COLUMN

債務整理

2023.11.192023.12.14 更新

借金と金利といった言葉が頭に浮かぶだけで、多くの人が重い気持ちになるでしょう。金利が高ければ雪だるま式に借金が増えていきます。その状況に陥ると、本当に心が折れそうになりますよね。

しかし、悩みを抱えているのはあなただけではありません。多くの人が同じような悩みを抱えており、悩みを解決するための方法があるのも確かなのです。

この記事では、借金と金利に関する基本的な情報から、具体的な解決方法までわかりやすく解説していきます。借金と金利の悩みを軽減しながら、少しずつ歩みを進められるよう一緒に内容を確認していきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

金利、利息、年利の基本的な違いとは?

金利:借入金額に対する利息の割合

金利は、借りたお金に対して支払う「貸してもらう代金」のようなものです。金利が高ければ高いほど、借金は大きくなってしまいます。金利がいくらか、そしてそれがどのように計算されるのかを理解することは、借金問題に対処する第一歩です。

以下に、金利の種類や計算式、注意点などを説明します。

金利の種類

  • 年利: 1年間で借りた金額に対してどれくらいの利息がかかるのか。多くの場合、この年利を基に月々の返済額が決まります。
  • 月利: 年利を12ヶ月で割ったもの。短期間の借入でよく用いられます。

金利の計算方法

簡単な例で考えてみましょう。

  • 借入金額: 100万円
  • 年利: 5%

この場合、1年間での利息は100万円 × 0.05(5%) = 5万円となります。

注意点

  • 金利が複利の場合、借金はさらに高くなりやすいです。
  • 遅延損害金も考慮すると、実質的な負担はさらに増えてしまいます。

借金をする際には、これらの金利についてしっかりと確認し、自分がどれだけの負担を背負うことになるのかを理解することが重要です。把握できれば、借金が雪だるま式に増えてしまうリスクを回避できます。

利息:元本に追加して支払うお金

利息は借金やローンの元本に加えて支払わなければならないお金です。元本だけではなく、この利息が加わることで返済額は増えます。多くの人が利息によって借金が膨らみ、ついには返済が難しくなるケースがあります。

以下に、利息の種類と特徴、利息を減らす方法について解説します。

利息の種類

  • 単利: 元本だけに利息がかかるタイプです。
  • 複利: 利息にも利息がかかるタイプで、これが続くと借金が急激に増加します。

利息が膨らむメカニズム

仮に、100万円借りて年利10%の場合、1年後には元本と利息合わせて110万円になります。複利の場合はさらに高くなります。

利息を減らす方法

  • 早期返済: 利息は時間がかかればかかるほど増えるので、早く返すことが肝心です。
  • 金利の低いローンに借り換え: 高金利の借金を低金利の借金に変えることで、利息の負担を減らせます。

利息がどれだけかかるのか、しっかり計算してから借金やローンを組むようにしましょう。

利子:利息とはどう違う?

利子と利息の意味は微妙に違います。利子はお金を貸している側が貸したお金に対して受け取る報酬全体を指します。一方で、利息は狭義には金融商品や貸付において、一定期間に発生する利子のことを指します。

ここでは利子と利息の違いについてわかりやすく解説します。

利子と利息の主な違い

  • 範囲: 利子は広義で、利息はその一部です。
  • 用途: 利子は様々な形で存在しますが、利息は主に金融商品やローンに関連します。

例で見る違い

  • 利子: 定期預金によって得られる利益、株式の配当などです。
  • 利息: クレジットカードの借金、住宅ローンなどで発生します。

注意点

  • 利息制限法: 高すぎる利息は法的に制限されていますが、利子にはそれが必ずしも適用されるわけではありません。

利子はより広い範囲で使われる言葉であり、利息は特定の状況で発生する利子の一形態です。この違いを理解して、自分がどれくらいの負担を背負っているのかをしっかり把握しましょう。

年利:1年間に支払う利息の割合

年利とは、1年間に支払うべき利息の割合を指します。この数字をしっかり把握することで、借金の全体像がよくわかります。たとえば、年利5%の借金がある場合、1年間で元本の5%が利息として発生します。

年利の計算方法

例えば、10万円を90日間借りて、利息が1,500円だった場合の年利は以下のように計算できます。

  1. 利息額 ÷ 借入金額 = 1,500円 ÷ 100,000円 = 0.015
  2. 0.015 × 365 ÷ 90 = 0.0608
  3. 0.0608 × 100 = 6.08%

したがって、この例の年利は約6.08%となります。

年利の計算は借入条件や返済プランによって異なる場合があるため、借入時の契約内容や金融機関の指定する計算方法を確認することが重要です。

年利と月利

  • 年利を12で割ることで月利が計算できます。
  • ただし、単に12で割った月利を12か月足すと、実際の年利とは異なる場合があります。

高い年利の危険性

  • 高い年利の借入は、返済負担が大きくなります。
  • 特にカードローンやキャッシングは年利が高めに設定されているケースが多いため、注意が必要です。

債務整理と年利

  • 高い年利の借金は債務整理の対象になりやすい傾向があります。
  • 債務整理を行う場合、年利を下げる交渉が行われることもあります。

年利をしっかりと理解し、借金の総負担を把握することで、より効率的な債務整理が可能になります。

法律による金利の規制

利息制限法により上限金利は決まっている

利息制限法とは、金利の上限を設定する法律です。利息制限法があるおかげで、極端に高い金利で借金をするリスクを少しでも軽減できます。利息制限法によると、大体の借入金には次のような年利の上限が設けられています。

金利の上限について

  • 1,000,000円未満:年利20%
  • 1,000,000円以上:年利18%

このように、借入金額によって上限金利が異なります。

利息制限法の意義

  • 消費者が過度な利息で苦しむことを防ぐためにあります。
  • 違法な高金利を設定する業者に制裁を加えられます。

債務整理での利息制限法

  • 利息制限法を超える金利で借金がある場合、債務整理でその部分を減額することが可能です。
  • 金利が上限を超えていた場合、過払い金が発生している可能性もあります。

借金をする際や既に借金がある場合、利息制限法による上限金利を確認しておくことは重要です。確認によって、無駄な利息を払わないように工夫できます。また、法を超えた金利での借入が見つかった場合は、債務整理を通じてその問題を解決できる可能性があります。

返済総額や利息を知る方法

返済総額や利息を正確に知ることは、無駄な支払いを避けたり、債務整理のプランを立てる上で非常に重要です。以下にその方法をいくつか紹介します。

返済シミュレーションツールを使う

  • インターネット上には多くの返済シミュレーションツールがあります。
  • 借入金額、金利、返済期間を入力することで、返済総額や月々の返済額を簡単に計算できます。

金融機関に問い合わせる

  • 直接借りた金融機関に問い合わせて、返済総額や利息を確認する方法もあります。
  • 電話や窓口で確認することが多いですが、今ではオンラインでも確認できる場合があります。

契約書や通知書を確認する

  • 借入時に交わされる契約書や、返済状況の通知書には返済総額や利息が記載されています。
  • これらの文書をしっかりと保管し、定期的に確認することが大切です。

専門家に相談する

  • 債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談するのは、より正確な情報の把握を助けます。
  • また、専門家は過払い金が発生していないかもチェックしてくれる場合も多いので積極的に利用しましょう。

いずれの方法もそれぞれにメリットとデメリットがありますが、複数の方法を組み合わせて、より正確な返済総額や利息を知ることは可能です。特に債務整理を考えている場合、正確な返済総額や利息の把握は必須事項ですので、注意深く確認しましょう。

利息の返済計画を立てるにはシミュレーションが便利

利息の返済計画を立てる際、シミュレーションが非常に便利です具体的なシミュレーション方法やポイントを以下で解説します。

オンラインの返済シミュレーターを活用する

  • インターネット上には返済シミュレーターが多くあります。
  • 借入金額、金利、返済期間を入力し、必要な返済総額や月々の返済額を算出できます。

エクセルで自作する

  • エクセルを使って、自分で返済計画表を作成することも可能です。
  • 元本、利息、残高を一覧にして、何回で完済できるか確認できます。

返済オプションを比較する

  • 短期間で返済する場合と長期間で返済する場合で、どれだけ利息が変わるか比較できます。
  • 金利が高い場合、短期間での返済がお得な場合が多くあります。

専門家に相談する

  • 返済計画のシミュレーションだけでは不安な場合、債務整理の専門家に相談することも検討しましょう。
  • 専門家が持つ専門的な知識と経験を活かして、より現実的な返済計画を立てられます。

返済計画を立てる際は、シミュレーションを行い、複数のケースを比較検討することが重要です。利息が高い借金の場合、計画的な返済が必要となりますので、しっかりとシミュレーションを活用してください。

利息計算の具体例

利息計算の具体例を紹介します。状況によって利息がどれだけ変わるかを理解することが、返済計画を成功させるために重要です。

下記に、利息計算の具体例を紹介します。

1万円借りた場合(年利10%)

  • 借入金額:1万円
  • 年利:10%
  • 1年後に返済する場合の利息:1万円 × 0.10 = 1,000円

10万円借りた場合(年利5%、返済期間1年)

  • 借入金額:10万円
  • 年利:5%
  • 1年後に返済する場合の利息:10万円 × 0.05 = 5,000円

月利での計算例(1万円借りる、月利1%)

  • 借入金額:1万円
  • 月利:1%
  • 1ヶ月後に返済する場合の利息:1万円 × 0.01 = 100円

表を使った計算例(年利5%、月々1万円返済)

返済前残高返済額利息返済後残高
1月10万円1万円500円9.5万円
2月9.5万円1万円475円8.975万円
3月8.975万円1万円448.75円8.42375万円

このように具体的な数値で計算すると、どれだけの利息がかかるのかが一目瞭然です。しっかりと計算を行い、返済計画を立てましょう。

利息を抑えるための返済戦略

借入金額を必要最低限に抑える

借入金額を必要最低限に抑えるのは、後々の返済計画において大切です。借金は「元本+利息」で返す必要がありますから、元本が少なければ少ないほど、負担も少なくなります

以下の内容をしっかり確認して、借入金額を必要最低限に抑えましょう。

借りる前に確認すること

  • 現在持っている貯金で賄えないか
  • 友達や家族に借りられるか
  • クレジットカードのキャッシング枠は本当に使い切るべきか
  • 借りる理由が一時的な支出か、継続的な支出か

予算をしっかりと計画

  • 支出項目をリストアップします。
  • 最低限どれだけの金額が必要かを計算しましょう。
  • 返済方法や期間も考慮に入れます。

もし借りるなら

  • 最短期間で返せるプランを選びましょう。
  • 返済の見通しが立つ金額にします。
  • 無理な返済スケジュールは避けましょう。

最初から借入金額を必要最低限に抑えることで、利息負担も減らせます。計画的な行動が、後の返済をスムーズにする鍵です。

返済期間をなるべく短くして支出を減らす

返済期間を短くすると、支払う全体の利息が減ります。長い期間返済をする場合は、その分利息も積み重なるため、結果的に返す総額が増えてしまいます。

期間を短くするメリット

  • 利息の総額が少なくなります。
  • 早く借金がなくなり、精神的負担が軽減されます。
  • 他の生活費や投資に使えるお金が増えます。

どうやって期間を短くするか

  • 月々の返済額を少し増やします。
  • ボーナスなどの臨時収入で一括返済をします。
  • 利息の低いローンに借り換えます。

注意点

  • 月々の返済額が大きすぎて、生活費に差し支えないか確認しましょう。
  • 一括返済の場合、違約金が発生しないか確認しましょう。

返済期間を短くするためにには、自分の収入と支出をしっかりと把握し、現実的な計画を立てることが大切です。そして、その計画に基づいて行動すれば、無駄な支出を減らし、より早く借金を完済できます。

無利息サービスを利用する

無利息サービスは、一定期間利息が発生しないサービスです。この期間内に返済を完了すれば、利息がかからないため、経済的に有利です。

無利息サービスのメリット

  • 利息負担がなく、返済額が少なく済みます。
  • 利息分が生活費や他の支出に使えます。
  • 無利息期間内に返済を完了することで、借金解消が早まります。

無利息サービスを利用する際の注意点

  • 無利息期間が終わった後の利息率を確認しましょう。
  • 無利息期間内に全額返済が可能かどうか計画を立てましょう。
  • 他のローンと比較して、総返済額が本当に安くなるか確認します。

無利息サービスは魅力的ですが、条件や規約には注意が必要です。特に、無利息期間が過ぎた後の利息が高い場合、注意が必要です。計画的に返済を行い、無利息サービスを最大限に活用しましょう。

おまとめローンの利用を検討

おまとめローンは複数の借入先を一つにまとめる手法です。これにより、返済計画が一元化され、管理が容易になります。

おまとめローンのメリット

  • 一つの返済先で済むため、管理が簡単になります。
  • 金利が低く設定される場合が多いです。
  • 返済日が一つになるため、支払いを忘れにくい利点があります。

おまとめローンを利用する際の注意点

  • おまとめ後の金利と手数料をしっかり確認します。
  • 早期返済が可能かどうか確認しましょう。
  • 他の借入先と比較して、総返済額が少なくなるかチェックします。

おまとめローンは便利ですが、その条件には個々の差があります。金利や手数料、早期返済の可否など、詳細をよく理解してから契約をすることが大切です。また、しっかりとした返済計画を立てるのは、より効果的に借金を減らすことにつながります。

金融機関選びと利用時の注意点

消費者金融の金利は会社によって異なる

消費者金融で借り入れる際、金利は非常に重要な要素です。各社で金利は異なるので、比較検討が必要です

消費者金融の金利の特徴

  • 幅が広い場合が多く、数パーセントから二十数パーセントまで変わることがあります。
  • 信用度によって金利が変わるケースもあります。
  • 店頭とオンラインで金利が異なる場合もあります。

消費者金融を選ぶ際のポイント

  • 金利が低いところを選びましょう。
  • 早期返済の条件を確認します。
  • 契約前に全体の返済額を算出し、比較することも大切です。

金利が高いと、返済総額も大きくなります。また、その金額が大きくなると、返済に時間がかかる可能性も高くなります。、借り入れる前には、各消費者金融の金利をしっかり比較して、最も条件の良いところを選ぶようにしましょう。

カードローンの金利は正しく理解して利用しよう!

カードローンは便利で手軽に利用できる反面、金利についての正確な理解が必要です。金利が高いと、返済総額が大きくなり、経済的な負担が増えます。

カードローンの金利の特性

  • 金利は変動型と固定型があります。
  • 利用限度額や信用情報によって、金利が異なることもあります。
  • 返済方法(リボルビング払いや一括払い)によっても金利が変動します。

金利を正しく理解するためのポイント

  • 契約前に金利情報をしっかり確認します。
  • 金利の計算方法を理解することも重要です。(年利、日割り計算など)
  • 他のカードローンと金利を比較してみましょう。

高金利のカードローンを利用すると、返済総額が大きくなるリスクがあります。そのため、金利について正しく理解し、適切にカードローンを利用することが大切です。不明点や疑問点があれば、専門家に相談しましょう。

アイフルは「最大30日間利息0円サービス」を提供している

アイフルが提供する「最大30日間利息0円サービス」は、新たにお金を借りた際に、一定期間利息がかからない特典です。このサービスを上手く利用することで、返済の負担を軽減できます。

以下に「最大30日間利息0円サービス」の特徴とメリットを紹介します。

利息0円サービスの特徴

  • 初回契約時のみ適用されることが多いです。
  • 30日以内に返済すれば利息がかかりません。
  • 期間を過ぎると通常の金利が適用されます。

利息0円サービスを利用するメリット

  • 短期間での返済を予定している場合、コストを抑えられます。
  • 30日以内の返済を目指すことで、計画的な返済が促されます。

ただし、このサービスを利用する際は、期間を過ぎた後の金利や、返済方法などの詳細も確認することが大切です。30日を過ぎてしまうと、通常の金利が適用されるため、計画的な返済が必要になります。サービスの詳細や条件については、アイフルの公式サイトや店舗での相談を通じて、しっかりと確認しましょう。

よくある質問と専門家への相談

消費者金融の金利に下限はありますか?

消費者金融の金利には、利息制限法で定められた上限が存在しますが、具体的な「下限」というものは定められていません。しかし、実際の運用において、金利にはいくつかの注意点があります

金利の設定に関する注意点

  • 金利は競争力を持つために、各消費者金融が独自に設定します。
  • 低金利をうたっていても、実際にその金利で借りられるかは、審査結果によることが多いです。
  • 一部の消費者金融では、特定のキャンペーン期間中などに、特別な低金利サービスを提供することがあります。

低金利を選ぶ際のポイント

  • 契約する前に、複数の消費者金融の金利を比較検討しましょう。
  • 金利だけでなく、手数料や遅延損害金など、その他のコストも確認が必要です。
  • 低金利のキャンペーンが終了した後の金利も、事前に確認しておくことが大切です。

金利は、返済の負担に大きく影響する要素の一つです。適切な金利での契約を心がけ、無理のない返済計画を立てることが、経済的な安定につながります。

利息を含めいつまでに返済すればいいですか?

利息を含めた返済期間は、契約したローンやクレジットの種類、金額によって異なります。正確な返済期限を知るためには、以下の点を確認する必要があります。

契約書や取引明細書を確認する

  • まず、契約時に受け取った書類や、オンラインサービスのマイページなどを確認しましょう。
  • 返済期日や利息計算方法、返済額などが詳細に記載されています。

ローンの種類に注意

  • 一般的なローンやクレジットカードのキャッシングは、毎月決まった日に返済が必要です。
  • リボルビング払いや分割払いの場合、返済期間や金額が異なる場合があります。

遅延利息に注意

  • 返済を遅らせると、遅延利息が発生することがあります。
  • 予定よりも多くの金額を返済する必要が出てくるため、返済は期日までに行うようにしましょう。

不明点は直接問い合わせる

  • 契約書や取引明細書に書かれている内容が理解しにくい場合、消費者金融や銀行の窓口・カスタマーサポートに直接問い合わせることをおすすめします。

返済に関する正確な情報を把握することで、返済計画を立てやすくなり、無理なく返済を進めることができます。

まとめ

金利、利息、利子といった言葉は日常的に耳にすることが多いですが、実際の違いを正確に理解している人は少ないかもしれません。任意整理の専門家として、金利、利息、利子の違いを明確に説明します。

金利

  • 定義: 金利は、資金の貸し借りに関連して発生する利子の率のことを指します。通常、年率で表されます。
  • 用途: ローンやクレジットカード、預金などの金融商品を選ぶ際の判断材料として使います。高い金利を提示する金融機関から借り入れると、返済総額も大きくなります。

利息

  • 定義: 利息は、金融機関から借りた資金に対して実際に支払うべき利子の総額のことです。
  • 計算: 主に元金と金利を元にして計算されます。例:10万円を1年間1%の金利で借りた場合、利息は1,000円になります。

利子

  • 定義: 利子は、お金を貸し借りすることで得られる利益のことを指します。利息とは異なり、広義にお金以外の貸借にも使われます。
  • 用途: 金融だけでなく、物品の貸し借りやサービスの提供など、さまざまな場面での利益を表すのに使われます。

重要なポイント:

  1. 金利は「率」、利息は「総額」、利子は「利益」を指します。
  2. 金利は年率で表されることが多いです。
  3. 利息は元金と金利を元に計算されます。

金利や利息をしっかりと把握することで、返済額の適正な判断ができ、無理なく返済を進めることが可能となります。任意整理を進める際には、これらの違いを理解して、返済計画を立てましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION