が行われます。
  7. 財産の管理・処分:
    債務者の財産は、破産管財人によって管理・処分されます。
  8. 債務の免除:
    手続きが終了すると、残された債務が免除されます。

重要ポイント

  • 自己破産は、法的に借金を免除するための手続きです。
  • 専門家との相談が必要です。
  • 財産は破産管財人によって管理・処分されることがあります。
  • 手続き完了後、債務が免除されます。

自己破産は一つの選択肢であり、最善の道を選ぶためには、専門家としっかり相談することが大切です。自身の状況や今後の生活設計を考えながら、適切な手続きを選択しましょう。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産は、借金を全て帳消しにする法的手段の一つです。しかし、それには一定の条件が必要ですし、一長一短があります。債務整理のプロとして、自己破産のメリットとデメリットを明確に理解することで、適切な選択をする助けとなることを願っています。

メリット

  • 全ての借金を免除:
    自己破産を選択すると、承認された場合、基本的に全ての借金が免除されます。これにより、重い借金の負担から解放されることができます。
  • 再スタートがきる:
    借金の免除により、新たな人生をスタートさせることができます。これは精神的な面でも大きなメリットと言えるでしょう。
  • 取立てのストップ:
    自己破産の申し立てをすると、それに伴い債権者からの取り立てが停止します。これにより、日常生活が安定します。

デメリット

  • 信用情報の悪化:
    自己破産を行うと、信用情報機関に記録されるため、新たなローンやクレジットカードの利用が難しくなります。この記録は一定期間残ります。
  • 財産の没収:
    基本的な生活必需品を除き、財産は全て没収される可能性があります。これにより、貴重品や不動産などを失うリスクがあります。
  • 社会的な側面:
    自己破産を行った事実は公示されるため、社会的な評価や立場に影響が出ることも考えられます。

自己破産には、重い借金から解放されるという大きなメリットがありますが、信用情報の悪化や財産の没収など、注意すべきデメリットもあります。債務整理の選択をする際は、プロの意見を取り入れ、自らの状況に最も適した方法を選択することが大切です。

自己破産の費用について

自己破産を検討する際、気になるのがその費用です。自己破産は借金を一度リセットする手続きですが、これには一定の費用がかかります。債務整理のプロとして、ここでは自己破産の際の費用について分かりやすく解説いたします。

  1. 司法手続き費用
    自己破産を申し立てるためには、裁判所への申立て費用が必要です。
    申立て費用: 約20,000円
    印紙代: 約10,000円
    他の手数料: 約10,000円
  2. 弁護士・司法書士の報酬
    自己破産の申し立てを専門家に依頼する場合、その報酬が発生します。
    弁護士の場合: 約200,000円〜300,000円
    司法書士の場合: 約150,000円〜250,000円
  3. 生計費の確保
    自己破産後も生計を維持するためには、最低限の生計費を確保する必要があります。破産宣告前の借金返済などから、どれだけの資金を残せるかが重要となります。

費用のポイント

  • 裁判所の申立て費用や印紙代など、基本的な手数料が必要。
  • 弁護士や司法書士の報酬は、相談や手続きの内容によって異なる。
  • 自己破産後の生計費を確保することを忘れずに。

自己破産の費用は、依頼する専門家や地域、具体的な状況によっても異なる場合があります。そのため、具体的な金額や詳細を知りたい場合は、実際に弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。自己破産は大きな決断となりますので、きちんとした情報をもとに、最適な選択をするよう心掛けましょう。

自己破産を選ぶ際のポイント

自己破産は、借金の返済が困難となった場合の一つの解決策です。しかし、自己破産を選ぶ前には、いくつかの大切なポイントを確認しておく必要があります。債務整理のプロとして、自己破産を選ぶ際の重要なポイントを以下にご紹介します。

  1. 総負債の額:
    自己破産を検討するには、まず自分が持つ総負債の額を正確に知る必要があります。その額によって、自己破産が適切な選択肢であるかを判断できます。
  2. 資産の現状:
    自己破産の手続きを進めると、一部の資産は処分される可能性があります。現在所有している資産や、その資産が自己破産の手続きでどのように影響を受けるかを確認しておくことが大切です。
  3. 生活再建の計画:
    自己破産後の生活再建の計画を立てておくことも必要です。破産宣告後の生活や職を継続するためのプランを考え、将来に備えることが求められます。
  4. プロのアドバイスを受ける:
    自己破産の手続きは複雑です。そのため、債務整理のプロに相談し、専門的なアドバイスを受けることがおすすめです。専門家の意見をもとに、最適な選択をすることができます。

特に重要なポイント

  • 自分の総負債の額を正確に把握する。
  • 現在の資産の状況と、自己破産後の影響を確認する。
  • 自己破産後の生活再建の計画を立てる。
  • 債務整理のプロのアドバイスを受ける。

自己破産は大きな決断です。一人で悩むのではなく、専門家と一緒に最適な解決策を見つけることをおすすめします。自己破産のメリット・デメリットをしっかりと理解し、今後の生活を安定させるための手続きを選ぶことが大切です。

自己破産の条件

自己破産は、個人が多額の借金を返済できない場合に、法的な手続きを通じて全ての債務を免除される制度です。しかし、誰でも簡単に自己破産を選ぶことができるわけではありません。特定の条件を満たす必要があります。

主な条件は以下の通りです

  1. 返済能力の不足:
    借金の返済が困難な状況にあること。具体的には、現在および将来にわたって返済能力がないことを示す必要があります。
  2. 再生手続きの不適合:
    債務整理の一つである個人再生手続きが不適切であること。例えば、借金の額が個人再生の適用限度を超えている場合など。
  3. 過去の自己破産履歴:
    過去に自己破産をした場合、その後一定期間は自己破産の手続きを再度取ることができません。

注意点

  • 自己破産を申し立てると、一定期間はクレジットカードの利用やローンの契約が難しくなる可能性があります。
  • 自己破産は公的な記録として残りますので、その後の生活や就職活動に影響が出る場合があります。

自己破産の手続きを考えている場合、まずは専門家に相談することをおすすめします。個別の状況に応じた最適な方法を提案してもらえるでしょう。自己破産は大きな決断ですので、慎重に情報を収集し、総合的に判断することが大切です。

自己破産の影響~家族・職業制限とは?

自己破産は、経済的な困難から立ち直るための手段の一つです。しかし、この手続きを選ぶ前に、その影響をしっかりと理解しておくことが大切です。債務整理のプロとして、自己破産が家族や職業に及ぼす影響を明確に説明します。

家族への影響

  • 共有財産: 自己破産をすると、債務者と配偶者の共有財産が破産管財物件として取り扱われます。これにより、共有している財産の一部が売却される可能性があります。
  • 連帯保証人: 家族が債務の連帯保証人となっている場合、債権者は保証人に返済を求めることができます。自己破産を選択する前に、連帯保証人の存在を確認することが重要です。

職業制限

自己破産を行うことで、以下のような職業制限が生じることがあります。

  • 公務員: 自己破産を理由として、採用や昇進が難しくなる可能性があります。
  • 司法関連職: 弁護士や司法書士など、司法関連の職に就くことが難しくなります。
  • 金融業界: 銀行や証券会社などの金融関連の企業での就職が制限されることがあります。

家族が持つ共有財産や連帯保証人としての責任は、自己破産の影響を受ける可能性があります。職業によっては、自己破産後の就職や昇進が制限される場合があります。

自己破産の手続きは大きな影響を及ぼす可能性があるため、家族や将来の職業選択にどのような影響があるかを十分に理解してから、選択することをおすすめします。そして、不明点や不安な点があれば、専門家に相談することを強くお勧めします。

自己破産しても残せる財産

自己破産を行うと、多くの財産が手放されることを多くの人が知っています。しかし、すべての財産が失われるわけではありません。実は、自己破産しても残せる財産、いわゆる「免責財産」が存在します。これは、生活を維持するための最低限の財産を守るための制度です。

以下に、自己破産しても手放さなくて良い免責財産を一覧でご紹介します。

免責財産の例

  • 基本的な生活用品
    衣服や家具
    調理器具や食器
  • 生計を維持するための道具
    職業に必要な工具や機械
    例:農業をしている方の農機具や、美容師の方のヘアカット用具など
  • 生活必需品
    冷蔵庫や洗濯機
    TVやラジオ
  • 手持ちの現金
    ある程度の生活費や、通勤・通学に必要な交通費
  • 一定の保険金
    生命保険や医療保険の一部
  • 退職金
    ただし、一定の額まで

注意点

  • 免責財産の内容や金額には、法律に定められた基準があります。
  • 具体的な額や詳細は、その時点の法律や判例によって異なる場合があります。

自己破産は、負債を清算する大切な手続きですが、生活の基盤を完全に失うわけではありません。そのため、自己破産を考える際は、免責財産を十分に理解した上で、専門家と相談しながら進めていくことをおすすめします。

車と自己破産

自己破産すると車は処分されるのか

自己破産を申し立てる際、多くの人が持っている疑問の一つが「自分の車はどうなるのか」ということです。債務整理のプロとして、この疑問に明確に答えを出しましょう。

自己破産の手続きを進める際、基本的には保有している財産は処分され、その売却金が債権者への返済に充てられます。ただし、車に関しては特例がいくつかあり、すべての車が処分されるわけではありません。

保有する車が処分されないケース

  • 生活必需品としての車:
    仕事や生活に必要不可欠な車は、処分の対象から除外されることがあります。
    例えば、公共の交通機関が不便な地域に住んでいる場合や、職業が車を必要とする場合などです。
  • ローンで購入した車:
    もし車をローンで購入しており、まだ完済していない場合、車は金融機関の担保となっている可能性があります。このような場合、自己破産をしても車はすぐには処分されず、金融機関との交渉が必要となります。
  • 低価値な車:
    車の市場価値が非常に低く、売却しても大きな返済金額にはならない場合、処分の対象から除外されることもあります。

注意点

  • 車を生活必需品として認めてもらうためには、その必要性をしっかりと
    裁判所に説明する必要があります。
  • ローンで購入した車の場合、金融機関との交渉が難しい場合がありますので、専門家のサポートを受けることをおすすめします。

結論として、自己破産をする場合でも、すべての車が処分されるわけではありません。具体的な状況や車の価値、使用目的などにより、処分されるか否かが決まります。自己破産の手続きを考えている方は、専門家と相談し、具体的な状況を共有することで、最も適切な対応を取ることができます。

車の評価額やローンの状況による影響

自己破産を検討する際、持っている車に関する情報は重要なポイントとなります。車の評価額やそのローンの状況によって、自己破産の手続きやその後の生活にどのような影響があるのかを詳しく見ていきましょう。

  • 車の評価額の影響
    自己破産を申し立てる際、所有している財産の中で車の評価額は特に注目されます。
    車が高価なものであれば、それを売却して返済に充てることが求められることもあります。
    ただし、仕事などの生活の必需品として車を必要とする場合は、一定の価格以下であれば手放す必要はありません。
  • 車のローンの状況
    車購入のためのローンが残っている場合、
    その返済義務は自己破産により免除されます。
    しかし、ローンが免除された後も、車を所有し続けるためには、金融機関との新たな取り決めが必要となります。
    ローンが免除されても、車を手放す必要がある場合も考えられます。

重要ポイント

  • 車の評価額が高いと、売却して返済に充てることが求められる可能性がある。
  • 仕事等で車が必要な場合、一定の価格以下の車は手放さなくても良い場合がある。
  • 車のローンは自己破産で免除されるが、その後の車の所有に関しては金融機関との新しい合意が必要。

自己破産を検討する際には、車の評価額やローンの状況をしっかりと確認し、その上で最適な選択をすることが重要です。必要に応じて、債務整理の専門家と相談し、具体的な手続きや選択肢についてのアドバイスを受けることをおすすめします。

自己破産しても車を残す方法

自己破産を申し立てる際、多くの人が心配するのが「車を持っているけど、それを手放さないといけないの?」という疑問です。特に、仕事や生活で車が不可欠な方にとって、車を失うことは大きな打撃となるでしょう。しかし、一定の条件下で、自己破産しても車を手元に残す方法は存在します。以下、その方法と注意点を債務整理のプロの目線で詳しく説明します。

  • 必要性を証明する
    車が必要な理由を明確に示す必要があります。例えば、通勤や通学、病院への通院など、車がなければ日常生活や仕事に支障をきたす場合は、車の必要性が認められる可能性が高まります。
  • 車の価格が高額でないこと
    一般的に高額な車は資産として評価され、処分の対象となる可能性が高いです。しかし、安価な車や古い車の場合、資産価値が低いと判断されることが多く、残すことが可能となります。
  • ローンの残高を確認する
    車を購入したローンが残っている場合、そのローンの残高や返済状況によっては、車を残すことが難しくなる場合があります。

注意点

  • 自己破産の申し立てをする前に、弁護士や司法書士に相談して、自身の状況を詳しく伝えることが大切です。
  • 車を残すための手続きや必要書類は、事前にしっかりと準備しておくことが求められます。

総じて、自己破産をする際に車を残すには、その必要性や車の価格、ローンの残高など、多くの要素が関わってきます。自己破産を考えているが、車を手放したくないという方は、専門家の意見やアドバイスを求めることを強くおすすめします。

自己破産前、車を残すために注意すべきこと

自己破産の手続きを進める際にも、ある条件下で車を保有し続けることは可能です。しかし、そのためにはいくつかの注意点があります。以下、債務整理のプロの視点から、自己破産前に車を残すための注意点をご紹介します。

  1. 車の価値を正確に把握する
    車を手放さないためには、その車の価値が一定の金額以下であることが条件となることが多いです。車の現在の市場価格や査定価格を知ることで、自己破産の過程での取り扱いを予測する材料になります。
  2. 生活必需品としての車の必要性を明確にする
    車が職業や日常生活において必要不可欠であると認められる場合、車を保有し続けることが認められることがあります。
    そのため、車を必要とする理由や状況(例:職場への通勤、医療施設へのアクセスなど)を明確にしておくことが重要です。
  3. ローンで購入した車の場合の対応を理解する
    ローンで車を購入している場合、そのローンの残高や返済状況によっては、車を手放さなければならない場合があります。早めに専門家に相談し、ローンの残高や返済状況を明らかにしておくことで、適切な対応を取ることができます。

ポイント

  • 車の現在の価値を知る。
  • 車の必要性を明確にする。
  • ローンでの購入車の場合、専門家との相談が必要。

自己破産の手続きは複雑であり、一人で進めるのは難しいものです。車を残すための具体的な手続きや条件については、債務整理のプロに相談することを強くおすすめします。適切なアドバイスをもとに、最も良い選択を行いましょう。

自己破産の手続きと注意点

自己破産手続きを弁護士に依頼するメリット

自己破産手続きは、多額の借金を抱え、返済が困難になった際の最後の手段として考えられるものです。しかし、この手続きは複雑で、多くの書類作成や法的手続きが必要となります。そこで、専門家である弁護士に依頼することで得られるメリットを以下にご紹介いたします。

  1. 正確な手続きの進行
    自己破産手続きは一定の手順が求められます。弁護士に依頼することで、法律に基づいた正確な手続きが進められます。これにより、手続きが滞りなく完了する可能性が高まります。
  2. 書類作成のサポート
    手続きに必要な書類は複雑で、何をどのように記入するかが難しいことが多いです。弁護士はその専門知識を活かして、必要な書類の作成をサポートしてくれます。
  3. 精神的なサポート
    自己破産の手続きは、精神的にも大きな負担となることがあります。弁護士はそのプロセスをサポートし、不安や疑問に答えてくれる存在として、精神的な安定をもたらしてくれます。
  4. 迅速な手続き
    経験豊富な弁護士に依頼することで、手続きが迅速に進行することが期待できます。これにより、早期の生活再建が目指せるでしょう。

弁護士に依頼するメリットの要点

  • 正確な手続きの進行でミスを防ぐ。
  • 複雑な書類作成のサポート。
  • 精神的な不安を和らげるサポート。
  • 手続きの迅速化による生活再建の促進。

最後に、自己破産手続きは人生の大きな転機となるものです。専門家である弁護士とともに進めることで、そのプロセスをスムーズかつ安心して進めることができるでしょう。

自己破産手続きの際の必要な予納金について

自己破産を申し立てる際、手続きをスムーズに進めるために必要となるのが「予納金」です。しかし、この金額については多くの人が明確な情報を持っていません。ここでは、自己破産手続きの予納金に関する詳細を説明します。

予納金とは?

予納金は、裁判所での手続きに必要な費用を前もって納めることで、手続きを円滑に進めるためのものです。具体的には、裁判所での申立て料や、管財人の報酬などが含まれます。

予納金の平均的な金額

  • 裁判所の申立て料: 約10,000円〜30,000円
  • 管財人報酬: 約50,000円〜150,000円

上記はあくまで一般的な金額の目安であり、具体的な金額は裁判所や地域、管財人によって異なることがあります。

予納金の支払い方法

  • 一般的には、裁判所に申立てをする際に現金または銀行振込で支払うこととなります。
  • 一部の裁判所では、クレジットカードでの支払いが可能な場合もあります。

注意点

  • 予納金は、手続きが終了した後、実際の費用に応じて返還されることがあります。しかし、すべてが返還されるわけではありませんので注意が必要です。
  • 予納金が不足すると、手続きが進行しない場合があります。

自己破産の手続きを進める上で、予納金は避けて通れない費用となります。予め必要な金額を確認し、手続きに臨むことが大切です。また、予納金の具体的な金額や詳細については、時期やケースによって変動することがあるため、事前に専門家や裁判所に確認することをおすすめします。

自己破産の手続きでの破産障害事由

自己破産の手続きを進める際に、注意しなければならないのが「破産障害事由」です。これは、破産申立て後に発覚した場合、破産手続きが認められない、あるいは免責が認められない理由となる事項のことを指します。債務整理のプロとして、この破産障害事由のポイントを分かりやすく解説いたします。

破産障害事由の主な内容

  • 虚偽の情報提供:
    債務や資産、収入などの情報を虚偽で提供した場合。
  • 不正な行為:
    破産申立て前の1年以内に、債権者を不利益にする行為をした場合。例えば、一部の債権者だけに返済する、資産を隠す、贈与など。
  • 過去の免責不許可:
    過去10年以内に既に免責不許可の判決を受けている場合。
  • 免責取消の可能性:
    破産手続き開始後に、上記のような事由が発覚した場合、すでに得られた免責が取り消される可能性があります。

注意点

  • 破産手続きは公的な手続きであるため、情報提供は正確に行うことが求められます。
  • 破産障害事由は、破産申立てが認められないだけでなく、すでに免責が認められていてもその免責が取り消される可能性があるため、非常に重要です。

自己破産を考えている方は、破産障害事由に該当する行為を過去に行っていないか、また、破産手続き中にそのような行為を行わないように十分注意する必要があります。不明点や心配事があれば、債務整理の専門家に相談し、正確な手続きを進めることをおすすめします。

住宅ローンと自己破産

住宅ローンが払えず自己破産する場合の影響

住宅ローンの返済が困難になった場合、自己破産を検討する方も少なくありません。しかし、自己破産を進める前に、その影響をしっかり理解しておくことが必要です。債務整理のプロとして、自己破産の影響を以下に詳しく説明いたします。

  • 住宅の喪失:
    自己破産を選ぶと、通常、保有している住宅を手放すことになります。ただし、特定の条件下で住宅を保持することも可能ですが、一般的にはその確率は低いです。
  • 信用情報の記録:
    自己破産の情報は信用情報機関に登録され、一定期間、信用情報に影響を与えます。これにより、新たなローンやクレジットカードの取得が難しくなる可能性があります。
  • 社会的影響:
    自己破産は公示され、一般に公開される情報となります。これが原因で、社会的な信用を失うことも考えられます。
  • 再生計画の検討:
    自己破産を選択する前に、任意整理や個人再生など、他の債務整理の手続きも検討する価値があります。これらの方法であれば、住宅を保持しながら返済計画を再設定することも可能です。

重要なポイント

  • 住宅を失う可能性が高い。
  • 信用情報に影響が出るため、新しいローンやクレジットの取得が困難に。
  • 社会的な信用にも影響を受ける可能性がある。
  • 他の債務整理の方法も検討して、最善の選択をすることが重要。

住宅ローンの返済が困難になった場合、自己破産だけが解決策ではありません。債務整理のプロと相談し、自身の状況に最も適した方法を選ぶことが大切です。

まとめ

自己破産をする際、最も気になるのは「持ち家や車は手元に残せるのか?」という疑問でしょう。実際、自己破産すると多くの財産は失われるリスクがありますが、特定の条件を満たす場合、持ち家や車を手元に残すことも可能です。

  • 持ち家の扱い
    基本的に、自己破産を行うと持ち家は競売にかけられることになります。しかし、「生活を維持するために絶対に必要」と判断される場合、持ち家を手元に残すことが許される場合があります。この判断は、家の価値や生活環境などの要因に基づきます。
  • 車の扱い
    車も持ち家と同様、基本的には自己破産により手放すことになります。ただし、仕事や生活において車が必要不可欠であると判断される場合、特例として手元に残せる可能性があります。
  • 手元に残すための条件
    財産の総価値が一定の基準を下回っていること。生活維持のために財産が必要であることが証明できること。
  • 手元に残すための方法
    手元に残したい財産がある場合、事前に弁護士や司法書士と相談し、適切な書類や証明を準備することが重要です。財産の価値や生活維持の必要性を明確に示す資料が求められます。

重要なポイント

  • 持ち家や車は基本的に自己破産により失われるが、特定の条件下で手元に残すことが可能。
  • 生活維持のために必要と判断される場合、特例として持ち家や車を手元に残せる。
  • 財産を手元に残すための条件や方法については、事前に専門家との相談が不可欠。

自己破産の際に持ち家や車を手元に残すためには、適切な準備と専門家の助言が必要です。悩んでいる方は、早めに専門家と相談し、自身の状況を最も有利に進める方法を探求することをおすすめします。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION