COLUMN

自己破産

2023.11.102023.11.14 更新

自己破産と生活保護、この二つが交差する場合、多くの人が直面するのは「これから先、私はどうすればよいのだろうか?」といった不安です。

しかし、困難な局面にぶつかったときは、生活を立て直し新たなスタートを切る出発点となります。

この記事では、自己破産と生活保護を取り巻く今の状況を明らかにした上で、具体的にどのような解決法があるのか詳しく紹介します。少しでも前に向いて進められるよう一緒に内容を確認していきましょう。

AI要約を表示する

自己破産と生活保護の基本を理解する

自己破産をしても生活保護を受けられる!

自己破産を経験しても、生活を守るための支援は受けられます。生活保護は、生活に困窮した方が最低限度の生活を営むために国から受けられる援助です。多くの人が誤解しているのは、自己破産をすると生活保護が受けられなくなるということですが、これは間違いです。

生活保護のメリット:

  • 基本的生活費: 食費や光熱費など、生活に必要な基本的な費用の援助してもらえます。
  • 住宅支援: 家賃補助など、住む場所に関する支出の一部をカバーしてもらえます。
  • 医療費支援: 病院での治療費や必要な医療費の負担を減らしてもらえます。

自己破産が生活保護の受給資格を奪うことはありません。実際には、自己破産は借金の返済義務から解放され、生活を立て直す機会を与えてくれます。しかし、自己破産後の生活保護申請には以下の点に注意する必要があります。

  1. 資産状況の開示: 生活保護を受けるためには、現在の経済状況を正確に報告する必要があります。隠し事は絶対に許されません。
  2. 必要書類の提出: 収入や支出、財産などに関する書類を揃え、申請時に提出します。これにより、申請者の生活状況が正しく評価されます。
  3. 継続的な対話: 生活保護の担当者やケースワーカーとの継続的な対話が必要です。現在の状況や変化があった場合は、それをすぐに報告することが大切です。

自己破産と生活保護の受給は、新たなスタートを切るためのステップです。このプロセスを正しく進め、再起のチャンスをしっかりと掴みましょう。

生活保護とは?生活に困窮する人を支援するための8つの扶助を紹介!

生活保護は、どんなに困難な状況にあっても、人としての尊厳を保ち基本的な生活を送ることができるように国が支援する制度です。具体的には、生活に必要な費用を国や地方自治体が援助します。

この制度は、経済的に困難を極めている人が安心して暮らしていけるように考えられています。

生活保護の種類は大きく分けて8つあります。それぞれの扶助がどのようなものか、一緒に見ていきましょう。

  1. 生活扶助: 生活に必要な基本的な費用。食費や衣服費、その他日常生活に必要なものが含まれます。
  2. 住宅扶助: 家賃や住宅の修繕費など、住居に関する支出を援助します。
  3. 教育扶助: 子供の学校教育や特別な教育が必要な場合の費用を支援します。
  4. 医療扶助: 健康保険が適用される医療費や、それに準ずる医療費の自己負担分を援助します。
  5. 介護扶助: 介護保険が適用される介護サービス費や、それに準ずる介護サービス費の自己負担分を支援します。
  6. 出産扶助: 出産に伴う費用を助成します。
  7. 葬祭扶助: 葬祭に必要な経費を援助します。
  8. その他の特別な扶助: 災害や事故など、特別な事情から一時的な支援が必要な場合に援助を行います。

これらの扶助は、申請者の状況に応じて必要なものが提供されます。たとえば、病気で働けない人には医療扶助が、子育てに手一杯の親には教育扶助が支給されることがあります。

大切なのは、自分の置かれている状況を正確に申告し、適切な支援を受けることです。生活保護は、困難な状況から抜け出すための一助となるはずです。

生活保護を受けるための要件

生活保護を受けるためには、いくつかの基準を満たす必要があります。ここでは、その要件を明確に説明します。

  • 生活水準:
    申請者の生活水準が国が定める最低生活費以下であること。
    最低生活費は地域や世帯構成、健康状態などによって異なります。
  • 資産の有無:
    生活を支える十分な資産がないこと。
    保存できる資産(不動産や預貯金など)が一定額以下であること。
    車や宝石などの高価な財産も評価の対象となります。
  • 労働能力:
    労働ができない、または労働しても生活が成り立たない状態であること。
    高齢、病気、障害のために働けない場合、子育てや介護で働けない場合など。
  • 保障を受けられる他の制度の有無:
    生活保護以外の公的支援が受けられないこと。
    退職金、失業保険、年金、健康保険など、他の制度で支援を受けることができない状況であること。
  • 協力者の有無:
    生計を共にする家族や、法的な義務を持つ人(配偶者や親など)が支援できないこと。家族などが経済的に支えることが不可能、または困難である状況。

これらの条件を満たす場合、申請者は生活保護の対象となります。ただし、実際に申請する際は、各市区町村の生活保護窓口での個別の審査が必要です。状況を正確に説明し、必要な書類をしっかりと準備することが大切です。

自己破産と生活保護の関係性

自己破産と生活保護には密接な関係があります。多くの人が自己破産を検討する際、生活保護の受給についての疑問を持っています。

ここでは、自己破産と生活保護の関係性について解説します。

自己破産が認められた場合の生活保護:

  • 自己破産が成立すると、多くの負債が免除されますが、生活基盤を失う可能性があります。
  • 負債の圧迫から解放される一方で、生活再建のための資金が必要になることが多いです。
  • このような状況では、生活保護が一定期間、生活の支えとなる場合があります。

生活保護受給中の自己破産手続き:

  • 生活保護を受けている人が自己破産を申し立てる場合、その法的手続きにはいくつかの注意点があります。
  • 生活保護を受けている状態では、収入が一定以下であることが明白なので、負債の返済が困難であるという点を強調できます。
  • しかし、生活保護を受けているからといって自動的に自己破産が認められるわけではありません。借金の状況や個人の経済状態が全体的に評価されます。

自己破産と生活保護のバランスについては以下のとおりです。

  • 自己破産手続きは、将来の経済的自立に向けての第一歩となります。
  • 生活保護は、最低限の生活を保障し、日常生活を送るための支援を提供します。
  • これら二つは別々の制度ではありますが、借金に苦しむ人々が経済的自立を目指す過程で相互に関連することがあります。

このように、自己破産と生活保護は、困窮した人々の生活を支え、新たなスタートを切るための重要な選択肢です。それぞれの制度の利用には適切な知識と計画が必要ですので、専門家のアドバイスを求めることが大切です。

自己破産と生活保護、どちらが先?

借金がある場合は自己破産を先行した方が良い

借金がある場合、自己破産を先行することには明確な利点が存在します。しかし、それが最適な選択かどうかは、個人の状況に大きく依存します。

以下に、自己破産を優先するメリットとそのプロセスにおける重要な点を説明します。

自己破産のメリット:

  1. 全ての負債からの解放: 多額の借金に苦しんでいる場合、自己破産は一度に全ての負債から解放される唯一の方法です。
  2. 迅速な手続き: 借金の返済計画を立てる他の債務整理方法と比べ、自己破産の手続きは比較的スピーディです。
  3. 再スタート: 負債がなくなれば、経済的に再出発するチャンスが得られます。これは精神的な負担軽減にも繋がります。

自己破産を考える際の注意点:

  • 資産の喪失: 自己破産を選択すると、所有している資産(不動産や車など)を手放す必要があります。
  • クレジットスコア: 自己破産はクレジットスコアに深刻な影響を及ぼし、新たな借入れが困難になります。
  • 公的記録: 自己破産は公的記録に残り、将来の雇用や賃貸契約に影響を与える可能性があります。

適切なタイミング:

  • 借金の額が収入や資産を大幅に上回っている場合、返済が困難であれば、早期の自己破産が賢明です。
  • 重要なのは、早急な判断ではなく、全ての選択肢を検討した上での決定です。

このプロセスは複雑であり、専門家の助言が不可欠です。自己破産は人生に大きな影響を及ぼすため、弁護士や債務整理の専門家としっかり相談し、総合的な判断を行いましょう。

生活保護を先行した方がいい場合とは?

生活保護を先行することが適切な状況もあります。それは、生活基盤を安定させ、その上で債務問題に取り組むためです。

生活保護を受給することの重要性と、それが特に助けとなる状況について詳しく説明します。

生活保護を先行すべき状況:

  1. 基本的生活費の不足: 食費や住居費など、日々の基本的な生活費が賄えない場合、生活保護の申請を優先するべきです。
  2. 健康問題: 医療費が必要だが支払えない、または健康状態が働くことを妨げている場合、医療支援を受けるためにも生活保護が必要です。
  3. 就労の困難: 長期の失業や就労障害などで収入を得ることが困難な場合、生活保護が一定の安定をもたらします。

生活保護のメリット:

  • 即時の支援: 生活保護は、申請が認められれば直ちに基本的な生活を支える資金面の援助を受けられます。
  • 健康面のサポート: 医療費援助は、健康を取り戻し、将来的に仕事を再開するための重要なステップです。
  • 生活の安定: 経済的なプレッシャーから解放され、精神的な余裕を持って債務問題に向き合えるようになります。

このように、生活の基盤が脅かされている状況では、生活保護を受けることで安心を得られ、債務返済や自己破産などの選択肢をより冷静に検討できます。

順番によってメリットが異なるためしっかりチェックを!

自己破産手続きと生活保護の受給には、それぞれ進め方によって異なるメリットがあります。どちらを先に行うかは、個人の状況に深く依存しますが、一般的には、それぞれ以下のようなメリットが考慮されます。

自己破産を先に進めるメリット:

  • 借金の圧迫から解放され、生活に必要な最低限の資金に集中できます。
  • 破産後の生活再建が、負債の返済を心配することなくスムーズに進められます。
  • 心理的ストレスが軽減され、生活保護の申請に集中することができます。

生活保護を先に受けるメリット:

  • 生活基盤が確保され、日々の生活費や住居費、医療費などがカバーされます。
  • 緊急時の支援を受けられ、身の危険や健康問題に迅速に対処できます。
  • 経済的安定が保たれるため、自己破産という選択をより慎重に、かつ効果的に進められます。

どちらを選択するかの判断基準については、以下のようになります。

  • 生活の緊急度: 現在の生活状況がどれほど緊急か、また、どちらの手続きがその緊急性に迅速に対応できるか。
  • 健康状態: 医療費が必要な場合、生活保護での支援を優先することが考えられます。
  • 長期的視点: 自己破産後の生活再建を見据え、長期的な視点からどちらを先に進めるべきかを検討します。

順番によって受けられる支援や将来への影響が大きく異なるため、個々の状況に応じて最適な手段を選ぶことが重要です。専門家と相談し、自身の状況に最も合ったアプローチを決定することが、将来の安定した生活につながります。

生活保護受給中の自己破産とその手続き

生活保護受給中に自己破産できる?

生活保護を受けているけれど、借金の問題が解決しない場合、自己破産は一つの選択肢です。しかし、生活保護受給中に自己破産ができるのかという疑問は、多くの人が抱えるものです。

生活保護受給中の自己破産とその手続きについて説明します。

  • 生活保護受給中の自己破産の可否
    生活保護受給中でも、法的には自己破産することが可能です。自己破産は個人が抱える過度な負債から解放されるための法的手段であり、生活保護の受給状況がこれを妨げるものではありません。

注意すべきポイント

しかし、以下の点に注意が必要です。

  1. 申立て前の相談: 自己破産を申し立てる前に、担当のケースワーカーや弁護士、司法書士と相談することが重要です。これは、生活保護の受給内容が自己破産にどのように影響するか、またその後の生活にどのような影響があるかを明確にするためです。
  2. 資産の状況: 自己破産手続き中は、所有する資産が処分の対象となる場合があります。しかし、生活保護受給中は、基本的な生活必需品や生活を維持するための最低限の資産は手放さなくても良い場合が多いです。
  3. 手続きの進行: 自己破産の手続きは複雑であり、生活保護を受けながら進める場合、特に丁寧な手続きが求められます。専門家のサポートを受け、適切な書類の提出や手続きを確実に行う必要があります。

生活保護を受けながらでも自己破産は可能です。
しかし、そのプロセスは繊細で注意が必要です。借金や生活保護の現状をしっかりと専門家に相談し、正しい手続きを踏むことが大切です。

このように、生活保護受給中の自己破産は一定の注意を払いながら進めることが可能です。個人の状況に適した最善の道を選択するために、専門家との対話を怠らないようにしましょう。

自己破産は生活保護の受給に影響するのか?

自己破産が生活保護の受給にどのように影響するかは、多くの方が気にされる問題です。実際、この二つの間には密接な関係があります。

以下に、自己破産と生活保護の関係性について詳しく解説します。

自己破産と生活保護の基本的な関係

自己破産は、個人が返済不可能な借金から解放されるための法的手続きです。一方、生活保護は国が生活に困窮した国民に対して提供する経済的支援です。自己破産手続きが始まると、その人の経済状況に大きな変化が起こりますが、この変化が生活保護の受給資格にどのように影響するかが問題となります。

自己破産が生活保護に与える影響

  1. 資産の処分: 自己破産手続き中、一定の資産は処分されますが、必要最低限の生活を維持するための資産は残されます。この状態が、生活保護の受給基準を満たしている場合、生活保護の支給が続けられます。
  2. 収入の変動: 自己破産後、収入が大幅に減少する場合、その人は生活保護の新たな受給資格者となる可能性があります。収入が減少し、生計を立てることが困難になった場合、生活保護申請の際の審査基準を満たすことが考えられます。
  3. 借金の免除: 多額の借金があると、生活保護の申請に際して「他に資金を得る手段がある」とみなされる可能性があります。しかし、自己破産によって借金が免除されると、この問題が解消され、生活保護を受ける道が開かれる場合があります。

注意点として以下の内容を確認しましょう

  • 自己破産手続きは、生活保護の受給資格に影響を与える可能性があるため、事前に専門家の助言を求めることが重要です。
  • 自己破産と生活保護の申請はそれぞれ別々の手続きであり、一方が他方の保証となるものではありません。

自己破産は確かに生活保護の受給状況に影響を与える可能性がありますが、その影響は個々の状況によって異なります。そのため、個人の状況に最適なアドバイスを得るために、専門家に相談するなど必要なサポートを受けましょう。

生活保護受給中の自己破産とその手続きとは?

生活保護を受けている人が自己破産をする場合、通常の自己破産手続きといくつか異なる点があります。その手続きについて簡潔に説明していきます。

生活保護受給中の自己破産のポイント

  1. 資産状況の開示: 生活保護を受けている場合、申立人の資産はほとんどない、または全くない状況です。しかし、法的手続きとして、現在の資産状況(預金、家財道具、不動産など)を全て開示する必要があります。
  2. 収入情報の提供: 生活保護の受給額と、それ以外の収入(アルバイトなど)を正確に報告する必要があります。これは、借金の返済が困難であることを裁判所に示すための重要なステップです。
  3. 債務の明細: 支払いが困難または不可能な債務の全リストを作成し、それぞれの債務額と債権者の情報を提供する必要があります。
  4. 法的代理人の利用: 自己破産の手続きは複雑であるため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。生活保護を受けている場合、費用の面でサポートを受けられる制度が存在することもあります。

生活保護受給者が自己破産手続きを進める際の留意点

  • 法的費用: 弁護士費用など、手続きに必要な費用が生じます。しかし、経済的に困難な場合、公的な法テラスの制度を利用して、一部または全額の法的支援を受けることが可能です。
  • 生活保護の継続: 自己破産を申し立てても、生活保護の受給自体は基本的に継続されます。ただし、手続きの進行中に収入や資産状況に変化があった場合、保護の内容が変更される可能性があります。
  • 個人情報の扱い: 自己破産手続き中は、個人情報が裁判所や債権者に開示されることになります。これにより、プライバシーに関わる懸念が生じる可能性がありますので、精神的な準備も必要です。

生活保護を受けている状態での自己破産は、通常の状況とは異なる複雑さがあります。一人で悩まず、専門家への相談やサポートを依頼することも考慮しましょう。

生活保護で利用できる援助制度は?

生活保護受給中は費用の援助が受けられる?

生活保護を受けている間は、さまざまな生活費の援助が受けられることが特徴です。

生活保護で受けられる主な支援内容

  1. 生活費: 食費や日用品、衣服など、日常生活を送るための基本的な費用の支給を受けられます。
  2. 住宅費: 家賃や光熱費など、住宅に関する費用の一部または全額がカバーされます。
  3. 教育費: 子供の学校教育や特別な教育が必要な場合、その費用の支援を受けることができます。
  4. 医療費: 保険診療の自己負担額や、特定の医療機関での治療費が補助されます。
  5. 雇用支援: 職業訓練や就職活動の支援、必要な資格取得のための費用援助など、就労を目指す方への手厚い支援が行われます。

これらの支援は、個人の状況や収入、家族構成などによって異なるため、具体的な支給額や支援内容については、最寄りの福祉事務所や担当のケースワーカーに相談することが大切です。

注意すべき点

  • 生活保護は最後のセーフティネットとして機能しているため、他に収入や資産がある場合、それに応じて支給額が減額されることがあります。
  • 支給される費用は生活を支えるためのものであり、贅沢品や娯楽に関する費用には使用できません。
  • 支給条件や必要書類は厳格にチェックされるため、申請時には正確な情報提供が求められます。不正申告は法的な罰則を伴う場合があります。

生活保護受給者は、これらの援助を適切に活用し、社会復帰や自立を目指すステップとして利用することが重要です。ルールを守り、正しい情報を提供し続けることを守っていきましょう。

法テラスの代理援助を利用する

法テラスの代理援助は、経済的な理由で弁護士費用が支払えない人を支援するための制度です。この制度を利用すると、法的な問題を専門家に依頼でき、その費用の一部または全部が法テラスから支払われます。

以下に、法テラスの代理援助の基本的な情報と利用の流れを説明します。

法テラス代理援助の特徴

  • 費用の軽減: 弁護士費用の全額または一部が法テラスによって支払われ、利用者は自己負担額のみを支払います。
  • 専門家のサポート: 債務整理や家庭内の問題、労働問題など、専門家が直接的に法的アドバイスを提供します。
  • 秘密厳守: 利用者のプライバシーは保護され、相談内容は第三者に漏れることはありません。

法テラス代理援助の利用流れは、以下のとおりです。

  1. 資格確認: 法テラスのウェブサイトや相談窓口で、代理援助の利用資格について確認します。資格は収入や資産によって決まります。
  2. 必要書類の準備: 収入や資産を証明する書類、問題の概要を説明する書類など、申請に必要な書類を準備します。
  3. 法テラスへの申請: 最寄りの法テラス事務所または公式ウェブサイトから、代理援助の申請を行います。
  4. 審査: 法テラスでは、提出された書類と状況を基に、代理援助の適用可否を審査します。
  5. 弁護士の紹介: 代理援助が認められると、法テラスから弁護士が紹介され、法的手続きが開始されます。

法テラスを利用する際の注意点について解説します。

  • 申請する際は、全ての情報を正確に、そして正直に提供する必要があります。虚偽の情報を提供すると、援助が打ち切られる可能性があります。
  • 代理援助が始まった後も、手続きの進行状況について定期的に報告する必要があります。
  • 自己負担額は、個人の経済状況によって異なります。詳細は法テラスに問い合わせることが重要です。

法テラスの代理援助は、多くの人にとって貴重なサポートです。この制度を適切に利用することで、専門的なアドバイスと援助を受け、法的な問題の解決に向けた適切な一歩を踏み出すことができます。

自己破産と生活保護の注意点と正しい理解

不正受給は免責されない可能性がある

不正受給とは、生活保護などの公的支援を受けるための条件を満たしていないにもかかわらず、虚偽の情報を提供して支給を受ける行為を指します。不正受給は法的に禁止されており、発覚すると重大な結果を招く可能性があります。

不正受給が発覚した場合の主な影響

  1. 返還請求: 不正に受給した金額全額の返還を求められることがあります。
  2. 罰金: 生活保護法違反として、罰金が科される場合があります。
  3. 刑事罰: 重大な不正受給の場合、詐欺罪などの刑事罰が適用されることも考えられます。
  4. 信用情報の悪化: 不正受給が信用情報機関に記録され、今後の借入れやローンの取得が難しくなる可能性があります。

さらに、債務整理の観点から考えると、不正受給に関連する債務は、自己破産手続きを行ったとしても、免責が認められないリスクが考えられます。

不正受給関連の債務と免責

  • 自己破産手続きでは、原則として債務が免責されることが期待されますが、不正行為や詐欺的な行為が背景にある債務については、免責の対象外となる可能性が高まります。
  • 個別のケースや事情に応じて裁判所が判断するため、一概に全ての不正受給に関連する債務が免責されないとは言えません。しかし、そのリスクは高まります。

結論として、不正受給は法的なリスクだけでなく、金銭的な損失や将来的な信用情報の悪化など、さまざまなデメリットをもたらす可能性があるため、絶対に避けるべき行為です。正直かつ正確に必要な情報を提供し、公的支援を正当に受けることが大切です。

生活保護受給中であることを隠して借金はできない

生活保護を受給している状態で、その事実を隠して新たに借金をすることは、法的な問題だけでなく、信用情報にも影響する可能性があります。以下にその理由と影響を詳しく説明します。

なぜ生活保護受給中に隠して借金することは問題なのか?

  1. 信用情報の悪化: 借金をした事実や返済の履歴は、信用情報機関に記録されます。生活保護を受けているにもかかわらず、その情報を隠して借金をした場合、信用情報が悪化するリスクがあります。
  2. 法的問題: 借金をする際の契約内容に、生活保護受給中の方が借り入れることができないという条項が含まれている場合があります。そのような契約を違反した場合、法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
  3. 返済の困難: 生活保護受給中は、基本的な生計を維持するための最低限の支給が行われます。このため、新たな借金の返済が困難になることが考えられ、さらなる経済的な困難に陥る恐れがあります。
  4. 信用の失墜: 金融機関や取引先との信頼関係が崩れることで、今後の金融取引が難しくなる可能性があります。

生活保護受給中に借金をする際の注意点

  • 借り入れを考える前に、金融機関や専門家と相談を行いましょう。自身の状況を正確に伝え、適切なアドバイスを受けることが重要です。
  • 借金をすることで、生活保護の受給資格に影響が出る可能性があるため、注意が必要です。

生活保護受給中にその事実を隠して借金をすることは、多くのリスクを伴います。透明かつ正直な取引を心がけ、必要な場合は専門家と相談を行うことをおすすめします。

生活保護受給中の制約とは?

生活保護は、生計を立てることが困難な人々に安心で安全なガードとしての役割を果たしています。しかし、受給することにはいくつかの制約が伴います。これは、国が提供する給付金を適切に使用しているかを確認するためのものです。

以下に、生活保護を受給する際の主な制約について説明します。

  1. 資産制限: 生活保護を受給するためには、所持している資産の合計が一定の基準以下である必要があります。これには土地や家、預貯金、車などの資産が含まれます。
  2. 働く意志の確認: 生活保護受給者は、働く意志があるかを確認されることがあります。このため、適切な就労支援を受けることが推奨されます。
  3. 収入制限: 月々の収入が一定の基準を超えると、生活保護の給付が停止される可能性があります。
  4. 報告義務: 生活状況や収入、資産の変動があった場合、速やかに市区町村の窓口へ報告する必要があります。
  5. 外出制限: 一部の自治体では、生活保護受給者に対して外出時間の制限が設けられていることがあります。
  6. 借金の制限: 生活保護受給中は、新たに借金をすることができないことが多いです。
  7. 生活保護費の使途: 受給した生活保護費は、日常生活に必要な支出に限り使用することが求められます。

これらの制約は、生活保護制度が適切に機能し、必要な人々に支給されることを保障するためのものです。しかし、具体的な制約内容は自治体によって異なることがあるため、詳しい内容を知りたい場合は、居住している市区町村の窓口に問い合わせることをおすすめします。

まとめ

自己破産と生活保護には重要な関係性があります。自己破産は、借金で苦しむ人が経済的な「再スタート」を切るための法的手続きです。一方、生活保護は、生活に困窮した人に対する国の支援制度です。これら二つは異なる制度ですが、一定の関係があります。

自己破産と生活保護の関係

  1. 財政的な安定: 自己破産をすることで借金から解放され、基本的な生活を送るための財政的な安定を得ることができます。これにより、生活保護の必要性が減る場合もあります。
  2. 生活保護の継続: 自己破産を申し立てても、既に生活保護を受給している場合はその受給が継続されます。重要なのは、自己破産が生活保護の資格を奪うものではないということです。
  3. 受給資格の確認: 自己破産手続きを開始する前に、生活保護の受給資格を確認することが重要です。もし資格があれば、その支援を受けながら手続きを進めることができます。

注意点として以下の2点を確認しましょう。

  1. 自己破産は、財産を失うという大きな決断を伴います。この決断がどのように生活保護受給に影響するか、事前に専門家に相談することが大切です。
  2. 生活保護のルールや受給資格は自治体によって異なる場合があるので、手続きに進む前に最寄りの福祉事務所で正確な情報を得る必要があります。

このように、自己破産と生活保護の間には密接な関係があります。現況について正しく把握して適切な手続きを行うために、可能な限り情報を収集するとともに、専門家に助言やアドバイスを求めていきましょう

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION