COLUMN

債務整理

しろくま法律事務所

2023.11.222023.12.14 更新

この記事にたどりついた方々は、借金に関わる困難さや辛さを強く感じており、なんとか解決の糸口はないか探していることと思います。

借金は誰もが抱える可能性のある問題で、決して珍しいことではありません。しかし、問題が発生したときに最も大切なのは、その状況をどのように扱うかです。

この記事では、借金によって生じる精神的な負担を理解し、不安や心配を軽減するための現実的なアドバイスをお伝えします。正しい理解と選択によって、借金トラブルを乗り越えるための行動につなげられるよう、一緒に確認していきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

借金と犯罪:法的な側面を解説

借金を約束通り返さないのは犯罪?

借金を返済するという約束を守らないことは、必ずしも犯罪ではありません。しかし、返済義務が法的な契約に基づいている場合、その責任は重大です。

ここでは、借金を約束通り返さない場合に、どのような状況が起こりうるのかを説明します。

  1. 詐欺罪
    借金をする際に返済する意思がないにも関わらず、返済すると偽ってお金を借りる行為を指します。
    悪意を持って借金を作り、最初から返済する気がない場合です。
  2. 横領罪
    他人から預かったお金を勝手に使い、返済しない行為を指します。
  3. 背任罪
    企業の代表者が会社の資産を個人の借金の返済に充てるなど、信頼関係を裏切る行為を示します。

ただし、これらの犯罪は、返済の意思や能力の有無だけでなく、状況や動機も考慮されます。借金が返せなくなるのは犯罪ではありませんが、債権者との間で適切なコミュニケーションを取り、解決策を探る姿勢が大切です。

返すと言って返さないのは犯罪?

返済の約束をしておきながらお金を返さない行為は、一般的に犯罪ではありませんが、状況によっては法的な問題になる場合があります。

たとえば次のような状況では罪に問われる可能性があります。

  • 返済の意思が最初からない場合:これは詐欺の可能性があり、犯罪になることがあります。
  • 約束を破ったことによる法的な影響:信用情報が損なわれるなど、民事上の問題が生じます。
  • 返済義務の放棄:単にお金を返せないのではなく、返済を拒否する行為は信用問題だけでなく、法的措置を取られる原因にもなります。

重要な点3つをしっかり確認しましょう。

  1. 意図:返済の意志があって返せないのか、初めから返す気がなかったのかが重要です。
  2. コミュニケーション:返済できなくなった場合、速やかに相手方に連絡を取り、状況を説明することが大切です。
  3. 解決策の模索:返済計画の見直しや専門家への相談を通じて、解決策を見つけることをおすすめします。

お金を貸した側が犯罪で訴えるには、詐欺や横領などの犯罪要件を満たす必要があります。ただし、約束を破ることが常態化していると、その行為自体が信用を失う原因となり、社会的な信用を大きく損ねることにつながります。借金の返済に関して問題が生じた場合は、速やかに専門家に相談しましょう。

借金の返済ができないこと自体は犯罪ではない

借金の返済ができなくなることは、経済的な困難に直面した結果であり、その状態自体は犯罪ではありません。しかし、返済が困難になったときには正しい対応が求められます。

  • 経済状況の変化:失業や病気などで収入が減り、返済が困難になることがあります。
  • 適切な対応:返済が難しくなったら、早めに債権者や専門家に相談しましょう。
  • 債務整理の選択:任意整理、個人再生、自己破産などの手続きが考えられます。

借金の返済が難しい場合は、以下の3点を考慮する必要があります。

  1. 法的措置は別:返済義務を無視した場合、訴訟などの法的措置を取られる可能性があります。
  2. 信用情報への影響:返済遅延は信用情報に記録され、今後の金融取引に影響を及ぼします。
  3. 専門家の助言:法律の専門家が適切な債務整理方法を提案し、負担を軽減する手助けをします。

借金の返済ができない状況は多くの人に起こり得ます。重要なのは、返済できない状況を隠さず、早めに適切な対応をとることです。法的な問題を可能な限り避け、信用を少しでも守るように努めましょう。

借りたお金を返さなくても犯罪にはなりにくい

お金を借りて返済しないという行為が犯罪となるのは、詐欺や横領など特定の条件が揃った場合に限られます。通常の債務不履行は民事問題として扱われます。

犯罪となるケース

  • 詐欺:借りるときから返す意思がないにもかかわらず、返すと偽ってお金を借りる行為を指します。
  • 横領:信頼関係を利用して預かったお金を勝手に使い込んでしまうことです。

民事問題としての対応

  • 催促:お金を貸した側が返済を催促します。
  • 交渉:返済計画の見直しを行います。
  • 裁判:返済を求めて民事訴訟を起こします。

返済義務のある人の対応策

  • 相談:債務整理に詳しい専門家に相談します。
  • 計画:返済計画を立て直し、債権者に提案します。
  • 債務整理:任意整理、個人再生、自己破産などの手続きを検討します。

お金を借りたら、原則として返す必要がありますが、単に返せないだけでは犯罪にはなりません。しかし、借金を放置すると信用情報に悪影響を及ぼし、将来的にさまざまな不利益を招く場合があるので注意が必要です。

借金を返さないことが犯罪になる場合

借金を返さないことが犯罪となるのは、返す意思が最初からないなど、法律に定められた条件を満たした時です。

ここでは、借金を返さない場合に犯罪になるケースを紹介します。

  1. 詐欺罪:
    ・初めから返済する意思がない: 借りる際に、返済するつもりがなく、この嘘を信じさせてお金を手に入れることを指します。
    ・虚偽の情報を提供: 返済能力があるかのように偽ってお金を借りる行為です。
  2. 横領罪:
    ・信用を悪用: 他人の財産を管理している立場から、そのお金を不正に使用することです。
  3. 不法行為:
    ・返済拒否: 明確に返済を拒む行為で、債権者の権利を不当に侵害することを指します。

対応策は、以下の3点です

  1. 法的措置を検討: 貸した側は、訴訟を起こして返済を求めることができます。
  2. 和解交渉: 両者が話し合い、新たな返済計画を立てます。
  3. 弁護士に相談: 問題解決のために専門家のアドバイスを求めます。

このように、ただ返せない場合は民事問題ですが、詐欺や横領など犯罪行為にあたる場合は、刑事罰の対象となります。借金問題に直面したら、早めに専門家に相談するようにしましょう。

民事上の責任

民事上の責任とは、契約や法律に違反した際に、その損害を賠償する義務です。借金問題における民事上の責任には主に次のようなものがあります。

  1. 契約不履行:
    借金を返済する義務があるにもかかわらず、返済期日までに支払いがない状況を指します。
    利息の支払いが滞った場合に生じます。
  2. 損害賠償責任:
    契約を破ったことで相手方に損害が生じた場合、その損害を賠償する必要があります。
    損害は、実際に生じた損害のみならず、利益の損失も含みます。
  3. 返済義務:
    原則として、借りたお金は全額返済する必要があります。
  4. 遅延損害金:
    支払いが遅れた場合には、遅延損害金が発生することが多いです。

対応策として、以下の4点を紹介します。

  1. 債務整理: 債務の再編成や減額を図ります。
  2. 任意整理: 債権者と直接交渉して支払い条件を見直します。
  3. 自己破産: 支払い能力がない場合には、財産を清算して負債を免除してもらうことも考えられます。
  4. 民事再生: 企業だけでなく、個人も利用できる借金の整理方法です。

民事上の責任は、刑事罰とは異なり、金銭やその他の方法で損害を補填することが主です。法的な問題にならないよう、借金には注意深く対応する必要があります。

刑事上の責任

刑事上の責任とは、法律に違反する行為を行った際に、国が定める罰則に従って裁かれることを意味します。借金に関連して刑事上の責任が生じるのは、次のような場合です。

  1. 詐欺罪:
    嘘をついてお金を借り、最初から返す意思がなかった場合に問われます。
  2. 横領罪:
    信頼関係のもとに託された財産を、不正に自分のものとして使った場合です。
  3. 背任罪:
    他人の財産を管理・運用する立場にありながら、その責任を逸脱して財産を損なった場合に罪に問われます。
  4. 刑事責任の追及:
    警察が犯罪として捜査を開始します。
    検察官が起訴することにより、裁判所で審理されます。

個人の対応策には、以下の3点が挙げられます。

  1. 法的アドバイスを受けます。
  2. 早期に専門家に相談します。
  3. 犯罪になり得る行為はしません。

刑事上の責任を負うと、罰金や懲役といった刑罰を受ける可能性があります。財産犯罪は社会に悪影響を及ぼすため、厳しく処罰されるケースが一般的です。借金に関する行動を取る際は、法律を遵守し、誠実に対応することが不可欠です。

借金トラブルと詐欺罪の関係

借金が詐欺罪になる要件とは?

詐欺罪は、相手をだまして財物をだまし取る犯罪です。借金が詐欺罪となるための要件は以下の通りです。

  • 欺罔行為(だましの行為):うそやごまかしを使って、相手を騙し、事実ではない情報を伝える行為です。
  • 錯誤(相手が誤解している状態):そのうそによって、相手が現実とは異なる信念を持つ状態です。
  • 財物の交付: 相手がその錯誤に基づき、お金や財物を手放すことです。
  • 故意: 借りるときから、返す意志がないことを指し、最初からだまして借金をしようと計画する姿勢を指します。
  • 損害: 相手に実際の経済的損失が生じる場合です。

借金をする際に、以上の要件を満たす行為をすると、詐欺罪が成立する恐れがあります。もし、詐欺罪の疑いをかけられたら、速やかに弁護士に相談しましょう。

返済するつもりがないのにお金を借りることは詐欺罪の可能性

お金を借りる際、返済する意志が全くない場合、それは詐欺罪にあたる可能性があります。返済の意志がない場合における詐欺罪の要件を簡単に説明します。

  • 最初から返済する意図がない: 借金をする時点で、返す気がない場合。
  • 故意に相手を欺く行動を取る: 嘘をついて信用を得て、誤った状況を提供する行為を指します。
  • 相手がその嘘を信じる: 借り手の話にだまされて、貸し手がお金を貸してしまいます。
  • 実際にお金を借りる: 相手から実際にお金を受け取る場合です。
  • 相手に経済的損害が発生する: 貸したお金が返ってこないことで損害を受けます。

返済の意志がないにも関わらず借金をすると、貸し手に経済的な損害を与え、詐欺罪で訴えられる場合があります。もし詐欺罪で訴えられたら、法的なアドバイスを得るためにすぐに弁護士に相談しましょう。

借金と警察・刑事事件の関係

個人間・金融機関からの借金で警察は動くの?

借金に関するトラブルでは、通常、警察は直接介入しません。これは借金が「民事上の問題」とされるためです。しかし、詐欺や脅迫などの犯罪行為が伴う場合には警察が関与することになります。

警察が動くかどうかは、以下の内容を参考にしてください

  • 個人間の借金: 立証できる契約がある場合は民事訴訟の対象です。暴力や脅迫が伴う場合は警察が対応します。
  • 金融機関からの借金: 支払い遅延は金融機関の回収プロセスに従います。不正行為があれば刑事事件として警察が動くこともあります。

借金問題には多くの解決策があり、法的なアドバイスを得ることで適切な手続きを取ることができます。もし借金に関する問題で警察の介入が必要か不安な場合は、法律の専門家に相談しましょう。

警察は借金問題に介入しないことが多い(民事不介入の原則)

借金問題は基本的に民事問題です。これは、人と人との間のお金の貸し借りに関する問題であり、警察が介入するのは犯罪が関係している場合のみです。この原則を「民事不介入の原則」と言います。

民事不介入の原則とは?

  • 警察は民事紛争には関与しません。
  • 個人間の金銭トラブルは裁判所で解決することが基本です。

警察が介入するケース

  • 借金の取り立てに暴力が伴う場合は、介入します。
  • 詐欺や脅迫などの犯罪があった場合も警察が介入します。

借金問題の対処法については、以下の2点を重視してください。

  1. 弁護士や司法書士に相談する
  2. 借金の再調整や債務整理を検討する

警察が借金問題に介入しないことを理解し、適切な法的手続きを取るためには、専門家の支援を受ける必要があります。自分一人で解決しようとせず、法的アドバイスを求めていきましょう

詐欺罪が成立すると警察に逮捕される?

詐欺罪とは、偽りや欺きの手段で他人を騙し、財物を交付させる犯罪です。この犯罪が成立すると、警察は犯罪行為をした人を逮捕することができます。ただし、逮捕されるためには、警察が犯罪の証拠を集め、逮捕の正当な理由が必要です。

  • 詐欺罪が成立する要件: 騙す行為(偽計または詐術)があり、相手がその偽りによって誤信することで成立します。財物の交付を受けることが可能です。
  • 逮捕に至る流れ: 被害者が警察に届け出ます。察が犯罪の証拠を集めることで、検察官の逮捕状の発行が促されます。この過程を経て、警察が逮捕に踏み切ります。

詐欺罪の容疑で逮捕されると、その後の刑事手続きが進行します。刑事手続きには取り調べ、起訴、裁判というステップが含まれます。

もし詐欺罪の疑いをかけられた場合、直ちに法律の専門家に相談し、適切な対応を取ることが重要です。自己判断で行動せず、弁護士の助言を仰ぎましょう。

起訴されると99%以上が有罪になる

日本の刑事裁判では、起訴された場合に有罪判決が出る確率が非常に高いと言われています。これは検察が厳しく証拠を吟味し、有罪が見込まれる場合のみ起訴に踏み切るためです。

起訴から有罪判決までのプロセス

  1. 検察官が証拠を基に起訴を決定します。
  2. 裁判所が証拠や証言を審査します。
  3. 裁判官が法律に基づいて判決をくだします。

有罪判決が多い理由

  • 検察官の起訴基準が高いためです。
  • 事実関係が明確なケースが多くあります。
  • 証拠の充実度が起訴の条件となっています。

もし起訴された場合でも、すべてが有罪になるわけではありません。無罪や減刑を勝ち取る可能性もあるため、法律専門家と相談し、最善の防御策を練っていきましょう。

借金と名誉・プライバシーの問題

借金をばらす行為は名誉毀損になる可能性がある

人の借金の情報はプライバシーに関わるため、他人に無断で公開する行為は名誉毀損に該当する可能性があります。名誉毀損とは、他人の名誉を傷つけるような事実や虚偽を公表することで、民法や刑法で禁止されています。

名誉毀損になる要件

  • 公表された内容が事実でない場合
  • 真実であっても公共の利益に関わらない私的な情報の場合
  • 第三者によって広まることで被害者の社会的評価が低下する場合

名誉毀損の判断基準

  • 情報の真実性
  • 公表の必要性
  • 公表された方法と範囲
  • 被害者の社会的地位や状況

もし借金情報が他人によって不当に公表された場合は、法的措置をとることは可能です。専門家に相談し、個人情報を守るための正しい知識と対処法を提供してもらいましょう。

記載の内容が真実でも虚偽でも名誉毀損は成立する

名誉毀損は、公表された内容が他人の名誉を傷つけるものであれば、それが真実であっても虚偽であっても成立する可能性があります。特に個人のプライバシーに関わる事実を無断で公開した場合、情報が真実であっても、不必要に公表することは法的に問題となる場合があります。

名誉毀損が成立する条件

  • 第三者が知る必要がない個人的な情報であること
  • 公表した内容によってその人の社会的評価が損なわれること
  • 公表する行為が不適切な方法で行われたこと

真実性と名誉毀損の関係

  • 真実であっても公共の利益に直結しない限り、公表することで名誉毀損となる場合があります。
  • 虚偽の情報を公表した場合は、より明確に名誉毀損として扱われます。

個人の借金情報などは、その人の信用に直接影響を及ぼすため、名誉毀損の可能性が高まります。もし不当な情報公開に遭った場合は、速やかに専門家に相談することをおすすめします。

借金の滞納は民事事件になるリスクがある

借金の滞納が起こると、貸し手側は返済を求めて法的な手続きを取るかもしれません。

ここでは、滞納が民亊事件になる可能性やプロセスについて解説します。

滞納が民事事件に発展するプロセス

  1. 借金の返済が期日に間に合わない場合、まず債権者から催促があります。
  2. 催促に応じないと、債権者は裁判所に支払い命令や訴訟を申し立てることができます。
  3. 支払い命令や判決に従わない場合、給料の差し押さえなどの強制執行が行われることもあります。

滞納が民事事件になるときのリスク

  1. 裁判所からの出頭命令に応じなければ、更なる法的措置を取られる可能性があります。
  2. 裁判による追加費用が発生し、借金の総額が増加することもあります。
  3. 滞納情報が信用情報に記録され、将来の借入やクレジットカードの利用に影響を及ぼすかもしれません。

滞納が生じた場合には速やかに対処していきましょう。場合によっては適切な債務整理方法を選び、債権者との交渉によって返済計画を見直すことが、裁判を避ける一つの手段です。

借金の揉め事を回避する方法

借金に関するトラブルは精神的な負担が大きいですが、事前の予防策と適切な対応で避けることが可能です。

以下のポイントを重視して、借金トラブルを回避していきましょう

  1. コミュニケーションを保つ
    債権者と定期的にコミュニケーションを取り、返済状況を透明に保ちます。
  2. 早期の対応
    支払いに遅れが出そうな場合は、早めに債権者に連絡し、状況を説明します。
  3. 返済計画の再検討
    返済が難しいと感じたら、返済計画の見直しを債権者と相談します。
  4. 予算の見直しと優先順位の設定
    支出を見直し、借金返済を優先するように家計を管理します。
  5. 専門家の利用
    弁護士や司法書士といった専門家に相談し、債務整理の方法を検討します。

借金問題を回避するには、正直な態度と積極的な姿勢が大切です。問題が発生する前に専門家に相談し、適切なアドバイスに基づいて行動すれば、多くの揉め事は未然に防げます。

お金を返してもらえないときの対処法

お金を貸したのに返してもらえないときは、以下のステップで適切に対応しましょう。

  1. 文書での催促
    電話や直接会っての催促に加え、内容証明郵便で正式な催促状を送ります。
  2. 分割払いの提案
    一括での返済が難しい場合、分割払いの提案をして返済計画を立て直します。
  3. 任意の交渉
    債務者と直接、あるいは専門家を介して、任意での和解交渉を試みます。
  4. 法的手続きの利用
    小額訴訟や民事調停など、法的手続きを通じて返済を求めることができます。
  5. 専門家への依頼
    弁護士や司法書士に相談し、法的手続きのサポートを受けます。

返済を受けられない場合は焦らず、まずは債務者とのコミュニケーションを大切にし、法的手続きに進む前に任意での解決を目指しましょう。それでも解決しない場合は、専門家の力を借りて、適切な法的手続きを踏んでいくことが大切です。

まとめ

借金が返せなくなった場合、多くは「犯罪」ではありませんが、重大な金融問題です。警察は「民事不介入」の原則に基づき、借金の返済遅延には介入しません。ただし、詐欺や横領などの犯罪行為が伴う場合は別です。

以下に、借金トラブルを未然に防ぐための方法として、任意整理について解説します。

任意整理とは

任意整理は、返済が困難になった借金を法的手続きを使わずに解決する方法です。専門家が間に入り、返済計画を再構築します。

重要なポイント

  • 借金の返済が困難になっても、基本的に犯罪にはなりません。
  • 民事不介入の原則により、警察は借金返済のトラブルに通常は関与しません。
  • 任意整理によって、返済計画を見直し、債権者と交渉することが可能です。

返済に困った場合、まずは弁護士や司法書士に相談し、任意整理を含むさまざまな債務整理の方法を検討することが大切です。早期に対処することで、解決への道が拓けます。

自己破産や特定調停といった他の手段もありますが、任意整理は債務者の信用情報に与える影響が比較的小さいというメリットがあります。適切なアドバイスとサポートを受けながら、現実的な返済計画を立て直しましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

COLUMN

CONSULTATION