COLUMN

債務整理

2023.11.182023.12.14 更新

一見すると関係ないように思える借金と株は、実は密接につながっています。借金を抱えながら株で一攫千金を狙う、あるいは借金返済のために株に手を出すという現実がありますが、逆に失敗してしまい、大きな悩みと不安を抱える方々がいます。

この記事では「資産を増やしたいけど借金もある」、そのような方々に向けて、株式投資のリスクを正しく理解し、賢い投資をするためのヒントを紹介します。お金に関する悩みは人それぞれですが、記事を読むことで少しでも前に進むための方法を見つけられます。一緒に確認していきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

株と信用取引の基本理解

株の基本的な取引方法のリスク

株取引はリターンが大きい一方で、リスクも存在します。債務問題を抱える人が株に手を出す前に知っておくべきリスクをお伝えします。

  • 価格変動リスク
    株価は絶えず変動します。一瞬のうちに投資金額が減少する可能性もあります。
  • 流動性リスク
    いざというときに株がすぐに売れない可能性もあります。特にマイナーな銘柄は売却が難しい場合があります。
  • 情報リスク
    適切な情報がないと、不利なタイミングで売買をしてしまう可能性があります。
  • レバレッジリスク
    信用取引などで借金をして投資する場合、リスクは一気に高まります。
  • 税金と手数料
    利益が出た場合、税金や手数料も考慮に入れなければなりません。

債務を抱える人が株取引をする場合、これらのリスクはさらに重くのしかかります。借金返済が滞る可能性もあるため、十分にリスクを理解した上で取引を始めるようにしましょう。

信用取引とは何か?

信用取引とは、実際にお金を支払うより多くの株を売買できる仕組みです。この方法では証券会社が一時的に資金や株を貸してくれます。

しかし、債務がある人にとっては危険な場合もあります。次の内容をしっかり確認しましょう。

メカニズム

  • 信用倍率
    証券会社によっては、元の資産の数倍まで取引ができます。
  • 制度信用と一般信用
    制度信用は短期、一般信用は長期で借りられます。
  • 担保金
    取引を始める前に、一定の金額(担保金)を証券会社に預けます。
  • 追証
    株価が大きく動き、担保金が不足すると、追加でお金を預ける必要が出てきます。

注意点

  • 高いリスク
    多くの資金を動かすため、損失も大きくなるかもしれません。
  • 追証の可能性
    予想に反して株価が動けば、追加でお金を用意する必要があります。
  • 手数料と金利
    貸し出された株や資金には金利がかかります。

債務を持つ人が信用取引で失敗すると、返済計画にも影響が出ます。債務がある場合は、信用取引を行う前に十分なリスクヘッジと資産管理が必要です。安易な信用取引は避け、債務の返済に専念する方が賢明といえるでしょう。

空売りのリスクと損失の可能性

空売りとは、持っていない株を売る取引です。値下がりすると予想して行いますが、債務を抱える人には慎重な判断が必要です。

以下に、リスクと損失の可能性について紹介します。

リスク

  • 無限の損失
    株価が上がると、損失は理論的に無限大になりえます。
  • 買い戻しの義務
    売った株はいずれ買い戻さなければならないため、買い戻し時の価格が高ければ高いほど損失が大きくなります。
  • 手数料と金利
    空売りにも手数料がかかりますし、借りた株の金利も支払う必要があります。
  • 株の供給
    売りたい株が市場にない場合、空売りができません。
  • 制限と規制
    市場が不安定なときには、空売りが制限される場合もあります。

債務がある人が空売りで損をすると、それが債務の返済にも影響を与えかねません。よって、十分なリスク認識と資産管理が必要です。特に債務を抱えている人は、スクが高い空売りよりも、確実な資産形成を目指す方が安全です。

信用取引の危険性と対策

信用取引とは一部の金額を借りている!

信用取引とは、株を即座に全額現金で購入するのではなく、一部の金額を借りて取引を行う方法です。一見魅力的に見えますが、債務問題を抱える人にとっては大きなリスクがあります。

仕組み

  • 買い信用
    一定期間内に株を買い戻す約束で、株を購入します。
  • 売り信用
    一定期間内に株を返却する約束で、株を売ります。

リスク

  • 価格変動リスク
    少ない資金で大量の株を買えるため、株価の変動が大きく影響します。
  • 追証リスク
    株価が不利な方向に動くと、追加でお金を用意しなければならない場合があります。
  • 高い手数料
    信用取引には手数料がかかる場合が多く、利益が出てもその分が減る可能性があります。
  • 短期間での損益
    一定期間内に決済しなければならないため、短期間での損益が問題になります。

債務を抱えていると、これらのリスクが重症化し、返済債務がある場合は、信用取引を行う前に十分なリスクヘッジと資産管理が必要です。安易な信用取引は避け、債務の返済に専念する方が賢明といえるでしょう。

なぜ信用取引は「危険」と言われるのか

信用取引が「危険」とされる主な理由は、高いリスクとその後の負の連鎖です。具体的には以下のような点が挙げられます。

高いリスク

  • 大きな損失の可能性
    資産の数倍にもなる金額で取引ができるため、失敗すればその分、大きな損失が出ます。
  • 追証のリスク
    株価が不利な方向に動くと、証券会社から追加の担保金を要求される場合があります。

負の連鎖

  • 債務の増加
    大きな損失が出た場合、それが新たな債務となり、既存の返済計画に影響を与えるかもしれません。
  • 心理的ストレス
    負債が増えると、それによる精神的な負担も大きくなります。
  • 信用情報への影響
    大きな損失や追証によって信用情報が悪化すると、今後の資金調達が難しくなる場合もあります。

債務を抱えている人にとって、信用取引のリスクはさらに高まります。債務がある場合、まずはその整理に専念し、安易な取引は避けたほうが良いでしょう。

レバレッジのかけ方で適切なリスクコントロールができる

レバレッジを使うと、少ない資本で大きな取引が可能です。ただし、これが失敗につながると、債務がさらに増える危険性があります。

適切なリスクコントロールを行うためには、以下のポイントが重要です

限定的なレバレッジの使用

  • 小額から始める
    初めてレバレッジを使用する場合は、可能な限り小額から始めましょう。
  • レバレッジ倍率の選択
    高すぎる倍率は避け、自分が負担できる範囲でレバレッジ倍率を選びます。

資金管理の徹底

  • ロスカット設定
    事前に損失が拡大する前に取引を自動的に終了するロスカットを設定します。
  • 利益確定のタイミング
    利益が出た場合でも、欲を出さずに一定の利益が確保できた段階で取引を終了します。

継続的な監視

  • マーケットの動き
    常に市場の動きをチェックし、状況に応じて戦略を見直しましょう。
  • 自己分析
    成功した取引、失敗した取引を反省し、次回に活かします。

債務を持っている人がレバレッジを用いる場合、特に注意が必要です。リスクを最小限に抑えるためにも、上記のようなリスクコントロールの手法を取り入れることを考慮しましょう。

信用取引で、もっとも避けたい「追証」

信用取引では、「追証」と呼ばれる非常に危険な状況があります。追証とは、証券会社から追加でお金を振り込むよう要求されることを指します。追証が発生すると、債務が一気に増加する可能性があります。

追証が発生するメカニズム

  • 株価の急落
    借りた株が急に価値を失うと、担保不足に陥ります。
  • 担保の不足
    買った株が思い通りに上がらず、担保が不足する場合も追証の対象となります。

追証を避ける方法

  • ロスカットの設定
    大きな損失を防ぐために、ロスカットラインを事前に設定しましょう。
  • 適切なレバレッジの選択
    高いレバレッジはリスクも高いので、慎重に選びます。
  • 余力を持った資金管理
    追証を避けるためには、自分がどれだけの資金で取引しているのかを常に把握しておくことが重要です。

債務問題を抱えている方が信用取引を行う場合、追証は絶対に避けたい状況です。しっかりとしたリスク管理を行い、安全な取引を心がけましょう。

追証が発生する仕組み

追証が発生する仕組みを理解することは、債務を抱えるリスクを減らすために重要です。

  • 株価が急落した場合
    株価が急に下がると、貸してもらった株の価値も減少します。
    この価値の減少により、証券会社が設定した一定の水準(維持率)を下回ると、追証が発生します。
  • 担保が不足した場合
    信用取引で使われる担保が、株価の変動で不足すると、追証の対象となります。
  • 利息負担
    信用取引は貸し付けによる取引なので、利息が発生します。
    利息負担が想定以上に増加すると、それが原因で追証が発生する場合もあります。

債務が増えるリスクを避けるためにも、追証の仕組みをしっかりと理解し、信用取引を行う際には最大限の注意を払いましょう。

追証を発生させないためには

追証は、信用取引で急に発生する可能性のある怖いものです。追証を発生させないためには具体的な方法があります。

  1. 資産を適切に分散する
    全ての資産を一つの株や商品に投資しないようにしましょう。
    複数の株や商品に分散投資をすることで、リスクを減らすことができます。
  2. 維持率を常にチェック
    維持率とは、自分が持っている担保の価値がどれだけあるのかを示す数値です。維持率が一定水準を下回ると追証が発生しますので、常にチェックしましょう。
  3. 利用額を抑制する
    信用取引できる最大額いっぱいまで利用しないように心掛けましょう。余裕をもって取引をすることで、急な株価の変動にも柔軟に対応できます。
  4. 利息の負担を計算
    信用取引は利息がかかるので、その負担を事前に計算しておくことが大切です。
  5. 短期間での利益を狙わない
    長期的な視点で投資を行い、短期間で大きな利益を狙わないようにすると、リスクは減少します。

以上の方法を実践することで、追証のリスクを大きく減らすことが可能です。信用取引をする際には、これらのポイントを意識して安全な取引を心がけましょう。

株式投資と借金のリスク管理

株式投資で借金が発生することはある?

株式投資で借金が発生する可能性はあります。特に信用取引やレバレッジを使用すると、そのリスクは高まります。以下の内容を確認しましょう。

  • 信用取引の場合
    信用取引では実際の資産以上の金額で取引ができます。
    株価が予想に反して動くと、追加で資金を供給する必要が出てくる場合があります(追証)。
  • レバレッジを使用する場合
    レバレッジとは、少ない資金で大きな取引ができる手法です。
    しかし、レバレッジをかけると、損失も大きくなるため注意が必要です。
  • 利息と手数料
    信用取引には利息が発生します。
    長期間保有すると、その利息が積み重なり借金となる可能性があります。
  • 逆日歩
    株式が貸し出し制限に達した場合、逆日歩と呼ばれる追加費用がかかることがあります。

これらのポイントを考慮しながら投資を行うことで、借金を発生させないように注意が必要です。リスクをしっかり理解し、自分の資産とリスクを照らし合わせて取引を行いましょう。

株で借金をしないためのポイント

株式投資はリスクが伴いますが、借金をしないためには下記のようにいくつかのポイントがあります。

  1. 自己資金だけで取引
    信用取引やレバレッジを使わず、自己資金だけで取引を行うことで、損失が出ても借金にはなりません。
  2. リスクヘッジ
    株の分散投資を行うことで、一つの株で大きな損失を出しても全体のダメージを抑えられます。
  3. 予算の設定
    利用可能な資金を明確に設定して、その範囲内で取引を行います。
  4. 情報収集と分析
    市場情報や企業の業績などをしっかりと把握し、計画的に投資することが重要です。
  5. 定期的な見直し
    市場状況や自身の投資戦略に変化があった場合、定期的に投資ポートフォリオを見直しましょう。
  6. 利益確定と損切り
    利益が出たら一定のポイントで利益確定をします。
    逆に、損失が出たら早めに損切りをすることが重要です。

これらのポイントを意識して、株式投資で借金をしないように注意をはらいましょう。投資は計画的に行い、常に自分の資産とリスクを考慮してください

資金がないときに借金以外で株式投資をする方法

資金がない状態で株式投資を考えている場合、借金を避けつつ賢く投資する方法がいくつかあります。

  1. 小額投資
    小額から始められる株式投資サービスを利用します。たとえば、1株から購入できるサービスもあります。
  2. 積み立て投資
    毎月一定の小額を積み立てて投資する方法は、リスク分散も期待できます。
  3. 投資信託
    これも小額から始められる場合が多く、プロが運用しているため初心者でも安心です。
  4. 資産の再配分
    すでに保有している他の資産(貴金属、不効期間の長い預金など)を現金化して投資資金にします。
  5. サイドビジネスや副業
    余裕のある時間で働き、その収益を投資に回しましょう。
  6. 友人や家族からの借入れ
    利息が低いか無いケースもあるが、返済計画はしっかりと立てる必要があります。
  7. クラウドファンディング
    少額から投資できるプロジェクトが多く、リターンも期待できる場合があります。

注意点としては、いずれの方法もリスクが伴うため、しっかりとした計画とリスク管理が必要です。特に友人や家族からの借入れでは、関係がこじれないよう十分注意してください。借金ではないとはいえ、資金の出処が確保できたら、その後の運用計画もしっかりと立てましょう。

返済義務の有無「債券と株式の違い」

債券と株式は投資商品ですが、それぞれには返済義務に大きな違いがあります。この違いを知ることで、借金問題に陥るリスクを減らすことができます。

債券の特性

  • 債券を購入すると、あらかじめ決められた期間と金利で元本と利息が返ってきます。
  • 返済が確定しているため、比較的安全な投資とされています。

株式の特性

  • 株を購入すると、その企業の一部の所有者になります。
  • 利益が出れば配当がもらえますが、損失を被ると元本が減る可能性もあります。

返済義務の違い

  • 債券:発行者が元本と利息を返済する義務があります。
  • 株式:企業が利益を上げた場合にのみ、配当が支払われます。

債務問題への影響

  • 債券:元本保証が多いため、債務問題にはつながりにくい特徴があります。
  • 株式:元本が減るリスクがあり、投資に失敗すると債務問題につながる可能性が高いといえます。

これを踏まえ、投資先を選ぶ際は自分のリスク許容度をよく考え、資産を多角化することが大切です。特に債務問題を抱えている場合、リスクの高い投資は避け、安全性の高い商品を選びましょう。

株の借金問題と解決策

株で作った借金の債務整理は可能?

株で作った借金も債務整理の対象になることがあります。しかし、その方法や条件は通常の消費者金融の借金とは異なる場合もあるので、注意が必要です。

債務整理の種類

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

これらの手続きは、株で作った借金にも適用可能ですが、個別の状況によります。

注意点

  • 株で作った借金が「資産」と見なされるケースがあります。資産として扱われると、債務整理が難しくなるかもしれません。
  • 信用取引での借金は、通常の借金とは異なる扱いを受ける場合があります。
  • 株がある程度の価格を持っていれば、株を売却して借金を返済する選択肢もあります。

債務整理をする前に、専門の弁護士や司法書士に相談することが重要です。特に株で作った借金がある場合、一般的な債務整理とは異なる点が多いため、プロのアドバイスが受けることをおすすめします。

株式投資で借金ができてしまったときの対処方法

株式投資で借金ができてしまった場合、早急な対処が必要です。以下は、株式投資で借金ができてしまったときの対処方法です。

借金の全体像を把握する

  • 残高
  • 利息
  • 返済期限

これらを明確にし、どれくらいの金額が必要か計算します。

緊急資金を確保する

  • 貯金
  • 家族や友人からの借入れ
  • 高利回りの株の売却

どうしても返済が難しい場合は、緊急で資金を確保する方法を考えます。

弁護士や司法書士に相談する

  • 債務整理の方法
  • 任意整理や個人再生などの選択肢

専門家の意見を聞くことで、最適な対処方法が見えてきます。

返済プランを立てる

  1. 利息の高い借金から返済
  2. 株の売却で得た利益を返済に充てる
  3. 分割払いの交渉

計画的に返済を進めることが大切です。

債務整理を検討する

借金の額によっては、債務整理が必要な場合もあります。それには以下の方法が考えられます。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

これらは株で作った借金にも通常適用可能ですが、個々の状況によって選択肢が異なる場合もあります。

株で借金を作ってしまった場合、焦らず冷静に状況を把握し、早めに専門家に相談することが重要です。借金の状況や返済可能性に応じて、最適な対処方法を選んでいきましょう。

株で借金を負う原因

株式投資にはリスクが伴いますが、特に借金を負う可能性が高まる原因がいくつかあります。以下で詳しく解説します。

レバレッジを使いすぎる

  • 資金以上の金額で株を購入してしまいます
  • 利益が出れば倍増するが、損失も大きくなる可能性があります。

レバレッジは利益を大きくする道具ですが、使いすぎるとリスクも高まります。

リスク管理が不十分

  • 損切りラインの設定がない場合はリスクが高まります。
  • 投資額が収入や貯金に比べて大きい点もリスク管理の難しいところです。

しっかりとしたリスク管理がされていないと、少しの損でも大きな借金につながる可能性があります。

追証による追加資金調達

  • 株価が急落
  • 保有株の評価損で口座残高がマイナスになります。

追証が発生すると、追加で資金を入れなければならなくなり、それが借金につながる場合があります。

知識と経験の不足

  • 市場の動きを理解していないケースもあります。
  • 過去の成功に過度な自信を持ってしまう場合があります。

投資の基本的な知識や経験が不足していると、選択ミスから大きな損失を出してしまうかもしれません。

借金を負わないためには、これらの原因をしっかりと理解し、適切な対策を講じる必要があります。特に、リスク管理と資金管理は投資で成功するための基本ですので、初心者でもしっかりと学ぶことが大切です。

株で作った借金を放置するとどうなる?滞納後の流れ

株で作った借金を放置すると、さまざまな問題が発生します。具体的な流れを以下に説明します。

  1. 催促状が届く
    放置していると、最初は催促状が届きます。
    最初は手紙や電話での連絡が主です。
  2. 信用情報が悪化
    支払いが滞ると、信用情報機関に情報が登録されます。
    信用情報の悪化によって、新たな借入れやクレジットカードが使えなくなる場合もあります。
  3. 利息が膨らむ
    放置している間にも利息はかかり続けます。
    元金だけでなく、利息も払わなければならない状況に陥ります。
  4. 訴訟・差押え
    長期間放置すると、裁判所を通じてお金を回収する手続きが始まります。
    最終的には給料や財産が差押えられる可能性もあります。
  5. 破産の可能性
    借金が膨らみすぎて返済が不可能な場合、破産するしかなくなるケースも考えられます。

放置していると、以上のような厳しい結果を招きます。早めの対応が何よりも重要です。専門家に相談して、債務整理の方法を選ぶことも一つの手段です。

株で作った借金を債務整理する場合の注意点

株で作った借金を債務整理する場合、特有のポイントに注意が必要です。以下に詳しく説明します。

借金の種類を確認

  • 株で借金を作る方法はいくつかあります(信用取引、融資など)。
  • 借金の種類によって適用される債務整理の方法が異なる可能性があります。

信用情報への影響

  • 債務整理を行うと、信用情報に記録されます。
  • 信用情報の記録により、新たな投資や借入れが難しくなるかもしれません。

総額制限規制

  • 信用取引での借金は、総額制限規制の対象外である可能性が高いです。
  • 総額制限規制が適用されないと、債務整理が難しくなる場合もあります。

専門家の選定

  • 株関連の借金は専門性が高いため、一般的な債務整理の専門家では対応できないことがあります。
  • 株や金融商品に詳しい専門家に相談することが重要です。

返済後の投資活動

  • 債務整理後も投資を続ける場合、どのような制限がかかるのかを事前に確認しておくことが大切です。

注意深く行動することで、株で作った借金も無事に整理できるでしょう。何か問題があれば、すぐに専門家に相談することが最も安全な方法です。

株取引での損失経験と対策

株で大損して悲惨?大損失を出した体験談を紹介

株式投資は利益を得る一方で、大損するリスクもあります。以下では、大損した体験談を紹介し、その教訓についてお伝えします。

信用取引での大損

  • 体験談1: 信用取引で大量に株を購入したが、急な市場の下落で売却が間に合わず、追証を呼び寄せた。
  • 教訓: 信用取引はリスクが高い。自分の資産とリスクをしっかりと理解しないと、大損する可能性がある。

IPO投資での大損

  • 体験談2: IPO(新規公開株)で一夜にして儲かると考え、大量に購入。しかし、公開後の価格が暴落し、大損。
  • 教訓: IPOは情報が少なく、リスクが高い。十分なリサーチと理解が必要。

人のアドバイスに従い大損

  • 体験談3: 友人やネットの情報に基づき投資。結果、大損。
  • 教訓: 他人のアドバイスに盲目的に従わず、自分自身でしっかりとした分析が必要。

高額な手数料での大損

  • 体験談4: 頻繁に売買を行った結果、手数料だけで大損。
  • 教訓: 頻繁な売買は手数料がかさむ。コストを考慮した投資戦略が必要。

大損してしまった場合、債務整理の選択肢も考えられます。しかし、その前に投資の基本から学び直し、リスクをしっかりと理解することが重要です。問題が起きたら、専門家に相談することも念頭においておきましょう。

株で大損をしたくない方は別の資産運用法も検討しよう

株式投資は一つの資産運用方法ですが、リスクが伴います。大損を避けたい場合、他の資産運用の方法も検討するとよいでしょう。

定期預金

  • リスク: 低い
  • 利益: 低い
  • 特徴: 金利が保証されている。

投資信託

  • リスク: 中程度
  • 利益: 中程度
  • 特徴: プロが運用してくれる。

不助産業

  • リスク: 中~高
  • 利益: 中~高
  • 特徴: 土地や建物は価値が残る。

NISA(少額投資非課税制度)

  • リスク: 株と同等
  • 利益: 株と同等
  • 特徴: 利益にかかる税金が非課税。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

  • リスク: 取扱い商品による
  • 利益: 取扱い商品による
  • 特徴: 税制優遇あり。退職後に利用可能。

株で大損をするリスクを減らすには、これらのような他の資産運用方法も積極的に検討してみてください。そして、もし借金が発生してしまった場合は、早めに専門家に相談しましょう。

まとめ

株式投資は大きな利益をもたらす可能性がありますが、その裏には高いリスクも潜んでいます。注意しないと、借金で手が回らなくなる可能性があります。

以下に、株式投資のリスクと対策を解説しますので確認しましょう。

レバレッジ効果の危険性

  • 特にマージン取引で高まるリスク
  • 元本以上の損失が出る可能性
  • 追証が発生し、追加の支払いが必要になることも

市場リスク

  • 株価は社会情勢や経済状態に左右される
  • 株価暴落の可能性もあり

リスクを最小化する方法

  1. 資産の分散: 一つの企業に依存しないようにすましょう。
  2. 情報収集: 企業分析、市場分析を怠らないようにします。
  3. 専門家の助言: 投資のプロや信頼できる専門家に相談しましょう。

借金が発生した場合の対処法

  • 早めに債務整理の専門家に相談します。
  • 自己破産、任意整理、個人再生などの方法があります。
  • それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるので、専門家の意見を求めることが重要です。

株式投資を行う際は、これらのリスクをしっかりと理解して、無理なく、計画的に投資することが大切です。もし何らかの理由で借金が発生してしまった場合は、専門家に相談して適切な債務整理の方法を選ぶなど、早めの対応をおすすめします。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION