COLUMN

自己破産

2023.11.012023.11.14 更新

自己破産の手続きをしたくても「自己破産できない」と感じている方もいると思います。この場合、誰にも相談できずに、一人で悩みを抱え込んでいないでしょうか?

破産ができない理由は人それぞれです。ただし、専門家に相談して正しい手続きを行うことで、ご自身にとって最適な解決法を見つけ、状況を変えることは可能です。

ここでは、法的なプロセスや固定概念に縛られず、自己破産が選択できない状況をどう乗り越え、前に進むことができるのかについて詳しく解説していきます。今の不安や悩みを少しでも解消する方法を一緒に考えていきましょう。

AI要約を表示する

自己破産ができない場合とは?

債務の支払いが可能な場合

多くの人が自己破産の選択を考える際、一つの大きな壁となるのが「まだ収入がある」という事実です。しかし、収入があるからといって、その全てを債務の返済に充てるわけにはいきません。

生活を維持するための最低限のお金は必要ですし、家族を養う責任もあります。

債務の支払いが可能な場合、どのような選択肢があるのか、その方法についていくつか紹介します。

  • 分割払いの交渉:
    まず、返済を少しでも楽にするため、債権者と分割払いの交渉を試みることができます。これには自ら直接交渉するか、あるいは専門家に依頼して代わりに交渉してもらう方法があります。
  • 任意整理:
    全ての債権者と一括して交渉し、月々の返済額を減らす方法です。任意整理では、弁護士や司法書士があなたの代わりに債権者と交渉を行い、返済の負担を軽減します。
  • 個人再生:
    債務の一部を免除してもらい、残りを分割払いする方法です。法的な手続きを経る必要がありますが、成功すれば大幅な債務減額が見込めます。
  • 破産を避けるための予算管理:
    収入と支出のバランスを見直し、不要な支出を削減することで、返済に充てる資金を確保します。

重要なのは、自己破産だけが解決策ではないということです。ご自身にとって最適な解決策を選ぶために、専門家の意見を求め、複数の選択肢を検討することが大切です。

債務の支払いが不能と判断されない場合

債務整理を考える際、自己破産などの選択肢がありますが、その適用を受けるためには「支払い不能」という状態である必要があります。しかし、すべての方がその条件を満たすわけではありません。

そこで、「債務の支払いが不能と判断されない」、つまり収入があるために自己破産が選べない場合、どのような対応をとるべきかを以下に説明します。

  • 任意整理の検討:
    支払いが困難でも、完全に不可能ではない場合、任意整理を通じて債権者と直接交渉し、返済計画の再編成が可能です。任意整理により、返済の負担を軽減しながら、法的な手続きを避けることができます。
  • 個人再生手続きの利用:
    一定の収入がある場合、個人再生手続きが適用可能です。こちらは、法的に債務を一部免除し、返済計画を立て直す方法です。収入があるため、分割払いでの返済が可能となります。
  • 財産の売却や資金調達の検討:
    支払い不能ではない場合、不要な資産の売却や、資金調達によって返済資金を捻出する方法もあります。しかし、この選択は将来の生活資金に影響するため、慎重な判断が必要です。
  • 予算管理と支出の見直し:
    収入と支出の管理を徹底し、余分な支出を削ることで、返済に向けた資金を確保する方法です。日々の生活費を見直し、無駄遣いを減らすことが重要です。

債務の返済が困難でも、必ずしも自己破産が唯一の道ではありません。あなたの状況に合った方法を見つけるためにも、専門家としっかり相談し、最適な解決策を見つけましょう。

まったく返していない借金がある場合

借金を一切返済していない場合は、焦らず、適切な対応をすることが重要です。以下に、まったく返していない借金がある場合の対処法をご紹介します。

  • 正確な債務額の把握:
    まず、借入れ金額、利息、延滞金など、支払うべき総額を正確に把握します。複数の債務がある場合は、それぞれの借入先、借入額、利率を明確にしましょう。
  • 返済計画の立案:
    現在の収入や支出を見直し、返済できる金額を算出します。小額からでも返済を開始し、債権者への信用を回復する努力が必要です。
  • 債権者との交渉:
    債権者と直接交渉し、現状を説明します。全く返済していない状況を正直に告げ、理解を求めましょう。
    返済計画に基づいて、減額や分割払いの交渉を行います。この際、書面による確認を忘れずに行いましょう。
  • 専門家への相談:
    弁護士や司法書士など、専門家の意見を聞くことも大切です。プロのアドバイスに基づいて、適切な手続きを選択できます。
  • 任意整理や自己破産の検討:
    返済が困難な場合、任意整理や自己破産などの法的手段を検討します。各手続きには条件がありますので、自分に最適な方法を専門家と相談し決めましょう。
  • 再発防止策の実施:
    借金を作らない生活習慣の確立、予算管理の徹底など、再発を防ぐ具体的な行動を取りましょう。

「返していない借金」は、放置すればするほど状況を悪化させます。早期の対応と適切な方法での解決が、将来の安定した金銭管理につながりますので、自ら行動を起こして一日も早い解決を目指しましょう。

借金が少額の場合

借金が少額だと感じる場合でも、その対処方法は重要です。少額の借金でも適切に管理しないと、将来的に大きな金額に膨らむ可能性があります。

以下に、少額の借金に対する効果的なステップを説明します。

  • 全ての借金をリストアップ:
    借入先と借入額を正確に把握します。利息や返済期日も記録して、返済計画の基礎とします。
  • 返済計画の策定
    月々の返済可能額を算出し、借金の返済計画を立てます。少額であれば、短期間での完済も視野に入れると良いでしょう。
  • 予算管理の徹底:
    生活費と返済額を勘案した予算を立て、支出をコントロールします。不要な支出を削減し、返済に充てることを考えましょう。
  • 債権者とのコミュニケーション:
    返済計画に沿って、債権者との間で通話や書面でのやり取りを行います。返済の意思をしっかり伝え、信頼関係を築くことが大切です。
  • 余裕資金の活用:
    急な収入やボーナスなどがあれば、借金返済に充てると早期解決につながります。
  • 専門家への相談:
    不安や疑問があれば、専門家に相談することをお勧めします。正しい知識とアドバイスが得られます。
  • 再発防止:
    返済が完了した後も、再び借金をしないよう、賢いお金の管理を継続します。

借金が少額であっても、それが金銭管理の基本となり、将来の大きな経済的自由への第一歩となります。計画的かつ積極的なアプローチで、健全な財政状態を維持しましょう。

予納金が支払えない場合

予納金が支払えない状況は、深刻な金銭的困難を示す重要なサインです。こうした状況に直面したときは、迅速かつ適切な行動を取ることが重要です。

下記のステップに従って、問題の解決に取り組むことをおすすめします。

  • 状況の確認と分析:
    支払いが困難な理由を明確にします。予納金の総額と、現在の財政状況を正確に把握しましょう。
  • 債権者との交渉:
    予納金の支払いが困難であることを債権者に正直に伝え、支払い猶予や分割払いの交渉を試みます。
  • 専門家の助言を求める:
    法律の専門家や財務アドバイザーに相談し、債務整理のプロセスや他の適切な解決策についてのアドバイスを受けます。
  • 費用節約と資金調達:
    不必要な出費を削減し、支払いに充てるための資金を確保します。可能であれば、追加の収入源を探します。
  • 法的手続きの利用:
    必要に応じて、自己破産や任意整理などの法的手続きを検討します。これらの手続きがもたらす利点と制約を理解し、自分の状況に最適な解決策を選びましょう。
  • 心のサポート:
    金銭的なプレッシャーは精神的なストレスももたらす可能性があるため、カウンセリングや支援グループを利用することも視野に入れます。

重要なのは、状況を早期に対処し、解決に向けて積極的に行動することです。適切な専門家の助けを借り、状況を打開するための具体的なステップを講じましょう。

自己破産ができない場合の特殊事例

自己破産できない職業がある?

自己破産には影響が伴い、特に職業によっては破産が認められず、または職を失う可能性があるのです。

以下に、自己破産が困難またはその影響を受けやすい職業の例を挙げます。

公務員: 信用情報に影響が出るため、職を失うリスクがあります。公的な立場にあるため、破産宣には特に厳しい審査があります。
金融関連の職業: 金融機関は信用を最も重視するため、破産した場合、解雇される可能性が高いです。財務やお金に関わる仕事では、信用情報の悪化が大きな障害となります。
弁護士や会計士などの資格職:
職業上の規律維持が求められ、破産が信用失墜につながる場合があります。資格を失う可能性もあり、その場合、同じ職種での再就職は難しくなります。
企業経営者や役員:
会社の信用に関わるため、破産は役職を追われる原因になり得ます。新たなビジネスや融資の取引が困難になることがあります。

これらの職業に就いている方が自己破産を考える場合、以下の点を検討する必要があります。

  • 専門家との相談: 自己破産だけでなく、任意整理や特定調停など他の債務整理の方法も考慮することが大切です。
  • 雇用契約や職業規定の確認: 自己破産が職務に与える具体的な影響を理解するため、関連する規定や契約を確認します。

自己破産は一つの選択肢ですが、職業によっては大きな影響を及ぼす可能性があります。十分な情報収集と専門家のアドバイスを受け、最適な道を選択することが重要です。

保証人がいる場合は自己破産できない?

自己破産の手続きは、多額の借入れや返済の困難から解放されるためのものですが、保証人がいる場合、手続きに影響が出ることがあります。

具体的には、自己破産をすると、保証人に返済の責任が移るため、その人の経済的負担が重くなります。

保証人がいる場合の自己破産の影響:

  • 保証人への負担: 借金をした本人が自己破産すると、返済義務は保証人に全額移転します。これは、保証人の財政状況を圧迫し、その生活に大きな影響を与える可能性があります。
  • 関係性の悪化: 保証人が返済責任を負うことになれば、それは両者の関係にストレスをもたらすかもしれません。信頼関係が崩れることがあります。
  • 法的責任: 保証人は法的に返済義務を負うため、自己破産の影響を深刻に受けることがあります。時には、保証人自身が経済的困難に陥ることもあります。

このような状況を避けるためには、以下の対策を検討すること必要があります。

  • 保証人との十分なコミュニケーション: 自己破産の意向を保証人に伝え、可能な限りのサポートを提供することが重要です。
  • 専門家の助言の求人: 債務整理に精通した弁護士や司法書士などの専門家に相談し、全ての選択肢を考慮することが重要です。
  • 他の債務整理方法の検討: 任意整理や特定調停など、他の方法での解決を模索することを考慮しましょう。これにより、保証人への影響を最小限に抑えられる場合があります。

保証人がいる場合の自己破産は、慎重な対応が必要です。借金の問題は単なる個人の問題ではなく、関係者全員に影響を及ぼす可能性があるため、専門家と協力して最善の解決策を見つけることが大切です。

同居の家族に内緒の場合も自己破産できない?

借金問題は個人のプライバシーに関わる敏感な問題であり、家族に知られたくないという方も少なくありません。しかし、自己破産のプロセスは、申立人の財務情報が裁判所に開示されるものであり、家族に内緒で進めることは難しいのが現実です。

自己破産手続きの際の家族への影響:

  • 郵便物の受領: 自己破産の手続き中は、裁判所や弁護士からの公的な文書が自宅に郵送されます。これらの郵便物から家族に手続きが露見する可能性があります。
  • 財産の申告: 自己破産手続きでは、申立人の資産や収入、支出について正確に申告する必要があります。この中には、共有の資産や家族からの借入も含まれる場合があり、これが家族に知られるきっかけになることがあります。
  • 生活環境の変化: 自己破産が成立した場合、一定期間クレジットカードの使用制限や金融取引に制約が生じるなど、生活環境に変化が出ます。これを家族に説明せずにはいられない状況も考えられます。

家族に内緒での自己破産を望む場合、以下の点を検討する必要があります。

  • 信頼できる弁護士や司法書士の選定: 家族に内緒で手続きを進めたい旨を明確にし、郵送物の取り扱いなど、秘密保持に全面的に協力してくれる専門家を選ぶことが重要です。
  • 情報開示の最小限化: 手続きを進める上で必要不可欠な情報のみを開示し、家族に関わる情報はできるだけ控えるよう相談します。
  • 家族への説明のタイミング: 完全に秘密にするのは難しい場合、いつ、どのように家族に事情を説明するか、適切なタイミングを見計らうことも重要です。

完全に秘密裏に進めるのは困難でも、プロのサポートと適切な計画によって、家族に知られるリスクを最小限に抑えつつ、自己破産という選択を進めることは可能です。

免責不許可事由があると自己破産できない?

自己破産は、多額の借金を抱え、これ以上の返済が不可能になった場合に、法的な手続きを踏み、借金を帳消しにする方法です。しかし、免責不許可事由があると、この救済措置を受けられないことがあります。

免責不許可事由とは、以下のような行為を指します。

  • 借金の返済をする意志がないと判断される場合
  • 不正な手段(詐欺や偽造など)で借り入れを行っていた場合
  • 破産手続きの提出後、不適切な資産処分を行った場合

これらの行為は、借金の免除を不公平とされるものであり、発覚した場合には法的な救済が受けられなくなります

注意すべき免責不許可事由の具体例:

  1. 債務の隠匿: 自己破産の申立てをする際、所有している資産や借金の額を偽ったり隠したりする行為
  2. 架空の借金の申告: 実際には存在しない借金や債務を申告する行為
  3. 贈与行為の隠蔽: 破産を申し立てる前後に、資産を第三者に譲渡や贈与するなどして隠匿する行為

以上の事由が認められた場合、裁判所は申立人に対して免責を許可しない可能性が高まります。

ここで、対策と注意点について確認しましょう。

  • 全ての情報を正確に申告する: 隠し事は絶対にせず、所有資産、借金、収入、支出などを全て正確に、そして完全に開示する必要があります。
  • 過去の取引記録を保存する: 過去の借入れや返済の記録は、状況を証明する重要な証拠となりますので、これらの記録はしっかりと保存しておきましょう。
  • 専門家のアドバイスを仰ぐ: 自己破産の手続きは複雑です。免責不許可事由を避けるためにも、弁護士などの専門家に相談し、適切なアドバイスを受けることが重要です。

免責不許可事由は、自己破産のプロセスにおいて非常に重要なポイントです。このルールを理解し、正しい手続きを踏むことで、借金の免除を受ける道が開かれます。

破産手続きに協力しないとき

破産手続きは法律に基づいて行われ、申立人の協力が絶対的に必要です。しかし、何らかの理由でこの手続きに協力しない場合、以下のような問題が生じる可能性があります。

破産手続きに協力しない場合の影響:

  1. 免責の危険性: 手続きに必要な情報提供や書類の提出を怠ったり、裁判所の指示に従わないと、免責が得られないリスクがあります。
  2. 手続きの遅延: 協力しないことで、手続きが滞り、破産が長引くことになり、精神的な負担や経済的な不安が増大します。
  3. 法的な強制力: 裁判所は、情報開示を強制するための手段(罰金や拘留など)を取ることができます。

協力を怠らないための対策として、以下の3点をご確認ください。

  • 情報の正確な提供: 財産状況、借入金、収入など、裁判所が求める全ての情報を正確かつ迅速に提供しましょう。
  • 期限を守る: 提出書類や会議、面談などの期限は厳守します。期限を逃すと、手続きが停止される可能性があります。
  • 専門家との連携: 弁護士や司法書士と密に連絡を取り、必要なステップを確実に踏んでいくことが大切です。

この手続きに協力することは、自己破産をスムーズに進め、新たなスタートを切るために必要不可欠です。一人で抱え込まず、専門家のサポートを受け、適切に対応することが重要です。

自己破産できないと誤解されているケース

生活保護受給者や年金受給者でもできる

生活保護受給者や年金受給者の方が自己破産を申し立てる場合、特有の状況により手続きに複雑さが伴うことがありますが、それでも自己破産は可能です。

生活保護受給者や年金受給者でも可能な自己破産のプロセスと注意点を説明します。

収入状況の開示:
生活保護や年金は、その収入となります。これらの正確な金額や受給状況を証明する書類が必要になります。
費用の捻出:
自己破産には申立て費用が必要ですが、経済状況に応じて公的な支援を受けることが可能です。具体的には、法テラスの費用減免制度などが活用できます。

生活受給者や年金受給者が自己破産をするメリットには以下の2点が挙げられます。

  • 免責による再スタート: 多額の借金による精神的な重圧から解放され、新たな人生を始めるきっかけを得られます。
  • 生活基盤の維持: 生活保護は基本的な生活を守るものであり、自己破産手続き後も引き続き受給することが一般的です。

ただし、ここで注意点がありますので確認しておきましょう。

  • 財産の保全: 自己破産手続きでは、ある程度の財産は保護されますが、受給額に応じて手続きが異なる場合があります。個別の状況に適したアドバイスを受けるために、専門家の意見を求めることが大切です。
  • 正確な情報提供: 手続きの際は、現在の収入や資産状況を正確に申告する必要があります。不正確な情報を提供すると、免責が認められないことがあります。

経済的な困難がある場合でも、適切な手続きと専門家の支援によって、自己破産を進めることは可能です。財政的自由を取り戻し、生活を立て直す一歩として、この手段を利用することができます。

奨学金でもできる

奨学金の返済に苦しんでいる場合でも、自己破産は選択肢の一つです。ただし、奨学金は一般的な借入とは異なる点があり、自己破産を適用する際には注意が必要です。

まずは以下の2点を確認しましょう

  1. 奨学金の性質理解:
    奨学金は教育のための特別な貸付です。通常、消費者金融などの借入とは扱いが異なりますが、返済が困難になった場合、法的手段を用いることができます。
  2. 免責の可能性:
    自己破産手続きを進めると、基本的には他の債務と同様に奨学金も免責の対象となり得ます。しかし、免責が認められるかどうかは、奨学金の種類や個々の状況によります。

奨学金の自己破産申し立てを行う前に、次の2点を確認しておきましょう。

  • 返済状況の見直し: まず、返済計画を再評価し、収入と支出のバランスを見直すことが重要です。それでも返済が困難な場合、自己破産を考えることができます。
  • 専門家への相談: 奨学金の返済問題は複雑です。自己破産を含むいくつかの選択肢を専門家と話し合い、最善の方法を見つけることが推奨されます。

奨学金を抱える方々の自己破産の利点と注意点については、下記のとおりです。

  • 精神的負担の軽減: 借金から解放されることで、新たな人生のスタートを切ることができます。
  • 情報収集の重要性: 自己破産のプロセスは複雑です。正確な情報を得るために、信頼できる専門家に相談することが不可欠です。

結論として、奨学金の返済が困難な場合、適切なアドバイスを受けながら自己破産のオプションを検討することができます。事前の準備と専門的な支援によって、この困難な状況を乗り越える手助けをすることが可能です。

働いていなくてもできる

現在収入がない、または働いていない状態でも、自己破産は可能です。重要なのは、現在の状況を正確に報告し、手続きを正しく進めることです。

収入がない状況の報告:
裁判所や管財人には、現在の収入状況、つまり収入がないことを明確に伝える必要があります。これにより、あなたの経済状況が正しく理解され、適切な手続きが取られます。
手続きの進行:
収入がない場合でも、自己破産の手続きは進行します。しかし、手続きには費用がかかるため、その支払い方法を事前に検討する必要があります。

無収入の場合の自己破産手続きのポイントと注意点を確認しましょう。

自己破産手続きのポイント:

  • 法的費用の準備: 自己破産申立てには、弁護士費用や裁判所費用が必要です。事前にこれらの費用の捻出方法を計画することが大切です。
  • 生活の見直し: 収入がない場合、基本的な生活費にも困窮することがあります。自己破産が進行する間、最低限の生活を維持する方法を考える必要があります。

注意すべきこと:

  • 正直な申告: 財産や収入の状況を偽って申告すると、犯罪行為に問われることがあります。すべてを正直に、そして正確に報告しましょう。
  • 専門家との相談: 自己破産は複雑な手続きです。専門家の助言を得ることで、正しい手続きを理解し、スムーズに進めることができます。

働いていないからといって、自己破産が不可能なわけではありません。大切なのは、現状をしっかりと受け入れ、適切な手続きを踏むことです。

ギャンブルや浪費が理由の借金でもできる

ギャンブルや浪費が原因の借金でも、自己破産は一つの選択肢です。しかし、そのプロセスは通常の自己破産とは異なり、いくつかの注意点があります。

免責の難しさ:
ギャンブルや浪費が借金の原因である場合、免責を得ることが難しくなることがあります。裁判所は、財政の自己管理が不十分であると判断する可能性があります。
精査の厳格さ:
借金の背景にギャンブルや浪費がある場合、裁判所は通常よりも厳しい精査を行います。これは、借金の原因となった行動の責任を問うためです。

ギャンブルや浪費が原因の自己破産の手続きのポイントを注意点は、以下のとおりです。

自己破産手続きのポイント:

  • 詳細な情報提供: 裁判所に対して、借金が生じた経緯や現在の金銭管理、改善の努力について詳細に説明する必要があります。
  • 免責の申立て: ギャンブルや浪費が原因の場合でも、個人の状況に応じて免責が認められることがあります。しかし、そのためには強い理由や改善の証拠が必要です。

注意すべきこと:

  • 全ての情報を開示: 隠し事はせず、すべての情報を正直に開示することが重要です。それによって、裁判所は適切な判断を下す手助けをします。
  • 専門家のアドバイス: 複雑な状況下での自己破産は、専門家の助言なしには進めにくいものです。資格のある専門家に相談し、適切な指導を受けることをおすすめします。

ギャンブルや浪費による借金は自己破産の障害となり得ますが、不可能ではありません。裁判所の指示に従い、専門家と緊密に協力して手続きを進めていきましょう。

住宅ローンも免責が認められる

自己破産の際、多くの人が住宅ローンについて悩みます。一般に、自己破産手続きでは、住宅ローンも他の債務と同様に免責の対象となることが多いです。

しかし、住宅ローンの場合には以下のような条件が伴います。

  • 自宅の取り扱い:
    自己破産をすると、多くの場合、自宅を手放す必要があります。それは、自宅が資産とみなされ、債権者に返済の一部として使われるためです。
  • 免責の制限:
    住宅ローンが免責されると、債務はなくなりますが、それと同時に物件の所有権も失うことになる可能性が高いです。

住宅ローンの免責にあたっての注意点は下記の2点です。

  • 物件の価値: 自宅の現在の市場価値がローン残高よりも低い場合、債権者は差額を請求できる場合があります。
  • 再建の可能性: 一定の条件下で、個人再生など他の手続きを利用して、住宅ローンの返済を続け、家を手放さない選択もあります。

具体的には、次のステップを踏んでいきます。

  1. 専門家との相談: 住宅ローンの免責については、弁護士などの専門家に相談することが重要です。最適な手続きや、可能な選択肢を提案してもらいましょう。
  2. 資料の準備: ローンの契約書類、物件の評価書、現在の収入や支出の明細など、関連する資料を整理しましょう。
  3. 正確な情報の提供: 手続きの中で、正確かつ詳細な情報を提供することが必要です。これには、資産の全ての情報と、現在の財政状況が含まれます。

住宅ローンの免責は、自己破産のプロセスの中で非常に重要な部分です。適切なアドバイスを受け、正しい手順で進めることで、最も良い結果を得ることができます。

自己破産ができないときの対処法

即時抗告をする

自己破産の申立て後、裁判所からの免責不許可決定など、不利な判決を受けたとき、諦める必要はありません。「即時抗告」という手続きを利用することで、判決に再度挑むことが可能です。

以下に、即時抗告の概要と手続きについて説明します。

即時抗告の概要

  • 不利な判決に対して、決定を受けた日から2週間以内に行わなければならない特別な異議申立てです。
  • 免責が不許可となった理由が不明瞭である場合や、新たな証拠が見つかった場合などに有効です。

即時抗告の手続き]

  1. 即時抗告の準備:
    不利な判決内容を確認し、抗告理由書を作成します。弁護士や司法書士と協力し、適切な文書を用意することが重要です。
  2. 即時抗告の提出:
    抗告理由書を裁判所に提出します。期限内(通常は2週間以内)に提出しましょう。
  3. 抗告審理の開始:
    裁判所は提出された抗告理由を検討し、再審理を行います。ここで新たな証拠や状況説明が重要になる場合があります。

注意すべきポイントとして以下の3点を挙げます。

  • 期限の厳守: 即時抗告は、判決を受けた日から数えて2週間以内に行う必要があります。期限を逃すと、抗告権を失います。
  • 専門家との協力: 弁護士や司法書士は、抗告理由書の作成や証拠の収集において不可欠な存在です。専門的な知識を持つ者と協力することが重要なポイントです。
  • 正確な情報の提供: 自己破産手続き中に発生した新たな事実や証拠を、すべて正確に裁判所に伝える必要があります。

即時抗告は、自己破産のプロセスにおいて重要な選択肢の一つです。この手続きを適切に進めることで、免責不許可などの不利な決定を覆し、借金問題の解決へと進むことができます。

支払い不能状態ではない場合は任意整理

自己破産は支払い不能の状態であることが必須ですが、そうでない場合でも解決方法はあります。それが「任意整理」です。

任意整理は、債務者と債権者間の合意に基づく手続きで、法的強制力はありませんが、お互いの合意のもとで返済計画を立てることができます。

以下に、任意整理のメリットとプロセスを紹介します。

任意整理のメリット】

  • 返済の負担軽減: 債権者と直接交渉し、月々の返済額や利息を減らすことが可能です。
  • 信用情報への影響が比較的小さい: 自己破産や個人再生と比べ、信用情報に与える影響が小さくなります。
  • 家族に知られにくい: 任意整理の場合、裁判所を通さないため、手続きが家族に知られにくいです。

【任意整理の流れ

  1. 専門家への相談: 弁護士や司法書士に相談し、現在の財務状況を詳しく説明します。専門家は債権者との交渉を代行してくれます。
  2. 債権者との交渉: 専門家が債権者と交渉を行い、返済額の減額や利息のカットなどを提案します。ここでの合意が任意整理の成否を左右します。
  3. 返済計画の確立: 債権者との合意に基づき、新たな返済計画が立てられます。この計画に従って、返済を進めていきます。

任意整理について確認すべき重要な点は、次のとおりです。

  • 全ての債権者の承諾が必要: 任意整理では、全ての債権者の合意が必要です。一つの債権者が合意しない場合、その債権者に対しては元の条件での返済を続けなければなりません。
  • 手続き開始後の新たな借入れ: 任意整理中は、新たな借入れをすることが難しくなることが一般的です。また、手続きによってはクレジットカードの使用が制限される場合があります。

任意整理は、支払いが困難になっているが、完全な支払い不能には至っていない場合の有効な手段です。適切な専門家に相談し、正しい手続きを踏むことで、金銭的な負担を大きく軽減することが可能です。

免責不許可事由がある場合は個人再生

自己破産で免責が得られない場合、別の救済手段として「個人再生」があります。これは、裁判所の認可を得て債務の一部を減額し、残りを分割払いする方法です。免責不許可事由がある方でも、条件を満たせば、個人再生を利用できます。

ここでは、個人再生の特徴とプロセスを解説します。

個人再生の特徴】

  • 大幅な債務カット: 個人再生を行うと、債務が半分以下に減ることもあります。これにより、月々の返済額が大幅に減少します。
  • 住宅ローンの特別条項: 住宅ローンに関しては、特定の条件下で返済の猶予を得ることができます(例: 住宅ローンの返済を続けながら、他の債務を整理する)。
  • 信用情報: 個人再生は自己破産と比べて信用情報に与えるダメージが少ないです。

個人再生の流れ】

  1. 事前の準備: まず、弁護士や司法書士などの専門家に相談します。現在の収入や支出、債務の状況を詳しく伝え、可能性を確認します。
  2. 再生計画案の作成: 専門家と協力して、返済計画案を作成します。この時、生活に必要な最低限の資金を確保したうえで計画を立てます。
  3. 裁判所への申立て: 再生計画案を持って裁判所に申し立てます。裁判所が計画を認めれば、手続きが始まります。
  4. 債権者との調整: 債権者との間で返済計画について調整を行います(多くの場合、専門家が交渉を担当する)。
  5. 確定と実行: 裁判所の認可を得た後、確定した返済計画に従って返済を行います。

個人再生の手続きにおける注意点は、以下のとおりです。

  • 収入が一定以上必要: 個人再生には一定の収入が必要です。返済計画を実行するための安定した収入がないと、裁判所に認められないことがあります。
  • 計画の遵守: 再生計画案は、裁判所に認められた後、厳格に守らなければなりません。計画通りに返済をしないと、手続きが破綻し、自己破産と同じ状態になる可能性があります。

免責が認められない事情がある方でも、個人再生ならば新たなスタートが切れます。一定の条件を満たしている場合、この手続きは非常に有効な救済措置となり得ます。

自宅を残したい場合も個人再生

自己破産の場合、多くの財産が処分される可能性がありますが、個人再生を選べば、大切な自宅を守りながら債務整理が可能です。自宅を手放したくないという方には、個人再生は非常に適した選択肢と言えます。

【個人再生で自宅を守るメリット

  • 自宅を維持: 個人再生手続きでは、返済計画の中で自宅のローン返済を継続することが一般的です。そのため、手続きが進んでも自宅を手放す必要がありません。
  • 返済プランの柔軟性: 自宅を残しつつ、その他の債務を整理するための返済計画を立てることができます。生活を維持しながら、返済が可能な範囲で債務を減らすことができるのです。

【自宅を残すためのステップ

  1. 専門家との相談: まずは、弁護士や司法書士に相談し、個人再生によって自宅をどのように保護できるかを確認します。
  2. 資産と収入の確認: 現在の資産や収入、借入金の状況を正確に把握し、返済計画の作成に備えます。
  3. 返済計画の提案: 自宅を含めた資産を保持しながら返済できる計画を立て、裁判所に提出します。計画は現実的で適切な内容でなければなりません。
  4. 裁判所の決定: 裁判所は提出された返済計画を審査し、承認するか否かを決定します。裁判所が計画を承認すれば、その計画に従って返済を進めることができます。

注意するべきポイント:

  • 再生計画の承認: 裁判所が返済計画を承認するためには、その計画が現実的で、かつ債権者の承認を得られる可能性があるものでなければなりません。
  • 安定した収入の確保: 自宅のローン返済を含む返済計画を遂行するには、安定した収入が必要です。収入が不安定だと、計画が承認されないこともあります。
  • 返済の遵守: 承認された返済計画は守る必要があります。計画通りに返済できない場合、手続きが取り消され、自宅を失うリスクもあります。

個人再生は、自宅を守りながら負債を整理する有効な方法です。しかし、その過程で必要な条件を満たすことが重要です。

自己破産で失敗しないための注意点

専門家に話を聞くこと

債務整理のプロセスは複雑で、正しい情報や手続きが不可欠です。そのため、専門家のアドバイスを受けることは、適切な手続きを進め、最適な結果を得るために非常に重要です。

専門家に相談するメリット】

  • 正確な情報: 法律の専門家から直接、事実に基づく情報を得ることができます。誤った情報に基づいて行動するリスクを避けられます。
  • 状況に合わせたアドバイス: 個々の状況やニーズに最適な解決策を提案してもらえます。一般的な情報だけでは、個人の状況に最適な解決策を見つけることは難しいです。
  • 心の支え: 債務整理は精神的にも困難なプロセスです。専門家は法律的なサポートだけでなく、精神的なサポートも提供します。
  • 手続きの効率化: 適切な書類の準備、手続きの流れ、期限など、専門家が全て案内してくれるため、スムーズに手続きを進めることができます。

専門家に相談するステップ:

  1. 専門家の選定: 経験豊富な弁護士や司法書士を探し、相談を予約します。信頼できる専門家を選ぶことが重要です。
  2. 準備: 債務の状況、収入、支出など必要な情報を整理しておきます。これにより、相談時に具体的なアドバイスを受けやすくなります。
  3. 相談: 専門家に状況を説明し、質問に正直に答えます。隠さず全てを話すことで、最適なアドバイスを得ることができます。
  4. アドバイスに従う: 専門家からのアドバイスに基づいて、推奨される手続きを進めます。

専門家に相談する際の注意点は下記の2点を参考にしてください。

  • 正直さ: 全ての情報を正直に伝えることで、専門家は状況を正確に理解し、適切なアドバイスを行えます。
  • 積極的な姿勢: 自ら情報を集め、質問を用意するなど、相談者も積極的に動くことが重要です。

専門家との相談は、安心して債務整理を進めるための第一歩です。適切なアドバイスとサポートを受けることで、困難な状況にあっても最善の解決策を見つけ出し、生活を立て直す道を確実に進むことができます。

多額の非免責債権があるか

非免責債権とは、自己破産などの債務整理を行っても、免除されない債務のことを指します。このような債務は支払いの義務が続くため、債務整理の計画を立てる際には、非常に重要な要素となります。

非免責債権の例として以下の3点が挙げられます。

  • 刑事罰に関連する罰金や賠償金
  • 故意または重大な過失による債務
  • 公共料金の未払い

非免責債権が多額にのぼる場合、その返済は生活に大きな負担となり、債務整理の目的が損なわれることがあります。

この問題に対処する方法を考える際、以下の対処法を参考にしてください。

  1. 詳細な確認: 非免責債権の全額と種類を把握し、月々の返済額を算出します。これにより、現実的な返済計画を立てる基礎を作ります。
  2. 交渉: 債権者や専門家と協力し、返済計画の再交渉を試みます。条件の緩和や分割払いの交渉などが考えられます。
  3. 予算計画: 生活費と非免責債権への返済を考慮した、厳格な予算計画を立てます。必要な支出を優先し、無駄遣いを省きます。
  4. 収入の増加: 可能であれば、収入を増やす方法を模索します。副業や新しい職の検討など、返済能力の向上に繋がる方法を考えます。

非免責債権に関わる際の注意点として以下の2点を紹介します。

  • 専門家との協力: 非免責債権の取り扱いは複雑です。専門家と相談し、法的な支援を受けることが重要です。
  • 情報の正確性: 非免責債権についての情報を正確に集め、誤解や誤った期待を持たないようにしましょう。

非免責債権は債務整理の障害となる可能性がありますが、適切な対応と計画によって、この問題を乗り越えることができます。そのためには、現状を正しく理解し、全てのオプションを検討することが不可欠です。

保証人がいるか

債務整理を進める際、重要な点の一つが「保証人」の存在です。保証人がいる場合、その人があなたの代わりに債務の返済を求められる可能性があります。

保証人になる影響として、以下の2点が考えられます。

  • 債務の返済責任: 借り手が返済を怠った場合、保証人に返済の全額が請求されることがあります。
  • 信用情報への影響: 保証人自身の信用情報に記録が残り、将来の金融取引に影響を及ぼす可能性があります。

これを踏まえ、債務整理を進める前には以下の点を考慮しましょう。

  1. 保証人との連絡: 保証人と事前に連絡をとり、債務整理の意向とその影響を説明します。これにより、保証人も状況を理解し、必要な準備をすることができます。
  2. 専門家の意見を求める: 法律の専門家や債務整理のプロからアドバイスを受け、最善の手段を探ります。
  3. 連帯保証人の立場を確認: 保証人が連帯保証人の場合、返済の責任が大きくなります。この点について正確な情報を収集し、適切な対応策を考えます。

保証人との関わりにおける注意点として、次の内容を確認しましょう。

  • 情報の共有: 保証人との間で透明性を保ち、隠された事実がないようにします。信頼関係の維持が非常に重要です。
  • 書類の確認: 契約書類や関連文書の確認を行い、保証人の責任範囲を正確に把握します。

保証人がいる場合の債務整理は、単なる自己の問題ではなく、他人の財政にも影響を及ぼす可能性があるため、慎重かつ誠実な対応が求められます。

職業制限に対応できるか

債務整理を行うと、特定の職業に就くことに制限が生じる可能性があります。これは、職業上の信用度が問われる職種公的な立場を要する職種で特に顕著といわれています。

影響を受ける職種の例:

  • 公務員
  • 金融機関の職員
  • 弁護士や会計士などの資格職
  • 警備員
  • 教育関連職

職業制限に対応する策と注意点について説明します。

  1. 事前の確認: 自己破産などの債務整理を行う前に、現在の職場での規約や将来検討している職種の職業制限を確認します。
  2. 専門家のアドバイス: 債務整理のプロフェッショナルや法律の専門家に相談し、自身の状況に最適な方法を探求します。
  3. 代替案の検討: 職業制限がある場合、債務整理の手段を変更するか、職種変更などの他の選択肢を考慮します。

注意点:

  • 情報開示の取り扱い: 現在の雇用者に対して債務整理の事実をどの程度開示するかは、個々の状況により異なります。全ての選択が将来的な雇用に影響を及ぼす可能性があるため、慎重な判断が必要です。
  • 将来の計画: 職業制限が生じる場合、長期的なキャリアパスや生活設計を再検討する必要があります。

職業制限は、個人の生活に大きな影響を与えるため、債務整理のプロセスにおいて重要な検討事項となります。適切な情報収集と専門家の助言を基に、最善の選択を行うことが大切です。

自宅を残しておきたいか

債務整理を進める際、大切なのは「自宅を残したい」という希望を実現可能かどうかを検討することです。自宅を手放すことなく債務整理を行う方法もいくつかありますが、それには一定の条件が伴います。

以下に、自宅を残す方法と注意点を紹介します。

【自宅を残す方法

個人再生手続き: これは、自宅などの資産を保持しながら、返済計画を再編成する手続きです。以下の条件が必要です。

  • 一定の収入があること。
  • 返済計画に従って支払いを続けられること。

任意整理: 債権者と直接交渉し、返済条件の緩和や返済額の減額を図ります。自宅を残すためには、債権者の了解が不可欠です。

【注意点

  • 資産の評価: 自宅の価値が債務総額を大幅に上回る場合、債権者は物件の売却を求める可能性があります。
  • 返済計画の重要性: 自宅を維持するには、現実的で持続可能な返済計画の策定が必要です。
  • 専門家との相談: 不安点や詳細な手続きについては、弁護士などの専門家に相談することが推奨されます。

自宅を残すためのプロセスは複雑であり、個人の状況によって最適な解決策が異なります。自身の状況と希望を正確に伝え、専門家と密に連携を取ることが大切です。

自己破産してから7年間たっているか

自己破産後の再生活には、一定の期間(7年経っていること)が必要です。特に、自己破産後に再びクレジット関連のサービスを利用したり、新たな借入を考える際、重要となるのが「自己破産後の経過期間」です。

7年ルールの重要性:

  1. 信用情報のクリア: 自己破産の情報は、一般的に7年間信用情報機関に記録されています。この期間が経過すると、個人の信用情報がリセットされ、金融機関のローンやクレジットカードが再び利用可能になる場合があります。
  2. 再度の自己破産: 自己破産は、原則として前回の自己破産が確定してから7年経過しないと申立てることができません。7年未満で重大な経済的困難に直面した場合、他の債務整理の方法を検討する必要があります。

確認すべき事項:

  • 信用情報の確認: 自己破産の情報が実際に信用情報機関から削除されたか、定期的に自己情報をチェックしましょう。
  • 経済状況の安定: 7年間は新たな信用取引を控え、安定した収入と支出管理を行うことが肝心です。

7年という期間は、新しいスタートを切るために法律で設けられた猶予期間ともいえます。この期間を無事に乗り越えることで、経済生活を再建し、より健全な金融生活に戻る一歩を踏み出すことが可能です。

まとめ

自己破産が「できない」と判断される状況はいくつかあります。それは、免責が認められない状況や、前回の自己破産から一定期間が経過していない場合などです。また、破産を申し立てるには一定の費用が必要で、これを準備できない場合も自己破産ができません。

このような状況では、自己破産以外の方法を検討する必要があります。特に効果的なのが「任意整理」です。任意整理では、債権者と直接交渉し、返済計画を立て直します。以下に、任意整理の主な特徴を挙げます。

  • 債権者との個別の交渉により、返済の利息制限や元金の減額などが期待できます。
  • 自宅などの資産を手放さずに済む場合が多いです。
  • 信用情報には登録されますが、自己破産ほどの影響は受けにくいです。

任意整理を進める際は、専門家と相談し、正確な情報とアドバイスを受けることが重要です。また、債務の状況に応じて、他の解決策(個人再生や特定調停など)の可能性も考え、最適な対応を模索していきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION