COLUMN

自己破産後も夢のマイホームを!住宅ローン組める方法とは?

自己破産

2024.03.212024.03.22 更新

自己破産後も住宅ローンを組む方法とポイントを知りたいという方も多いですよね。心配しなくても、自己破産後に再び住宅ローンを組むことは可能です。

まずこの記事では、自己破産の基本的な内容や住宅ローンへの影響を解説します。次に、自己破産と個人再生の違いや適切な選択肢についてもご紹介します。

そして、肝心の自己破産後に再び住宅ローンを組む方法や審査ポイント、事前審査や相談について説明します。最後に、自己破産によるデリケートな問題や対策もお伝えします。

あなたの興味関心にしっかりと応えることができる、わかりやすくて心温まる記事になっていますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

こんな人におすすめの記事です。

  • 自己破産を経験し、再び金融機関からの信用を築きたいと考えている人
  • 住宅ローンを含む新たなローンを組みたいが、過去の破産歴に不安を感じている人
  • 自己破産後に家を守りたい、または適切な借金の返済計画を立てたい人

記事をナナメ読み

  • 自己破産後も信用情報の回復と適切な計画を通じて、再度住宅ローンを含むローンの審査に通過する方法がある。
  • 債務整理の選択肢や住宅を守る方法を理解し、個々の状況に適した手段を選択することが重要。
  • 専門家に相談し、自己破産のデメリットを最小限に抑えつつ、経済的再生を目指すことが勧められる。
借金減額診断

自己破産とは?

自己破産は、返済不能な借金に悩む方が法律を利用して、多額の負債をゼロにする方法です。これにより、新しい人生をスタートするチャンスが与えられます。

具体的には、裁判所に申立てを行い、審査が通ると免責が認められ、借金が帳消しとなります。ただし以下の手続きが必要です。

  • 裁判所への申立て
  • 財産の没収と清算
  • 個人再生や任意整理との比較検討

しかし、自己破産にもデメリットがあり、金融機関からの信用が失われ、住宅ローンやカードローンを含む借入に申し込めなくなる場合があります。また、新たにクレジットカードをつくることもできない可能性も。そのため、他の借金整理方法と比較して慎重に選択することが大切です。

弁護士や司法書士に相談することで、自分に最適な方法を見つけることができます。

自己破産を申請したらどうなってしまうのか?

自己破産を申請すると、まず財産の管理が裁判所に委ねられます。その後、持っている財産が売却され、債権者に分配されます。

また、免責の審査が行われ、問題なければ借金が全て無効となります。このように、自己破産は借金を帳消しにするための手続きですが、デメリットがいくつかあります。

  • 信用情報機関に登録され、7年間借入が難しくなる
  • 職業の制限がある場合がある(公務員や弁護士など)
  • 家や車などの財産を失う可能性がある

このようなデメリットを考慮し、弁護士や司法書士など専門家と相談して判断することが大切です。現在日本にある主な信用情報機関は株式会社CIC株式会社JICC全国銀行協会の3種類です。株式会社CICは主にクレジット会社、株式会社JICCは主に消費者金融、全国銀行協会は銀行や信用金庫、信用保証協会が加盟する信用情報機関です。

それぞれの加盟店は信用情報機関にローンやクレジットの契約などに関する情報を信用情報として提供します。そして、信用情報機関はその信用情報を保管・管理します。

信用情報の中でも経済的な信用を失うような情報は「事故情報」として共有されてしまいます。いわゆる「ブラックリスト」というものです。ブラックリストに一度載ってしまうと、一定期間は新しい住宅ローンの契約ができなくなってしまいます。

住宅ローンを支払えなくなった時、自己破産は妥当?

住宅ローンを支払えなくなった場合、自己破産が妥当かどうかは状況次第です。自己破産には上述したデメリットがあるため、他の方法を検討することがおすすめです。

例えば、以下の方法が考えられます。

  • 任意整理: 債務整理の中で最も柔軟な手続きで、債権者との交渉で返済額や期間を変更することができます。
  • 個人再生: 返済計画を立てて裁判所に提出し、承認されると家や車などを失わずに済む場合があります。

ただし、状況や借金の規模によっては自己破産が適切な場合もあります。専門家と相談し、自分に適した方法を選択しましょう。

自己破産したら家はどうなる?住宅ローンの行方

自己破産をした場合、住んでいる家がどうなるか、住宅ローンの返済がどうなるかについて心配される方も多いと思います。一般的に、自己破産をすると借金は免除されるものの、保有している財産の中でも価値のあるものは売却され、その代金で債権者への返済に充てられます。

住宅ローンを組んでいる家は、基本的に担保として金融機関に登録されています。そのため、自己破産の際に売却の対象になり、債権者である金融機関は裁判所に対して「担保不動産競売の申立て」をします。

裁判所が申立てを認めると「競売開始決定」を出し、自宅は競売に付されてしまいます。ただし、売却が難しい場合や金額が安くなると判断される場合は、金融機関が家を取り戻すことを選択しないこともあります。

一方で、借金を完済している場合や家を賃貸している場合など、家を持ち続けることが可能なケースもあります。

どのような選択肢があるかは個々の状況によりますので、専門の法律事務所や司法書士に相談することをおすすめします。大切な家を手放さずに済むかもしれませんよ。

返済義務を免除する手続きについて

返済義務を免除する手続きは、借金の返済が困難になった場合に利用できます。主な選択肢には、自己破産、個人再生、任意整理があります。それぞれの手続きは、費用や自己の財産への影響が異なりますので、ご自身の状況に合ったものを選んでいただくことが大切です。

  • 自己破産:借金が一括で免除されますが、財産も売却されることが多く、信用情報機関に登録されます。
  • 個人再生:家や車などの財産を維持しながら、返済計画に基づいて借金を減額できます。審査が必要で、期間や費用がかかることがあります。
  • 任意整理:借金の金額や利息を減額できる場合があり、個々の債権者と交渉して解決を図ります。

返済義務を免除する手続きについては、専門家に相談することが重要です。法律事務所や司法書士などの専門家が、あなたの状況を適切に判断し、最適な手続きを進めてくれるでしょう。安心して前向きに進めることが大切ですね。

自己破産VS個人再生:あなたに最適な選択は?

自己破産と個人再生は、返済義務を免除する手続きとしてよく比較されます。自己破産は借金が一括で免除されますが、財産を失うリスクがあります。個人再生は財産を保持できる反面、審査が必要で条件が厳しいことがあります。

あなたに最適な選択は、以下のポイントを考慮して決めましょう。

  • 借金の総額(自己破産はより多額の借金に適していることが多いです)
  • 財産の有無(個人再生は家や車などの財産を維持したい場合に適しています)
  • 今後の生活設計(将来の金融サービス利用や職業上の影響を考慮して選びましょう)

どちらの選択肢が最適かは、専門家に相談することが大切です。法律事務所や司法書士が適切なアドバイスを提供してくれますので、安心して決断することができるでしょう。最適な手続きを選んで、前向きな未来に向かいましょう。

個人再生の概要と住宅ローンへの影響

個人再生は、借金を減らし、返済計画を立て直す手続きです。これにより、借金の返済が進み、やがて完済へと導かれます。まずは個人再生の具体的な手順や流れを把握しましょう。

しかし、個人再生手続きには住宅ローンへの影響があります。住宅ローンは、金融機関から家を購入するために借りる大きな融資です。この返済が難しくなった場合、個人再生手続きが役立ちます。住宅ローンは債務整理の対象となり、返済計画が見直されることがあります。

しかし、注意が必要な点もあります。個人再生手続きを行うと、信用情報機関に登録されることがあり、今後の住宅ローンやその他のローンの審査が厳しくなる可能性があります。また、住宅ローンの借り換えや再販が難しくなることも考えられます。

ですが、前向きに捉えてみましょう。個人再生を成功させ、債務が整理されれば、家族の生活が安定し、心に余裕が生まれることでしょう。そうした状況が整った後に、再び住宅ローンを組む方法を検討することができます。人生は一度きりです。一度の失敗から立ち直り、再度チャレンジする勇気を持ちましょう。

自己破産と個人再生の比較

自己破産と個人再生は、借金に悩む方に選択肢を提供します。それぞれの手続きには利点やデメリットがありますので、両者を比較してみましょう。

まず、自己破産は、債務を帳消しにして再スタートが切れる手続きです。しかし、財産を没収されるリスクがあり、信用情報機関に長期間登録されることがデメリットです。

一方、個人再生は、債務の一部を免除しつつ、返済計画を立て直す方法です。財産を失わずに済みますが、手続きが複雑で時間がかかることが欠点です。

自己破産と個人再生を比較して、自分に適した手続きを選ぶことが重要です。どちらを選んでも、専門家の助けを借りて、借金問題に向き合いましょう。明るい未来を手に入れることができます。

自己破産後も夢はある!再び住宅ローンを組む方法

自己破産後でも、住宅ローンを組む夢はあきらめないでください。再度住宅ローンを組む方法をご紹介します。

まず、信用情報機関に登録されている期間が経過するのを待ちます。この期間中に、再び住宅ローンを組むための準備をしておきましょう。たとえば、安定した職業に就いたり、貯金を積み立てたりすることが有益です。

次に、過去の破産歴を明確に説明できるようにしておきます。金融機関は、状況を理解し、適切な対応をすることで協力してくれることがあります。

最後に、信用情報がクリアになったら、再び住宅ローンの申し込みにトライしましょう。今度こそ、夢のマイホームを手に入れるチャンスです。

破産後、少なくとも5~10年程度は審査が通らない

破産を経験した方は、その後5~10年間はローン審査が通りにくくなることがあります。これは、信用情報に破産の記録が残っており、金融機関がリスクを避けるために厳しい審査が行われるからです。

しかし、その期間が過ぎると徐々に信用回復が見込めます。

具体的には、「正規雇用であること」「勤続1年以上」「年収は300万円以上」などの基準が金融機関ごとに定められています。定期的な収入があり、借金や遅延などの問題がなければ、審査も通りやすくなります。

細かい数字は非公開のケースが多いもののある程度の条件は銀行の公式サイトで確認できます。

もし、破産後にローンを検討している方がいたら、以下のポイントを頭に入れておくと良いでしょう。

  • 信用情報の確認
  • 他の金融機関でのローン履歴の開示
  • 再度の借金を避けるために家計管理や貯金計画を立てる

ブラックリスト状態では審査に通過する可能性はないため、各信用情報機関へ開示の請求を行ってから、ローンを申し込みましょう。それでもなお審査が通らない場合でも、借金相談や債務整理を行うことで、より良い解決策が見つかるかもしれません。

自己破産後にローン審査をパスする秘訣

自己破産後にローン審査をパスするには、まず信用情報の向上を心掛けることが大切です。以下の秘訣を試してみてください。

  • 定期的な収入を得る
  • 生活費や借金の返済計画を立てる
  • 信用情報機関に登録された情報を確認し、正確な情報が記載されているかチェックする

継続して正確な情報を提供し、無事に再生事務所を卒業することで信用回復の道が開けます。また、信用情報機関に登録された破産情報が消去されたことを確認しておくことも大切です。

事前審査・相談

ローンを検討している方は、事前審査や相談を行うことがおすすめです。事前審査を受けることで、自分がローンを組む上での条件や審査基準を把握することができ、審査を通過する確率が上がります。

また、金融機関や専門家と相談することで、自分に適したローンや返済方法を見つけることが可能です。相談は無料の場合もあるため、まずは実績のある専門家に相談してみることをお勧めします。

事前審査や相談を活用することで、破産後のローン審査も乗り越えることができるでしょう。前向きな気持ちでチャレンジしてみましょう。

自己破産しても家を守る方法

自己破産をすると、通常は財産を没収されますが、方法によっては家を守ることが可能です。まず、持ち家が住宅ローン返済中の場合と、住宅ローン完済の場合で、対応が異なります。理由と具体例をふまえ、まとめたいと思います。

それでは、住宅ローン返済中の持ち家と住宅ローン完済の持ち家の2つのケースで、どのように家を守ることができるのか見ていきましょう。

住宅ローン返済中の持ち家

住宅ローンを契約して返済中の持ち家を守る場合、免責事項に該当させることが重要です。具体的には、以下の2つの方法がおすすめです。

  • 任意整理: 債務の一部を減額したり、返済期間を延ばして負担を軽くする手続きです。家を失わずに済むため、借金が重くなった際に試す価値があります。
  • 個人再生: 職業や生活に影響を与えずに借金を整理できる方法で、返済計画を立てて実行することで、持ち家を守ることができます。

ただし、これらの方法を選択するためには、司法書士や弁護士に相談し、借金の状況や家の価値を評価してもらうことが大切です。

住宅ローン完済の持ち家

住宅ローンの契約後、完済している持ち家の場合は、財産を守るために家族信託を利用することがおすすめです。家族信託は、自分が財産の管理者となり、家族を受益者に指定することで、家を守ることができます。

ただし、信託の設定には専門的な知識が必要となりますので、信託専門の司法書士や弁護士に相談することが大切です。

また、個人再生手続きを利用して、持ち家を守ることも検討できます。借金の整理計画を立て、裁判所が承認すれば、他の債務を整理しながら家を守ることが可能です。

ただし、個人再生手続きには一定の条件がありますので、専門家に相談して適切な方法を選択しましょう。

共同名義の住宅の場合

共同名義の住宅をお持ちの方は、借金返済においていくつか注意点があります。

まず、住宅ローンの返済を続けることができる場合どのような手続きが必要でしょうか?

それは、住宅ローンの契約をしている金融機関と相談し、個人再生などの手続きを進めることがおすすめです。この方法であれば、持ち家を手放さずに住み続けることができます。

ただし、再生計画の中に家屋の売却が含まれる場合は、共同名義人にも影響があるため、相談の中でその点を明確に伝えることが大切です。

一方、返済が困難な場合、どのような方法が考えられるでしょうか?

共同名義人が債務整理や任意売却を検討することができます。ただし、共同名義人が連帯保証人である場合、債務整理や任意売却を進める前に相談が必要です。

何より大切なのは、適切な専門家に相談し、最適な方法を見つけることです。優しい法律事務所であれば、借金でお悩みの方に寄り添いながら、最適な解決策を一緒に考えてくれることでしょう。

共同名義人が自己破産した場合

共同名義人が自己破産すると、他の名義人にどのような影響があるでしょうか?

自己破産により、債務者の財産が没収されることから、その名義人の持ち分も売却の対象となる場合があります。

ただし、連帯保証人がいる場合、その人が債務を引き受けることで住宅ローンの返済継続が可能です。

その際、実際の返済方法については金融機関と相談することが重要です。

また、自己破産後に名義変更を行い、信用回復を目指す方法もあります。

例えば、個人再生や任意売却を選択した場合、破産者に対するローン返済義務は無くなりますが、共同名義人は引き続き返済義務が残ることに注意が必要です。

借金返済には様々な選択肢がありますが、どの方法が最適かは専門家に相談しましょう。温かみのある法律事務所であれば、前向きな解決策を一緒に考えてくれるはずです。

失った信用を取り戻す!自己破産後の住宅ローン審査ポイント

自己破産後の住宅ローン審査では、信用を取り戻すためにポイントがいくつかあります。

まず、完済までの期間を短くすることが有効です。また、住宅ローンの金額を減らすことも審査にプラスとなります。

次に、安定した職業や収入があることも信用力アップに繋がります。

さらに、適切な返済計画を立てることが重要です。具体的には、必要な費用や収入、支出等を確認し、無理のない返済計画を立てることが望ましいです。

また、過去の借金や破産の経緯を正確に説明し、今後の返済能力があることをアピールすることも大切です。

信用回復には時間がかかる場合もありますが、前向きな気持ちで対策に取り組むことが大切です。

住宅ローンの審査で見られるポイント

住宅ローンの審査では、金融機関が返済能力や信用状況をしっかりと確認します。審査で重要視されるポイントは、以下の通りです。

  • 収入や職業:安定した収入があるかどうか、また職業の安定性も重要です。
  • 信用情報:過去のローンや借金の履歴、支払い遅延があるかどうかや返済実績がチェックされます。
  • 頭金:住宅購入費用の一部を頭金として用意できるかどうかが評価されます。
  • 債務状況:他の借金やローンの状況も考慮されます。

金融機関はこれらのポイントをもとに、借入希望者に対して貸付を行うべきか判断します。審査を通過するためには、適切な情報開示や計画的な返済計画が不可欠です。

また、ブラックリストから抹消されてすぐに住宅ローンを申し込むよりも、クレジットカードをつくって返済実績を重ねてから住宅ローンを申し込むほうが、スムーズに借入できる可能性が高くなります。

仮審査

仮審査は、住宅ローン申込みの初期段階で行われる審査で、まず大まかな返済能力を見極めることが目的です。具体的には、申込者の年収や勤続年数、住宅購入価格などから概算される返済額と、申込者の現状の生活費や他の負担金を照らし合わせます。

仮審査に通過すると、次の段階である本審査に進むことができます。また、仮審査に通過した者に対して、金融機関が一定の金利や条件で貸し付ける意思を示すことがあります。

本審査

本審査は、仮審査を通過した後に行われる本格的な審査です。詳細な返済能力や信用状況、購入予定の不動産の価値などをチェックし、最終的な貸付条件を決定します。本審査では以下の点が重要視されます。

  • 不動産価値:購入予定の不動産の価値が適切かどうかが確認されます。
  • ローンの目的:住宅購入以外の目的での借入は避けられるため、購入理由が明確であることが望ましいです。
  • 保証人:場合によっては保証人の信用状況も調査されることがあります。

本審査に通過すれば、ようやく住宅ローンが成立し、購入手続きに進むことができます。審査において節度ある生活や適切な計画を立てることが大切です。

自己破産のデリケートな問題点とその対策

自己破産は、借金を完済できない状況であれば債務を免責する方法ですが、デリケートな問題点も存在します。問題点を理解し、対策を講じることで前向きに選択できます。

デリケートな問題点は主に3つ。住宅や財産が没収されること、手続き中に一部の職業ができなくなること、そして住所や氏名が官報に掲載されることです。

ただし、これらの問題点に対しても対策は可能です。具体的な対策としては、財産を適切に管理する方法、職業選択の制約を最小限に抑える方法、官報掲載の影響を最小限にする方法などがあります。

借金問題は誰にでも起こり得るため、無理のない方法で問題解決を目指していきましょう。

住宅を含めて多くの財産が没収される

自己破産において、住宅を含めた財産が没収されることは誰もが避けたい懸念です。ただし、持ち家や車などの財産は、一定額以下の価値であれば免責される可能性もあります。

そこで、財産の売却や住宅ローンの返済、家族を守る方法を検討することが大切です。住宅ローン返済の相談や任意売却を検討して、家族が安心して暮らせる環境を作りましょう。

また、法律事務所や弁護士に相談することで、最適な方法を見つけることができます。適切なアドバイスを受けて前向きに対処しましょう。

手続き中は一部の職業をできない

自己破産の手続き中は、一部の職業に就けなくなることがあります。例えば、公務員や金融機関、保証人になれない職業などです。

ただ、職業選択の制約は必ずしもすべての人に影響するわけではありません。事前に自分の職業やこれから目指す職業が制約されるかどうか確認し、適切な対策を立てましょう。

また、影響がある場合でも手続きが完了すれば再び職業選択の幅が広がることが多いです。前向きな気持ちで新たな道を探すことが大切です。

住所と氏名が官報に掲載される

自己破産手続き後、住所や氏名が官報に掲載されることは心配されるポイントです。これを回避する方法は残念ながらありませんが、官報の内容は一般的にはあまり注目されないものです。

もし心配であれば、住宅ローンの返済や任意売却など他の方法を検討してみるのも一つの選択肢です。

大切なのは、借金問題に立ち向かって解決方法を見つけること。どんな方法が自分に合っているのか、専門家に相談して一緒に解決策を見つけましょう。

この記事に関連するよくある質問

自己破産をした後の住宅ローンはどうなるの?

自己破産を行うと、住宅ローンを含むすべての借金から解放されます。これには自動車購入費用や教育ローンも含まれます。しかし、日常生活に必要不可欠でない財産は、債務の返済のために売却される必要があります。特に、価値のある自宅は没収され、競売を通じて売りに出されることが一般的ですので、所有から手放すことになります。

自己破産した後で住宅ローンを組めるのは何年後?

自己破産後に再び住宅ローンを利用するまでには、通常5年から10年の期間を要します。しかし、この期間が経過したからといって、自動的にローンの審査をクリアできるわけではありません。審査を通過するには、「可能な限り多くの頭金を準備する」「クレジットカード使用などによる良好な信用実績を構築する」など、いくつかの重要な条件を満たす必要があります。

配偶者が自己破産していても住宅ローンって組める?

自己破産している配偶者がいる場合でも、自己破産していない方が主な借り手として住宅ローンを申し込むことは可能です。ただし、自己破産した配偶者は連帯保証人としては機能できないため、他の保証人を見つけるか、連帯保証人不要の住宅ローンプラン、例えばフラット35などを選択する必要があります。

自己破産した人が家を建てることはできる?

自己破産を経験した後でも、家を建てることが完全に不可能なわけではありません。自己破産から5年から7年程度経過すると、再び住宅ローンの申請が可能になることがあります。ただし、その間に住宅ローンを取得するのは一般的に難しいとされています。

自己破産した場合、持ち家に何が起こるのでしょうか?

自己破産を行うと、不動産を含む持ち家は基本的に手放さなければならなくなります。これは、自己破産において持ち家が自由に扱える財産とは見なされないためです。ただし、例外として売却が困難な物件、例えば地方の一戸建てなどは、場合によっては破産手続き後に所有者に返還されることもありますが、その際は物件の価値に相当する金額の支払いが必要となることがあります。

法テラスの利用も考えよう

金銭面で余裕がない場合は、法テラスの利用も検討しましょう。
法テラスでは法制度紹介や相談窓口の紹介を無料で行ってくれます。

また条件付きではありますが、弁護士・司法書士の費用を立替えしてくれる制度もあり、分割での支払いにも対応しているので月々の負担を抑えて債務整理を進めることが可能です。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION