COLUMN

【個人再生vs自己破産】あなたに最適な債務整理とは?費用とその違いを解説

個人再生(民事再生)

2024.03.292024.03.26 更新

自分の抱えている借金に悩んでいるのではないでしょうか。

どんどん膨らんでいく借金に不安になっているかもしれませんが、安心してください。前向きな解決方法があります。

この記事では個人再生と自己破産を徹底比較し、どちらがあなたにとって最適な選択肢かを解説します。

まず、個人再生について、手続きの意味やメリットを解説。最低弁済額や費用目安、対象となる借金の種類もお伝えします。そして、個人再生を選ぶべき明確な理由や、知っておくべきデメリットも紹介。最後に、個人再生、自己破産、任意整理の3つの方法を比較し、あなたに最適な選択肢を見つける手助けをします。

この記事を読むことで、あなたの借金問題に対する理解が深まり、解決への道しるべとなるでしょう。

どんな人におすすめ

  • 借金に悩み、解決策を模索している人
  • 自己破産、個人再生、任意整理の違いや選択の基準を知りたい人
  • 専門家の支援を受けることに興味がある、または検討している人

この記事の結論

  • 個人再生、自己破産、任意整理の3つの債務整理方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の状況に合わせて選択することが重要です。
  • 個人再生は、借金を大幅に減額しながら、財産を守りつつ返済計画を立てる方法ですが、手続きが複雑で時間がかかることがデメリットです。
  • 借金問題を解決するためには、専門家と相談し、自分に合った方法で前向きに手続きを進めることが、未来への第一歩となります。
借金減額診断

個人再生とは?手続きの意味からメリットまで徹底解説

個人再生とは、債務整理の一つで、法律がご自身の負担を軽くするために整理をサポートする手続きです。具体的には、裁判所を通じて、所得や財産に応じた返済計画を立て、債権者に対して再生を申し立てる方法です。

個人再生のメリットはたくさんあります。

まず、大幅な減額が可能で、返済額が軽くなります。また、利用可能なクレジットカードや保険の継続も認可されています。さらに、債務の免責決定を得ることにより、借金が一部免除され、新たなスタートが切れます。

ただし、デメリットも存在します。破産手続きと比較すると、費用が高くなる場合があります。また、再生手続きの期間が長くなることも多いです。ですが、専門家のサポートや無料相談がありますので、適切な方法を選ぶことで安心して借金問題を解決できますよ。

個人再生の最低弁済額

個人再生の最低弁済額はケースによって異なりますが、状況を理解していただくために、目安をご提示します。

最低弁済額は、債務総額と収入によって決まります。具体例として、債務総額が1000万円で、収入が月額20万円の場合、最低弁済額は月々の収入のうち、生活費を考慮した上で最低限支払いが可能な範囲で、裁判所が適切と判断する金額です。

弁護士や司法書士に相談して、収入や支出を詳しく調査し、個人再生手続きでどれくらいの返済が可能かを確認することが大切です。また、通知や認可を得るために、専門家と連携して正確な情報を提供しましょう。

個人再生にかかる費用の目安

個人再生にかかる費用は、専門家の報酬や手続き費用を含めますが、目安としてお伝えします。

弁護士や司法書士の報酬は、一般的に20万円~40万円です。このほか、裁判所に申立てる際の手数料や書類作成費用がかかります。

必要な費用は、事務所によって異なりますが、申し立て費用は約6,000円~8,000円、書類作成費用は約5,000円~10,000円となります。

費用を抑える方法として、無料相談や土日営業の事務所を利用することがあります。また、対応している地方や最低費用が違いますので、条件に合った専門家を見つけ、相談して下さいね。前向きな解決に向けて、一緒に頑張りましょう。

個人再生の手続きができる条件

個人再生は借金返済の大幅な軽減や、お持ちの財産を守ることができる優れた法的手続きです。しかし、手続きに取り組むためには、以下の条件を満たす必要があります。

まず、まず、債務整理や自己破産、個人再生についての専門的な知識がある司法書士や弁護士に相談しましょう。この相談は、たいてい無料で対応してもらえますので、お気軽にご相談ください。

次に、裁判所から認可を受けるために、勤務先や会社の収入や費用、財産や所得、借金の総額等を確認し、これらの情報を元にした返済計画を立てる必要があります。

また、過去の返済実績や信用状況、現在の生活状況を把握し、個人再生が適切な選択肢であるかどうかを判断するための調査を行いましょう。

さらに、手続きをスムーズに進めるためには、必要な書類を用意しましょう。これには、負債一覧表や支払明細などが含まれます。

最後に、手続きを開始する前に、専門家や事務所と詳しく相談し、個人再生の手続きがどのような影響を及ぼすかを把握し、納得のいく決定ができるようにしましょう。

個人再生の対象となる借金の種類

個人再生の対象となる借金には、様々な種類があります。ここでは、主に対象となる借金をいくつかご紹介します。

まず、クレジットカードや消費者ローン、カードローン等の多重債務が対象となります。また、住宅ローンや車のローンも対象です。これらの債務は、返済計画のもとで減額や繰り延べが可能となります。

さらに、税金や社会保険料、公共料金などの公共債務も個人再生の対象となる場合があります。

しかし、ギャンブルなど浪費が原因の借金は該当しません。隠して手続きを進めると再生計画の承認に影響を及ぼす可能性があります。正直に申告することが重要です。

また、過払い金の請求をする際には、個人再生手続きとは別に、弁護士や司法書士に相談して対応する必要があります。

個人再生手続きを進める際には、専門家としっかり相談し、自分に適した返済計画を立てましょう。

個人再生を選ぶべき5つの明確な理由

ここでは、個人再生を選ぶべき明確な理由を5つご紹介します。

  1. 借金の返済金額を大幅に減額できる。
  2. 財産を維持しながら借金の整理ができる。
  3. 住宅ローンや車のローンを続けながら、他の借金を整理できる。
  4. 一定の収入があり、返済計画を立てられる場合に適している。
  5. 個人再生手続きによって、金利や遅延損害金が停止され、返済が楽になる。

これらの理由から、個人再生は借金問題を解決するための有効な手段であると言えるでしょう。

しかし、個人再生をすると仕事や資格に関する制限があります。ただ、借金を抱える精神的な負担と比較すると、生活の質が向上することが多いです。

手続きの流れや必要な書類は、弁護士法人に相談にいけば丁寧に説明してくれます。まずは専門家と依頼して、自分に適した方法を選びましょう。

借金を5分の1~10分の1程に減額できる可能性がある

借金が大変辛いですよね。でも安心してください。借金を5分の1~10分の1程に減額できる可能性があるんです!

まず、債務整理の方法には任意整理、個人再生、自己破産などがあります。これらの手続きを通じて、借金の減額が実現できるケースがあります。

具体例として、任意整理では、弁護士や司法書士と一緒に、債権者と交渉して、大幅な減額が可能です。

また、個人再生においては再生計画に基づき、裁判所が借金の大幅な減額を認めることがあります。

最後に、自己破産では免責が許可されることで、原則として借金の一部または全部が無効になることもあります。

どの方法を選択するかは、個々の状況や条件によって異なりますが。ただ、きちんとした法律事務所に相談すれば、あなたに最適な解決法が見つかるはずです。

大切なのは、一歩踏み出す勇気を持ち、プロのアドバイスを受け入れること。これで、あなたの人生もきっと前向きに変わるはずです。

借金の分割払いが可能

お金の問題で悩んでいると、つい焦ってしまいますよね。でも大丈夫、借金の分割払いが可能なんです!

債務整理の方法の中には、借金を分割払いにすることができる選択肢もあります。これによって、返済額が月々の収入に合わせて設定されるため、無理なく返済ができるようになります。

具体的な方法としては、任意整理や個人再生が挙げられます。任意整理では債務整理事務所や弁護士事務所を通じて、債権者と交渉し、借金の分割払いを設定することができます。

また、個人再生では分割払いが法的に認められる場合があり、裁判所が承認した再生計画に従って返済を行います。

どんな状況でも諦めず、事務所に相談することで、明るい未来が見えるかもしれません。あなたにぴったりの方法で、笑顔が戻る日が近づくことを祈っています!

督促が止められる可能性が高い

借金の督促が怖くて、不安な日々を過ごしていませんか?でもご安心ください、督促が止められる可能性が高いんです!

債務整理を行うことで、督促を止めることができる場合が多いんですよ。任意整理、個人再生、自己破産のいずれの手続きでも、手続きが始まると督促の停止が可能になります。

例えば、任意整理では弁護士や司法書士が債権者と交渉することで、督促が一時的にストップします。また、個人再生では裁判所から債権者へ通知が行われることで、督促が止まります。

自己破産の場合も、手続き開始の通知が債権者に送られることで、督促がストップされることがほとんどです。

どの手続きを選択するかは、あなたの状況によって決まりますが、まずは専門家に相談してみましょう。督促が止まることで、日々のストレスが軽減され、前向きな気持ちで問題に向き合えるようになるでしょう。

住宅ローン特則が認められれば住宅を手放さずに済む

住宅ローン特則とは何か知っていますか?それは、借金で悩んでいる方にとって、希望の光となる制度のひとつです。

この制度は、借金整理の一環として、住宅ローンの金額を大幅に減額することができます。その結果、住宅を手放すことなく、これからの人生を前向きに歩むことができるのです。

では、どのような条件で、住宅ローン特則が認められるのでしょうか。それは、以下の要件が揃うことが必要です。

  • 収入が安定していること
  • 住宅ローン以外の借金がある程度整理できること
  • 裁判所からの認可がもらえること

もし、あなたがこれらの条項を満たしていると判断される場合、特別に住宅ローン特則が適用される可能性が高くなります。

では、具体的にどれくらいの金額が減額されるのでしょうか。それは、ケースバイケースですが、ローン残高の半分以上の減額が可能な場合もあります。

何よりも大切なのは、遠慮せずに専門家に相談をお願いすることです。専門家は、あなたがどのような選択肢があるのかを親切丁寧に説明してくれるでしょう。

そして、自分にとって最善の道を選べるよう、サポートしてくれます。住宅ローン特則に関して知りたいことがある場合は、まずは専門家に相談してみましょう。

ローンの支払いが終わっていれば車を手放さずに減額できる

負債問題の解決策として、個人再生を検討している場合、自分が大切にしている車を手放さずに済むかどうかが気になることでしょう。

ローンの支払いが終わっている車であれば、その車の価値を適切に評価し、財産として処分されずに減額が可能です。

ただし、以下の条件が必要です。

  • 車が生活に必要であること
  • 車の価値が妥当であること
  • 債権者や裁判所からの了承が得られること

実際のケースでは、どの程度の減額が可能か、そして車を手放さずにすむかどうかは、個々の状況や債務総額によって異なります。

一度にすぐに全ての答えが見つかるわけではありませんが、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談して、自分の状況を整理してみましょう。

専門家と連携して、最適な解決策を見つけることが、あなたの負債問題を前向きに解決するための第一歩です。車を手放さずに減額することができれば、再生計画に取り組む心の余裕も生まれるでしょう。焦らず、一歩一歩前進していきましょう。

個人再生の隠れた落とし穴:知っておくべき6つのデメリット

個人再生を検討している方には、そのメリットだけでなく、デメリットも理解しておくことが重要です。ここでは、6つの主要なデメリットについてご紹介します。

  • 手続きが複雑で時間がかかること
  • クレジットカードが使用できなくなること
  • 一部を除いて財産が処分されること
  • 新たに借金ができなくなること
  • 信用情報機関に情報が登録されること
  • 成功率が必ずしも高くないこと

これらのデメリットを理解した上で、個人再生が自分に適した選択肢かどうかを慎重に判断しましょう。専門家と相談して、自分に最適な解決策を見つけることが大切です。

利用するためには一定の条件がある

利用するためには、一定の条件があります。債務整理には多くの種類があり、それぞれに適用される条件が異なります。

例えば、自己破産では、裁判所の認可が必要であり、免責が受けられる可能性が高いこと、また再生手続や任意整理では、返済能力や財産状況が重要なポイントになります。

まず自己破産について、裁判所の認可が必要であり、返済能力が大幅に低下していることが条件です。

一方、再生手続や任意整理で重要な点は、返済能力や財産状況です。再生手続きは、給与所得など一定の収入があることが求められますが、任意整理ではそのような条件はありません。

債務整理を検討する際には、まず専門の事務所や弁護士に相談して、自分の状況に適した方法を選択することが大切です。また、手続きに進む前に、借金の総額や返済状況、家族構成、職業など、自分の状況をしっかり把握することが大事です。

これらの情報が整理できたら、専門家と一緒に最適な方法を見つけ出し、前向きな気持ちで債務整理に取り組んでいきましょう。

手続きに費用と時間がかかる

債務整理には、費用や時間がかかりますが、これは個々のケースによって異なります。費用については、弁護士や司法書士といった専門家に相談する場合には、その報酬が必要となります。また、裁判所の手数料などの公的な費用も考慮する必要があります。

費用の面では、債務整理にかかる費用は、弁護士や司法書士の報酬に加え、手続きに関する諸経費を含んでいます。これらの費用は、手続きの種類や借金の状況によって変動します。無料相談を提供している事務所もありますので、まずは相談してみましょう。

時間の面では、各手続きにかかる期間は異なります。例としては、自己破産の場合、手続き開始から免責決定までに、事由によってはおおよそ半年ほどの期間がかかることが一般的です。再生手続や任意整理の場合も、それぞれの手続きに応じた期間が必要です。

費用と時間を考慮することで、債務整理がスムーズに進むようにし、前向きな気持ちで取り組むことが重要です。

ローン返済中のものは回収される可能性がある

債務整理を行う際には、ローン返済中の物品が回収される可能性があります。これは、債務整理の種類やケースによって異なります。

自己破産の場合、債権者に対する負債が免責される代わりに、裁判所が決定した処分可能な財産が処分されます。処分可能な財産とは、現金、不動産、車などの動産や預金、株式などの金融資産を指します。ただし、生活必需品や、職業に直接関係のある道具は処分されません。

任意整理や個人再生の場合、回収対象となる物品は、債権者との交渉や返済計画によって決まります。これらの手続きでは、債権者と借金の返済条件を再交渉し、返済計画を立て直すことが目的です。

最終的に、ローン返済中の物品が回収されるかどうかは、債務整理の種類やケースによって異なります。

専門家に相談し、最適な手続きを選択することが重要です。また、前向きな気持ちで債務整理に取り組み、新たなスタートを切るためのサポートを求めましょう。

官報に氏名・住所が記載される

官報に氏名・住所が記載されることが、借金整理手続きの一つです。これは、手続きの透明性と公正性を確保するために、法律で定められています。

その理由は、借金問題を解決するためにプロの支援が必要な場合があり、その過程で借金整理手続きが公表されるからです。具体的には、破産手続きや個人再生手続きが該当します。

ただし、官報掲載は少し煩わしさも感じるかもしれませんが、それを乗り越えることで、借金問題を解決し、新たなスタートが切れることを考えると、プラスになることが多いのです。

また、周囲からの理解や風評被害を心配する方もいらっしゃいますが、実際には官報は一般的な情報源ではないので、普段の生活で影響を受けることはまずありません。

借金問題を一歩ずつ解決することで、明るい未来に向けて前進できることを大切にしましょう。

ブラックリストに登録されクレジットカードが使えなくなる(全ての手続きに共通)

借金整理手続きを行うと、ブラックリストに登録され、クレジットカードが使えなくなることがあります。これはあらゆる手続きに共通しています。

しかし、これは決して悪いことだけではありません。むしろ、クレジットカードを使えなくなることで、無計画な支出を抑制でき、借金の追加を防止できるメリットもあります。

また、手続きを経て借金問題が解決し、一定期間が経過すれば、再びクレジットカードを持つことができるようになります。その間、賢いお金の使い方や節約術を学ぶことで、より良い生活への道筋が見えてきます。

ブラックリスト登録に不安を感じることもあるかもしれませんが、これをチャンスと捉え、無駄な支出を見直し、堅実な生活を築くことが大切です。

連帯保証人が借金を肩代わりすることになる(全ての手続きに共通)

借金整理の手続きを行うと、連帯保証人が借金を肩代わりすることになる場合があります。これは全ての手続きに共通しています。

しかし、これは状況次第で回避できることもあります。例えば、任意整理の場合、債権者との交渉によって、連帯保証人に負担をかけずに済むケースもあります。

また、司法書士や弁護士などの専門家に相談することで、最適な手続きや解決策を見つけることができます。これによって、連帯保証人への負担を軽減できる可能性が高まります。

連帯保証人がいる場合は、彼らにも相談し、一緒に問題解決に取り組むことがポイントです。借金問題は一人で抱え込まず、周りの人や専門家に助けを求めて、少しずつ明るい未来へ進みましょう。

個人再生 vs 自己破産 vs 任意整理:あなたに最適なのはどれ?

借金問題に悩むあなたのために、個人再生、自己破産、任意整理のそれぞれの特徴をご紹介します。個人再生は、負債を減額しながら収入を維持できる方法です。しかし、裁判所の承認が必要で、費用や手続きが複雑になることがあります。

自己破産は、借金を全額免除される一方で、財産を残すことは難しくなります。任意整理は、個別の債権者と交渉し、返済条件を変更する方法です。

それぞれのメリット・デメリットを考慮し、あなたの状況や目標に合った選択をしましょう。専門家に相談することも大切です。

個人再生の対象となる借金の種類

個人再生を選択する際、対象となる借金の種類を把握しましょう。主に以下のような借金が含まれます。

  • クレジットカードの支払い
  • ローンの返済
  • 保証人になった借金
  • 税金や社会保険料の未払い

ただし、養育費や慰謝料などの一部の借金は、個人再生の対象外となることがあります。借金の総額やそれぞれの債権者との状況を把握し、適切に対応できる方法を選択してください。

専門家に相談し、事前に認可の可否を確認することが大切です。

個人再生にかかる費用の目安

個人再生の費用も、あらかじめ知っておくことが重要です。費用は、弁護士や司法書士の報酬、裁判所の手数料、書類作成費用などから成ります。

報酬は借金の総額や手続きの難易度によって異なりますが、目安として30万円~40万円程度とされています。裁判所の手数料は、個人再生手続きの総額から算出され、数万円程度になります。

負担を減らすためにも、無料相談を提供している事務所を活用したり、分割払いが可能な事務所を選ぶことがおすすめです。最近では、メールや電話で24時間対応してくれる事務所もあります。

自己破産とは?

自己破産とは、個人または企業が負債の総額が資産の総額を上回り、高額な借入金などの債務が支払えなくなった場合に、裁判所に申し立てを行い、債務からの解放を求める法的手続きです。この手続きを通じて、裁判所は債務者の財産を処分し、得られた資金でできる限り債権者に対する支払いを行います。そして、残った債務については免責という形で法的に免除されることになります。

自己破産の申立ては、債務者が自ら行う場合と、債権者が行う場合がありますが、一般的には債務者自身が裁判所に申し立てるケースが多いです。手続きが開始されると、まず債務者の財産が調査され、その後、裁判所によって債務者の資産が処分されます。資産の処分が終了した後、債務者は免責決定を受けることができれば、それまでの債務から解放されます。

ただし、自己破産にはいくつかの重要な点があります。第一に、自己破産を行うことで、債務者の信用情報に影響が出るため、一定期間、新たな借入やクレジットカードの使用が難しくなることがあります。第二に、すべての債務が免責されるわけではなく、税金や罰金、慰謝料など特定の債務は免責の対象外となることがあります。

自己破産は、経済的な苦境からの脱出手段として存在しますが、その決断と手続きには慎重な検討が必要です。自宅を残せるのかどうかなど、今後の生活に与える影響を十分に理解した上で、一度専門家のアドバイスを求めましょう。

自己破産の対象となる借金の種類

自己破産は、返済能力を超える借金を抱えてしまった人が、法的な手続きを通じて経済的な再スタートを切るための制度です。自己破産の手続きでは、原則として個人が負っているほとんどの種類の借金が対象となりますが、その中にはいくつかの例外も存在します。

対象となる借金の種類には以下のものが含まれます。

  1. クレジットカードの負債:使用した金額の返済が困難になった場合。
  2. 消費者金融からの借入:個人向けの小口融資で、返済不可能になったもの。
  3. 銀行ローン:住宅ローンや教育ローン、事業資金など、銀行から借り入れた資金の返済が困難な場合。
  4. 私人からの借金:友人や家族から借りたお金も、返済ができない場合には自己破産の対象となります。

しかし、以下のような借金は自己破産しても免除されない場合があります。

  • 慰謝料や賠償金:人の生命や身体に対する損害に対するもの。
  • 税金:所得税や住民税などの公的な負担。
  • 罰金や科料:法律違反による刑事罰の一種。

自己破産手続きを進める際は、これらの借金がどのように扱われるかを理解し、適切な対応を取ることが重要です。自己破産には多くの法的な手続きが伴い、申請者の将来に大きな影響を与えるため、弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。専門家は、自己破産の手続きだけでなく、個人の状況に応じた最適な解決策を提案することができます。

自己破産にかかる費用の目安

自己破産を申し立てる際には、いくつかの費用が発生します。これらの費用には大きく分けて、司法書士や弁護士に支払う報酬、裁判所に納める手数料、その他の実費が含まれます。全体の費用は、ケースによって大きく異なるため、具体的な金額を一概に言うことは難しいですが、一般的な目安を以下に説明します。

  1. 司法書士や弁護士への報酬: 自己破産の手続きをサポートしてもらうためには、専門家への報酬を支払う必要があります。この報酬は地域やケースの複雑さによって異なりますが、一般的には数十万円から数百万円の範囲内で設定されています。例えば、簡単なケースであれば20万円から30万円程度、複雑なケースではそれ以上になることもあります。
  2. 裁判所に納める手数料: 自己破産の申し立てには、裁判所に手数料を納める必要があります。この手数料は、破産手続き開始の申立て費用として約2万円程度です。また、「管財事件」となって破産管財人が選任された場合には、その報酬や実費も発生します。
  3. その他の実費: 破産手続きには、郵送費用や印紙代などの実費も必要になります。これらの費用は比較的小額ですが、手続きを進めるうえで必要となります。

自己破産の手続きにかかる費用は、個人の事情や財産の状態、借入れの額などによって変動します。そのため、手続きを検討している場合は、まずは弁護士や司法書士に相談し、自身のケースに応じた費用の見積もりを取得することが重要です。「自己破産をする」と言っても、資金が必要になるため、専門家に相談することで、手続きの全体像や費用の詳細を把握し、計画的に進めることができます。

まとめ

個人再生、自己破産、任意整理は、それぞれ利点とデメリットがあります。注意点を十分考慮し、自分の状況に合った方法を選ぶことが、借金問題を解決するための第一歩です。

今回の情報が参考になりましたら、ぜひ専門家と相談し、適切な手続きを進めてください。あなたが将来、前向きに歩いていけるよう、全力でサポート致します。ご相談をお待ちしております。

この記事に関連するよくある質問

Q&Aと書かれた文字

自己破産と個人再生はどちらが適しているのでしょうか?

個人再生の場合、借金を減らすことができますが、自己破産では借金をゼロにすることが可能です。これが二つの手続きの最も大きな違いです。さらに、自己破産には借金の上限が設けられていません。一方で個人再生を選択する場合、借金の総額は5000万円までという制限があります。そのため、借金額が大きい場合は自己破産が適切な選択肢となります。

個人再生の過程でギャンブルをしたらバレますか?

個人再生の過程でギャンブルを行った場合、それが発覚する可能性は高いです。裁判所による詳細な調査が行われるため、隠し通すことは困難です。財産を隠したり虚偽の報告をした場合、刑事責任を問われるリスクもあります。また、このような行為が判明した場合、裁判所の印象を悪化させ、個人再生の手続きが承認されなくなる可能性があります。

個人再生の手続きがうまくいかなかったらどうなりますか?

個人再生の手続きがうまくいかなかった場合、借金の減少は見込めず、さらには遅れた分の利息が上乗せされた総額で支払いを求められることになります。支払い能力がなければ、債権者によって訴訟を提起される恐れがあります。訴訟が進めば、結果として給料などの資産が差し押さえられる可能性も出てきます。

自己破産を選択した時点で避けるべき行動は何ですか?

所有する預金口座を秘匿したり、不動産や自動車、保険の名義を家族に移したりすることが該当します。自己破産とは、債務者が債権者への返済義務から免除される法的手続きのことです。

個人再生の際に必要となる費用はいくらですか?

おおよそ50万円から60万円の範囲です。この費用は、弁護士への支払いと裁判所への支払いに分けられます。個人再生自体は、借入金を大幅に減少させることが可能な一種の債務整理手続きを指します。

法テラスの利用も考えよう

金銭面で余裕がない場合は、法テラスの利用も検討しましょう。
法テラスでは法制度紹介や相談窓口の紹介を無料で行ってくれます。

また条件付きではありますが、弁護士・司法書士の費用を立替えしてくれる制度もあり、分割での支払いにも対応しているので月々の負担を抑えて債務整理を進めることが可能です。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

CONSULTATION