COLUMN

債務整理

2023.11.222023.12.14 更新

借金の名義変更について考えている方がいるかもしれません。名義変更は一見複雑に感じますが、正しい理解と適切な手続きを通じてスムーズに進められます。

しかし、どのような手続きが必要なのか、名義変更のメリットやデメリットは何なのか…そのような疑問や不安を抱いている方は少なくないでしょう。

この記事では、借金の名義変更に関する基本的な情報から、具体的な手続き方法まで詳しく解説します。名義変更を検討している方にとってのガイドラインとなるよう、詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

名義変更の全般的な手続き

債務整理をしたい!借金の名義変更はできるのか?

債務整理を検討している中、借金の名義変更について気になる方も多いでしょう。債務整理と名義変更の関係や、名義変更のメリット・デメリット、注意点などを詳しく解説します。

名義変更とは?

借金の名義変更とは、借金を持つ人(債務者)が変わることを指します。これは、家族や知人が借金の返済を引き継ぐ場合や、資産の売却などの理由で行われる場合があります。

債務整理中の名義変更の可否

債務整理を進行中の場合に名義変更は簡単には行えない理由として、以下の点が挙げられます。

  1. 債権者の同意が必要: 債務整理中に名義を変更するためには、すべての債権者の同意が必要です。
  2. 信用情報機関の影響: 債務整理を行った記録が信用情報機関に登録され、新たな借入れやクレジットカードの利用が制限される可能性があるため、名義変更にも影響が出る場合があります。

次に、名義変更のメリットとデメリットについて説明します。

名義変更のメリット

  1. 返済の負担が軽減: 名義変更により、返済能力のある人が借金の返済を引き継ぐことで、返済の負担が軽減されることが期待できます。
  2. 資産の売却や相続の際の手続きがスムーズ: 名義を正確にすることで、資産の売却や相続などの手続きがスムーズに行えることがあります。

名義変更のデメリット

  1. 債務の移転: 名義変更により、新しい債務者が以前の債務者の借金を引き継ぐことになります。そのため、新しい債務者も返済の義務が生じます。
  2. 信用情報の影響: 名義変更が信用情報機関に記録される場合があり、その影響を受けることが考えられます。

債務整理を検討中の方が借金の名義変更を希望する場合、多くの点を考慮する必要があります。名義変更は一筋縄ではいかない場合が多いため、専門家や弁護士に相談することも念頭におきましょう。

名義変更しても問題ない?バレなければ平気?

名義変更について、多くの方が「バレなければ平気では?」と思うかもしれません。しかし、名義変更には法的な影響やリスクが伴います。

ここでは、名義変更の際の注意点やリスクについて詳しく解説します。

名義変更の真の意味

名義変更とは、ある物件や債務の所有者や担当者を変更することを指します。これは単に名前を変えるだけの行為ではありません。名義変更によって、法的な権利や義務が移転することもあります。

名義変更のリスク

  • 法的な問題: 名義変更を不正に行った場合、詐欺や偽造文書作成などの罪に問われる可能性があります。
  • 信用情報の悪化: 名義変更を不正確に行った場合、信用情報機関に悪影響が出ることがあります。
  • 契約違反: 金融機関やクレジットカード会社などとの契約に違反する可能性があり、契約解除などのペナルティを受けるリスクがあります。

バレなければ平気?

名義変更に関する行為が露見しない限り問題ないと思うかもしれませんが、以下の点を理解しておきましょう。

  • 長期的なリスク: 名義変更が過去に行われたことが、将来的に問題となる場合があります。
  • 第三者の関与: 名義変更を知る第三者がいる場合、その情報が外部に漏れるリスクが存在します。

名義変更を考慮する際は、その行為がもたらすリスクや法的な影響を理解することが重要です。名義変更に関する疑問や不安がある場合は、専門家や弁護士に相談してみましょう。

名義変更の手続きはどうすればいい?

名義変更は、多くの場合、金融機関や役所での手続きが必要となります。債務の名義変更を行う場合は、以下の手順にそって進めていきましょう

1. 名義変更の対象を確認

名義変更を行いたい物件や債務が何であるかを明確にします。

  • 不動産
  • 銀行口座
  • 借入れやクレジットカード

2. 必要な書類を準備

名義変更には、多くの場合、書類が必要となります。

  • 身分証明書
  • 原本(物件の登記簿謄本や車の登録証明書など)
  • 契約書や明細書

3. 手続きの場所を確認

名義変更の手続き場所は、対象によって異なります。

  • 車: 陸運局
  • 不動産: 法務局
  • 銀行口座やクレジットカード: 金融機関の窓口

4. 手数料を確認

名義変更には手数料がかかる場合があります。事前に金額を確認しておくとスムーズです。

5. 手続きの実施

必要な書類と手数料を準備したら、手続き場所に赴き、手続きを行います。

6. 手続き後の確認

名義変更後は、変更が正確に行われたか確認することが重要です。

  • 新しい名義の書類やカードの受け取り
  • 変更内容の確認

名義変更の手続きは、対象や場所によって異なるため、正確な情報を確認して手続きを行うことが大切です。

名義変更手続きにおける注意点

名義変更の手続きは、一見単純に見えますが、実は多くの注意点が存在します。適切に手続きを進めるために、以下の注意点を把握しておきましょう。

1. 書類の準備

  • 必要な書類が不足していると手続きが進められないことがあります。
  • 書類の有効期限や発行日を確認し、古いものは更新しておくことが大切です。

2. 第三者の同意

  • 名義変更を行う際、第三者の同意が必要な場合があります。例えば、共有名義の物件や担保になっている物件などです。
  • 必要な場合は、事前に同意を取り付けておくことが必要です。

3. 手続きの期限

  • 一部の手続きには期限が設けられている場合があります。例えば、車の名義変更など。
  • 期限を逃すと、罰金が課せられることもあるので注意が必要です。

4. 手続きの順序

  • 名義変更に先立ち、他の手続きが必要な場合があります。
  • 手続きの順序を間違えると、手続きが無効となる場合もあるので、正確な手続きの順序を確認しておきましょう。

5. 名義変更の影響

  • 名義変更により、契約条件が変わる可能性があります。
  • 例えば、金利や返済条件など、変わる可能性がある内容を事前に確認しておくことが重要です。

6. 隠れたコスト

  • 名義変更には手数料がかかるケースが多いですが、それ以外にも隠れたコストが発生することがあります。
  • 例えば、印紙税や登録免許税など、事前に確かめておきましょう。

名義変更手続きを進める際には、上記の注意点をしっかりと確認して、スムーズに手続きを進めていきましょう。わからないことや不安な点があれば、専門家や弁護士に相談することをおすすめします。

氏名が変わった場合には、名義変更の連絡が必要

氏名の変更が生じた場合、それが公式の書類や契約にどのように影響するかを理解するのは非常に重要です。特に、債務や資産に関連する契約や書類であれば、名義が一致していないとさまざまな問題が生じる可能性があります。

ここでは、名義変更を連絡する必要性と連絡先、その場合の注意点について解説します。

なぜ名義変更の連絡が必要なのか?

  1. 一致しない情報による混乱を防ぐ:氏名が変更されているにも関わらず、旧名での記載が続いていると、銀行や各種機関とのやり取りで混乱が生じる恐れがあります。
  2. 法的トラブルを避ける:氏名が変更された後も、更新されていない名義で契約や取引を続けると、契約の有効性や権利の行使に問題が生じる可能性があります。
  3. 信用情報の整合性を保つ:信用情報機関では、氏名や住所などの基本情報が重要なキーとなります。一致しない情報があると、信用スコアに悪影響が出る場合があります。

名義変更の連絡先

  1. 銀行・金融機関:口座やローンの名義を変更する必要があります。
  2. 公的機関:健康保険、年金など、公的サービスの利用に関わる機関への連絡が必要です。
  3. クレジットカード会社:カードの名義や請求先情報の更新が必要です。
  4. 不動産・車両の登録:所有物の名義変更も忘れずに。

連絡の際の注意点

  • 必要な書類、特に氏名変更の証明書を準備しておきます。
  • 連絡の際は、手続きの流れや必要なものを確認しておきましょう。
  • 手続きにかかる費用や期間も確認しておくと良いでしょう。

氏名変更は生活の中でさまざまな場面で影響を及ぼす可能性があります。早めの手続きと、必要な機関への連絡をしっかりと行うことは、トラブルの回避につながります。

名義変更の特定のケースと対処法

結婚や離婚で姓が変わる場合は名義変更OK

結婚や離婚に伴って多くの人が姓を変更することが一般的です。しかし、姓の変更が金融や法的な取引にどのような影響を及ぼすのかをしっかりと理解することが大切です。

結婚や離婚で姓が変わる場合の名義変更の流れ

  1. 公的証明書の取得:結婚証明書や離婚届出受理証明書など、姓の変更を公的に証明する書類を準備します。
  2. 各機関への連絡:銀行、クレジットカード会社、ローン会社など、契約や取引のある機関に変更の連絡をします。
  3. 必要書類の提出:各機関が要求する書類を提出し、手続きを進めます。大抵の場合、前述の公的証明書が必要となります。

注意するポイント

  • すぐに手続きを:姓の変更後は、早急に名義変更の手続きを行いましょう。契約上のトラブルや不一致による混乱を避けることができます。
  • 債務整理中の注意:債務整理中や過去に債務整理を行った場合、名義変更に際しては専門家と相談しましょう。その理由は、債務整理の記録や信用情報に影響が生じる可能性があるためです。
  • 全ての機関に連絡を:一つの機関に手続きを行ったからと言って、他の機関も自動的に変更されるわけではありません。全ての関連機関に確実に連絡を行うよう心掛けましょう。

結婚や離婚に伴う名義変更は、日常生活や金融活動においてスムーズな取引を続けるために非常に重要です。手続きは複雑に思えるかもしれませんが、一つ一つ丁寧に進め、将来的なトラブルを未然に防いでいきましょう。

他人に名義変更するのはNG

名義変更は、ある物や契約の所有者や利用者を変更する手続きを指します。結婚や離婚などの理由で自分の名前が変わった場合、名義変更は一般的に行われますが、他人に名義を変更する行為にはさまざまなリスクや問題が伴います。

  1. 法的リスク:名義を変更することで、物や契約の実質的な所有権や利用権が移転するわけではありません。しかし、名義の変更を不正に行った場合、詐欺や偽造文書作成・使用の罪に問われることがあります。
  2. 契約上のトラブル:他人に名義を変更すると、その物やサービスの契約内容に違反する場合が多いです。これにより、契約の解除や罰金が発生することが考えられます。
  3. 信用情報の悪化:もし他人の名義に変更して借金をし、返済が滞った場合、本来の名義人の信用情報が悪化します。これは将来的に金融取引で大きなデメリットとなります。

他人の名義を使う場合の注意

  • 事前の確認:何らかの理由で他人の名義を使う必要がある場合は、必ず関連する法律や契約内容を事前に確認しましょう。
  • 明確な合意:名義を変更する場合、関係者全員の明確な合意を得ることが重要です。文書に残しておくと、後々のトラブルを避ける助けとなります。

他人の名義を使う行為には注意が必要です。もしも考えている場合は、その理由や背景をしっかりと考慮し、リスクを十分に理解した上で行動しましょう。また、専門家や弁護士などに相談すると、より適切な判断ができるでしょう。

持ち家の名義変更の場合はどのようなことがあるのか?

結婚や離婚、相続、財産分与などのシチュエーションで持ち家の名義変更が考えられます。しかし、名義変更を行う際にはいくつかの手続きや注意点が存在します。

  1. 登記の変更:持ち家の名義変更を正式に行うには、不動産登記を変更する必要があります。これには登記簿謄本の取得や必要な書類の提出が必要です。
  2. 固定資産税の変更:名義が変わると、固定資産税の納税者も変わります。市町村に連絡して、税額の変更や納税の手続きを行う必要があります。
  3. 住宅ローンの影響:持ち家に住宅ローンがある場合、名義変更には金融機関との調整が必要です。すべての住宅ローンが名義変更を許可しているわけではないため、注意が必要です。

持ち家の名義変更の際の注意点

  • 登記手続きの費用:登記の変更には手数料や司法書士の報酬など、費用がかかります。事前に必要な費用を確認しておきましょう。
  • 相続税の影響:相続の際の名義変更では、相続税の計算や申告が必要になる場合があります。税額の影響をしっかり確認しておきましょう。
  • 関係者の同意:家族や共有者など、関係者の同意が必要です。特に離婚などの場合、配偶者の同意が必要になることも考えられます。

持ち家の名義変更は、単なる形式的な手続きではありません。さまざまな法的、経済的な影響が伴うため、専門家や弁護士に相談し、しっかりとした準備と確認を行ってから進めることをおすすめします。

債務整理と財産ごとの名義変更

債務整理の前に財産の名義変更はできるのか?

債務整理を考える際、多くの人が財産を保護するために名義変更を考えます。しかし、名義変更が債務整理の過程にどのような影響を及ぼすか、正しい知識が必要です。

  1. 名義変更の時期:債務整理を行う前に財産の名義変更を行った場合、それが債権者から見て不当な処分とみなされる可能性があります。特に債務整理の申し立て直前に行われた名義変更は注意が必要です。
  2. 逆の影響:名義変更を行うことで、逆に債権者に不信感を持たれ、交渉が難しくなる場合も考えられます。債務整理の目的はスムーズな交渉を行うことにあるため、名義変更の際は慎重に判断する必要があります。
  3. 回収の対象となる可能性:名義変更した財産も、一定の条件下で債権者の回収の対象となる可能性があります。特に無償での移転や不相応な価格での移転が行われた場合、回収の対象に該当する可能性が高まります。

名義変更を考える際の注意点

  • 弁護士や司法書士との相談:名義変更を検討する前に、弁護士や司法書士と相談することをおすすめします。専門家の意見やアドバイスが、正しい判断を行う助けとなります。
  • 公正証書の作成:名義変更を行う際は、公正証書を作成することで、後々のトラブルを防げます。公正証書は、名義変更の意図や背景を明確に示すことが可能です。

債務整理を考えている人が名義変更を行う際は、その影響やリスクを十分に理解し、専門家との相談をしっかりと行っていきましょう。

債務整理の方法と家の名義変更

債務整理と家の名義変更には、それぞれ独自の手続きと注意点があります。債務整理を検討している方が家の名義変更を考える際に知っておくべき内容を解説しましょう。

債務整理の主な方法

  • 自己破産:全ての借金を免除しますが、所有している財産の大部分が売却される可能性があります。
  • 個人再生:返済計画を立てて、一定期間内に返済を行います。家や車を保持しながらの返済が可能です。
  • 任意整理:債権者と直接交渉し、返済条件を再設定します。家の所有権は影響を受けません。

家の名義変更の理由

  • 結婚や離婚による姓の変更
  • 相続
  • 購入・売却
  • 債務整理の影響を避けるため

名義変更のタイミング:債務整理の申し立て前に名義変更を行うと、これを不当な財産の隠蔽とみなされるリスクがあります。専門家との相談も念頭におきましょう。

名義変更と債務整理を併行する際の注意点

名義変更と債務整理を併行する場合、以下の注意点をしっかり確認する必要があります。

  • 名義変更の意図の明確化:債権者や裁判所が疑念を持たないよう、名義変更の意図や背景を明確にすることが重要です。
  • 公正証書の活用:名義変更の際に公正証書を作成すれば、名義変更の正当性を示すことができます。

債務整理の手続きと家の名義変更は、それぞれ複雑な手続きが伴います。両方を併行する場合は、十分な知識と専門家のサポートが不可欠です。

債務整理の方法と車の名義変更

債務整理にはさまざまな方法がありますが、車の名義変更については特に注意が必要です。債務整理の過程で、車は財産の中でも重要な位置を占めるため、その取り扱いを間違えると債務整理そのものに影響を及ぼすことがあります。

  1. 任意整理:債権者との間で交渉を行い、月々の返済額を減額する方法です。この場合、車を所有していることが返済能力に関わるため、名義変更が交渉の妨げになる場合があります。
  2. 個人再生:裁判所を通じて負債を減額し、車を含めた資産を保持しつつ返済を続ける方法です。ここでも、車の名義変更は資産評価に影響を与え、計画認可の可否に関わってきます。
  3. 自己破産:財産を処分し、債務を免除してもらう方法です。車が免責資産に該当しない場合、名義変更は免責を受けられない原因となり得ます。

車の名義変更に関する注意点

車の名義変更をする場合は、次の4点に注意しましょう。

  1. 名義変更の動機:債務整理の前に車の名義を変更する動機は正当である必要があります。借金を逃れるための名義変更は、法律に違反する可能性があります。
  2. 時期と手続き:債務整理の手続きに入る前の名義変更は特に注意が要されます。手続きを進める際は、必ず書面に残し、公正証書を作成するなどして透明性を持たせましょう。
  3. 価値の評価:車の価値は債務整理において重要な財産評価の対象となります。市場価値に見合った価格での名義変更でなければ、問題となることがあります。
  4. 相談の重要性:車の名義変更を行う際は、債務整理の専門家に相談して、その影響を十分に検討してから行うことが肝心です。

債務整理を行う際に車の名義変更を考える場合、これらのポイントに留意することで、よりスムーズで適正な債務整理が可能となります。専門家と相談しながら、最適な判断をしていきましょう。

自己破産前に知っておくべき名義変更のリスク

自己破産前に名義変更すると起きる3つのこと

自己破産を考えている中で、資産の名義変更を検討される方もいるかと思います。しかし、自己破産前の名義変更には以下の3つの影響が考えられます。

  1. 破産申立が認められない可能性
    名義変更を行うことで、裁判所がこれを財産の隠蔽や移動と判断するケースがあります。
    不正な名義変更とみなされると、自己破産の申立を認められなくなるリスクが高まります。
  2. 再取得命令の発令
    裁判所が名義変更を不正と判断した場合、元の名義に戻すよう命令する場合があります。
    その結果、名義変更に関連する手数料や税金など、追加のコストが発生する恐れがあります。
  3. 信用情報の悪化
    財産を隠蔽しようとする行為は、信用情報にも悪影響を及ぼす可能性があります。
    今後のローンやクレジットカードの審査にも影響を及ぼすことが考えられます。

名義変更を考える前に、その後果たしてくる影響を十分に理解することが大切です。また、専門家の意見やアドバイスを求め、より適切な対応を行うよう努めましょう。

自己破産前に名義変更してしまったときの対応方法

自己破産を考えている中で、既に名義変更をしてしまった方は、次のような対応を検討してみてください

  1. 早急に専門家に相談する
    名義変更の事実とその背景を詳細に説明します。
    弁護士や司法書士が状況を理解し、最良のアドバイスをもらえるようにします。
  2. 名義変更の撤回を検討
    名義変更を撤回し、元の状態に戻すことを考えます。
    これには費用や時間がかかる場合があるため、先に専門家と相談することが重要です。
  3. 正直に裁判所に申告する
    名義変更の事実を隠せません。
    申立の際に、その理由や背景を詳細に説明し、理解してもらうようにしましょう。
  4. 信用情報の修復を検討
    名義変更による信用情報の悪化を回復するためのアクションを考えます。
    専門家のアドバイスを基に、適切な手続きを進めていきます。

自己破産前の名義変更は、多くの問題を引き起こす可能性がありますが、冷静に対応し、専門家のサポートを受けながら進めることで、適切な解決につながります。

代物弁済と名義変更

代物弁済とは?

代物弁済は、お金を返す代わりに、他の物や権利を渡して借金を清算する方法です。たとえば、車や土地、家などを借金の返済に使うことがこれにあたります。

代物弁済の特徴

  • 合意が必要:債権者と債務者の間で、代物弁済に関する合意が必要です。
  • 金銭債務の解消:代わりに提供する物や権利で、金銭の借入れがゼロになります。
  • 価値の一致:渡す物の価値が、借金の額と一致するか、または合意に基づく価値であることが大切です。

代物弁済のメリット

  • 現金の用意不要:現金を用意する必要がなく、債務を清算できます。
  • 即時解決:物を渡すことで、すぐに債務を解決できます。

代物弁済のデメリット

  • 資産の喪失:大事な財産を失うことになります。
  • 合意形成の難しさ:債権者が代物を受け入れるかどうかは保証されません。

代物弁済は、適切に行えば債務の迅速な解決につながりますが、債権者の了解を得ること、そして提供する物の価値を正しく評価することが重要です。借金の返済に困っている場合は、専門家に相談してから慎重に進めましょう。

代物弁済による不動産の移転登記について

不動産を持っていても現金が不足している場合、代物弁済を選択することで、不動産を売却せずに債務の解決につなげられます。

  1. 代物弁済のメリット
    現金の用意が不要です。
    不動産を売却せずに債務を清算できます。
    債権者との交渉次第で、柔軟な解決が期待できます。
  2. 代物弁済のデメリット
    債権者が代物弁済を受け入れない場合があります。
    不動産の価格が下落している場合、不利益になる恐れがあります。
    債務全額を清算できない場合も考えられます。
  3. 移転登記の手続き
    代物弁済が成立した場合、次は不動産の所有者が変わるための移転登記が必要となります。
    法務局での手続きが必要となり、必要書類の準備や登記費用が発生します。専門家と一緒に手続きを進めることで、スムーズに登記が完了します。

代物弁済は、債務整理の一つの方法として、適切な状況下での選択が重要です。専門家としっかり相談し、最適な手段を選択していきましょう。

代物弁済による不動産名義変更のまとめ

現金支払いの代わりに物(この場合、不動産)を提供する、代物弁済の主なポイントをまとめます

  1. 代物弁済の定義
    現金での支払いが難しい場合に、所有している不動産を提供することで債務を解消する方法。
  2. 不動産名義変更の手続き
    代物弁済が成立した後、不動産の所有権移転を行うための移転登記が必要です。
    法務局で手続きを進める際、必要な書類や費用が発生します。
  3. 代物弁済の利点
    現金を用意する必要がありません。
    不動産を保持したまま債務を解消できる可能性があります。
  4. 代物弁済の注意点
    債権者が代物弁済を受け入れるかどうかは、事前の交渉によります。
    不動産の市場価格や状況によっては、全額清算が難しい場合も考えられます。

最後に、代物弁済を選択する前には、そのメリット・デメリットを十分に理解し、専門家と相談しながら、ご自身の状況に最適な選択を行っていきましょう。

個人名義の借入金を法人名義に変更する場合の注意点

個人名義の借入金を法人名義に変更する際には、いくつかの重要な注意点があります。以下に、後のトラブルを回避するために知っておきたい点を紹介します。

  1. 変更の可否
    すべての金融機関や債権者が名義変更を認めているわけではありません。まずは債権者と事前に相談し、許可を得ることが必要です。
  2. 契約内容の確認
    借入契約書や利用規約を再度確認し、名義変更に関する条項や制限がないかを確認してください。
  3. 変更に伴う費用
    名義変更には手数料や変更費用が発生する場合があります。金額や支払い時期を事前に確認する必要があります。
  4. 税務上の影響
    個人と法人では税務処理が異なるため、名義変更に伴う税務上の影響を確認し、必要な申告や手続きを行うことが大切です。
  5. 法人の信用状態
    借入金の名義を法人に変更することで、法人の信用情報に影響が出る可能性があるため、法人の信用状態を良好に保つことが重要です。

個人名義の借入金を法人名義に変更する場合、上記の注意点を押さえつつ、専門家や債権者との密接な連携を図ることを重視しましょう。

まとめ

債務整理を検討する中で、多くの方が「借金や財産の名義変更は可能か?」という疑問を持ちます。名義変更はシンプルに思える行為ですが、債務整理のプロセスにおいては慎重な判断と対応が求められます。

ここでは「任意整理」の観点から名義変更の実際について解説します。

任意整理とは、債務者と債権者が話し合いを通じて、返済計画を再編する方法です。借入金の減額や分割払いなど、双方が納得する形での返済方法を模索します。

名義変更の際は以下のポイントを確認しましょう。:

  1. 債務整理前の名義変更
    債務整理を開始する前に、財産の名義変更を行う場合、それが隠蔽行為とみなされるリスクがあります。これは債権者からの信用失墜や法的な問題を招く可能性があるため、慎重に対応する必要があります。
  2. 家や車などの大きな財産の名義変更
    特に高価な財産の名義変更は、債権者からの追及が厳しくなる可能性が高まります。債権者との信頼関係を損なわないよう、事前に相談や報告を行うことが重要です。
  3. 個人から法人への名義変更
    個人名義の借入金を法人名義に変更する場合、税務や契約上の問題が生じる可能性があります。専門家と相談しながら進めることをおすすめします。

債務整理を進める中での名義変更は、複雑な問題が含まれています。任意整理のプロセスにおいても、名義変更の影響は考慮したいところです。債権者との信頼関係を大切にし、必要に応じて専門家と相談しながら適切な判断を行っていきましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION