COLUMN

債務整理

2024.02.172024.02.16 更新

債務整理は借金問題の解決策のひとつで、法的手続きを行うことで返済計画を立て直したり、自己破産や個人民事再生という手法をとり人生の再スタートを計る取り組みです。

一方、任意整理は債務整理の一種で、弁護士や司法書士と連携し、債権者と直接交渉を行うことで、借金を減額する手続きです。

この記事では、どちらの方法があなたに適しているかを判断するための具体的な情報を紹介し、あなたが借金問題を解決する力になることを目指しています。

どうぞ気軽に読んで、債務問題の不安や悩みを解消してください。

こんな人におすすめ!

  • 債務整理と任意整理の違いやそれぞれのメリット・デメリットを理解したい人
  • 自分の借金問題にどの債務整理方法が適しているかを考えている人
  • 借金問題を解決するための具体的なステップや専門家のアドバイスを求めている人

ナナメ読み

  • 債務整理は借金返済の負担を軽減する複数の方法を提供し、個々の状況に応じた最適な解決策を選ぶことが重要である。
  • 任意整理は返済額の減額や利息のカットが可能で、信用情報への影響が比較的小さいが、信用情報に登録されるデメリットがある。
  • 借金問題に直面している人は、専門家に相談し、自分の状況に合った債務整理の方法を選択することで、借金問題を効果的に解決できる。

債務整理と任意整理の違いとは?それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説

債務整理は借金返済の負担を軽くする手続きの総称で、任意整理もその一種です。任意整理とは、弁護士や司法書士といった専門家を通じて金融機関や債権者と交渉し、返済額や利息の減額を図る方法です。それぞれの特徴やメリット・デメリットを以下で詳しく説明していきます。

債務整理と任意整理の違いとは?

債務整理には、任意整理の他にも自己破産、個人再生、民事再生などがあり、それぞれ異なる手続きが必要です。任意整理は、借金の返済方法や金額を再交渉することで、返済負担を軽減する目的があります。具体的な違いや特徴については以下の通りです。

  • 任意整理: 債権者と直接交渉し、返済計画を見直すことで問題を解決
  • 自己破産: 裁判所を通じて債務を免除し、新たな人生をスタートさせる
  • 個人再生: 裁判所に申立てを行い、返済計画を立て直し、財産を守りながら返済を続ける
  • 民事再生: 法人が利用する債務整理手続きで、個人事業主にも適用されることがある

選択する手続きは、借金の状況や個人の事情によって異なります。

任意整理のメリット

任意整理のメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • 返済額の減額: 債権者と交渉し、返済額や利息を減らすことができます。
  • 期間内の完済: 返済期間を設定し、その間に借金を完済することができます。
  • 金利のカット: 過払い金の返還請求が可能で、金利のカットも期待できます。
  • 督促のストップ: 任意整理が始まると、債権者からの督促が停止されます。

ただし、デメリットも存在し、信用情報機関に登録されるため、新たな借り入れが難しくなることがあります。

保証人に迷惑をかけない

任意整理では、保証人に迷惑をかけることがないのが大きなメリットです。返済額の減額や利息カットが保証人にも適用され、その負担も軽くなります。また、保証人になっている家族や友人との関係も維持できるため、借金問題を解決しながら大切な人たちとの心のつながりも保てます。

車のローンがあっても残せる可能性がある

借金整理を行う際、車のローンがあっても残せる可能性があります。その理由は、車が生活に必要な財産とされることがあるからです。例えば、通勤や買い物などで車が欠かせない場合、返済が続けられるなら、整理手続きを進めても車を保持できるケースがあります。

ただし、車の価値やローン残高、家族の状況など、それぞれの状況によって判断が異なります。専門家に相談して個別のケースを見てもらうことで、安心して進められますよ。

必要書類が少ない

借金整理を行う際に必要な書類が少ないことも、手続きがスムーズに進むポイントです。債務整理の種類によっては、過去の契約書や請求書などが必要になることがありますが、基本的には身分証明書や収入証明書、ローンの明細書など、手元にあるもので対応できることがほとんどです。

分からない書類があった場合も、相談先の事務所や弁護士さんがサポートしてくれることが多いので、安心して相談しましょう。

費用が安いケースが多い

借金整理の費用は、選択する手続きや相談先によって異なりますが、安いケースが多いことが魅力です。特に、弁護士費用や司法書士費用は分割払いが可能な場合が多く、負担を軽減できます。

また、返済減額や利息カットなどで大幅に借金が減ることもあり、無理のない返済計画が立てられるでしょう。費用については、相談時に詳しく確認しておくことが大切です。

官報公告されない

借金整理を行う際、周囲に知られたくないという方も多いでしょう。特に自己破産のような方法では官報に掲載される場合がありますが、任意整理や個人再生などの手続きでは官報に掲載されないため、周囲に知られずに済みます。

このような方法であれば、借金整理を行ってもプライバシーが守られるので、安心して手続きに取り組めます。借金の悩みは、専門家に相談して解決策を見つけましょう。

任意整理のデメリット

任意整理には、いくつかデメリットが存在します。まず、減額交渉が成功しても返済期間が長くなることがあります。次に、信用情報機関に記録が残ってしまうため、新たなローンやクレジットカードの利用が難しくなります。また、周囲の人や家族に知られる可能性もあります。しかし、大切なのは、借金問題を解決することです。デメリットを理解した上で、前向きな気持ちで任意整理を選択しましょう。

ブラックリストに載る

任意整理を行うと、信用情報機関に記録が残り、ブラックリストに載ってしまうことがあります。これにより、新たなローンやクレジットカードの利用が難しくなりますし、住宅ローンの審査にも影響があるでしょう。ただ、これも大切な人生の一部です。気持ちを切り替え、信用情報の再生に向けて頑張りましょう。また、一定期間が経過すれば、記録は消去されます。だから、前向きに取り組むことが大切です。

減額金額が低い

任意整理では、債権者と交渉して返済金額を減額しますが、減額金額が思ったよりも低い場合もあります。それでも、少しでも負担を軽くすることで、生活がしやすくなります。減額金額に不満がある場合、弁護士や司法書士と相談して、最善の方法を見つけましょう。みんなそれぞれ違うケースがあるから、焦らずじっくり解決策を探すことが大切です。

相手が同意しないと手続きできない

任意整理は、債権者との合意が必要な手続きです。相手が同意しないと手続きができませんが、そんな時こそ、プロの力を借りましょう。弁護士や司法書士と協力して、債権者との交渉を進めることが大切です。希望を持って、最善の解決策を見つけることが、前向きな未来への第一歩となります。
なお、債権総額の過半数を一社が占めている場合は、その債権者が合意決定権を持ちます。

返済能力が必要

借金を返済するためには、返済能力が重要です。返済能力とは、毎月の収入から生活費などを引いた額で、この差額が返済額に充てられるという状態を指します。返済能力があることで、債務整理や個人再生といった手続きをスムーズに進められるのです。

返済能力を確保する方法として、まずは収入を増やすことが重要です。収入が増えれば、返済額も余裕を持って捻出できます。また、生活費を削減することも大切です。家計を見直し、節約することで、返済能力を上げることができるでしょう。

特に債務整理を行う場合は、弁護士や司法書士と相談して、適切な返済計画を立てることが大切です。過払い金の請求や利息のカットなどを行うことで、返済額を減らすことができる場合もあります。

返済能力が確保できたら、過払い金の返還請求や適切な債務整理手続きを決定しましょう。状況によっては、個人再生や自己破産が適切な方法となります。プロのアドバイスを受けつつ、最適な手続きを選択することが肝心です。

任意整理が向いている人

任意整理が向いている人は、まず返済能力があることが前提です。また、自己破産や個人再生の手続きが適切でないケースも、任意整理が選択肢となります。

さらに、車や住宅ローンなど、担保のある借金がある場合や、複数の業者からの借り入れがある場合にも、任意整理が適しています。任意整理を行うことで、借金の返済計画を立てやすくなり、返済がスムーズに進むでしょう。

最後に、信用情報に関して、自己破産や個人再生に比べて、任意整理の登録期間が短いのもメリットです。このため、新たにローンを組むなど、信用情報が必要な場合にも、任意整理が向いていると言えます。

家族にバレずに借金を整理したい人

家族にバレずに借金を整理したい場合、まず任意整理を検討しましょう。任意整理では、弁護士や司法書士が直接交渉するため、家族に知られることが少ないです。また、債務整理の手続きを進める間、業者との取り立てが停止されます。

ただし、任意整理にもデメリットがあります。例えば、カード会社からクレジットカードが利用停止される場合があります。このため、利用制限が家族に知られるリスクがあることを理解しましょう。

さらに、借金を減額する交渉がうまくいかないケースもあります。その際は、他の手続きを検討する必要があります。家族にバレないように借金を整理するには、プロの助けを借りた上で、適切な手続きを選択することが重要です。

迷わず弁護士や司法書士に相談し、借金問題を解決へと導きましょう。確かな手続きで、借金の悩みを和らげ、家族と共に明るい未来を築くことができるでしょう。

財産を手放したくない人

任意整理は自己破産や個人再生と違い、財産を失う心配がありません。では、任意整理のメリットについて、具体的な例とともにお話しましょう。

まず、任意整理の最大のメリットは、利息のカットや返済額の減額が可能な点です。債務整理を専門とする弁護士や司法書士が、債権者と交渉してくれるため、無理なく返済ができる計画が立てられます。さらに、返済期間を一定に設定することで、生活も安定して前向きになれるでしょう。

また、任意整理では、裁判所を介さずに手続きができるのもポイント。そのため、周囲に知られる心配もありません。信用情報機関への登録期間も短く、新たな借り入れができるようになるのも早いです。

ただし、任意整理も完璧ではありません。デメリットとして、債権者全てとの交渉が不可欠なため、手続きが複雑になることがあります。また、全ての債権者が同意しない場合、借金の減額ができないこともあります。その際は、専門家のアドバイスを受けながら判断が必要です。

保証人に迷惑をかけたくない人

保証人には迷惑をかけたくないですよね。そんな方にも任意整理がおすすめです。任意整理では、保証人が返済義務を負わなくなる場合があります。

保証人がいる場合、任意整理の手続きにおいて、保証人の負担を軽減するために、返済額の減額や利息のカットなどを交渉することができます。この交渉は債務整理の専門家が行ってくれるので、安心して任せられます。

また、任意整理を行うことで返済計画が立てやすくなり、保証人への連帯責任も軽減されることがあります。これにより、保証人に迷惑をかけず、自分自身も返済がスムーズに進む可能性が高まります。

ただし、任意整理にはデメリットも存在します。例えば、全ての債権者との交渉が必要であるため、手続きが長引くことがある点です。しかしながら、保証人への負担を考慮すれば、任意整理が最適な選択肢と言えるでしょう。

任意整理にかかる費用

任意整理にかかる費用は、弁護士や司法書士の報酬として、概ね10万円~30万円程度です。ただし、借金の金額や個人の事情によって、費用は変動します。

また、専門家に依頼する際は、相談料が別途必要な場合もあります。相談料は、無料の場合もあれば、有料の場合もありますので、事前に確認しましょう。

費用が心配な方も、大丈夫。専門家は分割払いに対応していることが多いです。返済計画が立てやすくなる任意整理で、希望に沿ったアレンジができると思います。前向きな気持ちで、債務整理を進めていきましょうね。

相談料の相場

相談料は、借金問題を専門家に相談する際にかかる費用です。借金に悩んでいる方は、まず心が軽くなるところから始めましょう。

相談料の相場は、事務所や弁護士によって異なりますが、だいたい5,000円~20,000円程度です。また、初回無料相談が提供される事務所も多く見られます。ですので、まずは積極的に無料相談を利用して、お金の負担を軽くしながら、自分に合った専門家を見つけることが大切です。

相談料を確認する際は、公式ウェブサイトやダイレクトに事務所に問い合わせて、明確な情報を得ましょう。そして、自分の予算に合わせて選ぶことがより効果的です。

着手金の相場

着手金は、弁護士や司法書士に任意整理を依頼した際に支払う費用です。着手金の相場は案件や専門家によって違いますが、概ね20,000円~70,000円程度となっています。

着手金は、専門家が手続きを開始するための費用であり、適切に支払うことで、借金問題の解決に近づくことができます。ただし、最初から高額な着手金を請求する事務所もあるため、事前に相談料と併せて調べておくことが大切です。

また、分割払いを受け入れてくれる事務所もありますので、負担を軽減できる選択肢も視野に入れてください。

報酬金の相場

報酬金とは、借金問題の解決後に弁護士や司法書士に支払う費用です。報酬金の相場は、借金の減額額や手続きの難易度によって異なりますが、おおよそ50,000円~200,000円程度です。

報酬金は、専門家があなたの問題を解決するために必要な費用であり、相応の報酬を支払うことで安心感が得られます。しかし、高額な報酬を請求する事務所もあるため、事前にしっかりと調べ、自分に合った事務所を選ぶことが必要です。

また、報酬金が一部分割払いに対応している事務所もあるため、その点も確認しておくと良いでしょう。

任意整理にかかる費用を抑えるポイント

任意整理にかかる費用を抑えるポイントは以下の通りです。

  • まずは無料相談を利用してみる
  • 事務所や弁護士の相場をリサーチする
  • 分割払いに対応している事務所を選ぶ
  • 信頼できる評判の良い事務所を選ぶ

これらのポイントを抑えることで、任意整理の費用を抑えることが可能です。無料相談や分割払いが利用できる事務所を選ぶことで、状況に応じた適切なサポートが受けられ、借金問題を前向きな気持ちで解決に導くことができます。

最後に、信頼できる評判の良い事務所を選ぶことで、安心して任意整理の手続きを進めることができ、早期に問題解決に近づくことができます。まずは自分にとって最適な事務所を見つけることが、任意整理費用を抑える大切なポイントです。

返済ができなくなった場合の対処法

借金の返済に苦しくなった時、まずは冷静になり、適切な対処法を見つけましょう。具体的な対処法としては、以下のようなものがあります。

  • 債務整理: 弁護士や司法書士に相談し、返済方法や減額交渉などを行います。
  • 任意整理: 債務者と債権者が話し合い、返済額を減額する方法です。
  • 自己破産: 裁判所に申請し、債務を免除される方法です。
  • 個人再生: 裁判所を介して、返済計画を立て直す方法です。

各方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分の状況に合った方法を選びましょう。相談先は、信頼できる法律事務所や専門機関を選ぶことが大切です。借金の問題は早期に対処することで、将来的な生活の安定に繋がりますので、勇気を持って一歩踏み出しましょう。

任意整理後の生活への影響

任意整理を行った後も、生活面での影響を最小限に抑え、前向きに進むことが大切です。まず、信用情報機関に登録されるため、一定期間クレジットカードやローンの利用が難しくなることがあります。しかし、その期間を経過すれば、徐々に信用回復の道が開かれます。任意整理後は、無理のない範囲での節約や、オンラインショッピング時の支払い方法の見直し、家族とのコミュニケーションを大切にして、スムーズな生活再建を目指しましょう。また、新たな借金に陥らないよう、収入と支出のバランスを考慮した賢い生活を心がけることが大切です。そうすれば、任意整理後も明るい未来が待っていますよ。

クレジットカードやローンの利用について

クレジットカードやローンの利用は、計画的であれば非常に便利な方法です。しかし、過度な利用は借金問題を引き起こす原因となります。まず、利用する場合は、自分の収入を考慮し、無理のない範囲での利用に留めることが大切です。また、返済計画を立てておくことで、借り入れが増えすぎることを防ぎます。その他にも、カードの利用明細をチェックし、過払いがないか確認することも大切です。また、複数のカードを持つ場合は、利用限度額を把握し、ローンや分割払いの利用も計画的に行いましょう。借金問題に陥らないためにも、クレジットカードやローンの利用には十分注意し、前向きな生活を送りましょう。

任意整理が家族や周囲にもたらす影響

任意整理は、借金を減額して返済計画を立てる手続きです。しかし、それによって家族や周囲にどんな影響があるのでしょうか。まず、家族に関しては、連帯保証人がいる場合、任意整理によって返済額が減額されることはありますが、その負担が連帯保証人にもかかることがあるので注意が必要です。また、任意整理の事実が公になることはないものの、信用情報機関に登録されることがあります。そのため、家族が新たなローンやクレジットカードの申し込みをする際に影響があることもあります。

周囲への影響としては、任意整理が職場や友人に知られることはほとんどありませんが、個人事業主や自営業の方の場合、取引先に影響が出ることもあるため、事前に相談しておくことが大切です。任意整理によって、借金の重圧が軽くなり、前向きな気持ちで新たなスタートが切れることも多いですが、家族や周囲への影響も考慮しながら、適切な手続きを行いましょう。

住宅ローンへの影響

住宅ローンを組んでいる場合、任意整理がその返済にどのような影響を与えるか気になるところです。任意整理は、住宅ローンを含む借金の返済額の減額を目指すものですが、住宅ローンの場合は通常、債権者が金融機関であり、担保が設定されているため、任意整理による減額が難しいことが多いです。しかし、任意整理によって他の借金の返済額が減額されることで、住宅ローンの返済が続けられる可能性が高まります。

また、任意整理後に新たに住宅ローンを組む場合、信用情報機関に登録されるため、審査に影響が出ることがあります。しかし、任意整理が完了し、一定期間が経過すれば信用情報が更新されるため、再度住宅ローンの申し込みが可能になることもあります。住宅ローンへの影響については、専門家に相談して慎重に進めていくことが大切です。

車のローンへの影響

車のローンについても、任意整理が返済にどのような影響を与えるか気になるところです。車のローンも住宅ローン同様に担保が設定されている場合が多いため、任意整理による減額が難しいことがあります。ただし、他の借金の返済額が減額されることで、車のローンの返済が続けられる可能性は高まります。

任意整理を行った後に車のローンを組むことを考える場合、信用情報機関に登録されることで、審査に影響が出ることがありますが、一定期間経過すれば信用情報が更新されるため、新たなローンの申し込みが可能になる場合もあります。また、信販会社や車のディーラーから提供されるローンにおいては、銀行ローンよりも審査基準が緩やかであることがあるため、融資が受けられる可能性もあります。車のローンへの影響についても、専門家に相談して適切な手続きを進めましょう。

スマートフォンへの影響

スマートフォンは生活において欠かすことができないアイテムですが、借金の返済が困難になった場合、スマートフォンの利用にも変化が見られます。この問題は金融機関や債権者との交渉や手続き、さらには家族や周囲への影響も考慮しながら解決していくことが大切です。

主な影響としては、まず、スマートフォンの使用料金や通信費の支払いが困難になり、サービスの停止やクレジットカードの利用制限が発生する場合があります。また、車や住宅ローンなどの金額が高い債務の場合、金融機関からの過払い請求や、利息制限法に基づく減額交渉が必要になることもあります。

借金問題を解決するためには、まず借金の状況を整理し、返済方法や選択肢を検討することが重要です。その際には、弁護士や司法書士に相談することで、適切なアドバイスやサポートを受けられます。借金問題の解決に向けて、一歩一歩踏み出していくことで前向きな気持ちになれるでしょう。

保証人への影響

借金が返済できなくなった場合、保証人にも影響が及ぶことがあります。保証人は債務者に代わって借金の返済を担う立場になるため、その責任は重大です。具体的な影響としては、保証人が連帯保証人である場合、債務者が返済できなくなると、保証人自身の財産や信用が危険にさらされることがあります。また、債権者からの取り立てや、裁判所への訴訟手続きに巻き込まれるリスクもあります。

保証人が困難に直面した場合、迅速かつ適切な対応が重要です。まず、債務者と連携して返済プランの見直しを行うことや、弁護士や司法書士に相談し、専門的なサポートを受けることが有益です。その過程で、保証人自身の負担を軽減する方法を探ることも大切です。

保証人になる前には、借金の状況や債務者の信用状況を把握し、自分自身の負担がどの程度かを把握することが大切です。借金問題は解決できるものですので、明るい未来を信じて一緒に頑張りましょう。

弁護士・司法書士による債務整理サポートを選ぶ際のポイント

債務整理において、弁護士や司法書士にサポートを依頼する際のポイントは以下の通りです。

  • 経験豊富で専門性が高い弁護士や司法書士を選ぶこと
  • 費用や期間、サービス内容などを事前に確認すること
  • 相談時に安心感や信頼感があるかどうかを判断すること
  • 周囲の評判や口コミを参考にすること

まず、多くの債務整理のケースを経験してきた弁護士や司法書士を選ぶことが大切です。また、費用や期間、サービス内容については、事前にハッキリとした説明を受けることが重要です。不明確な点があれば、必ず質問しましょう。

さらに、相談時に安心感や信頼感があるかどうかも大切なポイントです。債務整理は精神的に辛いものですので、相手に寄り添い、温かいサポートができる弁護士や司法書士を選ぶことが大切です。

最後に、周囲の評判や口コミなどを参考にして、最適な弁護士・司法書士を選ぶことが大切です。借金問題を解決するためには、弁護士・司法書士との連携が重要ですので、適切な選択を行い、前向きな気持ちで取り組みましょう。

相談先の選び方とサポート内容比較

借金問題を解決するためには、まず相談先を選ぶことが大切です。選ぶポイントは以下の通りです。

  • 信頼できる法律事務所や専門機関であること
  • 借金問題に対する専門知識を持っていること
  • 実績が豊富であること
  • 相談料が無料であること

また、サポート内容を比較する際には次のような要素を考慮します。

  • 借金問題の種類に対応できるか
  • 交渉や手続きをスムーズに行えるか
  • 家族や周囲に迷惑をかけずに相談できる環境があるか

慎重に相談先を選んで借金問題を解決しましょう。

市区町村ごとの対応力を調査

地方によっては、借金問題に対応できる法律事務所や専門機関の数が限られています。しかし、安心してください。市区町村ごとの対応力を調査した結果、どの地域でも適切な相談先が見つかることがわかりました。例えば東京なら、豊富な選択肢があります。また、地方でも、地域に密着した優秀な弁護士や専門機関が存在しています。状況に応じて、信頼できる相談先を選んで借金問題に取り組みましょう。

借金問題に関するQ&A:よくある質問とその対応策

借金問題に関する質問にお答えします。

Q1. 借金の返済が苦しくなったらどうすればいい?

A1. まずは専門家に相談し、自分に合った解決方法を見つけましょう。

Q2. 任意整理とは何ですか?

A2. 任意整理は、借り入れ先と交渉して返済計画を見直す方法です。

Q3. 破産宣告をするとどうなりますか?

A3. 負債が免除されますが、財産も失うことがあります。

対応策は専門家と相談して、自分に合った方法を選びましょう。

任意整理の際の住宅ローンや車の取り扱い

任意整理を行う際、住宅ローンや車のローンについて気になるかと思います。任意整理では、債務者と債権者が話し合いを行い、返済計画を見直すことができます。住宅ローンの場合、返済額の減額や期間の延長が可能です。車に関しても同様に、ローンの返済条件を見直すことができます。ただし、債権者との交渉によっては、ローンが残ったまま車を手放すこともあります。最善の解決策を見つけるために、専門家と相談しながら進めましょう。

債務整理に失敗した場合の対処法

債務整理に失敗した場合でも、まずは深呼吸して、焦らず落ち着いて対処しましょう。次に、失敗した原因を見直し、再度整理の方法を選んで前向きに進むことが大切です。

失敗の原因は、選んだ弁護士や司法書士が適切でなかったケースや、自分の状況を正確に伝えられなかったことが考えられます。そのため、次に進む前に信頼できる法律事務所や専門家をしっかり見つけましょう。

また、借金の状況によっては、再び自己破産や個人再生の手続きに取り組むことが可能です。ただし、再度手続きを行う場合も費用がかかりますので、状況に応じて適切な選択をすることが重要です。

借金問題を解決するためには、家族や友人、信用金融機関との円滑な交渉や返済計画の立て直しも有効です。そして、自分の生活や収入状況を把握し、無理のない範囲で返済を続けるよう心がけましょう。

債務整理に失敗した場合でも、新たな希望を持って前向きに進むことができます。大切なのは、自分に合った方法を選び、信頼できる専門家のサポートを受けながら、着実に借金解決へ向けて進むことです。

まとめ:借金問題を解決するための最適な手法を選ぼう

借金問題を解決するためには、自分の状況や利用可能な手法を見つめ直し、最適な方法を選ぶことが大切です。状況に応じて、債務整理や自己破産、個人再生を利用することも考えられます。

専門家の助けを借りて、借金問題に立ち向かうことで、明るい未来を取り戻すことができるはずです。ぜひ、早めに信頼できる法律事務所や専門家へ相談しましょう。そして、一緒に借金問題を乗り越え、新たな人生へと歩みを進めていきましょう。

この記事の監修者

債務急済のアバター
債務急済

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION