COLUMN

自己破産

【実績多数!】くすの木総合法務事務所

2023.09.072023.11.20 更新

AI要約を表示する

自己破産とは何か

自己破産は、借金の返済が困難になった際に法的に債務を免除する手続きです。一般的に個人が行う手続きで、特に以下のような特徴があります。

  • 法的に債務が無効になる: 自己破産を行うと、裁判所の決定によって、借金が法的に無効になります。
  • 生活必需品以外の財産は没収: 自己破産の申立をすると、生活に必要でない財産は全て没収されます。それにより債権者への返済が行われます。
  • 新しいスタートが可能に: 債務がなくなることで、経済的な自由を取り戻し、新たな人生のスタートが切れます。
  • 信用情報への影響: 自己破産は信用情報機関に登録され、一定期間クレジットの取得などに影響を及ぼします。
項目内容
手続きの対象借金の返済が困難な個人
手続きの期間約1年から1年半程度
費用弁護士費用や裁判所の申立費用など
債務の免除ほとんどの借金が免除される
生活への影響生活必需品以外の財産の没収、信用情報の登録など

自己破産は借金からの解放を求める強力な手段ですが、生活への影響も大きいため、慎重に考える必要があります。

自己破産手続きの流れ

一般的に以下の流れで進みます。

  1. 専門家への相談: 自己破産手続きの開始前に、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、適切な手続きを選びます。
  2. 財産状況の確認: 手続きに必要な財産状況や借金の総額などを確認し、必要な書類を整理します。
  3. 破産申立書の作成: 専門家の協力の下、破産申立書を作成します。
  4. 裁判所への申立て: 破産申立書を裁判所に提出し、手続きを開始します。
  5. 債務整理の開始: 裁判所が申立てを受理すると、債務整理が始まります。
    財産の調査や債権者への通知などが行われます。
  6. 債務の免除決定: 財産の分配が終了した後、債務の免除が決定されます。
  7. 手続きの完了: 債務の免除が確定し、手続きが完了します。新たな人生のスタートが切れるようになります。

以下は、自己破産手続きの主要なステップとその詳細を表形式で示したものです。

ステップ詳細内容
専門家への相談手続きの適切性や方法などを確認
財産状況の確認手続きに必要な書類の収集と整理
申立書の作成弁護士や司法書士の指導の下、破産申立書を作成
申立て裁判所への提出と手続き開始
債務整理財産の調査、債権者への通知など
債務の免除財産分配後の債務の免除決定
手続き完了手続き終了と新たなスタート

自己破産手続きは複雑で時間もかかるため、専門家の指導の下、適切に進めることが求められます。全てのプロセスが終了すると、法的に借金がなくなり、新しい人生を始めることができるようになります。

自己破産にかかる費用

これらの費用は、手続きの進行に伴って必要となりますので、事前に確認しておくことが大切です。

  • 弁護士や司法書士の報酬: 自己破産の申立てには専門的な知識が求められるため、弁護士や司法書士に依頼することが一般的です。その報酬は、依頼する専門家や内容によって異なります。
  • 裁判所への申立費用: 自己破産の申立てには、裁判所への手数料が必要です。この費用は固定されています。
  • その他の手続き費用: 郵送費や証明書の取得費用など、手続きに伴う細かい費用が発生することがあります。

以下の表は、自己破産にかかる費用の一般的な内訳を示したものです。

費用項目一般的な金額範囲備考
弁護士や司法書士の報酬150,000円~300,000円専門家によって異なる。相談内容や地域による影響もある
裁判所への申立費用20,000円(固定)裁判所に支払う手数料
その他の手続き費用数千円~1万円程度郵送費、証明書取得費用など

自己破産手続きにかかる費用は、専門家に依頼するかどうか、地域や個人の状況によっても変動するため、具体的な費用は専門家との相談の上で確認することがおすすめです。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産は、多額の借金を返済できない状況にある方が、法的手段を用いて借金を帳消しにする方法です。しかし、自己破産にはメリットとデメリットがありますので、慎重に検討する必要があります。

メリット

  • 借金の免除: 自己破産手続きが認められると、返済できない借金のほとんどが免除されます。
  • 法的な保護: 借金の取り立てや督促から法的に保護されます。借金の問題に対するプロのサポートを受けることができます。
  • 新たなスタート: 借金の問題がクリアされるため、新たな人生のスタートを切るための機会を得ることができます。

デメリット

  • 信用情報の記録: 自己破産の事実は信用情報機関に記録され、一定期間信用情報に影響が出ます。これにより、新たな借入やクレジットカードの取得などが困難になる場合があります。
  • 財産の没収: 手続き中の財産の一部が没収される可能性があります。
  • 社会的な評価: 自己破産は個人の信用に関わる問題であるため、社会的な評価が下がることも考えられます。

以下の表は、自己破産のメリットとデメリットを一覧でまとめたものです。

カテゴリー詳細内容
メリット・借金の免除 ・法的保護 ・新たなスタート
デメリット・信用情報の記録 ・財産の没収 ・社会的な評価の低下

自己破産を考える際には、これらのメリットとデメリットをよく理解し、専門家と相談しながら最良の選択をすることが重要です。自身の状況や将来の計画に合った解決策を見つけるために、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

申立書の作成と提出

申立書の書き方と提出先

自己破産の申立書の書き方と提出先についての説明は、非常に重要なプロセスです。
正確な書類の作成と適切な提出先への手続きが必要です。

申立書の書き方

申立書は、自己破産を申請する際の基本的な書類です。
以下はその書き方に必要なポイントです。

  • 必要事項の記入: 個人情報、借金の総額、資産の詳細など、申立書に求められるすべての事項を正確に記入します。
  • 添付書類の準備: 収入証明書や借金の詳細を示す書類など、必要な添付書類を準備します。
  • 記入例の参照: 申立書には、細かいルールがあることが多いので、記入例やマニュアルを参照しながら記入すると良いでしょう。

提出先

申立書の提出先は、住所によって管轄する法務局が異なります
以下の手順で提出します。

  • 管轄の法務局を調べる: 自己破産の申立書は、住所地を管轄する法務局に提出する必要があります。
  • 提出方法: 窓口で直接提出するか、郵送で提出する方法が一般的です。郵送の場合、記録郵便などで送付すると安心です。

以下の表は、申立書の書き方と提出先の一覧です。

カテゴリー詳細内容
申立書の書き方・必要事項の記入 ・添付書類の準備 ・記入例の参照
提出先・管轄の法務局を調べる ・提出方法(窓口・郵送)

申立書の書き方や提出先についての手続きは複雑な場合があるため、可能であれば弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが、間違いを防ぐためにも推奨されます。

必要な書類の準備

自己破産の手続きを進める際には、多くの書類が必要となります。
ここでは、必要な書類の準備について分かりやすく説明します。

必要な基本書類

以下は、自己破産の申立てに必要な基本的な書類です。

  • 申立書: 自己破産の申立ての主要な書類です。個人情報や借金の状況などを記入します。
  • 収入証明書: 給与や収入の状況を証明する書類です。勤務先から発行してもらうことが一般的です。
  • 借金一覧表: 借金の金額や貸主など、借金の詳細を一覧にした書類です。

その他の添付書類

状況に応じて、以下のような書類が必要になることがあります。

  • 戸籍謄本: 本人確認のための書類です。
  • 住民票の写し: 現住所の確認に使います。
  • 財産目録: 保有する財産の一覧を作成します。

以下の表は、これらの書類の概要です。

書類名内容備考
申立書自己破産の申立て内容を記入主要書類
収入証明書給与や収入の証明勤務先から発行
借金一覧表借金の詳細一覧
戸籍謄本本人確認必要に応じて
住民票の写し現住所の確認必要に応じて
財産目録保有する財産の一覧必要に応じて

必要な書類の準備は、手続きの成功にとって非常に重要なステップです。

債権者への通知

自己破産の手続きを進める際、債権者への通知も重要なステップの一つです。債権者への通知は、借金の状況や手続きの進捗を正確に伝える必要があります。ここでは、その方法と注意点について説明します。

債権者への通知の方法

自己破産手続きにおける債権者への通知は、主に以下の方法で行われます。

  • 裁判所からの通知: 自己破産の申立てが受理されると、裁判所が債権者へ通知します。この通知には、債務者の状況や手続きの進捗が記載されます。
  • 弁護士や司法書士からの通知: 専門家を通じて債権者へ通知することも一般的です。これにより、早期に債権者との調整が進む場合があります。

通知に含める内容

債権者への通知には以下の内容を含めることが一般的です。

  • 債務者の氏名、住所
  • 自己破産の申立て日
  • 手続きの進捗状況
  • 債権者の対応が求められる事項(例:書類の提出期限など)

以下の表は、これらの内容の概要です。

内容説明
債務者の氏名、住所通知を受ける債権者が正確に債務者を確認できるように
自己破産の申立て日手続きの進捗を把握するため
手続きの進捗状況債権者が手続きの進行を理解するため
債権者の対応が求められる事項債権者が手続きに協力するために必要な行動

債権者への通知は、手続きの透明性を保つために重要な工程です。正確な情報をタイムリーに提供することで、スムーズな手続きが進むでしょう。

自己破産手続き後の生活

破産後の借金と財産の管理

自己破産が成立した後の借金と財産の管理は、新たな生活を始める上で非常に重要な工程です。破産後には借金が帳消しになるだけでなく、財産の取り扱いにも特別なルールが適用されます。ここでは、破産後の借金と財産の管理について説明します。

破産後の借金について

自己破産が成立すると、大部分の借金が免責されます。しかし、免責されない借金も存在しますので注意が必要です。

  • 免責される借金: クレジットカードの借金、消費者金融の借金など
  • 免責されない借金: 過失による賠償責任、養育費、罰金など

破産後の財産管理について

破産後の財産管理は、以下のポイントが重要です。

  • 免責財産: 生活に必要な最低限の財産(例:主要な家具、衣類など)は、自己破産後も保持することができます。
  • 任意売却: 破産宣告後に任意で財産を売却することはできません。売却が必要な場合は、破産管財人の許可が必要です。

以下の表は、破産後の財産管理の概要です。

項目説明
免責財産生活に必要な最低限の財産で、破産後も保持することができる
任意売却破産宣告後に任意で財産を売却することはできず、破産管財人の許可が必要

自己破産後の生活をスムーズに始めるためには、借金の免責と財産の適切な管理が欠かせません。

破産宣告後のクレジットと信用情報

自己破産をすると、クレジットや信用情報に大きな影響を受けます。破産宣告後のクレジットの利用や信用情報の取り扱いについて、ここで分かりやすく説明します。

クレジットカードの利用について

自己破産が成立すると、現有のクレジットカードはすべて使用停止となります。新しいクレジットカードの取得も困難になります。しかし、プリペイドカードの利用など、代替手段もあります。

信用情報について

信用情報機関には、破産情報が記録されます。その影響について以下にまとめます。

  • 記録期間: 破産情報は一般的に5年間記録されます。
  • 新規ローンの審査: 記録期間中は、新規のローンやクレジットカードの審査が通りにくくなります。
  • 既存の契約: 既存のローンやリース契約には直接の影響はない場合が多いですが、契約内容により異なる場合があります。

以下の表は、破産宣告後のクレジットと信用情報の概要です。

項目説明
クレジットカード現有のカードは使用停止、新規取得も困難
信用情報の記録期間破産情報は5年間記録され、新規ローンやクレジットカードの審査に影響
既存の契約直接の影響はない場合が多いが、契約内容により異なる可能性がある

破産宣告後のクレジットと信用情報の管理は、今後の生活に大きな影響を及ぼします。

弁護士や司法書士の選び方

弁護士や司法書士との相談方法

自己破産の手続きは複雑であり、一人で行うのは困難な場合が多いです。そこで、弁護士や司法書士との相談が重要となります。ここでは、弁護士や司法書士との相談方法について説明します。

弁護士や司法書士の選び方

  • 専門性:破産法に精通した弁護士や司法書士を選ぶようにしましょう。
  • 口コミ・評判:以前の依頼者からの口コミや評判も参考になります。
  • 初回相談の無料サービス:初回相談が無料の場合が多いので、気軽に相談することができます。

相談の進め方

  1. 相談先の選定: 信頼できる弁護士や司法書士を見つける。
  2. 初回相談の申し込み: 電話やメールでの予約が一般的です。
  3. 必要書類の準備: 収入や借金の状況などを示す書類を準備します。
  4. 相談日の訪問: 持参した書類を基に具体的な相談を行います。

注意点

  • 費用の確認: 弁護士や司法書士によって費用が異なる場合があるので、初回相談時に費用について確認しましょう。
  • 秘密保持: 弁護士や司法書士は法律に基づいて秘密保持の義務があるので、安心して相談できます。

弁護士や司法書士との相談を通じて、自己破産手続きの適切な進め方や注意点などを理解することができます。

費用について

自己破産の手続きにかかる費用は以下のようになります。

項目費用の目安
弁護士費用150,000円〜300,000円
司法書士費用100,000円〜200,000円
裁判所の申立料20,000円

※費用はあくまで目安であり、弁護士や司法書士によって異なる場合があります。

選び方のポイント

  • 費用の透明性: 費用が明確に提示されているか、隠れた費用がないか確認しましょう。
  • 無料相談: 初回相談が無料の弁護士や司法書士も多いですので、気軽に相談することが可能です。

自己破産と他の債務整理手法の比較

自己破産と個人再生の違い

自己破産と個人再生は、借金の整理をする際の法的手段ですがそれぞれの特徴や進め方が異なります。ここでは、それぞれの特徴と違いを、表を使って分かりやすく説明します。

自己破産と個人再生の違い

項目自己破産個人再生
対象者借金の返済が困難な人一定の収入があり、返済が可能な人
手続きの目的全ての借金を帳消しに返済計画を立て、借金を減額して返済
手続きの期間短期間(数ヶ月)長期間(数年)
費用比較的低額比較的高額
信用情報への影響長期間登録比較的短期間登録
財産の取扱いほとんどの財産を処分一部の財産を保持可能

自己破産の特徴

自己破産は、借金の返済がまったく困難な場合に選ばれる手段です。
手続きが比較的簡単で短期間に完了するため、すぐに借金から解放されることが多いです。

個人再生の特徴

個人再生は、一定の収入があり、返済が可能な人向けの手段です。借金を減額し、長期間にわたって返済計画を立てます。自己破産に比べて費用が高く、手続きも複雑ですが、財産を一部保持することが可能です。

どちらを選ぶべきか

自己破産と個人再生、どちらの手続きを選ぶべきかは、借金の状況や返済能力、財産の有無などによります。

まとめ

自己破産は、借金返済が困難になった際に利用できる法的手続きです。
主に以下のプロセスで進められます。

  1. 相談: 弁護士や司法書士に相談し、自己破産が適切かどうか判断します。
  2. 申立て: 裁判所に自己破産の申立てを行い、必要書類を提出します。
  3. 審査: 裁判所が状況を審査し、破産宣告が出ると借金が帳消しになります。

この手続きには、弁護士などの報酬や裁判所の手数料がかかるため
費用を確保する必要があります。自己破産には以下のような影響があります。

  • 信用情報: 信用情報機関に登録され、一定期間の新規借り入れやクレジットカードの取得が困難になります。
  • 財産の処分: ほとんどの財産が処分されるため、大切な財産を失う可能性があります。
  • 社会的信用の失墜: 一部の職業においては、破産宣告が社会的信用の失墜につながることもあるため、注意が必要です。

特に重要な部分

  • 自己破産は全ての借金を帳消しにする最終手段で、慎重に選択する必要があります。
  • 費用を考慮し、弁護士や司法書士としっかり相談することが大切です。
  • 信用情報の登録や財産の処分など、破産宣告後の生活にも影響があるため、十分に理解しておくことが必要です。

自己破産は大きな決断であり、プロの助言を受けながら進めることが重要です。個人の状況に合わせた最良の方法を選びましょう。

この記事の監修者

債務急済運営事務局のアバター
債務急済運営事務局

株式会社WEBYの債務急済運営事務局。全国400以上の弁護士・司法書士のWEBマーケティング支援に従事。これまでに法律ジャンルの記事執筆・編集を1000記事以上担当。WEBコンサルやHP制作、SEO対策、LMC(ローカルマップコントロール)など様々な支援を通じて法律業界に精通。これらの経験を基に債務整理の際に必要な情報や適切な弁護士・司法書士を紹介している。

※当社(株式会社WEBY)は直接債務整理のサービスを提供しておらず、債務整理の相談や依頼については紹介事務所へのリンク先で対応となるため、当サイトでは債務整理に関する個人の相談や質問にはお答えできません。
当サイトのコンテンツは事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。
債務整理の無料相談や依頼にお申し込みされる際は各弁護士事務所・司法書士事務所等の公式ホームページに記載されている内容をご確認いただき、自己判断していただけますようお願いいたします。
当サイトは株式会社WEBYと提携する企業のPR情報が含まれます。
当サイトで掲載しているコンテンツは個人および法人へ向けた情報提供が目的であり、債務整理を提供する事業者との契約代理や媒介、斡旋を助長するものではありません。

SIMULATION

借金がどのぐらい減額できるかを無料で診断致します。

COLUMN

CONSULTATION