COLUMN

債務整理

2023.11.232023.12.14 更新

債務や借金は多くの人が経験するかもしれない重圧です。もしかしたら、あなたも人知れず悩みを抱えて苦しんでいるかもしれません。借金は一人で抱える問題ではなく、家族や友人、あなたの将来にも影響を及ぼします。

この記事では、深刻な借金問題を抱えている方々に、債務という重荷を少しずつ軽くしていくための情報や知識を紹介します。どのような借金の悩みも、解決への第一報はまず「知ること」です。正しい知識を得ることで、課題を乗り越える具体的な方法を見つけていきましょう。

また別記事で債務整理に関するメリットとデメリットもまとめているので、気になっている方はこちらの記事も見てください。

関連リンク:債務整理とは?4つの種類やメリットとデメリットを詳しく解説!

債務と債権についての基本的な理解

「借金」とは?

「借金」とは、他人からお金を借りることで生じる負債を指します。この借金は、家族や友人からの借入れだけでなく、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの金融機関からの貸付も含まれます。そして、多くの場合、この借金には利息が発生し、一定の期間内に返済しなければなりません。

借金の種類として以下の3点が挙げられます。

借金の主な種類:

  1. 消費者ローン: 生活資金や急な出費のために借り入れるものです。多くの場合、無担保での借入れとなります。
  2. ホームローン: 住宅の購入資金として借り入れるもので、担保として物件が設定されることが一般的です。
  3. カードローン: クレジットカードを使用しての借り入れです。限度額内で自由に融資を受けられます。

借金自体は悪いことではありません。たとえば、自宅の購入や子供の教育資金など、大きなライフイベントのための資金調達として利用されることも多いです。しかし、計画的に返済ができなくなると、返済が困難となり、債務整理の必要が出てくる場合があります。

どのような場合でも、借金をする際は返済計画をしっかりと立て、無理な借入れを避けるようにしましょう。もし、借金で悩むようになった場合は、専門家のアドバイスを早めに求めることもおすすめします。

「債務」とはお金を返す義務

「債務」とは、お金や物を返す義務を指します。契約や取引の結果、他者に対して支払うべき金額や物が発生した時、その返済義務全体を「債務」と呼びます。

例えば、銀行からお金を借りた場合、その返済義務全体が「債務」となります。また、ショッピングでクレジットを利用した場合、後で支払うべき金額も「債務」として考えられます。

債務の特徴は以下のとおりです。

債務の主な特徴:

  1. 契約に基づく: 債務は、大抵の場合、契約に基づいて発生します。
  2. 期限が存在: 債務には返済の期限が設定されており、期限までに返済しなければなりません。
  3. 利息が発生することも: 借金としての債務は、利息が発生する場合が多いです。

債務があるにもかかわらず返済が滞ると、遅延利息が発生する場合もあります。また、債務の返済が困難になった際は、債務整理という手続きを通じて解決を図ることが考えられます。

債務自体は悪いことではありません。しかし、適切な返済計画を立て、無理な債務を抱えないよう注意が必要です。何らかの理由で返済が困難になった場合は、早めに専門家の助けを求めることが重要です。

「債権」とはお金を返してもらう権利

「債権」とは、他者からお金や物を受け取る権利のことを言います。簡単に言えば、「債権者」側に立って、他者(「債務者」)に対してお金や物を返してもらうための権利です。

例として、銀行がお金を貸し出した際、お客さん(借り手)にその金額を返してもらう権利が銀行に発生します。この権利を「債権」と呼びます。

債権の主な特徴:

  1. 取引に基づく: 債権は、取引や契約の結果として発生します。
  2. 権利としての性質: 債権は、債権者が債務者に対して一定の行為を求めることができる権利です。
  3. 期間が設定されることも: 債権には、通常、お金を返してもらうための期間が設定されています。

債権が存在する場合、債権者はその権利を行使して債務者から返済を求めることができます。返済が滞ると債権者が法的手段を取る可能性もあります。ただし、返済が困難な場合は債務者が債務整理を行うケースもあり、その際は双方の合意のもとで返済内容や方法が変わってきます。

お金を貸す側としては、返済を確実に受け取るための適切な対応が必要です。また、返済が困難な場合の対応も考えることが大切です。

債務者と債権者の定義とその関係性

債務者と債権者の関係は、お金や物の取引において非常に重要な要素となります。この2つの用語をしっかりと理解し、お金の取引や債務整理における基本的な構造を把握する必要があります。

債務者の定義:

債務者は、お金や物を他者に返す「義務」を持つ人や組織を指します。簡単に言えば、お金や物を借りた側の人や組織です。

例: クレジットカードを利用して商品を購入した人、銀行からお金を借りた人など。

債権者の定義:

債権者は、他者からお金や物を受け取る「権利」を持つ人や組織を指します。これは、お金や物を貸した側の人や組織となります。

例: クレジットカード会社、銀行、商品を売った店舗など。

両者の関係性:

  • 取引の基: 債務者と債権者の関係は、取引や契約に起因します。
  • 互いの権利と義務: 債務者は返済の義務があり、債権者は返済を受け取る権利があります。
  • 相互のコミュニケーション: 債務が発生した場合、両者は返済計画や条件についてのコミュニケーションを持つことが多いです。

債務整理の際、債務者は自身の返済能力に応じて債権者との交渉を行い、返済計画の再構築や条件変更を図る場合があります。このプロセスで、債務者と債権者の関係が再定義されることも考えられます。

双方の定義と関係性をしっかり理解し、債務整理のプロセスを円滑に進めるようにしましょう。

債務者の義務と債権者の権利

債務者の基本的な義務と債権者の基本的な権利

債務者と債権者という2つの存在は、金融の世界で頻繁に耳にする用語です。彼らの間の関係は、お金や物の取引に基づいて形成されます。その際、債務者には特定の義務があり、債権者には義務に対応する権利が存在します。

ここで、債務者の義務と債権者の権利について確認しましょう。

債務者の基本的な義務:

  1. 返済の義務: 借りたお金や物を、約束された期日までに返済します。
  2. 利息の支払い: 貸し出されたお金に対して、約束された利率で利息を支払います。
  3. 情報の提供: 金融状況が変わった場合や返済が困難になった場合は、債権者にその旨を通知します。
  4. 契約の遵守: 契約書や取引の際の約束を守ります。

債権者の基本的な権利:

  1. 返済の受取: 約束された期日にお金や物の返済を受け取る権利を指します。
  2. 利息の受取: 貸し出したお金に対して、約束された利率で利息を受け取る権利です。
  3. 情報の確認: 債務者の金融状況や返済能力を確認する権利を指します。
  4. 契約の実施: 契約に従った取引を強制する権利であり、返済が遅れた場合、その旨を催告することができます。

これらの義務と権利は、債務者と債権者の間の取引や契約に基づいて決定されます。お金や物の取引が円滑に行われるために、双方がそれぞれの義務と権利を遵守する姿勢が求められます。

債権者が持つ強力な「効力」

債権者が貸し出したお金の回収を求める際、法律に基づく様々な手段や権利を活用することができます。この力強い権利や手段を「効力」と呼びます。

債務者が約束通りの返済を怠った場合、債権者は以下のような効力を発揮できます。

  1. 訴訟の提起: 債権者は、返済を求めるために裁判所に訴訟を提起することができます。
  2. 差し押さえ: 裁判所の判断で、債務者の資産や給与などを差し押さえることが許される場合があります。
  3. 担保権の実行: 例えば、住宅ローンなどで担保として家や土地が設定されている場合、返済が滞るとその担保を売却する権利が債権者にはあります。
  4. 取り立て: 法律の範囲内で、債権者は取り立ての行為を行えます。ただし、過度な取り立ては禁じられています。

これらの効力を持つ債権者に対して、債務者は正当な理由や証拠を持たない限り抵抗することは難しいです。そのため、返済の遅延や滞納が発生した際は、速やかに債権者との話し合いや相談を進めるようにしましょう。

債務不履行の結果と法的対応

借金を返済できない場合の債務者への法的手続き

債務者が借金を返済できない場合、債権者は法的手続きを進めることが可能です。以下は、その主な手続きとその内容です。

  1. 催告書の送付: 返済が遅れると、債権者から催告書(返済を求める正式な文書)が送られる場合があります。
  2. 訴訟の提起: 催告に応じない場合、債権者は裁判所に訴訟を提起できます。この訴訟が認められれば、債権者は強制的な回収の権利を得ることが可能です。
  3. 仮差し押さえ: 裁判前に、債権者が債務者の資産を保全するために裁判所に申し立てができる権利です。
  4. 強制執行: 裁判での勝訴後、債権者は債務者の資産や給与などを差し押さえることができます。
  5. 破産手続き: 債務者が返済不可能な状態である場合、債権者は債務者の破産を裁判所に申し立てることが可能です。

以上の法的手続きは、債務者にとっては非常に厳しいものです。このため、返済が困難になった場合は、早急に債務整理の専門家に相談してください。専門家の助けを借りることで、最良の解決策を見つけていきましょう。

債務者の死亡と借金の相続

債務者が死亡した場合、その借金はどうなるのでしょうか。実は、債務者の死亡によりその借金は消滅するわけではありません。以下は、債務者が死亡した場合の主なポイントと手続きについての説明です。

  1. 相続人の責任: 債務者が死亡した場合、その借金は相続人に引き継がれます。つまり、財産とともに借金も相続されるのです。
  2. 相続放棄の選択: 借金が多額で、返済が困難と判断される場合、相続人は相続放棄を選択できます。相続放棄によって、債務の責任から免れることが可能です。
  3. 相続の手続き: 相続手続きを進める際には、遺産の詳細なリストを作成し、その中に借金も含める必要があります。リストの作成によって、相続人がどれだけの資産と借金を相続するのかが明確になります。
  4. 遺族のサポート: 債務者の死亡は、遺族にとっても大きな負担となります。このような状況下での借金の返済や相続手続きは、専門家のサポートを受けることが望ましいです。

このように債務者が死亡した場合は、のこされた家族や親戚などに大きな影響を及ぼします。借金の返済が難しい場合、自分たちだけで解決しようとはせず、専門家に相談して、より良い解決法を探すようおすすめします。

自己破産とその影響

自己破産は、借金を返済する手段としての最終手段の一つです。しかし、その選択には深刻な影響が伴います。

以下では、自己破産の基本とそれに伴う影響について説明します。

  • 自己破産の定義:
    自己破産とは、借金の返済が完全に困難であると認められた場合、裁判所に申し立てをして全ての借金を帳消しにする手続きです。
  • 資産の処分:
    自己破産を申し立てると、所有している資産の多くが処分されます。ただし、生活に必要な最低限の資産(基本的な家具や衣服など)は保持することができます。
  • 信用情報の影響:
    ブラックリスト登録: 自己破産をした場合、信用情報機関に10年間登録されます。
    新しいローンやクレジットの制限: 登録期間中は、新たなローンやクレジットカードの取得が難しくなります。
  • 社会的影響: 自己破産は公示され、それが原因での雇用の制限や社会的な信用の低下などの影響が考えられます。
  • 再出発のチャンス: 一方で、自己破産は借金の圧迫から解放され、再出発するための一歩とも言えます。

自己破産は大きな決断を伴う手続きです。その選択をする前に、他の債務整理の方法や専門家の意見を参考にしましょう。

借金救済制度の全容

借金救済制度の正当性と機能

借金救済制度は、多額の借金に困っている人々を支援するための特別な法的手続きや制度です。この制度の存在は、経済や社会にとって非常に重要な役割を果たします。以下では、借金救済制度の正当性と機能について詳しく説明します。

正当性の根拠

  • 人間の尊厳の保護: 借金の圧迫からの解放は、人の尊厳を守るために必要です。経済的困難が原因での生活の困窮を防ぐための手段として考えられています。
  • 経済的復活の機会: 借金で困窮することによる経済活動の停滞を防ぎ、再び社会や経済に貢献できる機会を提供します。

機能と特徴

  • 再生の機会: 借金救済制度は、債務者に再び健全な経済生活を送るためのスタートラインを提供します。
  • 公平な取引: 債権者と債務者の間に公平な取引の場を設け、双方の権益を守ることを目指します。
  • 債務整理: 任意整理、特定調停、自己破産など、さまざまな方法で借金の整理や帳消しを図れます。
  • プロのサポート: 弁護士や司法書士など、専門家が債務整理の過程でサポートを提供します。

借金救済制度は、個人の再生を支援するだけでなく、社会や経済全体の健全な発展を促進するための重要な役割を果たしています。借金に悩む人が再び社会に立ち返るための支えとなるこの制度は、社会的な連帯と経済の循環を保つための鍵となっています。

借金救済制度の種類とその特徴

借金救済制度は、多額の借金で悩む人々の支援を目的とした制度です。以下に、主な借金救済制度の種類とその特徴を紹介します。

任意整理

  • 特徴: 債権者と直接交渉して、返済金額や返済期間を見直す手続きです。
  • 利点: 住宅ローンなど、特定の債務だけを選んで整理することができます。

特定調停

  • 特徴: 裁判所を介して、債権者との返済条件を再交渉する手続きです。
  • 利点: 法的な効力があり、債権者が合意しない場合でも裁判所の判断で条件が決まる場合があります。

自己破産

  • 特徴: 債務を全て帳消しにする手続きで、裁判所の許可が必要です。
  • 利点: 多額の借金から解放されますが、破産宣告後は一定期間、新たな借り入れが難しくなります。

個人再生

  • 特徴: 債務の一部を免除し、残りを分割払いで返済する手続きを指します。
  • 利点: 住宅を保持したまま返済計画を立てることができます。

これらの制度は、個人の状況や借入れの種類、返済能力に応じて適切な方法を選択することが重要です。専門家のアドバイスを受けながら、最適な救済手段を選び、安心して新しい生活をスタートさせる見通しを立てましょう。

借金救済のプロセスと費用

借金救済制度の利用手順

借金の悩みを抱えているとき、適切な救済制度を利用することで解決の道が開けます。以下に、借金救済制度を利用する際の基本的な手順を示します。

  1. 現状の確認
    借入れの金額や種類、返済状況などの詳細を整理します。
    家計簿や預金通帳、借金の契約書などの書類を用意しましょう。
  2. 専門家の相談
    弁護士や司法書士に相談し、自身の状況に合わせた最適な救済制度を選択すします。
  3. 手続きの開始
    選択した救済制度に基づいて、必要な手続きを進めましょう。
    任意整理や特定調停の場合、債権者との交渉を行います。
  4. 合意や計画の確定
    債権者との合意が成立した場合、新たな返済計画を確定します。
    個人再生や自己破産の場合、裁判所の認可を受けます。
  5. 返済の実施
    新しい返済計画に基づいて、定期的に返済を行います。
  6. 手続きの終了
    全ての返済が終了したら、手続きは完了となります。

このように、借金救済制度を利用するには一定の手順が必要です。しかし、専門家と連携しながら進めれば、迅速かつスムーズに問題を解決することができます。

借金救済制度を利用する際の一般的な費用

借金救済制度を利用する際には、手続きに関わる費用が発生します。これらの費用は制度の種類やケースによって異なるため、具体的な金額を知るには専門家に相談するのが最も確実です。

以下に、一般的な費用の概要をまとめました。

  1. 相談費用
    まずは弁護士や司法書士に相談する際の費用です。
    初回相談は無料の場合も多いですが、詳細な相談やアドバイスを受ける場合には費用が発生するケースがあります。
  2. 報酬費用
    整理手続きを行う際の報酬として、弁護士や司法書士に支払う費用です。
    任意整理や特定調停、個人再生などの手続きによって異なります。
  3. 裁判費用
    裁判所の手続きを利用する場合に発生する費用です。
    個人再生や自己破産の場合など、裁判所を通じた手続きに関わるものです。
  4. 印紙代
    手続きに必要な書類に貼る印紙の代金です。
    手続きの種類や内容に応じて、必要な印紙の金額が変わります。
  5. その他の費用
    通知や書類の発送、移動費など、手続きに伴う様々な経費が考えられます。

借金救済制度を利用するための費用は、上記のように多岐にわたります。具体的な費用は、手続きの内容や専門家の方針、地域などによっても異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

借金救済制度の長所と短所

借金救済制度のメリットと日常生活への影響

借金の問題に直面した際、借金救済制度は大きな支えとなります。しかし、これらの制度を利用することで日常生活にも様々な影響が出る場合があります。以下に、借金返済制度のメリットと日常生活への影響をまとめました。

メリット

  • 金利の軽減・カット:一部の制度では、高い金利が軽減されたり、完全にカットされる場合があります。
  • 返済総額の削減:債務の一部や全てが免除され、返済総額が減少することが期待できます。
  • 返済プランの再構築:支払能力に合わせて、新しい返済プランが提案されます。
  • 取り立ての停止:手続きを開始すると、債権者からの取り立てや連絡が一時的に停止されるケースが多いです。

日常生活への影響

  • 信用情報の記録:救済制度の利用は信用情報機関に記録され、一定期間クレジットカードの取得やローンの申し込みが難しくなる場合があります。
  • 資産の没収:自己破産のような制度では、一部の資産が没収されるケースがあります。
  • 生活水準の変動:返済プランの再構築に伴い、生活費の範囲が変わることが考えられます。
  • 社会的な偏見:借金の問題や救済制度の利用に対する社会的な偏見や理解の不足が、心理的なストレスとなる場合もあります。

借金救済制度を利用する前にメリットだけでなく、日常生活への影響もしっかりと考慮することが大切です。

借金救済制度の潜在的リスクとデメリット

借金救済制度の利用は確かに一時的な安堵をもたらすことがありますが、長期的な視点で見るとさまざまなリスクやデメリットが考えられます。

ここでは、借金救済制度のリスクとデメリットについて詳しく解説します。

潜在的リスク

  • 再び借金の増加:制度を利用した後、再び不注意な借入れを繰り返してしまうリスクがあります。
  • 信用情報の悪化:救済制度の利用は信用情報に記録され、新たな借入れやクレジットカードの取得が困難になる可能性があります。
  • 資産の失失:一部の制度、特に自己破産では、貴重な資産を失うリスクが高まります。
  • 手続きの失敗:専門的な知識が必要な手続きを自力で行うと、不完全な申請や手続きの失敗が考えられます。

デメリット

  • 社会的な偏見:借金や救済制度の利用に対する周囲の偏見や理解の不足が心理的ストレスとなる場合があります。
  • 手続きの複雑さ:一部の制度は手続きが複雑で、時間と労力がかかるケースがあります。
  • コストの発生:弁護士や司法書士の費用が発生する場合があり、初期のコストが負担となることが考えられます。
  • プライバシーの侵害:手続き中の情報が公開され、プライバシーが侵害されるケースも考えられます。

借金救済制度を利用する前には、これらのリスクやデメリットをしっかりと理解し、適切な判断をする必要があり、場合によっては専門家のアドバイスも求めることも選択肢の一つです。

実際の借金救済体験談と対策

借金救済を利用した人々の体験と成果

借金救済制度を利用すると、多くの人々が大きな変化を経験します。以下に、実際に制度を利用した人々の体験や成果についてまとめました。

1. 月々の返済額の軽減

  • 体験: 山田さん(仮名)は、多重債務に悩んでいました。しかし、任意整理を利用し、月々の返済額を大幅に減少させることができました。
  • 成果: 返済のストレスが軽減し、生活の質が向上しました。

2. 借金の圧縮

  • 体験: 佐藤さん(仮名)は、過払い金返還請求を行い、過去の高金利の返済金を取り戻すことができました。
  • 成果: 借金の総額が減少し、早期の完済が見込めるようになりました。

3. 精神的な安定

  • 体験: 田中さん(仮名)は、自己破産を選択。借金から解放され、新しい人生をスタートすることができました。
  • 成果: 精神的な安定を取り戻し、再就職や新しい生活を築く希望が見えてきました。

4. クレジットの再建

  • 体験: 鈴木さん(仮名)は、個人再生を利用し、定期的な返済を続けることで、信用情報の改善を目指しました。
  • 成果: 手続き後数年でクレジットカードの取得やローンの申請が再び可能となりました。

5. 周囲との関係の改善

  • 体験: 木村さん(仮名)は、家族や友人との関係に亀裂が入っていましたが、借金救済を通じて、その事実を公にし、理解を求めることができました。
  • 成果: 信頼関係の回復、そしてサポートを受けた結果、より強固な人間関係を築けるようになりました。

借金救済制度を利用した人々は、さまざまな困難を乗り越えています。その体験や成果は、多くの人々にとっても希望や勇気を与えるものといえるでしょう。

借金を減らすための代替手段と戦略

借金の返済に悩んでいるとき、債務整理だけが解決策ではありません。以下に、借金を減少させるための代替的な手段と戦略をまとめました。

1. 予算の見直しと節約

  • 代替手段: 日常の支出を見直し、不要な出費をカットしましょう。
  • 戦略: 毎月の支出をリスト化し、必要なものとそうでないものを区別します。

2. 副業やアルバイトの活用

  • 代替手段: 収入を増やすための仕事を探しましょう。
  • 戦略: スキルや経験を活かした仕事を探し、効率的に稼ぎます。

3. 資産の売却

  • 代替手段: 不要な資産や持ち物を売却し、その資金で借金を返済しましょう。
  • 戦略: オンラインオークションや中古品買取サービスを活用することも考えられます。

4. 金利の低いローンへの借り換え

  • 代替手段: 金利が高い借入れを、低金利のローンに変更します。
  • 戦略: 信用金庫や消費者金融など、さまざまな金融機関の金利を比較し、最も低いものを選ぶことが重要です。

5. 交渉による利息のカット

  • 代替手段: 借入れ先と直接交渉し、利息の軽減や返済計画の見直しを図ります。
  • 戦略: 事前に返済計画をしっかりと考え、具体的な提案を持って交渉に臨みましょう。

6. 金融教育の受講

  • 代替手段: お金の管理や節約方法を学びます。
  • 戦略: セミナーや講座を利用し、自分の経済状況を改善する知識を身につけていきましょう。

これらの代替手段と戦略を上手く組み合わせることで、借金を減少させるのは可能です。ただし、状況に応じて専門家と相談することも念頭におきましょう。

投資による借金の債務整理可能性と対策

投資は資産を増やす手段の一つですが、失敗すると借金が増える可能性もあります。投資による借金が生じた場合の債務整理の可能性と、それを防ぐための対策を以下にまとめました。

1. 投資による借金の特徴

  • リスク性: 株や仮想通貨など、価格の変動が激しい商品はリスクが高いといえます。
  • レバレッジ: 資金以上の取引が可能な金融商品を使うと、損失が増大する恐れがあります。

2. 債務整理の可能性

  • 自己破産: 投資による借金も、他の消費者金融などの借金と同じく、自己破産の対象となり得ます。
  • 任意整理: 借金の一部を減額する交渉が可能ですが、投資による借金の場合、交渉が難しいこともあります。

3. 投資による借金を防ぐ対策

  1. 資金の管理: 投資に使う資金は、日常生活に影響を及ぼさない範囲で設定しましょう。
  2. リスクの理解: 投資する商品のリスクをしっかりと理解し、自身のリスク許容度と合わせます。
  3. 情報収集: 最新の市場情報や専門家の意見を参考に、冷静な判断を心がけましょう。
  4. 利益確定・損切り: 事前に利益確定や損切りのラインを決めて、感情に流されずに行動します。

投資は慎重に行わなければなりません。もしも借金を抱えてしまった場合は、早期に専門家に相談し、適切な債務整理を行うことが大切です。

まとめ

債務は、お金を返さなければならない義務で、たとえば、友人に1万円借りた場合、その1万円を返す義務があるということが「債務」と言えます。この債務が多額になり、返済が困難になった場合、助けとなるのが「借金救済制度」です。

債務の基本

  • 契約: 債務は、大抵の場合、何らかの契約に基づいて生じます。ローンやクレジットカード、消費者金融などがその例です。
  • 返済義務: 借りたお金を返す義務があります。この義務を果たせない場合、法的な措置がとられる場合があります。

借金救済制度とは?

返済が困難になった場合、以下のような制度を利用して、借金の負担を軽減できます。

  • 任意整理: 借金の一部を減額するための交渉を行います。全ての借金を対象にすることはできませんが、多くの場合、返済額を大きく減少させることが可能です。
  • 自己破産: すべての借金を帳消しにしますが、一定期間、新たな借金を組むことができません。

重要ポイント

  1. 任意整理のメリット: 多くの債務を減額できる可能性があります。ただし、全ての債務が対象となるわけではありません。
  2. 自己破産の影響: 借金を全て無くすことは可能ですが、信用情報に長期間記録されるデメリットもあります。
  3. 専門家の意義: 借金の状況や返済計画に応じて、最適な救済制度を選ぶためには、専門家のアドバイスが必要です。

債務とは、お金を返す義務のことを指します。返済が困難になった場合、任意整理や自己破産といった借金救済制度を利用し、生活を再建する手立てを打つことは可能です。債務が膨らみ悩みを大きくしてしまう前に、早めに専門家に相談するようにしましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION