COLUMN

債務整理

2023.11.172023.12.14 更新

借金という言葉には重い意味がありますが、一方で「カードローン」はどこか身近で手軽な印象を受けるかもしれません。

しかし、その手軽さが逆に危険をはらんでおり、多くのリスクが隠れている場合があります。

「ちょっとした出費で使うから大丈夫」と思っても、その「ちょっとした」が積み重なり、いつの間にか多額の借金に発展してしまうケースは少なくありません。この記事では、カードローンの危険性について詳しく説明します。リスクに陥らないために、しっかり確認していきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

カードローンの基本を理解する

そもそもカードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融が提供する無担保の融資サービスの一つです。基本的には審査に通れば、指定の限度額内で自由に借り入れと返済ができるのが特徴です。

主な特徴

  • 限度額内なら何度でも借りられる
  • 返済計画が比較的自由
  • インターネットやATMで24時間手続き可能

どこで使えるか

  • ショッピング
  • 急な支払い
  • 資金繰り

しかし、簡単に借りられる利便性に安心してしまうと、返済が難しくなる危険があります。特に、金利が高い場合、借りすぎによって返済額が増え、最終的には手の付けられない状態に陥るかもしれません。

カードローンは便利でもある反面、リスクも高い金融商品であることを理解し、しっかりとした計画を持って利用する姿勢が大切です。

カードローンの種類と違いを解説

カードローンにはいくつかの種類があり、それぞれに特有の特徴と違いが存在します。カードローンの種類をよく理解していない場合、あなたの返済計画や生活に大きな影響を与える可能性があります。

ここでは、カードローンの主な種類とその違いについて見ていきましょう。

銀行カードローン

  • 金利が低い
  • 審査が厳しい
  • 大口の融資も可能

消費者金融のカードローン

  • 金利が高め
  • 審査が比較的緩い
  • 小口の融資が主体

ショッピングクレジット

  • 店舗でのみ利用可能
  • 金利は中程度
  • 購入した商品の価格がそのまま融資額

ネット専用カードローン

  • インターネットでの手続きが主体
  • 金利は様々
  • 審査のスピードが早い

選ぶカードローンによっては、無計画に借り入れてしまうと後で大変な返済負担になる場合もあります。特に、消費者金融のカードローンは金利が高いため、無計画な利用は避けた方が良いでしょう。

また、銀行カードローンは審査が厳しい代わりに金利が低く、大口の借入が可能です。しかし、それだけに計画的な返済が必要です。

各種類のカードローンにはそれぞれ長所と短所があります。自分のニーズに合ったものを選び、借りる前にしっかりと返済計画を立てることが大切です。

クレジットカードに付帯されたキャッシング枠との違い

クレジットカードには「キャッシング枠」と呼ばれる、現金を借りられる機能がよく付いています。しかし、キャッシング枠とカードローンは異なる点がいくつかあります。

クレジットカードのキャッシング枠

  • 一つのカードで買い物と現金借り入れが可能
  • 通常、金利は比較的高め
  • 借入額がカードの限度額に含まれる
  • 現金の引き出しはATMが限られる場合が多い

カードローン

  • 専用のカードで現金のみを借り入れ
  • 金利は種類によって変わるが、低金利のものも多い
  • 借入額の限度は独立して設定される
  • 専用ATMからでも、提携ATMからでも引き出し可能な場合が多い

クレジットカードのキャッシング枠は便利な反面、金利が高く設定されている場合が多い点がデメリットです。また、カードの限度額内で現金も借りなければならないため、計画的な利用が必要です。

一方で、カードローンは現金を借りるためだけの専用カードであるため、より柔軟な借入が可能です。ただし、しっかりと返済計画を立てて、無計画な借入を避ける必要があります。

どちらを利用するかは個々のライフスタイルやニーズに依存しますが、どちらも無計画な利用は避けた方が良いでしょう。特に、返済計画をしっかりと立てないと、後で大きな負担になる可能性があります。

カードローンのリスクと危険性

カードローンの危険性とは何か

カードローンは手軽にお金を借りられる便利な手段ですが、その便利さが裏目に出て大きなリスクにつながる場合もあります。

  • すぐにお金が手に入るからこそ、計画性がなくなる
    カードローンで借りられる金額は少額から大額までさまざまです。急な出費があったときに頼りがちですが、計画性を欠いてしまうと借金が積み重なる可能性があります。
  • 高金利で返済負担が大きい
    金利が高い場合、返済額も大きくなります。最初は小額の借入でも、金利が加算されることで短期間で借金が急増するかもしれません。
  • 何度でも借りられるから依存してしまう
    一度限度額内で返済すれば再度借入が可能ですが、依存症につながりやすく、借金が雪だるま式に増えていく危険性があります。
  • 借入と返済の履歴が信用情報に影響
    借入や返済の履歴は信用情報として残ってしまうため、将来的に住宅ローンや車のローンが組みづらくなる可能性もあります。

カードローンは非常に便利なツールですが、その使い方一つで人生が大きく変わってしまうケースもあります。計画的な利用としっかりした返済計画が必要です。

違法業者からの借入れの危険性

違法業者からの借入れは、多くの点で非常に危険です。一度手を出してしまうと、金銭的にも精神的にも大きなダメージを受ける可能性があります。

  • 利子が法外に高い
    違法業者は、法で定められた上限を超える利子を取る場合が多いため、借金がどんどん膨らみ、返済が困難になります。
  • 取り立てが厳しい
    違法な方法での取り立てが行われることが多く、それが精神的なストレスにつながります。場合によっては、暴力的な取り立てもあり得ます。
  • 信用情報に大きな影響
    違法業者から借金をしてしまうと、その事実が信用情報に登録され、将来的に正規の金融機関からの借入が難しくなる可能性があります。
  • 罰則が課せられる可能性も
    違法業者からお金を借りる行為自体が問題とされる場合もあり、罰則が課せられる可能性もゼロではありません。

違法業者からの借入れは一切避けるべきです。急な資金調達が必要な場合でも、信頼できる金融機関や専門の相談機関へ相談することが重要です。

返済が長期化すると返済総額が増大する

借金の返済が長期化すると、返済総額が増える可能性が高くなります。短期間で返せる場合と比べて、長期間かかるとその間に利息が積み重なるためです。

  • 利息が複利で計算される
    多くの金融機関では借入金に対して複利で利息が計算されるため、返済期間が長くなればなるほど、利息の部分が大きくなります。
  • 返済計画の見直しが必要
    返済が長引くと、当初の返済計画が崩れる可能性があります。さらに返済期間を延長し、返済総額を増加させる原因となるかもしれません。
  • 途中での借り換えも要注意
    借り換えで低い利率を求めるのは一つの方法ですが、それでも新たな借入れが長期化すると、結局返済総額は増加する可能性があります。
  • 無計画な追加借入も厳禁
    追加で借金をしてしまうと、元本が増えるために返済総額も当然増加します。追加借入は計画的に行い、返済計画をしっかりと立てる必要があります。

返済期間が長くなると返済総額が増えるのは避けられません。できるだけ短い期間での返済を目指し、利息を抑える工夫が必要です。

必要以上の借入で多重債務に陥る可能性

必要以上にお金を借りてしまうと、多重債務の危険性が高まります。多重債務とは、複数の金融機関から借金を重ね、返済が困難になる状態を指します。

  • 借金の目的が曖昧
    借金の目的がはっきりしていないと、必要以上の借金をしてしまう可能性があります。明確な目的と計画を持つことが大切です。
  • 金利の積み重ね
    多重債務に陥ると、それぞれの借金で利息がかかります。利息が積み重なって、より返済が厳しくなる可能性があります。
  • 無計画な借り換え
    借り換えで低い利率を得られる場合もありますが、その都度手数料がかかる場合もあります。それが多重債務を深刻化させる場合も考えられます。
  • 返済計画が立てにくくなる
    多重債務に陥ると、どの借金から先に返済するべきかが分からなくなります。この状態では返済計画を立てづらく、さらに借金を重ねる危険性が生れます。

必要以上の借入は危険です。しっかりとした計画を持って借金をすること返済プランをきちんと考えることが重要です。

滞納が信用情報に与える影響

借金の滞納は信用情報に悪影響を与える場合があります。信用情報とは、個人の金融履歴をまとめたデータを指し、これが悪いと新たな借入やクレジットカードの発行が難しくなります。

  • 信用スコアの低下
    信用スコアは金融機関が貸し手を選ぶ際の基準の一つです。滞納すると、信用スコアが低下します。
  • 新規の借入が難しくなる
    信用情報が悪化すると、新たな貸出が難しくなる可能性が高まります。最悪の場合、どの金融機関からも借りられなくなるケースも考えられます。
  • クレジットカードの取得・更新問題
    滞納が信用情報に記録されると、クレジットカードの新規取得や更新ができなくなるかもしれません。
  • 住宅ローンなど大きな借入への影響
    信用情報が悪い場合、住宅ローンや車のローンなど、大きな借入も難しくなります。

滞納が信用情報に与える影響は大きいため、返済計画をしっかりと立て、滞納しないように心掛けましょう。

カードローンのメリットと賢い利用法

カードローンのメリットを知る

カードローンは便利な金融サービスですが、その便利さが逆に借金を増やしてしまうかもしれません。ただし、メリットを理解して賢く利用することで、多くの利点が享受できます。

ここでは、カードローンのメリットを確かめてみましょう。

  • 手軽に借りられる
    手続きは簡単で、審査も短時間で完了する場合が多いです。
  • 柔軟な返済プラン
    分割払いやリボルビング払いなど、返済方法が多様です。
  • 利用限度額が高い場合も
    信用情報が良好な場合、比較的高額な借入も可能です。
  • 緊急時の資金調達
    急な出費や緊急の際にも、すぐに資金を手に入れることができます。
  • オンラインでの手続き
    インターネット環境があれば、どこからでも借入・返済が可能です。

しかし、これらのメリットを享受するためには、計画的な返済が必要です。無計画な利用は、返済に苦しむ原因となりますので、注意が必要です。借入をする前に、しっかりと自分の返済能力を確認しましょう。

必要な時に必要な分だけ借入する

借金は緊急時の資金調達手段として便利ですが、その反面、管理が疎かになると問題が起きやすいものです。特にカードローンは手軽に借りられるため、ついつい必要以上に借りてしまいがちです。

無計画に借入すると以下のようなリスクが生じます。

無計画な借入のリスク

  • 返済期限が延びてしまいます。
  • 利息が積み重なる可能性があります。
  • 信用情報に悪影響を及ぼします。

以上のリスクを回避するためには、次の対策を講じる必要があります。

どうすれば良いのか

  • 借入前に返済計画を立てます。
  • 月々の返済額を把握します。
  • 緊急資金を用意します。

「必要な時に必要な分だけ」借りるという原則は、負債をコントロールし、経済的自由を維持するために不可欠です。

返済計画の立て方とシミュレーションの活用

借金をする際、返済計画は非常に大切です。計画が不十分なまま借金をしてしまうと、返済が困難になる可能性が高くなります。

返済計画は下記のステップで進めましょう

返済計画の基本ステップ

  1. 借入金額を確定する
  2. 利息や手数料を計算する
  3. 月々の返済額を設定する
  4. 返済期間を設定する

シミュレーションツールの活用

返済計画を立てる際には、オンラインのシミュレーションツールを活用すると良いでしょう。これを使うことで、返済期間や金額を変えた時の影響を簡単に確認できます。

  • 利点:数値を入力するだけで、総返済額や月々の返済額がわかります
  • 活用方法:シミュレーションで得た情報を元に、自分の生活費と照らし合わせて最適な返済プランを考えます。

シミュレーションを繰り返し行い、現実的な返済計画を立てることが重要です。しっかりと計画を立てて借入を利用すれば、無理なく返済を完了させることが可能です。

無利息期間を利用する方法

無利息期間は、一定期間利息が発生しない特典のことです。無利息期間を上手に利用することで、返済負担を減らせませす。

ここでは、無利息期間の活用ポイントと注意点を紹介します。

無利息期間の活用ポイント

  1. キャンペーンや特典をチェック:金融機関が無利息期間を提供しているか確認しましょう。
  2. 借入タイミング:無利息期間中に借入を行い、その期間中に返済を完了することが理想です。
  3. 期間内返済:無利息期間内に全額返済できない場合でも、できるだけ多く返済すると利息負担が減ります。

注意点

  • 期間が過ぎると高い利息が発生:無利息期間が過ぎると通常の利息が発生します。期間内に返済計画をしっかり立てる必要があります。

無利息期間を利用する際は、そのルールと自分の返済計画をしっかりと理解することが大切です。注意点も把握し、無利息期間を最大限に活用しましょう

安全なカードローンの選び方

推奨されるカードローンの選択基準

カードローン選びは慎重に行いたいものです。選び方によっては後で大変なことになる可能性もあります。

以下に、債務整理のプロが推奨する選択基準をご紹介します。

  1. 基本条件
    ・金利:低金利が魅力的ですが、それだけで選ばないように。金利が低くても手数料が高い場合もあります。
    ・返済プラン:自分の返済能力に合ったプランが選べるか確認しましょう。
  2. 信頼性
    金融機関の評判:口コミや評価を調べて、安全な金融機関を選びましょう。
  3. 特典・キャンペーン
    無利息期間:無利息期間があると、負担を減らすことができます。
  4. その他のポイント
    サポート:問題が発生した時に対応してくれるかも重要です。サポート体制を確認しましょう。

注意点や詳細条件もしっかりと確認し、自分に合ったカードローンを選びましょう。選択基準を理解し、後悔のない選択をすることが大切です。

金利や手数料が低いカードローンを選ぶ

金利や手数料はカードローンのコストに直結します。そのため、金利や手数料を軽く見ると後で厳しい返済状況に陥る可能性が高くなります。

以下に金利や手数料に関する注意点とカードローンの選び方を説明します。

  • 金利をチェック
    年利が低いほど、借りたお金に対する負担が少なくなります。金利の計算方法(日割り、月割り)も確認して、自分に合ったものを選びましょう。
  • 手数料を確認
    借入時や返済時にかかる手数料も少ない方がいいです。
    手数料が高いと、借りたお金自体は少なくてもトータルで見ると負担が大きくなります。
  • 一括返済と分割返済
    分割返済を選ぶ場合、金利が低いと総返済額が抑えられます。
  • 隠れたコストに注意
    一見金利や手数料が低くても、他に隠れたコストがないか確認が必要です。

低い金利や手数料は魅力的ですが、それだけで決めずに全体的な条件を確認しましょう。そして、自分の返済能力に合ったカードローンを選ぶように心掛けてください。

返済の利便性を考慮する

返済の利便性は、カードローンを利用する上で重要なポイントです。手続きが煩雑だと、返済を忘れたり、遅れたりするリスクが高くなります。

ここでは、利便性の高いカードローンを選ぶ際の注意点を紹介します。

  • 返済方法
    ATMやネットバンキングでの返済が可能かどうか確かめます。
    返済店舗が近くにあるか確認します。
  • 返済日の選択
    返済日が自分で選べるかチェックします。給料日に合わせることで、返済を忘れにくくなります。
  • 自動引き落とし
    自動引き落としの設定ができるかどうか確かめます。可能であれば、返済を忘れる心配がほとんどありません。
  • 事前通知サービス
    返済日前にリマインダーが送られてくるか。これも返済を忘れるリスクを低減します。

利便性が高いと、返済をスムーズに行えるため、滞納するリスクも減ります。特に、忙しい人や多忙な日常を送る人にとっては、返済の利便性は非常に重要な要素となります。

即日融資可能なカードローンの選び方

急な出費や緊急事態でお金が必要なとき、即日融資可能なカードローンは強い味方です。しかし、急いで選んで後悔することのないように、以下のポイントを考慮しましょう

  • 金利
    低金利か高金利か確認する。急いで借りるからといって、高金利を払い続けるのは得策ではありません。
  • 審査時間
    審査にどれくらいの時間がかかるのか確かめましょう。即日融資をうたっていても、審査に時間がかかっては意味がなくなってしまいます。
  • 融資方法
    振込融資か窓口融資か確認します。自分に合った融資方法が選べるかどうかも重要です。
  • 返済プラン
    分割返済や一括返済など、返済方法が柔軟かどうかもチェックしましょう。急な借入だからこそ、後で返済に困らないようにすることが重要です。
  • 口コミや評判
    他の利用者の評価が高いか低いかも参考になります。

即日融資可能なカードローンは便利ですが、その後の返済が重荷にならないように慎重に選ぶ必要があります。以上のポイントを参考に、自分の状況に最も適したカードローンを選びましょう。

代替的な資金調達方法

カードローン以外の資金調達方法を探る

カードローンは手軽にお金を借りる方法の一つですが、金利や返済の問題もあります。そのため、他にも資金調達の手段はいくつか存在します。

ここでは、代替え的な資金調達方法について紹介します。

  • 銀行の融資
    銀行は安全で、金利も比較的低い場合が多いです。
  • 信用組合や商工ローン
    小規模な事業者やフリーランスに特化した融資があります。
  • 資産を活用
    保有している不動産や預貯金を担保に融資を受ける方法もあります。
  • 親族や友人からの借入
    金利がかからない場合も多いですが、人間関係が悪化するリスクもあります。
  • クラウドファンディング
    プロジェクトを支援してもらう形で資金を集めることができます。
  • リースやレンタル
    機械や車など、必要なアイテムを購入する代わりにリースやレンタルを利用する方法もあります。

各方法にはメリットとデメリットがあります。自分の状況や必要な金額、返済能力に応じて最適な方法を選びましょう。カードローンだけに頼らず、多角的に資金調達の選択肢を考えることが重要です。

フリーローンや公的機関の利用

フリーローンと公的機関の融資は、資金調達の選択肢として考慮する価値があります。それぞれの特徴と利点を知って、賢く利用しましょう

フリーローンの特長

  • 用途が自由で、手続きが簡単です。
  • インターネットで24時間申し込み可能です。

公的機関の融資の特長

  • 金利が低い傾向にあります。
  • 安定した返済プランが組みやすいといえます。
  • 支援が充実している場合が多いです。

フリーローンのメリット

  • 審査が早く、急な出費に対応できます。
  • オンラインで全ての手続きが完了する場合もあります。

公的機関の融資のメリット

  • 金利が低いため、返済負担が軽減されます。
  • 長期的なビジネスプランに合わせた融資が可能です。

どちらも一長一短がありますので、必要な金額や返済期間、金利などを比較検討しましょう。特に、公的機関の融資は事前に相談できる場合が多くあります。

不要品の売却や日払いアルバイトの検討

資金調達の方法として、不要品の売却や日払いアルバイトも選択肢の一つです。不要品の売却や日払いアルバイトは、短期的な資金調達に非常に効果的です。

不要品の売却の特長

  • 手元にあるものを現金化できます。
  • 無料で出品できるフリマアプリが多くあります。
  • 滞納すると、信用スコアが低下します。

不要品の売却のポイント

  • 売れやすい商品を選びましょう(例:家電、ブランド品など)。
  • 商品の状態を正確に記載しましょう。

日払いアルバイトの特長

  • 働いたその日に給料をもらえます。
  • スキルや資格がなくても働ける場合が多いです。

日払いアルバイトのポイント

  • 所得税や社会保険料が自動で引かれるケースもあります。
  • 勤務地や職種を柔軟に選べます。

不要品の売却は手持ちの資産を活用する良い方法です。ただし、価格がつかない場合もあります。日払いアルバイトは即日給料がもらえる利点がありますが、長期的な安定性はありません。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるので、状況に応じて選ぶことが大切です。

カードローンに関するよくある質問

カードローンのQ&A

多くの人が疑問に思うカードローンに関する質問と、その答えを簡単にまとめました。

Q1: カードローンとは何ですか?

A1: カードローンは金融機関が提供する、カードを使って短期間で資金を借りられるサービスです。

Q2: どれくらいの金額を借りられますか?

A2: 借りられる金額は金融機関や審査によって異なります。一般的には数万円から数百万円です。

Q3: 利息はどのくらいかかりますか?

A3: 利息は金融機関やプランによって異なりますが、年率で数%から数十%まで変わります。

Q4: 無利息期間はあるのですか?

A4: 一部の金融機関では、最初の数週間〜数ヶ月は無利息で借りられるプランがあります。

Q5: 返済はどうすればいいですか?

A5: 返済方法は金融機関によって異なりますが、一般的には口座振替やATMでの返済が主流です。

Q6: 信用情報に影響はありますか?

A6: 返済を滞らせると信用情報に悪影響が出る可能性があります。

各金融機関が提供する条件やプランは異なるため、比較検討して自分に合ったものを選ぶことが重要です。特に利息や返済条件はしっかりと確認しましょう。

カードローンと闇金業者の違い

カードローンと闇金業者は一見似ていますが、実際には大きな違いがあります。

法的根拠

  • カードローンは金融機関が提供する正規のサービスです。
  • 闇金業者は違法な活動であり、法的に認められていません。

利息

  • カードローンの利息は法で制限されています。
  • 闇金業者は法的制限を無視し、高額な利息を取ることがあります。

契約手続き

  • カードローンは契約書や明確な利息表があります。
  • 闇金業者は手続きが不明確で、後から条件を変更することもあります。

信用情報

  • カードローンの利用状況は信用情報機関に登録されます。
  • 闇金業者は信用情報機関と関係がないため、信用情報に影響はありませんが、違法な取引です。

対応策

  • カードローンで問題が起きた場合、法的に解決策があります。
  • 闇金業者とのトラブルは警察や専門機関の介入が必要です。

以上のように、カードローンと闇金業者は大きく異なります。正規の金融機関を利用し、違法な闇金業者は絶対に避けるようにしましょう。

審査に通りやすいカードローンの存在

審査に通りやすいカードローンも確かに存在します。しかし、その背景を理解することが重要です。

ここでは、審査に通りやすいカードローンについて解説します。

緩い審査基準

  • 審査が緩いカードローンは多くの人に利用されやすいです。
  • しかし、緩い審査が故に、返済計画が甘くなる危険性もあります。

高い金利

  • 審査が緩い分、金利が高く設定されることが多いです。
  • 返済計画をしっかり立てないと、高い金利が重荷になります。

利用目的

  • 審査が緩いカードローンは緊急時に便利です。
  • ただし、無計画な利用は避け、必要最低限の金額だけを借りるよう心掛けましょう。

注意点

  • 審査が緩いからといって、それが全ての人に適しているわけではありません。
  • 自分の返済能力を確認し、無理なく利用できるサービスを選ぶべきです。

審査が緩いカードローンは便利な一面もありますが、それにはリスクも伴います。しっかりとした返済計画を立て、自分に合ったサービスを選びましょう。

まとめ

カードローンは手軽にお金を借りられる便利なサービスですが、その便利さが裏目に出る場合もあります。この記事では、カードローンの危険性について解説します。

  1. 過度な借入
    カードローンはあまりに手軽なため、つい多額の借金をしてしまうケースがあります。借金が膨らむと、利子も大きくなり、返済が困難になる可能性が高まります。
  2. 高い金利
    一般的にカードローンの金利は高めです。
    返済が遅れると、高い金利がさらに追加され、借金は雪だるま式に増加します。
  3. 緩い審査基準
    審査が緩いカードローンもありますが、それは返済計画を甘く見るリスクがある場合も含まれるため、注意が必要です。
  4. 突如変わる金利と条件
    金利や返済条件が突如として変わる可能性もあります。
    契約時には低かった金利が、後に上がってしまう場合も考えられます。
  5. キャッシングリボルビング払い
    リボ払いは返済が緩やかで楽に感じますが、実際は高い利息がかかっています。
    最終的には、元本以上の金額を返済することになる可能性が高いです。

まとめ

カードローンは便利ですが、その便利さがトラブルを引き起こす場合もあります。以下のように注意を払いましょう

  • 借りる前に、しっかりと返済計画を立てます。
  • 緊急の必要がない限り、高金利のカードローンは避けましょう。
  • 自分の返済能力を過信せず、必要最低限の金額だけを借ります。

しっかりとした計画と自制心があれば、カードローンの危険性は格段に減少します。借金は最後の手段と考え、他の資金調達方法も検討するようにしましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION